鍼灸師になりたい君へ!履歴書の書き方をわかりやすくご紹介!

鍼治療

鍼灸師は鍼と灸を使用して病気の治療やケガの回復、予防を行う医療技術職です。「未経験ゼロでも鍼灸師になりたい」「今よりも条件のよいところで働きたい」「美容鍼灸の技術を特化させたい」「福祉介護施設での仕事がしたい」など、今後のキャリアや働き方を変えるべく転職を考えている方も多いようです。

そこで今回は、鍼灸師の面接に有利な履歴書の書き方や自己PRの方法を紹介していきます。また鍼灸師が活躍できる転職先や仕事の魅力についてもくわしく解説します。

鍼灸師を目指している方は、今回の記事をぜひ参考にしてみてください。

鍼灸師とは

はじめて鍼灸師を目指す人のために、ここではこの職業の概要や魅力、やりがいについて紹介していきます。転職活動のモチベーションにもなるので、参考にしてみてください。

鍼灸とは

医療用の鍼や灸を使用して身体に刺激を与えることで病気の治療や健康増進をはかる民間療法のひとつです。ほかにも自律神経や免疫に作用して、筋肉の緊張緩和やリンパの循環を良好にするなど、自然治癒力を高めるはたらきがあると考えられています。

鍼灸師とは

鍼灸師は、はり師やきゅう師といった国家資格をもつ東洋医学の専門家です。全身のツボや筋肉に刺激を与え、病気の予防改善、健康回復を目的とした治療を行います。鍼の太さは注射針の約3分の1ほどで、先端は丸みを帯びています。そのため、身体に刺したときの痛みがほとんどないのが特徴です。

仕事の魅力

鍼灸師は、医療機関だけでなく、介護や美容、スポーツなどさまざまな業界で活躍できます。幅広い活躍の場があることも、鍼灸師という職業ならではの特徴です。

また、患部に西洋医学と違う観点からアプローチができるので、医学の知見を広げることもできます。中国古来から伝わらる東洋医学を学ぶべく鍼灸師になる人もいます。

何よりも、自分の手で患者さんを直接治療できることから「人を助ける喜び」を直で感じられるのは、鍼灸師最大のやりがいです。直接「ありがとう」と感謝の言葉を聞ける機会も多いため、人々の役に立っていると実感しやすいのも魅力のひとつです。

必要な資格やスキル

鍼灸師になるための転職活動を始める前に、まず鍼灸師に必要な資格やスキルについて確認していきましょう。

国家資格

正確にいうと「鍼灸師」という資格は存在せず「はり師」と「きゅう師」という2つの資格に分かれています。そして、鍼灸師を目指すためにはそのどちらも取得しなければなりません。これらの資格は国家資格のため、受験するためには3年以上の専門学校や短大、大学を卒業することが必要です。

手先の器用さ

鍼灸師は自らの手の感覚でツボの位置を確認したり、鍼を刺したりしなければいけません。そのため、鍼灸師の仕事をする上で手先の器用さや正確さはとても大切です。

学習意欲の高さ

医学の世界は常に進歩を遂げています。東洋医学もその例外ではありません。常に患者さんに質の高い施術を行えるように、鍼灸師も日々勉強を続けなくてはなりません。鍼灸だからといって東洋医学の学習だけではなく、西洋医学の知見も学んで施術に活かしていくのが望ましいです。患者さんの症状に合わせた多種多様な治療を行えるようになります。

鍼灸師が活躍できる職場

鍼灸師への転職を考えている方は、具体的にどのような職業に就こうと考えているでしょうか。ここでは鍼灸師が活躍できる職場について紹介するので、転職先を考える参考にしてみてください。

鍼灸院

鍼灸院は、鍼灸師が主に活躍できる職場です。身体の不調がある患者さんに治療を施します。また、PMSや不妊治療など女性特有の悩みに鍼灸治療を用いる婦人科系の鍼灸院もあります。

エステサロン

美容鍼灸をメインとしたエステサロンも人気があります。美容効果が高いので、芸能人が利用することも多いです。リフトアップ、ほうれい線、ニキビや肌荒れの改善、さらには小顔効果も期待できます。

介護福祉施設

鍼灸師は足腰に不調のある高齢者や介護が必要な人に施術するケースも多いです。そのため、介護や福祉施設の現場でもその技術を活かして活躍できます。来院が困難な患者さんには、訪問鍼灸サービスを行っている施設もあります。

スポーツ施設

鍼灸院が併設されているスポーツクラブで活躍する機会もあります。主にアスリートの疲労回復やパフォーマンス向上、ケガの予防などに適した鍼灸施術といった業務がメインです。アメリカでは多くのプロスポーツ選手が肩や膝などの不調の出やすい部位に鍼灸治療を取り入れています。

独立

鍼灸師は資格さえ取得すれば個人での開業が可能です。必要なスキルや経験を積んだあと、自分の鍼灸院を開院する方もいます。開院するためには県知事への届出や初期費用が必要ですが、その分サラリーマンよりも大幅な収入の増加も期待できます。

鍼灸師の給与

鍼灸師の平均月給は18~30万円、平均年収は350~450万円です。歩合制の鍼灸院では月給が50万をこえる人もいます。年齢は関係なく、経験を積んで技術を高めれば高収入が期待できます。鍼灸師の給与は、働いている鍼灸院や接骨院などの医療施設と鍼灸院を開業した場合などで変わる場合が多いです。

鍼灸師の収入を上げる方法

鍼灸師は、年齢に関係なく経験や実力が反映されやすい職業です。世間のニーズにあった鍼灸師になれば、顧客獲得につながって安定した収入を得ることも可能です。ここでは、今ニーズが高まっている新しい鍼灸施術について紹介します。

美容鍼灸

近年若い女性から圧倒的な支持を受けているのが、この美容鍼灸です。髪の毛ほどの細さの鍼を使用するため、痛みも少なく短時間で終わるのが特徴です。小顔効果やリフトアップ、シワ改善などに効果があります。くすみのないハリツヤのある美しい肌になれるので、エステに行くのと同じような感覚で通う女性も多いです。

比較的手軽に施術を受けられるので、今後はより美容鍼灸の需要が高まるでしょう。

高齢者向けの鍼灸施術

高齢化社会が進み、年配者向けの鍼灸施術のニーズも高まってきています。そのため、高齢者に特化した鍼灸施設が今注目を集めています。それに伴い、鍼灸師が自宅訪問して治療する訪問鍼灸事業も今後拡大していくでしょう。

鍼灸師になりたい人向けの履歴書の書き方

筆記用具

鍼灸師になるために転職している人の中には、履歴書の書き方をどうすればよいか困っている人も多いのではないでしょうか。ここでは、鍼灸師を目指す人向けの書き方のコツを紹介しています。

志望動機を明確にする

職種にかかわらず転職の際は「志望動機」を明確にすることが大切です。なぜその鍼灸院で働きたいのか、その理由を明確にすれば就職に非常に有利です。特に、以下に沿った内容で記入するとより説得力のある志望動機が書けます。

自分の経験

「部活のバスケットでケガをした際に、鍼灸治療にお世話になりました。整形外科に通いましたが回復しなかったので鍼灸院に行ったところ、通院して2週間ほどで完治しました。その時から、鍼灸治療に興味をもち始めました。」

このように、自分自身の体験を通じて鍼灸に興味関心を持ったことをアピールする方法もあります。

ほかの職業との違い

「祖母の持病を治したいという思いから、もともとリハビリ理学療法士を目指していました。しかし、転職のサポートを受けているうちに自分のしたいことはリハビリではなく自分で治療をしたいということが判明し、転職アドバイザーの方に鍼灸師を勧められました。」

ほかの職業ではなく鍼灸師でないとできないことを強調すると、より印象深い志望動機になります。

活躍したい分野

「鍼灸師の知識や技術を駆使して、プロスポーツ選手のケガの治療やパフォーマンスの向上を目的とした施術がしたいと考えています。〇〇治療院では多くのアスリートたちの治療ができると聞いて、ぜひここで働きたいと思いました。」

鍼灸師としてどのような分野で働きたいのか、具体的なビジョンを記載するとよいでしょう。この職業に対する真剣さが伝わりやすいです。

文章を簡潔にする

力が入りすぎて、文章が長くなりすぎるという経験は誰でもあるのではないでしょうか。志望動機や自己PRが長くなりすぎると、読みづらくなってしまい逆効果です。1文をなるべく短くして、簡潔に伝えるようにしましょう。箇条書きを使うと要点を強調できて、かつ相手に伝わりやすい文章ができるのでおすすめです。

具体的な表現を使う

自分がその職場に就いたらどのように貢献できるのかについて、具体的な例を使って説明しましょう。勤続年数や得意な施術などアピールポイントとなるところはなるべく詳しく書くことで、相手に自分のスキルを伝えられます。

履歴書に記載する自己PRのポイント

鍼灸師は近年、国家資格取得者が増えています。そのため競争率も年々上がっていて、簡単には転職ができないのが現状です。

そこで、自己PRでほかと差別化をはかっていくことで就職を有利にする必要があります。鍼灸師の履歴書で記載するとよい自己PRポイントは、ずばり「人間性」です。

鍼灸師はたくさんの患者さんと接する仕事なので、まず一番に人間性が問われます。自分がどのような人間なのか、自分の言葉でしっかりと伝えられるようにしておきましょう。患者さんとのコミュニケーション能力があるのか、「また通いたい」と思える親しみやすさがあるのかについて改めて考えてみましょう。

履歴書で注意するポイント

履歴書を書き終わったら、必ず書いた文章を確認するようにしましょう。さらに、これから紹介する注意すべきポイントをきちんと守れているかどうかもチェックしてみてください。

資格欄の記入

鍼灸師への転職を成功させるために履歴書を書く場合、取得した資格についてしっかり記入することが大切です。

資格名は証明書などをもとに誤字脱字なく正式名称で記入しましょう。また、取得した順番どおりに記載すると分かりやすいです。

書き方としては、鍼灸師免許は「はり師免許取得」と「きゅう師免許取得」のふたつにわけて各資格ひとつの欄を使って記載するのが一般的です。

写真の第一印象

写真はその人の第一印象や人となりを判断する際に便利です。そのため、履歴書に使用する証明写真ではなるべくよい印象を与えられるようにしましょう。特に鍼灸師は患者さんに直接触れて施術する仕事なので「清潔感」があることは非常に大切です。また、患者さんと会話する機会も多いことから「人柄の良さ、明るさ」も重要視されます。

これら2点を踏まえた上で、第一印象がよくなるような写真の撮り方をしましょう。髪はきれいにまとめて、服装はスーツにするのが無難です。少しだけ口角を上げるようなイメージで、笑いすぎない笑顔で撮影すると第一印象のよい写真が撮れます。

まとめ

鍼灸師への転職は、履歴書の書き方が決め手です。説得力のある志望動機や自己PRを書けさえすれば、採用の可能性もぐんと高まります。鍼灸師は鍼灸院だけでなく福祉やスポーツ、美容業界などさまざまなフィールドで活躍できます。転職の際は、自分がどこでどのように働きたいかを明確にして転職活動に活かしましょう。

鍼灸師になるためには国家資格の取得が必要な上、医学の勉強を続けなければならない職業です。しかし、専門的な技術が身についたり、自分の手で直接患者を治せるといった多くのやりがいを実感できる職業でもあります。

自分の魅力を存分に表現できる履歴書を書けるようになれば、念願の鍼灸師としてデビューすることも可能になるでしょう。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。