柔道整復師ってどんな仕事?給料や将来性を徹底解説!

本記事では、柔道整復師の仕事内容や給料、将来性について詳しく解説していきたいと思います。こんな方にオススメの記事となっています。

・柔道整復師の仕事内容について知りたい
・柔道整復師の仕事先について知りたい
・どんな人が活躍できるのか知りたい
・資格取得の難易度や方法について知りたい
・柔道整復師の資格取得を検討しているが、給料面や将来性があるのか知りたい

柔道整復師とは

柔道整復師とは主に捻挫や打撲、骨折、靭帯損傷、脱臼のようなケガの治療をおこなう職業です。医師のように手術やレントゲンなどによる治療はおこなわず、テーピングや手技、湿布や電気を流して治癒の促進などを使用して施術をおこないます。柔道整復師は国家資格です。受験するためには、専門学校や3.4年制大学などの養成施設で所定の科目を履修し、卒業することで権利が与えられます。

またよく間違えられる整体師とは、全くちがう職業になります。整体師は、怪我のケガの治療や痛みの改善ではなく、姿勢改善や肩や腰の凝り解消、リラクゼーションを主な目的としています。
仕事内容も違いますが、特に大きな違いは国家資格かどうかです。整体師は民間の資格などを通じて技術や知識を習得し、柔道整復師と比べて比較的始めやすい特徴があります。また整体師は国家資格ではないため、保険の適用がありません。以下、詳細グラフです。

職種治療の有無国家資格民間資格開業できるか保険の適用
柔道整復師×
整体師×××

柔道整復師による主な施術方法

柔道整復師の施術方法は、大きく分けて「整復法」「固定法」「後療法」の3つ存在します。どれも基本的かつ重要な施術になります。それぞれ具体的に解説します。

整復法

整復法とは、脱臼し関節が外れたり、抜けてしまった骨を、手を引っ張ったり押したりして元の状態に戻し施術していく方法です。患部だけでなく、周囲の状態を把握し、お客様に後遺症などが残らないように丁寧に施術していきます。

固定法

固定法とは、先ほどの脱臼だけでなく、捻挫や靭帯損傷、骨折など安静にして治療が必要なケガなどに、ギブスやテーピングを使用して固定する施術方法です。

後療法

後療法とは、患部をできる限り早く回復させるためにする施術のことを言います。後療法には大きく分けて3つあります。
・電気や熱を患部にあて、適度な刺激を与えることで回復を促進させる物理療法。
・神経が多く集まっている手のひらを使って、患者自身の自然治癒力を向上させる療法。
・運動によって機能を向上させ、回復を促進させる療法。

治療行為の制限について

柔道整復師は、国家資格ではありますが、特定の症状や治療行為においては、一部法律で制限されています。柔道整復師が施術できる症状には、脱臼やねんざ、靭帯損傷や骨折などいずれも急性のものと限られています。その他の場合は、医師の同意を得ることが必要となります。
また、柔道整復師に認められていない治療行為として、注射やレントゲンを使用して検査することはできません。また痛み止めなどの薬投することも禁止されています。
柔道整復師の治療は、直接患部を視診、触診し、患者と密にコミュニケーションを取りながら患部を治療することが必要になります。柔道整復師は、自身のやり方で治療法を選択することができますが、もし柔道整復師の治療範囲を超える症状の場合は、自分の判断だけに頼らず、他の医療機関を紹介することが必要です。

柔道整復師の仕事先について

握手

柔道整復師の勤務先は様々で、整骨院や病院、リハビリ施設やスポーツチーム、介護施設やフィットネスジムなどが挙げられます。それぞれ具体的に解説していきます。

整骨院

怪我をした方向けに、店舗を構えて受け入れ治療をする仕事です。捻挫や打撲、骨折、靭帯損傷、脱臼など、様々なケガに対してサポートしていきます。このような一時的なサポートもあれば、ヒザや肩が慢性的に痛むなど、高齢者むけに長期的なサポートをする場合があります。整骨院に雇われて仕事をする方もいれば、経験を積んで独立して活躍する方もいます。

病院・リハビリ施設

病院の医療スタッフとして仕事をします。医師から診断されたケガの内容に対して、病院内で適切なサポートをしていきます。治療を目的としたサポートもあれば、治療を終え1日でも早く日常生活に戻れるようリハビリ・トレーニングを通じてサポートをすることがあります。そのため、リハビリ・トレーニングに必要なトレーニングメニューの立案や実施頻度など、その患者に向けた提案やアドバイス能力が求められます。

スポーツチーム

スポーツチームと帯同し、選手の怪我の治療やリハビリ、トレーニングのサポートをします。チームに所属する選手が、チームで最大限のパフォーマンスを発揮できるよう応えていくことが必要です。

介護施設

主に高齢者に向けたサポートをしていきます。お客様と密接にコミュニケーションをとりながら、関節の痛みや腰痛・肩こりなどの不調を治療します。またそれら予防としてトレーニングメニューの立案や実施頻度なども提案し指導していきます。

フィットネスジム

主にトレーニングによる関節の痛みや不調に対して、適切なアドバイス・治療をしていきます。しかしフィットネスジムでは治療行為は基本実施しないため、実施できる施設へ来館をうながすか、口頭でのアドバイス・提案が中心になります。

柔道整復師になるためには

柔道整復師は国家資格になるためは、正しい順序で資格の取得をする必要があります。資格を取得ためには、厚生労働省が毎年3月に実施している国家試験に合格する必要があります。またその国家試験を受講するためには、通信制は対象外で柔道整復師の専門学校や3.4年制大学などの養成施設で所定の科目を履修し、教育過程の修了が必要となります。それら養成校では座学だけではなく、現場を想定した実技の勉強も行ないます。養成校によって内容が異なりますので、将来的になりたい姿をイメージしたうえで養成校を決めた方がよいでしょう。

柔道整復師に向いている人

コミュニケーション能力に自信がある人

コミュニケーション能力に自信のある人はオススメです。もちろん柔道整復師としての技術力も求められますが、お客様に継続的にお願いされる人材でなくてはなりません。お客様の置かれている状況をしっかりと理解し、要望に適切にお応えする能力も必要となります。

清潔感のある人

どの仕事にも清潔感は重要ですが、とくにお客様と面と向かって会話をする機会が多いですし、実際に触診したりするので、清潔感は絶対条件となります。メラビアンの法則では、相手の印象を決める際、視覚情報が55%と言われています。初回の診察でここをクリアできないとお客様は離れてしまうでしょう。

人の役に立ちたい人

人の役に立ちたい、という気持ちを素直にもっているかどうかは、非常に重要な項目です。相手はお客様なので仕事上でのお付き合いではありますが、それ以上に親切に接することができるか?お客様ではなく1人の人間としてみることができるか?がポイントとなります。もしその点が疎かになってしまうと、お客様には自然と伝わってしまいますし、仕事としては難しいかもしれません。

研究熱心の人

研究熱心の人は、自身で知識や技術を習得しようとするため、活躍できるでしょう。柔道整復師の仕事は、個人の裁量で仕事を進めることが多いため、スキルは自分自身で身に付ける必要があります。定期的に勉強したりセミナーにいったり、他の柔道整復師に質問するなど、自分から動けることに負担を感じない方はオススメです。

柔道整復師の国家試験の合格率は?

直近で行なわれた2022年3月の合格率は「62.9%」でした。詳細は下記になります。

合格発表:2022年3月25日(金)
受験者数:4,359人
合格者数:2,740人
合格率:62.9%

過去を含む合格率はこちらです。

試験年度受験者数合格者数合格率
2018年度6321名3690名58.4%
2019年度6164名4054名65.8%
2020年度5270名3401名64.5%
2021年度4561名3011名66.0%
2022年度4359名2740名62.9%

養成校でしっかりと勉強し、試験に向けて準備をすれば現実的な数字と言えるでしょう。しかし年に一度の試験になるため、もし不合格になってしまった場合、さらに1年かかってしまうため取得が難航してしまう場合があることがデメリットです。

柔道整復師の給料や待遇について

柔道整復師の平均給料は、正社員の場合は年収367万円、アルバイト・パートの場合は時給1,113円、派遣社員の場合は時給1,500円となっています。またそれ以外にも独立して店舗を構えて収入を得ている方や、業務委託契約をしてスポーツチームやスポーツジムで活躍している方もいるので、一概にこの金額がすべてとはいいがたいです。地域によっても金額が違うので働き先によって見極める必要があります。
(引用:給料ボックスより)

柔道整復師の将来性について

柔道整復師の将来性については、今後も伸びていくと予想されています。日本は高齢化社会に突入し、2030年には3人に1人が65歳以上の高齢者になるとされています。また人生100年時代に伴い、今後も健康への関心は強まっていくでしょう。いつまでも健康でいたいと感じる方が多くなるので、柔道整復師のような健康産業は今後も伸びていくでしょう。
一方で先ほど挙げた受験者数と合格者数をみると、柔道整復師の人口は年々減少傾向にあります。一見ネガティブな要素に聞こえますが「競合が少なくなっている」「需要が増え供給が減っている」という考えであれば、十分ポジティブに捉えることができます。
他にも患者とのコミュニケーションを大事にする、店舗を構えるのであれば需要のある地域に出店するなど、柔道整復師の技術や知識だけではなく他の柔道整復師と差別化するためのスキルを身に付ける必要があります。

補足ですが厚生労働省の統計によると、国家試験の合格者は平成10年では1,071人でしたが、平成27年には4,503人まで増加しています。柔道整復師の認知度が上がったことが大きな要因と言われていますが、それだけではなく養成機関の増加も関係しています。平成10年には14校ほどでしたが、平成27年には109校まで増加しました。それに伴い学生の数も増え、平成10年から平成27年の間に、養成機関の定員数は8倍も増加しています。

知っておきたい柔道整復師の大変なこと

体力勝負

仕事先にもよりますが、基本的に自分のカラダが資本になる仕事のため、体力に自信のない方は大変に感じてしまうかもしれません。体重のあるお客様の場合、カラダを持ち上げるなどするため、自身の筋力も必要となります。自分自身のメンテナンスも欠かせないため、仕事以外での生活にも気を配る必要があります。

技術力

お客様に通っていただくためには、もちろんそれなりの成果が求められます。せっかく通っているのに全然効果が表れない、治らないなど、結果が伴わない場合はお客様が離れていってしまう可能性があります。また今はネット社会のため「効果が出なかった」「なかなか患部が治らない」などの口コミはすぐさま拡散されてしまいます。1人の柔道整復師による施術で、他の方にも影響が出てしまうことだってあるので、注意が必要です。

まとめ

いかがだったでしょうか。柔道整復師の仕事内容や給料、将来性まで具体的に解説してきました。これから柔道整復師の仕事をしたい方は、これから取得をしても十分活躍できると思いますし、ますます需要は増えていく職業です。
しかし資格取得までの大きな懸念材料として、資格取得には学校に通うなど、時間と労力が必要であるということです。いま社会人だったり時間が取りにくい方は、取得は困難だと感じてしまうでしょう。しかし、そういった方には夜間学校がオススメです。昼間は働きながら、学校で授業を受けながら、夜は柔道整復師の資格取得の勉強といった形で、柔軟に取得を目指せますので、そちらも検討してみると良いでしょう。取得することで国家資格であることから長期的な活躍はしやすいですし、信頼も得ることができます。この機会に取得を目指してみてはいかがでしょうか。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。