食育アドバイザーの資格取得方法や資格の活かし方を解説

ヘルシーな野菜

生きていく上で最も大切な「食事」について学ぶことはとても大切です。長く健康的な暮らしを送るためにも、日ごろから食事に関する知識や実践力を身につけておくのがよいでしょう。その食事に関するエキスパートであることを証明するのが「食育アドバイザー」という資格です。

「栄養バランスのとれた食事がしたい」「食に関する仕事に就きたい」という方にはおすすめの資格です。それでは、正しい食事の仕方や調理法、食育の実践について学べるこの資格はどうすれば資格取得できるのでしょうか?

今回の記事では、以下について詳しく説明していきます。

  • 食育とは
  • 食事アドバイザーの資格取得方法
  • 資格の活かし方
  • 食育を学ぶメリット

食育アドバイザーの資格を取得すれば、その知識で仕事や日々の生活に活用することもできます。この資格取得に少しでも興味がある人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

食育とは

食卓

文部科学省では、食育を「子どもたちが食に関する正しい知識と望ましい食習慣を身に付けること」と定義しています。また農林水産省では「生きる上での基本であって、知育・徳育・体育の基礎となるもの」と位置づけるように、各省庁でも食育が勧められています。

単純に食べ物についての知識だけでなく、食育とは食に対する心構えや栄養学、伝統的な食文化など総合的な教育全体を指します。

生きていく上で食事はとても大切なことです。食育は食に関する知識や栄養学を学ぶことで、バランスのとれた食事や栄養価の高い食材を自分で選択できるようになることを目的としています。

食育アドバイザーとは

注文を取る女性

食育は「生活の基礎となる、基本的な食事や栄養についての学びの総称」であることがわかりました。それでは、ここからは食育アドバイザーとは何か、その概要について詳しくみていきましょう。

概要

食育アドバイザーは日本能力開発推進協会(JADP)が認定する民間資格で、食育に関する基礎的な知識と食育を実践できるスキルがあることを証明する資格です。

食育アドバイザーには、食育アドバイザーと上級食育アドバイザーの2種類があります。栄養についての知識や食生活の改善といった基礎を学ぶのが食育アドバイザーです。さらに専門的な職業に活かすための知識を学ぶには上級食育アドバイザーがおすすめです。

食育アドバイザー登場の背景

現代をとりまく食の諸問題

  • 栄養バランスの偏った食事
  • 生活習慣病
  • 若い世代の過度なダイエット志向
  • 不規則な食生活
  • 海外への食の依存
  • 伝統的食文化の衰退

近年食生活や食環境の変化が目まぐるしく起こっているため、健康や食の安全性などに関する問題は日々深刻化しています。

たとえば食事のバランスが崩れると思考低下や学習の妨げとなり、また肥満や免疫力の低下などの病気にもつながります。さらには食品ロスや伝統的な食文化の衰退など、さまざまな問題を抱えているのが現状です。

このような状況を改善すべく、2005年7月には食育基本法が制定されました。そして、より健康な身体づくりのために正しい食生活について学ぶ食育が国を挙げて推進されていくようになりました。

食育アドバイザーの活かし方

教鞭をとる女性
食育アドバイザーは家庭や職業の現場などさまざまな場所で活用できる資格です。それでは、食育アドバイザーの資格を取得した場合の具体的な活かし方やメリットについて紹介していきます。

家庭

食育の知識によって栄養バランスのとれた献立づくりが身につくので、日々の食卓に並ぶメニューも豊富になります。

また、家族がいる場合は妊娠から出産、子育てなどさまざまなライフステージに合わせた食事管理が必要です。食事の仕方や内容も変わってくるので、家族のライフステージにぴったりの栄養バランスがとれた食事を作ることができます。

家族にアレルギーや苦手な食材などがある場合、栄養が偏らない代替の献立を考える際にも役立つ資格です。

職場

自分で飲食店を開業したり、企業に就職する際に食育の知識が活かされることもあります。

料理教室を開業して自分の料理の技術を教え広めたり、食品メーカーなどでオリジナルの新メニューを考案することも可能です。セミナーを開講したり、食育関連のイベントに参加するケースもあります。栄養管理や食材を美味しく食べられる調理方法を職場で活かせるのは、大きな強みです。

教育現場

栄養士や管理栄養士として、保育園や幼稚園、小学校などの教育現場で食事の指導を求められることもあります。正しい食の知識さえあれば、子どもたちに食事の楽しさや食べ方などの食事指導ができます。子どもたちの心身ともに健康的な成長に食育は必須です。未来を担う子どもの将来のために正しい食育をアドバイスできるこの資格は、一生ものの財産になるでしょう。

医療現場

福祉や医療の現場では高齢者やさまざまな障害を持つ方に、ひとりひとりに合った食事の提案ができます。特に高齢者の方に対しては、体力アップや健康維持につながる食事のアドバイスをすることが重要です。さらに進む高齢化社会で、食事制限のある人や高齢者でも食べやすい、栄養価の高い食事の提案ができるのは強みです。味つけや食感などの工夫で、高齢者や病気を患っている方にも食事を楽しんでもらえるようになります。

食育アドバイザーの資格取得および勉強方法

勉強机

食育アドバイザーになるためには、まず専用テキストで学習をしてから試験にのぞむことが必要です。ここでは、その食育アドバイザーの資格取得までの流れや勉強方法をご紹介します。

資格取得までの流れ

カリキュラムの受講

日本能力開発推進協会(JADP)認定の「食育アドバイザー資格取得講座」を受講後、カリキュラムを修了して修了認定をもらう必要があります。独学では資格取得できないので注意してください。

検定申し込み

カリキュラム修了後にJADPのホームページにアクセスして「検定試験申し込み」から検定申し込みができます。必要事項を入力したら、認定校の教材に同封されている振込用紙で受験料を支払います。

試験問題

協会から試験問題が送付されます。自宅での受験が可能です。

合否発表

合否の結果は答案受付後のおよそ1ヶ月後に書類送付されます。試験の正答率が70%以上で合格です。合格率は非公開となっていますが、自宅受験が可能でテキストを見ながらの解答が認められています。そのため、しっかりとテキストの内容をしっかり理解していれば合格率は非常に高い試験です。

試験情報

主催団体一般財団法人 日本能力開発推進協会
試験区分民間資格
受験資格JADPの全カリキュラム修了者
受験料5,600円(税込)
日程随時
会場自宅
出題範囲食育の基礎的知識

食品の安全に関する知識

食育活動について

合否基準正答率70%以上
合格率非公開

勉強方法

テキストは日本能率協会マネジメントセンターが出版している「食生活アドバイザー公式テキスト+問題集」がおすすめです。試験の全出題範囲をカバーしていて、巻末には模擬問題が収録されているなど勉強しやすい構成になっています。

また、同出版社から「食生活アドバイザー公式重要用語辞典」も出版されています。試験に役立つ1,318語もの重要単語が載っているテキストです。

まずは本の内容を読み進めて、自分でノートに重要なポイントをまとめていくと内容が整理できます。そして模擬問題を解いて間違ったところは繰り返し復習するようにしましょう。より理解を深めたい場合は辞典も利用すると、勉強した内容がより記憶に残りやすいです。

食育アドバイザーの学習内容

学習する男性

食育アドバイザーの学習内容は大きくわけて3つになります。いずれも食育を理解する上で非常に大切な学習項目です。ここではその具体的な学習内容についてご紹介します。

食育の基礎

まずは食育を学ぶ目的やその重要性を学習していきます。1日3回の食事やおやつの重要性など、私たちの生活に密着した食についても学ぶことができます。

また、ここでは食事マナーや日本の伝統文化としての食事も理解を深めていきます。このほか、国内外の食品の生産消費量や給食、外食についての学習も必須項目です。

食育の実践

食育の基礎知識を身につけたあとは、安心かつ安全な食品の選び方について学びます。この分野では食品添加物や食品表示、また遺伝子組み換え食品についての学習がメインです。食材を選ぶ際の注意すべきポイントをおさえることができます。

食育の指導方法

最後は、食育の指導方法や食育活動についての知識習得です。食育活動への参加や活動の広め方について学びます。料理教室や食育セミナーへの参加を通じて、参加者とともに食への理解を深めていくことが目的です。

食育アドバイザーの資格取得にかかる費用と期間

時間と費用

資格取得のためにはセミナーの受講料や受験費用、そして勉強のための時間が必要です。ここでは、食育アドバイザーになるために必要な費用とその期間について解説します。

費用

JADP認定の講座受講料は38,600円(税込)ですが、Webから申し込むと受講料が10,000円割引されて28,600円(税込)となります。検定試験の受験料は5,600円(税込)です。加えて別途送料450円が必要です。

受講費用は下記の方法にて決済ができます。

  • Amazon Pay
  • paypay
  • クレジットカード
  • コンビニエンスストアまたはゆうちょ銀行、郵便局
  • 代金引換

クレジットカードを利用すれば分割支払いも可能です。また、講座テキストは教材到着日から8日以内であれば返品もできます。

期間

食育アドバイザーの資格取得に必要な学習期間はおよそ3ヶ月です。通信講座のため、月に1度の添削と毎月のレポート提出があります。テキストをもとに自習して、単元ごとにまとめのレポート作成、提出するという流れです。

受講は最大700日間までレポート添削や質問ができます。また、忙しくても自分のスケジュールにあわせて無理なく学習できるのもメリットのひとつです。

食育アドバイザー関連の資格

料理を楽しむ女性

食育アドバイザーの資格取得後にこれから紹介する資格にチャレンジしてみるのもおすすめです。いずれも内容が高度になるので、より専門的な知識を身につけられます。

食生活アドバイザー

食育アドバイザーと名前が似ているこの食生活アドバイザーは、食材の栄養素や衛生管理の方法、アレルギーについてなどの食生活全般が学習範囲です。食品販売店や飲食店へ向けて衛生管理のアドバイスもできます。

また、「食事をすることの大切さ」「家族と食事をする重要性」などの道徳面や食品ロスといった社会問題まで多岐にわたり学ぶので、勉強の範囲が広くなります。

食育インストラクター

こちらも名前が似ていますが、食育インストラクターは「NPO法人日本食育インストラクター協会」が認定する資格です。食育アドバイザーよりも難しい内容が試験範囲となっています。

料理、健康に加えて衛生や調理法、マナーなども出題範囲となります。食育アドバイザーよりも難易度が高いので、食育アドバイザー資格取得後のチャレンジとして受験するのにおすすめの資格です。

スポーツフードアドバイザー

スポーツフードアドバイザーは、アスリートの健康管理に必要な知識をもつことを証明する資格です。運動、栄養、休養について総合的に学び、アスリートひとりひとりのコンディションやトレーニングに合わせた食事を提案していきます。

一流のスポーツ選手やチームはもちろんのこと、成長期の小中学生を対象に「身体をはぐくむための指導」を行う役割も担っています。

まとめ

食育アドバイザーは食事に関する基礎的な知識と、食育を実践できる能力を証明する資格です。この資格があれば、家庭や職場などさまざまな場所でその知識を役立てることができます。栄養バランスの良い食事の考案、提供などにも非常に役立つ資格です。

普段、自分たちの食事について深く考える機会はめったにありません。だからこそ、この食育アドバイザー資格取得のための勉強を通じて、食事を通じての生活や人生を見つめなおす必要があるのではないでしょうか。難易度も比較的簡単で自分のペースで勉強できる資格なので、ぜひ一度受検してみるのもおすすめです。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。