【注意】本ページはプロモーション・アフィリエイトリンクを含みます。また、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合に各企業から支払いを受け取ることや、本ページに紹介する商品・サービスに当社が運営するサービスを一部紹介することもあります。当サイト内の表示に関して、提携の有無や支払いの有無、当社製品かどうかが影響を及ぼします。予めご了承の上、本記事をご参考ください。

IT企業・ソフトウェア業界のM&A動向と高値売却を成功させるポイント

「IT企業・ソフトウェア業界業界のをM&A・買収・売却・株式譲渡・会社譲渡したいけれど、何に注意すればいいの?」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「IT企業・ソフトウェア業界業界 M&A」などで検索しても、ネット上にはM&Aに関わったことがない方が執筆した記事や広告ページしかなく、こうした情報を鵜呑みにしてM&Aに着手するのは危険です。

そこで、複数回のM&A経験のある株式会社FiiTのメディア編集部が、IT企業・ソフトウェア業界業界のM&Aで注意すべきポイントについて解説します。

IT企業・ソフトウェア業界業界のM&Aを検討されている方は必見です。

IT企業・ソフトウェア業界業界とは?

IT(Information Technology)とは日本語訳すると「情報技術」となりますが、その企業としては以下の4つに分類することができます。
1:Web系企業
2:情報処理サービス企業
3:ハードウェア企業
4:ソフトウェア企業

1はWebサイトの制作やインターネット広告等の法人向けサービスを提供する企業と、SNSやショッピングサイトといった個人向けサービスを提供する企業の2つがあります。
前者であればGoogle、後者であればMeta(旧Facebook)やAmazonなどをイメージするとわかりやすいと思います。

2は法人向けサービスを提供する企業ですが、法人が情報システムの導入を行う際に必要となるすべてのサービスを提供する企業で、「システムインテグレータ」とも呼ばれます。
こちらは日本でも有名な企業が多く、NTTデータや伊藤忠テクノソリューションズなどをイメージするとわかりやすいと思います。

3は、スマートフォンやタブレット、パソコンおよびその周辺機器(マウス、キーボード、モニター、プリンター等)を製造する会社です。
アメリカではApple、日本だと富士通やNECなどをイメージするとわかりやすいと思います。
※富士通やNECはシステムインテグレータとしての事業も行っていますが、身近に目にする事業としてはハードウェア企業としての事業だと思います。

4は、コンピュータに対して命令を出すプログラムであるソフトウェアを開発する企業です。
MicroSoftなどのOSを開発する企業や、ZoomやLINEといったアプリケーションを開発する企業もソフトウェアに分類されます。

IT企業・ソフトウェア業界業界の市場動向

AIやIoT(Internet of Things)、ビッグデータ、5Gなど様々な新しいテクノロジーが生まれ、注目されています。
そのような変化が激しい市場において、IT企業・ソフトウェア業界では最新スキルを備えた人材の確保や育成が課題となっています。
昨今の働き方改革の影響などにより、リモートワークやフレックスタイム制といった柔軟な働き方を導入したり、高額な報酬を提示するなど、優秀な人材の獲得に向けた取り組みが多くのIT企業で実施されています。

IT企業・ソフトウェア業界業界の新型コロナウイルスによる市場の変化

コロナウイルスの蔓延によって対面での接触が制限されたことにより、社会や経済のデジタル化が一気に進んだことでIT企業も大きく躍進しました。
オンライン会議といったビジネス関連だけでなく、巣篭り需要による動画配信サービスの拡大、ネットショッピングの利用増など、
私たちの生活スタイルが大きく変わり、GAFAMと呼ばれる世界的IT企業5社の株式時価総額は、日本株の時価総額を超えるまでに成長しました。

IT企業・ソフトウェア業界業界のM&A動向・特徴

この章では食品業界全体のM&A動向・特徴を解説していきます。

【IT企業・ソフトウェア業界業界のM&A動向・特徴】

変化への素早い対応

前述のとおり、IT企業・ソフトウェア業界は変化が激しいことが特徴です。
しかしながら、新たな技術やサービスへの対応は容易ではなく、膨大な時間や資金を要するため、スピード感のある対応ができないことが理由で他社との競争で不利になるケースも多く存在します。
そのため、買い手側にとっては買収先企業の技術やサービスを自社に導入することができ、売り手側にとっても買収元企業の資金を活かすことができるなどのメリットがあるため、M&Aが非常に有効とされています。

業界の垣根を超えたM&A

最近ではハードウェア企業とソフトウェア企業との間でM&Aが行われるなど、業界の垣根を超えたM&Aも増加傾向にあります。
背景としては、ハードウェア製品においては競合他社との差別化が困難であることや、クラウド化が加速していること、ソフトウェア製品においては安定的な収益基盤の維持が課題になっていることが考えられます。
特にハードウェアの大手企業がソフトウェア企業を買収するケースが多く、IBM社によるRedHat社の買収や、半導体メーカ大手のBroadcom社によるVMware社の買収は業界内でも非常に大きな話題となっていました。

事業領域の拡大

IT企業・ソフトウェア業界では事業領域が多岐にわたっており、その事業領域の拡大のためにM&Aは非常に有効と考えられています。
買い手側にとっては既存のマーケットシェアを拡大するだけでなく、自社が未開拓であった領域への進出や、その領域における優秀な人材の確保といったメリットが挙げられます。
一方、売り手側にとっても買収元企業の持つノウハウやブランド力を活かした営業活動や、
潤沢な資金を用いて新領域に向けた技術・サービスの開発が可能となります。

IT企業・ソフトウェア業界業界のM&Aの手順・流れ

この章ではIT企業・ソフトウェア業界業界のM&Aの基本的な手順・流れを紹介します。

①M&Aの目的を決める

まずはIT企業・ソフトウェア業界業界のM&Aの目的を明確にしましょう。目的が定まっていないと条件を絞り込むことができません。M&Aをスムーズに実施できるようにすることはもちろんのこと、条件面でも良い交渉ができるよう下準備は必須です。

また、M&Aには専門的な知識が必要不可欠です。M&Aが初めての方はまずはM&A仲介業者に相談してみると良いでしょう。費用が発生する場合もあるため注意しましょう。

②具体的なM&Aの戦略・価格を決定する

企業価値評価(バリュエーション)と企業概要書が重要です。

企業価値評価(バリュエーション)とは会社の価値や株式の価値を算出するための手法です。特に非上場企業は株式の市場価値を知ることはできません。

コストアプローチ、マーケットアプローチ、インカムアプローチの3種が主に使用されます。

コストアプローチ:譲渡企業の純資産価値に着目した評価方法
マーケットアプローチ:株式市場やM&A市場における取引価額を基準に算定する評価方法
インカムアプローチ:譲渡企業の収益力に着目した評価方法

算出方法によって算出される企業価値は異なりますので、最適な企業価値の計算方法に基づいて算出しましょう。

企業概要書は自社についてまとめた資料です。買い手企業に提出する資料です。事業内容はもちろんのこと、従業員数や財務状況を記載します。

③M&A先の選定・交渉

M&A仲介業者の協力を得て、買い手の場合は売り手候補が開示しているノンネームシートなどをもとに売り手を選び出します。ノンネームシートとは、売り手の社名が匿名化された企業概要書のことです。
その後、条件に応じて数社まで絞り込みを行い、交渉打診をします。
交渉打診が承諾されましたら、交渉を進めるために秘密保持契約(NDA)を結び、交渉を開始します。

交渉ではまず基本条件の交渉を行い、その後最終条件の交渉を行います。

基本条件
企業価値評価
トップ面談
意向表明書の提出
基本合意契約書の締結

最終条件
デューデリジェンス
最終契約書の締結

④契約

法的拘束力をもつ最終契約書を締結します。締結後は契約内容の変更はできません。

⑤クロージングを行う。

最終契約書をもとにヒト、モノ、カネの移動作業を行います。クロージングを終えるとM&Aは終了です。

IT企業・ソフトウェア業界業界のM&Aを成功させるポイント

言うまでもありませんが、IT企業・ソフトウェア業界業界のM&Aでは失敗する可能性もございます。中小企業白書(2018年度版)によると、M&A実施後の総合的な満足度として、約25%の企業が「期待を下回っている」と回答しています。

では、M&Aを成功させるにはどうすればよいのでしょうか。この章ではIT企業・ソフトウェア業界業界のM&Aを成功させるポイントを紹介します。

事前準備

IT企業・ソフトウェア業界業界のM&Aをすると決めたら早めに動く

IT企業・ソフトウェア業界業界のM&Aという選択肢が出たら、できるだけ早く動き出すことが重要です。
IT企業・ソフトウェア業界業界のM&Aで会社を譲渡、売却するには、平均して1年かかります。
1年の内訳は、買い手企業を見つけるまでに半年、条件交渉や買収監査、契約の手続きに半年です。

さらにM&A成立後の引き継ぎにも相当の時間を要します。

そのため、少しでもIT企業・ソフトウェア業界業界のM&Aを検討しているならばすぐに動き出すのがおすすめです。常にIT企業・ソフトウェア業界業界のM&Aの情報収集をしておきましょう。

欲を出しすぎない

好景気の時や、業界が盛り上がっている時が会社の価値が上がりやすい時期です。
少しでも高い価格で買収してもらうためにひたすら良い条件が出るまで待つ方もいらっしゃいますが、結果としてタイミングを逃してしまい、当初のオファーよりも低い価格で売却することになってしまう業者も少なくありません。
欲を出しすぎず、納得できる範囲内でオファーがあればそこで手を打つのもIT企業・ソフトウェア業界業界のM&Aを成功させるポイントの一つです。

会社の価値を上げる

業績が良いほど、会社の価値は上がります。そのためM&Aが成立するまではできるかぎり会社の業績を伸ばすことに尽力しましょう。よくM&Aすると決めてしまうと経営に対して向き合うのを辞めてしまう方がいらっしゃいますが悪手です。
特別できることは少ないかも知れませんができる限り会社の価値を高めましょう。
また、会社の管理体制がしっかりとした会社は価格が上がる傾向にあります。管理体制の強化は優先的に行うことをおすすめします。
また、借入も同様に返済を積極的に行うと良いでしょう。

条件交渉

IT企業・ソフトウェア業界業界のM&Aの交渉で、売り手企業・買い手企業の双方にとって争点となりやすいのは「価格」についてです。

交渉価格の上限・下限を決める

IT企業・ソフトウェア業界業界のM&Aにおいては、買い手側企業が事前に売り手企業の価値算定を行います。
買収金額は希望金額のみを設定するのではなく、上限・下限を設定するのが基本です。上限金額は買い手側企業にとっての譲歩可能な価格、下限金額はアンカリングとして売り手企業に提示する価格です。

よく買い手側企業が上限価格を決める際に、M&A成立後のシナジーまで見込んだ高い金額で価格設定をしてしまいがちですが、思った通りのシナジーが発揮されなかった場合に減損が発生する可能性があります。そのため、上限価格はシナジー効果を見込んだものより低い数値を設定するのがおすすめです。

お互いが納得する形に

IT企業・ソフトウェア業界業界のM&Aの交渉において、価格以外の面の条件面で交渉が長引くケースがございます。それを回避するためには価格交渉の際に予め詳細の条件まで提示するのがおすすめです。

信頼関係の構築

M&Aはお互いに納得しなければ成立しません。そのため相手がどの要素を重視しているのかを知る必要があり、それを正しく理解するためには信頼関係の構築が必要不可欠です。お互いに不信感を抱いた状態ではM&Aに成功することはないでしょう。
特に以下の3点は必ず行いましょう。
本当の情報を伝える
情報提供を希望されたら協力する
交渉を一度で済ませようとしない

M&A成立後

従業員や取引先への公表

契約締結後、社内外へM&Aに関する情報開示を行います。社員、取引金融機関、取引先への情報開示をいつどのように行うかを検討しなければなりません。社員への情報開示は場合によってトラブルになることもございますので、十分に開示方法を検討しましょう。
そのためにも売り手側企業と買い手側企業の信頼関係の構築は欠かせません。

まとめ

IT企業・ソフトウェア業界業界のM&A、市場動向、M&A動向やM&Aを成功させるポイントを紹介させていただきました。
M&Aには様々なプロセスや手続きがあり、また、専門的な知識も必要となります。
M&Aをご検討中であれば、まずはM&A仲介会社に相談することをおすすめします。

IT企業・ソフトウェア業界業界のM&Aを検討している人は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
御社のM&Aの成功を祈っております。

IT企業・ソフトウェア業界業界のM&A・事業承継のご相談なら株式会社FiiT

IT企業・ソフトウェア業界業界のM&A・事業承継のご相談なら株式会社FiiTにご相談ください。
株式会社FiiTのM&A仲介は、成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」です。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

相談はこちら:https://fiit.jp/contact/

IT企業・ソフトウェア業界業界のM&Aに関するよくある質問と回答

IT企業・ソフトウェア業界業界のM&Aを成功させるポイントは?

 

「すると決めたら早めに動く」 「欲を出しすぎない」 「会社の価値を上げる」 「信頼関係の構築」 が重要なポイントです。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

WEB集客数が大幅UP


・本当にアクセスあるジム検索サイトへ掲載したい
・コスパ良く掲載できるジム検索サイトを探している
・パーソナルトレーニングの集客ができてない…

そんな方向けに、業界最大級のアクセス数を誇るジム検索サイト「FitMap」は特におすすめ!サイトへの掲載にかかるスピードは最短即日1時間と早く、価格も大手サイトと比較し安くてコスパも◎。お気軽にご相談ください。

資料ダウンロードはこちら【初期費用無料】

ジム経営の総合相談窓口

お客様の現状やなりたい姿を徹底的にヒアリングをした上でお客様に寄り添って最適な提案をさせていただきます。開業、集客、採用、マシン導入、システム構築、HP制作、広告運用、店舗展開、物件探し、内装工事、サービス設計などジム経営に関する全ての業務がサポート範囲です。お気軽にご相談ください。

相談は無料です。必ず有意義な時間にします。

ご相談申込みはこちら【初回無料】

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

ジム・パーソナルジム特化の内装「ジム内装」

「ジム内装」サービスは、フィットネス業界、特にパーソナルジム業界を中心に展開。ただのおしゃれなジムを作るだけではなく、集客に影響できる設計も含め提案しているのが特徴的です。

また株式会社FiiTでは月間30万人が利用する業界最大級のジムポータルサイトFitMapを運営しており、約500店舗以上のジム事業者と関わりもあるため、パーソナルジム業界でウケるデザインや集客に繋がる内装、やってはいけないポイントなども熟知しております。

【施工イメージ】

内装のご相談はこちら!

リスクを最大限に下げたパーソナルジム開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

株式会社FiiTの求人一覧

整体

下北沢の整体師求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

パーソナルトレーナー

八代・熊本のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:熊本県
■採用形態:業務委託

パーソナルトレーナー

黒崎・北九州のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:福岡県
■採用形態:業務委託

パーソナルトレーナー

直方のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:福岡県
■採用形態:業務委託

人事

【台東区勤務】人事&オフィスサポート 未経験◎

■勤務地:東京都
■採用形態:アルバイト

人事

未経験OK!人事&オフィスサポート

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

人事

未経験◎ 人事&オフィスサポート

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

パーソナルトレーナー

長崎のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:長崎県
■採用形態:業務委託

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。