【注意】本ページはプロモーション・アフィリエイトリンクを含みます。また、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合に各企業から支払いを受け取ることや、本ページに紹介する商品・サービスに当社が運営するサービスを一部紹介することもあります。当サイト内の表示に関して、提携の有無や支払いの有無、当社製品かどうかが影響を及ぼします。予めご了承の上、本記事をご参考ください。

バー(bar)の内装をおしゃれに成功させる全ポイントと費用を抑えるための知識

「バー(bar)の内装工事をしたいけれど、何に注意すればいいの?」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「バー(bar) 内装」などで検索しても、ネット上にはパーソナルジムの内装・塗装・改装工事に関わったことがない方が執筆した記事や広告ページしかなく、こうした情報を鵜呑みにしてパーソナルジムの内装・改装工事に着手するのは危険です。

そこで、月間30万人以上が利用するフィットネスWEBメディア「FitMap」を運営するマーケティングのプロ・株式会社FiiTのメディア編集部が、バー(bar)の内装・塗装・改装工事で注意すべきポイントについて解説します。

これからバー(bar)の内装・改装工事を控えている方や、新たにバー(bar)の設立を計画されている方は必見です。

バー(bar)成功の鍵は内装にある

バー(bar)成功の鍵は内装にあると言っても過言ではありません。もちろんスタッフの接客・施術スキルも重要ですが、内装は提供するサービスと同等に重要な事項です。

実際に人気バー(bar)に通ってみると、そのほとんどが内装にこだわっていることが分かります。一見するとオシャな空間にしか見えない内装でも、様々なこだわりが施されていることが多いです。

バー(bar)を成功させるためには、新規顧客の獲得はもちろんのこと、リピート顧客を増やすことが重要。お客様に続けて通い続けてもらう環境を作るためには、バー(bar)の内装にこだわることが大切なのです。

バー(bar)の内装に関わる工事にかかる費用について

まずはバー(bar)の内装工事において最も重要である費用面についてお話ししていきたいと思います。

業者に依頼してから初めて費用を把握するより、あらかじめ概算費用を知っておいた方が予算組みにも大いに役立つはずです。

あくまで目安ですが、バー(bar)の内装・塗装・改装工事にかかる費用は下記の通りになります。

内装工事費(クロス貼り・床補強など総額)50〜150万円
電気・空調・換気設備工事費10〜40万円
給排水設備工事費20〜50万円
家具・健具工事費50〜500万円
諸経費20〜200万円

もちろん工事の規模や依頼する業者によって、金額も上下しますが、概ね50〜150万円ほどの費用が発生します。あくまで目安ですが、これらの費用を覚えておくだけで工事業者との価格交渉も非常にスムーズになるでしょう。

また見積もりの依頼は、必ず複数業者で行うことが大切です。提出された見積もり金額が相場からかけ離れていないかを知ることができます。さらに相見積もりを取っている旨を伝えることで、業者から不当な金額を請求されるのを予防することも可能です。

バー(bar)を運営していくうえで、内装工事は避けられない事案です。しかし「いかに費用を抑えられるか、いかに意図通りのデザインにできるか」が運営を成功するうえで非常に重要となってきます。予算組みや業者との交渉をしっかりと行い、少しでも費用を抑えられるように工夫しましょう。

バー(bar)の内装で気をつけるべき5つのポイント

本題である「バー(bar)の内装・塗装・改装工事で気をつけるべきポイント」についてお話ししていきたいと思います。

バー(bar)の開業もしくは改装において何の知識もなく、工事に着手するのは非常に危険です。必要以上の費用をかけてしまったり、想像した内装と違う仕上がりになってしまう可能性があります。

また工事の工程を全て業者に任せてしまうのもNGです。いくらプロといえど、何の説明もなしで依頼主のイメージを100%再現することはできません。工事業者と依頼主がしっかりとコミュニケーションを取ることで、理想通りの形で工事を終えることができます。

今回お話しする5つのポイントをしっかりと理解して、内装工事に着手してください。

  • コンセプト・ターゲットを明確化する
  • 種類を決める
  • 提供する価格帯
  • バーの内装デザインで重要なポイント
  • おしゃれな内装はポイントを押さえ居心地の良さを

それでは順に深堀していきます。

コンセプト・ターゲットを明確化する

まずは、コンセプトを決めましょう。
コンセプトを明確化することにより、スムーズな内装デザイン決定ができます。
コンセプトは内装デザインを決める柱になる為、具体的に決めることが大事。

一番重要なポイントは、ターゲットとする客層を決めることです。
ターゲットの層を明確にすることで、どのようなバーにするか、どのような内装にすべきかの決定に繋がります。

例えば、客層をハイクラスの場合、高級感のある、落ち着いた雰囲気を作り出す内装デザインにするなどとなります。。ターゲットの層の決定は内装デザインの方向性を決めるため、コンセプトを決める最初の段階での決定が必要です。

種類を決める

バーには複数の種類があります。コンセプトを考える中で決めなければならないポイントです。色々な種類があるため、ターゲットの層に合ったバーにすることが大切です。

代表的なバーの種類をご紹介いたします。

・オーセンティックバー
多くの人がイメージするような本格的なバー。
技術を持ったバーテンダーが、お酒を提供する場合が多いです。

・ショットバー
ボトル単位でなく、1杯ずつ注文するのが、ショットバーの特徴です。
滞在時間が短いため、回転率で勝負する必要があります。

・ダイニングバー
カジュアルテイストのバーです。
お酒のみではなく、食事の種類も豊富なのが特徴です。
調理が必要になるため、キッチンの内装も細かく決めましょう。

・ミュージックバー
ジャズやロック、ピアノなどの音楽ジャンルに特化した空間を演出するのがミュージックバー。スタッフとお客さまが好きな音楽ジャンルで盛り上がれるため、リピーター客がつきやすいです。

・スタンディングバー
立ち飲みでお酒を楽しむスタイルのバー。
回転率重視になるため、価格設定を他のバーより安くするなど、工夫が必要となります。

・アミューズメントバー
ダーツやビリヤード、ボードゲームなどをお酒と一緒に楽しむことができます。
長期滞在になる場合が多いため、お酒を多く頼んでもらえるよう、工夫を凝らすことが大切です。

・スポーツバー
野球やサッカーなどのスポーツ見ながら、お酒を嗜むバー。
好きなチームに特化したバーにすると、個性がありリピーターがつきやすいです。

提供する価格帯

提供するお酒や料理の価格を、おおまかに程度決めておくことが必要です。
ザインの雰囲気と価格帯があっていないと、怪しいバーのイメージになってしまいます。

例えば、カジュアルな雰囲気なのにももかかわらず、価格設定が高い場合、お客さまは不安感や不信感を抱いてしまいます。新規のお客さまに不安を抱かさないためにも、価格帯と内装デザインは必ず一致させることが大切です。

また、理想のイメージを伝えたと思っても実際、思い通りにならなかったということがあります。こちらの記事ではデザインイメージの伝え方について詳しく解説しています。合わせてご参照ください。

バーの内装デザインで重要なポイント

①バーのカウンター
カウンターは、ターゲットの層やバーの種類に合わせてカウンターの高さと素材を変えるとバーの内装デザインのランクがグッと上がります。

②カウンターの高さ
カウンターの高さは大きく分けて3つあります。
「ハイカウンター」「ミドルカウンター」「ローカウンター」
それぞれバーのコンセプトに合ったカウンターの高さを選びましょう

③バックバー
内装デザインを決める上で、カウンターと同等に重要なポイントです。
カウンターと同様に、バーの柱となります。バックバーを作る際、2つのポイントをご紹介します。

⇒見栄えを意識
バーでお客さまの視界にインパクトを残したいのであれば、見栄えを意識しましょう。
バックバーの見栄えをよくするには「棚にこだわる」「ボトルの並べ方」がポイントとなります。

⇒機能性を意識
機能性の意識も重要なポイント。お客さまの注文に即座に対応できる位置にボトルを配置。見栄えを気にしすぎて、機能性が悪い配置にしてしまうとお客さまに提供する時間が遅くなります。


④照明
居心地を左右する重要なポイント。照明の「明るさ」と「色」が大切です。

落ち着いた雰囲気を演出したいのであれば、明るさを抑えめにし、電球色がおすすめです。
音楽やスポーツバーなどの場合は、照明を少し明るめにし、LEDなどがいいでしょう。

希望のコンセプトに合わせ、照明の明るさと色を決めてみてください。

おしゃれな内装はポイントを押さえ居心地の良さを

おしゃれな雰囲気のバーに一歩入ると、そこは別世界です。
日頃の疲れを癒し、至福のときを過ごせる場所。バーの内装にはこだわりが大切です。

おしゃれな内装は工夫次第でどんな姿にも生まれ変わります。
アイディア次第でおしゃれに演出できるポイントはたくさんあるので、コンセプトを元に居心地の良さも追及してみてください。

また、やはり一番重要なのは自分がどのようなバーを作りたいか、どのようなバーが好きかです。
コンセプトをはっきりし、理想のバーを作って行きましょう。

バー(bar)の内装・設備費用を抑えるためのポイント

バー(bar)の内装・設備費用を抑えるためのポイントについて解説します。

バー(bar)の内装・設備費用を抑えるためのポイントは以下の5つです。

  • デザインにこだわり過ぎない
  • 居抜き物件を探す
  • レンタル(リース)を利用する
  • 複数の業者に相見積もりを依頼する
  • 消耗品は卸売やセールを活用する

順に深堀して解説していきます。

デザインにこだわり過ぎない

バー(bar)の内装費用を抑えるために最も重要なことは、デザインにこだわり過ぎないことです。バー(bar)の集客を成功させるために店内デザインは非常に重要ですが、こだわり過ぎると内装費が大幅にアップする可能性があります。

バー(bar)のデザイン設計は、デザイナーに委託することが一般的ですが、基本的に修正回数が多くなるほどデザイン費用は上がっていきます。そのため出来るだけ少ない回数でデザイン設計を終わらせることがポイントです。そのためにも、あらかじめデザインコンセプトを明確にしておく必要があります。

またサロン内に使用するカラーが多くなるほど、塗装費用が高くなっていくので注意が必要です。コンセプト次第ですが、カラフルなサロンは避け、白や黒を基調としたシンプルなサロンに仕上げるのが費用を抑えるためのポイントになります。

居抜き物件を探す

バー(bar)の内装・塗装費用を出来るだけ抑えたいならば、居抜き物件を探すようにしましょう。新しく一から店舗を設計するよりも、圧倒的に内装・塗装費用を抑えることができます。

最もおすすめなのは、以前バー(bar)が入居していた物件です。既にサロン経営に適した内装になっているため、大幅な改築が必要ありません。ただし以前バー(bar)だった居抜き物件を自ら見つけるのは至難の技です。不動産業者などに依頼して、常に居抜き物件が出ないかをチェックしてもらいましょう。

また個人でバー(bar)を経営する場合には、美容室の居抜き物件を使用するのもおすすめです。個人経営で施術室の数が少ない場合には、美容室の居抜き物件を探してみましょう。

レンタル(リース)を活用する

レンタル(リース)を活用することも設備費用を抑えるためには有効な手段です。リースすることで、一度に発生する設備投資費用を抑えることに繋がります。

チェアやデスクなどもリースを活用することができます。デザインにこだわった家具の購入はかなりの出費ですが、リースを活用すれば大幅に費用を抑えることが可能です。

複数の業者に相見積もりを依頼する

内装工事を行う場合には、必ず専門業者に依頼するはずです。そこで、内装工事の費用を抑えるためにも複数の業者に相見積もりを依頼することをおすすめします。

内装工事には数百万円の費用が発生することがほとんど。業者によって金額は様々ですので、一社だけに絞らずに複数業者に相見積もりを依頼しましょう。内装工事の費用交渉ができるだけでなく、内装工事の相場を理解することにも繋がります。

ただし金額だけで工事業者を選択するのはNGです。施工内容や業者の評判などあらゆる点を考慮したうえで、内装工事を依頼する業者を選択しましょう。

消耗品は卸売やセールを活用する

バー(bar)に必要な設備には、様々なものが存在します。バー(bar)マシン・デスク・ベッド・チェアなどに加えて、電球・タオル・ティッシュペーパーなどの消耗品の購入も必須です。

そこで消耗品を購入する際には、卸売やセールなどを活用しましょう。卸売では購入個数が多い代わりに小売店で購入するよりも割安の料金設定となっています。

また『楽天市場』や『amazon』などのネットショプでも定期的に消耗品のセールイベントを行なっています。上手にセールを活用すれば大幅な経費節約に繋がるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はバー(bar)の内装で気をつけるべきポイントについて解説しました。

バー(bar)の経営を成功させるためには、内装などにこだわることは非常に重要です。

これからバー(bar)の開業を検討している人は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

バー(bar)の内装に関するよくある質問

50〜150万円程度が相場です。

「コンセプト・ターゲットを明確化する」 「種類を決める」 「提供する価格帯」 「バーの内装デザインで重要なポイント」 「おしゃれな内装はポイントを押さえ居心地の良さを」 を見ておくと失敗しづらいです。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

WEB集客数が大幅UP


・本当にアクセスあるジム検索サイトへ掲載したい
・コスパ良く掲載できるジム検索サイトを探している
・パーソナルトレーニングの集客ができてない…

そんな方向けに、業界最大級のアクセス数を誇るジム検索サイト「FitMap」は特におすすめ!サイトへの掲載にかかるスピードは最短即日1時間と早く、価格も大手サイトと比較し安くてコスパも◎。お気軽にご相談ください。

資料ダウンロードはこちら【初期費用無料】

ジム経営の総合相談窓口

お客様の現状やなりたい姿を徹底的にヒアリングをした上でお客様に寄り添って最適な提案をさせていただきます。開業、集客、採用、マシン導入、システム構築、HP制作、広告運用、店舗展開、物件探し、内装工事、サービス設計などジム経営に関する全ての業務がサポート範囲です。お気軽にご相談ください。

相談は無料です。必ず有意義な時間にします。

ご相談申込みはこちら【初回無料】

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

ジム・パーソナルジム特化の内装「ジム内装」

「ジム内装」サービスは、フィットネス業界、特にパーソナルジム業界を中心に展開。ただのおしゃれなジムを作るだけではなく、集客に影響できる設計も含め提案しているのが特徴的です。

また株式会社FiiTでは月間30万人が利用する業界最大級のジムポータルサイトFitMapを運営しており、約500店舗以上のジム事業者と関わりもあるため、パーソナルジム業界でウケるデザインや集客に繋がる内装、やってはいけないポイントなども熟知しております。

【施工イメージ】

内装のご相談はこちら!

リスクを最大限に下げたパーソナルジム開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

株式会社FiiTの求人一覧

パーソナルトレーナー

八代・熊本のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:熊本県
■採用形態:業務委託

パーソナルトレーナー

黒崎・北九州のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:福岡県
■採用形態:業務委託

パーソナルトレーナー

直方のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:福岡県
■採用形態:業務委託

人事

【台東区勤務】人事&オフィスサポート 未経験◎

■勤務地:東京都
■採用形態:アルバイト

人事

未経験OK!人事&オフィスサポート

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

人事

未経験◎ 人事&オフィスサポート

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

パーソナルトレーナー

長崎のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:長崎県
■採用形態:業務委託

パーソナルトレーナー

御殿場・静岡のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:静岡県
■採用形態:業務委託