柔道整復師の就職先や具体的な働き方をわかりやすく解説

柔道整復師とは、「ほねつぎ」や「接骨師」とも呼ばれ、骨折や脱臼、打撲やねんざなどのけがに対して手術をせずに治療をおこなう、けが治療のプロフェッショナルのこと。手術や薬を用いることなく、手技やテーピングを使用し、人間に本来備わっている自然治癒力で回復へと導きます。

そんな、けが治療の専門家である柔道整復師はいったいどのような場で活躍することができるのでしょうか。

ここでは柔道整復師の主な就職先やそこでの働き方を紹介していきます。

また、柔道整復師としてさらにキャリアアップできる方法も紹介していきます。

これから柔道整復師を目指しているかたや、すでに柔道整復師として働いているが、活躍の場をもっと広げたいというかたは、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

柔道整復師の就職先

ではまず初めに、柔道整復師の主な就職先を紹介していきます。

活躍の場は本当にたくさんあるのですが、その現場によってお客さまが求めていることが異なります。けがを治してほしいかたはもちろんのこと、最近ではリラクゼーションやダイエット目的の需要も高まっています。

それぞれの就職先での仕事内容を詳しく解説していくので、自分の目的にあった場所・自分が活躍できそうな場所を考えながら、ひとつずつ見ていってください。

接骨院・整骨院

柔道整復師の就職先で、もっとも多いのが接骨院・整骨院です。

スポーツなどでのけが治療はもちろんのこと、慢性的なこりや張りなどの原因がわからない症状などで悩むかたの治療をおこないます。来院されるかたの年齢層は幅広く、さまざまなお客さまの関わることができますが、そのぶん技術や知識が求められる場でもあります。

また近年では健康維持やダイエットを目的とした施術取り入れる接骨院や整骨院も増加しています。そのため、骨格矯正や、もみほぐしなどの施術研修に力を入注いでいます。

このように多彩な施術内容を用意している院も珍しくないので、自分の目的にマッチしているか、あらかじめしっかりチェックしておくといいかもしれません。

介護施設

高齢化が進むなか、介護施設での就職へもニーズが高まっています。

柔道整復師が介護業界で働く場合「機能訓練指導員」として就職するのが一般的です。

機能訓練指導員に求められることは、利用者さんの心身の状態を理解し、機能訓練計画表を立てます。利用者さんが自立した生活を送れるようにサポートするのが機能訓練指導員の役割です。

また、機能訓練指導員は誰でもなれるのではなく、特定の国家資格取得が必要です。

柔道整復師の国家資格はそれに該当しており、そのほかには看護師や理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、一定の実務経験を有する鍼灸師も対象となります。

主な就職先は以下です。

・デイサービス

・グループホーム

・ショートステイ

・特別養護老人ホーム

・特定施設入居者生活介護

 

介護施設は継続的に利用するかたが多いため、利用者さん一人ひとりと長期的に関わることができるのが特徴です。施設によってサービス内容は異なるのですが、レクリエーションや送迎などの業務に携わることもあります。

病院

柔道整復師は病院でも働くことができます。

その多くは、整形外科で働いているのですが、整形外科では骨折や脱臼、打撲やねんざなどの外傷治療に対応しているため、柔道整復師の知識や技術を最大限に活かすことができます。ほかの科ですと、リハビリテーション科で活躍している柔道整復師もいます。

整形外科で働く場合、仕事内容は病院ごとに異なりますが、主にリハビリテーション、骨折からの整復、ギブスの作成・装着・テーピングなどを行います。

また病院によってはレントゲンのセッティングや、見回り、レセプト作成や新人指導といった業務にも携わることがあるそうです。

リハビリ業務をおこなう際は、基本的に医師の指示のもと、理学療法士や作業療法士と共に協力します。さまざまな資格を持った医療従事者と働くことができるという点が病院で働くことの大きなメリットです。

スポーツ業界

柔道整復師は、スポーツ業界での需要も高いです。

スポーツトレーナーとして、アスリートだけでなく、スポーツジムなどに通うかたたちに指導や施術をおこなうことができます。

スポーツトレーナーにもいくつか種類があるので、紹介していきます。

 

・アスレティックトレーナー

アスレティックトレーナーは、主にメディカル面で選手のサポートに携わります。 健康管理やけがの予防、救急処置やリハビリテーション、コンディショニングや組織運営など役割は幅広く用意されています。

・コンディショニングトレーナー

コンディショニングトレーナーは、アスリートのコンディションを管理し最大限のパフォーマンスを発揮できるようサポートします。 選手のメンテナンスや練習プログラムの指導をおこないます。

・フィットネストレーナー

フィットネストレーナーは、アスリートに限らず、フィットネスジムに通うお客さまにトレーニング指導をおこないます。しかし、フィットネストレーナーになるにあたり柔道整復師の資格が、必ずしも必要になるわけではないためこれまで学んだ知識や技術を最大限活かせない場合もあります。

・ストレングストレーナー

ストレングストレーナーとは、トレングスコーチとも呼ばれアスリートのフィジカル面での強さや力を引き出すためトレーニングなどの指導をおこないます。

会社などの企業

企業に訪問し、そこに勤務する従業員へ施術をおこないます。

従業員の勤務時間外に施術をおこなう場合が多く、目的としてはリラクゼーションがメインとなります このように企業への訪問を専門としながら活躍している柔道整復師も、徐々に増えているのが現状なので今後の成長が期待される分野です。

独立する

就職先ではないですが、柔道整復師には開業権が認められているので独立開業することもできます。

しかし開業するためには、経営的な知識やスキルが必要不可欠です。

また開業する場合は、「柔道整復師施術管理者」の研修を受講し、施術管理者要件を満たす必要があります。 この研修を受講するには、柔道整復師としての1~3年の実務経験が必要となるためまずは接骨院や整骨院に就職し経験を積むとよいでしょう。

柔道整復師の働き方

ここまで柔道整復師の就職先について紹介をしました。

就職する場所によって業務内容は異なってきますが、働き方もさまざまあります。

正社員や契約社員として働く

接骨院や整骨院で正社員や契約社員として働くケースがもっとも多い働きかたです。

大学や専門学校を卒業したのち、国家資格を取得し、新卒や転職で入社するという流れが一般的。 勤務時間や給与などは勤務する院によって大きく異なるので、あらかじめしっかりと調べるようにしましょう。

【メリット】

・安定している

・勤務先によって、教育やサポート体制が整っている

・経験や実績を積むことができる

【デメリット】

・新人は給料が上がりにくい可能性がある

・給料に限界がある

派遣やアルバイトとして働く

柔道整復師は、派遣社員やアルバイトとしても働くことができます。

時給は地域によっても変わってきますが、平均約900円〜1,500円。

このような働きかたをしている柔道整復師は、主に子育てや結婚などでプライベートと仕事をうまく両立したいかたなどが副業として選んでいる傾向があるようです。

また将来、柔道整復師を目指しているかたが、アルバイトとして現場で働き経験を積むかたもいます。もちろん資格がないと施術をおこなうことができないため、アルバイトは補助的な業務も担当することになります。

【メリット】

・勤務時間が短いため、プライベートと仕事の両立がしやすい

・経験が少ないかたや、ブランクがあるかたでも比較的働きやすい

【デメリット】

・時給制なので、多くの収入を得ることが難しい

・福利厚生を受けられない可能性がある

柔道整復師の需要について

柔道整復師の仕事内容は、骨折や脱臼、打撲やねんざなどのけがを手技やテーピングを用いながら施術をしますが、最近ではスポーツトレーナーとして活躍しているかたも多くいます。

また、高齢化が進んでいるため、介護施設での活躍も期待されています。柔道整復師は「機能訓練指導員」として働く場合が多いでしょう。

また、最近では整骨院での需要も高まってきています。

整体院は資格がなくても開業することができるため、専門的な知識がなくても施術をすることがあります。そのためお客さまの身体の悩みをしっかりと解決できないという整骨院は少なくありません。

整体院に柔道整復師が在籍することによって悩み解決の近道となるため、よりよいサービスを提供できると考え、整体院でも柔道整復師が求められています。 このように、柔道整復師の活躍の場が確実に増えてきていますし、需要も高まってると考えられます。

柔道整復師として年収をあげる方法

柔道整復師は接骨院や整骨院以外にも病院や介護施設、スポーツ業界など就職先がさまざまあるため、年収の幅が大きいです。

一般的には平均年収300~700万円といわれ、新人の場合それ以下になるケースもあるでしょう。

しかし、働きかた次第では収入をアップさせることが可能です。

例えば、経験を積んだのち、機能訓練指導員として介護施設に就職する、スポーツ業界でトレーナーとして働いたのち、その経験を活かして独立し開業すれば、年収をアップさせることも難しくありません。

柔道整復師は自分の努力や工夫次第で、いくらでも年収を上げることができる資格といえます。

では、柔道整復師として年収をあげる方法をさらに詳しく解説していきます。

機能訓練指導員として働く

高齢化が進む現在、介護業界では「機能訓練指導員」という存在が求められています。

機能訓練指導員の主な業務内容は、機能低下を防ぐためのストレッチ指導、痛みを緩和するためのマッサージをおこないます。

柔道整復師の国家資格をもっているかたであれば、機能訓練指導員として働くことが可能です。さらに、5年以上の実務経験を積むことでケアマネージャーの資格を取得することも可能になりため、活躍の場をさらに広げることが可能です。

また、介護施設が増え続けるいっぽう、人材が不足しているため、好条件の求人が多くあります。 選択肢のひとつにしてみてくださいね。

ほかの資格を取得する

はり師、きゅう師の資格を取得することで施術範囲が広がり、収入アップにつながるでしょう。

はり師、きゅう師の資格を取得するには専門学校に通い、国家資格を2つ取得する必要があり、時間もお金もかかってしまいますが、 のちにその技術がより多くのかたの喜びに変わり、自分自身のスキルアップ、収入アップにもつながるので、柔道整復師として経験を積んだのち、これからの資格取得を考えてみるのもひとつの手です。

歩合制を活用して働く

固定給ではなく施術したぶんだけ給与が支払われる歩合制で働くのも、収入アップ方法のひとつです。頑張った分だけ給与につながるので、よりやりがいを感じられるというのも魅力です。

また、施術院に就職する前に、歩合制の制度を導入しているのかをあらかじめしっかり確認しておきましょう。

独立して開業する

柔道整復師は接骨院、整骨院を開業することができます。

しかし独立はすぐにできるわけではなく、まずは接骨院や整骨院で実務経験を積みましょう。

さらに技術だけがあっても開業はできず、経営力を身につける必要があります。

決して簡単ではありませんが「年収を上げたい」かたや「自由な経営に挑戦したい」と考えているかたに、独立開業はおすすめです。 努力したぶん大きなやりがいを感じることができるでしょう。

柔道整復師の将来性

これまで柔道整復師の需要が高まってきていることをお話しました。

それにより、接骨院や整骨院の数も増え、今までより接骨院、整骨院に通いやすくなったのは事実です。

肩こりや腰痛のような不調に悩んでいたかたが、自分で治そうとせず接骨院や整骨院に頼ってみたり、産後の骨盤矯正などで施術を希望するかたも増えています。

このように施術院はわたしたちの生活にとても身近な存在となっています。これからも施術院の需要はさらに伸びていくと考えられます。

スキルアップをし続けることが大切

これは柔道整復師に限らず、多くの職業に当てはまることですが、将来性のある柔道整復師になるには、学ぶ姿勢を忘れないことです。資格取得や技術アップを目指し、努力し続けることが大切。

たとえば、柔道整復師の資格以外にはり師・きゅう師などの資格を取得することで、仕事の幅がさらに広がるでしょう。

また、接骨院や整骨院で経験を積んだのち、店長などの責任者になることで、経営の知識も必要となります。経営知識がつくことで、のちに独立開業を目指すかたにとってはとても役になります。

接骨院や整骨院、また整体院のニーズが増える反面、倒産件数が増えているのも現状です。そのなかでいかに、自分が優位に立つのかは、経験を積み続けたり、資格を取得したりするなど学ぶことを忘れずスキルアップを目指しましょう。

このように、できることを増やし、ほかとの差別化をつけることも重要だと考えられます。

まとめ

いかがでしたか。

ここでは柔道整復師の主な就職先やそこでの働き方を紹介しました。

柔道整復師はあらゆる現場から求められているすてきな職業です。ですが、需要が高いぶん、就職場所によっては「自分ならではの強み」が必要となります。経験を積みながら、ほかの資格を取得するなどさらなるスキルアップを目指すことで、求められる柔道整復師へと成長することができるでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。