ジムインストラクターの働き方や求められるスキルをご紹介!

筋肉

スポーツジムにいる引き締まった身体のジムインストラクターに憧れる・・・

このような経験がある方は多いのではないでしょうか。
実は、運動指導以外にもジムインストラクターには様々な仕事内容がございます。
本記事ではジムインストラクターの仕事内容や必要なスキル、働き方をご紹介します。

ジムインストラクターとは

ストレングスコーチ

かっこいいイメージのある「ジムインストラクター」。大学生のアルバイトや運動指導を仕事にしたい人に人気の職業です。

ジムインストラクターとは、主にスポーツジムでお客様に運動指導を行う人を指します。ダイエットや筋肉を増やしたい、健康維持など通われるお客様の目的に合った指導やアドバイスをします。1対1での指導や1対大勢での指導、その他にもスポーツジムでの仕事内容はさまざま。1つずつチェックしてみましょう。

ジムインストラクターの仕事内容

ストレングスコーチ

トレーニングマシンの指導

筋トレを行う「ウエイトトレーニングマシン」や「フリーウエイト」、有酸素運動を行う「エアロバイク」や「ランニングマシン」など、多くのトレーニングマシンが設置されているスポーツジム。数多くあるマシン全てを指導できるように覚えたり、ポイントを押さえる必要があります。

スタジオレッスン

スタジオレッスンは、エアロビクスや格闘技といった汗をかく激しいものから、ストレッチやヨガなどのゆったりと落ち着くものまでさまざま。スタジオレッスンでのインストラクターの役割は動きながら説明をして参加者を誘導することです。見本となる動きや、ワンテンポ早く指示を出す、音楽に合わせて楽しく運動ができるよう盛り上げるなど、一度に複数のスキルが必要になります。

パーソナルトレーニング

マンツーマンでのパーソナルトレーニングは、お客様の現状と目標をヒアリングし二人三脚でサポートをします。多くのスポーツジムでは、会費とは別料金になっていることが多く、専門性信頼関係が必要不可欠です。

お客様の接客・電話応対

スポーツジムによって異なりますが、フロント業務や電話応対をジムインストラクターが担当する場合もあります。日々の接客とは別に、入会や退会の手続きやクレーム応対、見学や体験の申込みの電話応対といった応対です。トレーニングの知識だけではなく、コミュニケーションスキルが試されます。

施設の清掃・点検

清掃員を雇っているスポーツジムもありますが、多くのスポーツジムはジムインストラクターが清掃や点検をします。マシンのメンテナンスや、汚れや埃を取ることでお客様が気持ち良く運動できる環境を提供します。特にマシンの点検やメンテナンスは怠ると運動中の事故にも繋がるので、定期的に点検し安全面に配慮しています。

ジムインストラクターに求められるスキル

トレーニング女性

知識スキル

お客様はジムインストラクターを「身体のプロ」と思い、さまざまな質問を投げかけてくれます。質問に答えられたり、自ら知識を分かりやすく伝えるために身体やトレーニングについての知識を深める追求力が求められます。具体的に必要な知識の一例を見ていきましょう。

解剖学

私たちの身体は、約200個の骨と約600個の筋肉で構成されています。これらの骨や筋肉の名前を全て覚える必要はありませんが、トレーニング指導を行う部分は知識として覚えておけると指導の説得力が高まります。

たとえば・・・

胸の筋肉【大胸筋】を鍛える際に、
鎖骨や胸骨から上腕骨にくっついている大胸筋。筋肉は始まり(起始)と終わり(停止)を遠ざけたり近づけることで刺激が入り、鍛えることができます。この解剖学的な知識があることで、指導をする説明が分かりやすく的確に伝えることができるでしょう。

トレーニングの原理原則

トレーニングには、3つの原理5つの原則があります。

トレーニング3大原理
  • 過負荷の原理
  • 可逆性の原理
  • 特異性の原理

日常生活以上の負荷を与えなければトレーニングの効果が現れないという「過負荷の原理」や目的、目標に合ったトレーニング内容が行えている「特異性の原理」など、身体とトレーニングの原理を理解しているとトレーニングの提案がより深い内容になります。

トレーニング5大原則
  • 全面性の原則
  • 意識性の原則
  • 反復性の原則
  • 個別性の原則
  • 漸進性の原則

トレーニングしている部位を意識することで効果を実感できる「意識性の原則」や同じ負荷ではなく徐々に負荷をあげていく「漸進性の原則」など、どのように行うとより効果が出やすいのか、分かりやすく伝えるために知識の引き出しがあるといいでしょう。

栄養学

スポーツジムでは主にトレーニング指導を行いますが、時と場合によっては食事や間食などの「栄養学」の知識も必要です。

消費カロリー=摂取カロリーの状態は現状維持になります。トレーニングを頑張っているけれどなかなか効果が出ない・・・そんなときには、栄養面をアドバイスすることで変化に導けるかも知れません。

痩せたい方には、消費カロリー>摂取カロリー
身体を大きくしたい方には、消費カロリー<摂取カロリー

カロリー計算や、栄養素の質(PFCバランス)の知識があるとアドバイスの幅が広がります。

指導スキル

「椅子を5に合わせて、重りは10㎏にして、座ったら胸を張って、グリップを掴んだら前に押して~あ!肘は伸びきらないように!肘が90°になる位置まで戻したらこの動きを繰り返します。」

と、伝えられるのと

「まずは椅子を5に合わせます。重りを10㎏にセットしたら座りましょう。胸を張り、グリップを掴みます。そのまま前に押します。肘が伸びきる手前で止めましょう。肘が90°になる位置まで戻します。この動作を繰り返しましょう。」

このようにる伝えられるのとでは、どちらがスッと理解できますか?
指導スキルは、端的分かりやすく相手の動作を導いたり、要所要所でポイントを伝えるスキルが必要です。

コミュニケーションスキル

知識や指導スキルがあっても、コミュニケーションスキルが低いと目の前にいるお客様には届きません。

無愛想で怒っているように見える人や、片脚重心でやる気がなさそうに見える人には声をかけることを躊躇してしまいます。常に笑顔は難しいかもしれませんが、口角を少し上げたり、両足に体重を乗せて背筋を伸ばしている立ち姿勢を意識するだけで話しかけやすいジムインストラクターに。

また、知識が増えれば増えるほど「伝えたい」という気持ちが強くなりやすいですが、まずはお客様の話を「聴くこと」を心掛けましょう。聴くことができて、初めて会話のキャッチボールが成立します。

自己管理スキル

ここであげる自己管理スキルは2つあります。

  1. 体調管理
  2. 体型管理

体調管理

身体を使う仕事内容なので、疲労が溜まりやすく気が付かない間に体調を崩していることもあります。また、「休めない」といって頑張りすぎるとかえって長引いてしまい、周囲に迷惑をかけることも。

目の前にいるお客様の身体に真剣に向き合いすぎて、自分の身体のことを二の次にしてしまいやすい職業なので、自分の体調管理も意識しましょう。

体型管理

体型管理とは、見た目や筋肉量、体脂肪率などの数字の管理のことを表します。

「痩せましょう!」と提案してくれるジムインストラクターがぽっちゃりしていたら、お客様はどう感じると思いますか?

「この人に教わりたい!」「憧れる!」と思われる身体作りは、人前に立つジムインストラクターに必要な要素です。また、自分で経験したダイエットやたくましい身体作りは伝えるときに説得力が増します。知識と自分の経験を活かしたアドバイスはあなたの大きな財産になること間違いなし。

ジムインストラクターの働き方

ジムインストラクターの働き方はさまざまな方法があります。どのような働き方があるのか理解し、自分に合った働き方を探していきましょう。

正社員

スポーツジムなどの正社員として働く方法です。主にスポーツ学科のある4年制大学や、スポーツ系の専門学校を卒業し、新卒での採用が多い傾向にあります。運動やスポーツの資格取得、経験を積んでいると採用されやすく、働いてからも昇給しやすいです。もちろん、中途採用もあります。経験値や人柄などを基に正社員での扉をくぐれるでしょう。

ジムでの接客や指導の他に、入会退会の数字の管理や従業員をまとめる役割を担います。

ジムインストラクターは、年齢とともに最前線の現場で働き続けることはどうしても難しくなるもの。正社員の多くの人は管理職に移動したり、新人育成などの教育係としてその後も活躍します。

パート・アルバイト

パート・アルバイトで活躍しているジムインストラクターも大勢います。大学生のアルバイトとして選ばれることも多いようです。

正社員と大きく異なる点は、時給での勤務や業務内容が違うことです。時給は地域によって異なりますが800円~が目安と言われています。スタジオレッスンやパーソナルトレーニングを行うことで時給に加給されるところが多く、勤務態度やお客様からの人気で時給があがる見込があるでしょう。

業務内容は、基本的には接客や指導、清掃のみ。ベテランのパートになると数字に触れたり、真渇される業務が増えてくるかもしれません。

フリーランス

フリーランス(個人事業主)として、スポーツジムと契約して働く方法もあります。フリーランスで働く場合、1つのスポーツジムだけでは収入に限界があるので、複数のジムと契約して活動するインストラクターが多いです。

フリーランスのインストラクターは、指導力を磨いたり、人気をキープしなければ長く活躍することが難しいかもしれません。そのため、いきなりフリーランスで活動する人よりも、パート・アルバイトで経験や実績を残し、フリーランスに転向するインストラクターも多いです。

ジムインストラクターに必要な資格

机とノート

スポーツ関係の資格は数多くあります。必ずこの資格が必要!ということはなく、未経験からのスタートも可能です。スポーツジムにより、会社指定の資格や会社内の資格が必要というケースもあるので、働きたいスポーツジムに確認しましょう。

その上で、ジムインストラクターを目指す人におすすめの資格をピックアップしました。

健康運動実戦指導者

積極的な健康づくりを目的とした運動を
安全かつ効果的に実践指導できる能力を有すると認められる者

出典:https://www.health-net.or.jp/shikaku/shidousya/index.html

という定義の基、健康・体力づくり事業財団が認定している民間資格です。

実践指導者という資格名の通り、手本を見せる指導者としての実技能力を学びます。安全かつ効果的な運動指導を目指した資格です。

NESTA-PFT

NESTAはこの業界において、ただパーソナルトレーナーとしての知識・技術の教育をするのではなく、ビジネスマインドも兼ね備えたプロフェッショナルなトレーナーを輩出し、成功をサポートすることを目的としています。

出典:https://www.nesta-gfj.com/nesta

アメリカ・カリフォルニアに本拠地を置く民間資格団体なので、日本国内だけでなく世界的にも知られているフィットネス資格です。ジムインストラクターやパーソナルトレーナーとして活動したい人におすすめの資格です。

ジムインストラクターになる道のり

学校

上記では、ジムインストラクターの仕事内容や必要なスキルなどをご紹介しました。そこで、実際に働くまでにはどのような道のりがあるのか、見ていきましょう。

大学や専門学校を卒業する

スポーツ学科のある大学や、スポーツ系の専門学校で学び卒業し、ジムインストラクターになる道のりです。学校の授業で知識や、現場実習などの経験を積むことができるので、即戦力としてジム側に喜ばれることがあります。

アルバイトで経験を積む

実際に働きたいスポーツジムにアルバイトとして働く道のりです。最初の業務内容は研修や清掃など、すぐに現場に出ることはできないかもしれません。しかし、丁寧に仕事をこなしたり、先輩インストラクターとコミュニケーションを取ることで、ジムインストラクターとしてデビューできる日が近くなります。

養成スクールに通う

転職等でジムインストラクターを目指したい場合は、費用がかかりますが養成スクールに通うことも選択肢の1つです。養成スクールは必要なカリキュラムがぎゅっと詰まっており、就職に向けたサポートが充実したスクールもあるので、安心です。

まとめ

バーベルと女性

華やかに見えるジムインストラクターの裏側はいかかでしたか?実は運動指導以外の業務を担当していたり、働き方もさまざま。自身も健康的に鍛えながらお客様の健康を身近でサポートできるインストラクターを目指す方は必要なスキルを身につけながら自分にあった働き方をイメージしてみましょう。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。