理学療法士が指導するリハビリテーションの仕事内容をご紹介!

「理学療法士はリハビリの仕事。」

そうはいっても具体的にどんなことをしているのかというのは、あまり認知されていません。そこで理学療法士とは具体的にどのような内容のリハビリテーションを行っているのか、その他の業務はどういったものがあるのかを紹介していきます。
なお、今回は理学療法士の勤務先として多い、病院勤務の理学療法士の業務内容を例にあげて紹介していきます。その他の業務形態では若干異なることがありますのでご了承ください。

物理療法と運動療法

理学療法士の仕事内容として、メインはリハビリテーションの実施になります。
まずは、メインのリハビリテーションはどのような内容なのかを紹介します。
リハビリテーションの方法として物理療法運動療法の大きく2つに分けられます。

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

▶︎ 無料ダウンロード

物理療法

物理療法とは、温熱や電気刺激などの物理的な手段を用いた治療法になります。

物理療法ごとで「どんな疾患に使用するか」、「こんな疾患は使ってはいけない。」という適応と禁忌は異なります。

運動の前に筋肉をほぐすために温熱療法を行ったり、運動後に患部を冷やす寒冷療法を行ったり、腰痛に対して電気治療を行ったりなどといった使い方をします。

腰部や頸部(首)を引っ張る牽引療法や溶けた蝋に手を入れて温めるパラフィン療法など少し珍しい治療もあります。

牽引療法やパラフィン療法は実際のリハビリテーションにおいて使用しているところはあまり見たことはありませんが、そういったものも治療方法として存在します。

運動療法

運動療法は世間的に認知されているリハビリテーションに一番近い、運動を行っていただくという治療方法です。

関節を動かす関節可動域練習や筋力の強化を図る筋力トレーニング、立ち上がりや歩行などの基本的な動作の練習を行う基本動作練習などが運動療法に当たります。

理学療法士が行うリハビリテーションの目的は、患者様の身体能力および動作能力の改善や向上にあります。そのため、運動療法はリハビリテーションには欠かせません

各疾患に対するリハビリテーション内容

リハビリテーションは疾患に応じて実施する内容は異なります。
ここからは各疾患に対してどのようなことが行われているのか紹介します。

整形外科疾患

整形外科疾患というのは整形外科で取り扱われる疾患で、骨折、関節疾患、ケガなどがこれに当たります。多い疾患としては大腿骨頸部骨折や変形性膝関節症などがあげられます。

日本は高齢社会であることから、病院に入院する方はほとんどが高齢者です。そのため、高齢者がなりやすい骨折や年齢とともに痛みが出やすい脚の関節疾患などが多いです。

整形外科疾患では、関節の曲がる範囲(関節可動域)が狭くなっていたり、筋力低下が起きていることが多く見られます。そのため、関節可動域を広げるための運動を行ったり、筋力トレーニングをして筋力強化を図ったりしていきます。また、筋肉が硬くなったり、短くなったりといった現象も生じるため、ストレッチも併用して行っていきます。

骨折をした高齢の患者様であれば、転倒して骨折をしてしまう方が多くいらっしゃいます。立ち上がる、歩くといった基本的な動作はもちろんですが、自宅内で転ばないような自宅に近い環境での練習を行うこともあります。自宅内を想定した練習は日常生活に根差した練習であるため作業療法士が行うことであると思われがちですが、必要であれば理学療法士も行うことは十分にあります。

また、整形外科疾患では手術をする場合も多いため、患部に氷嚢をあてて冷やす寒冷療法なども用いられます。

脳血管疾患

脳血管疾患は脳梗塞や脳出血などといったいわゆる脳卒中を代表とした疾患です。この疾患は脳に障害がでる疾患であるため、多様な症状がみられます。体が動きにくくなる運動麻痺や感覚が鈍くなる感覚麻痺、空間をうまく認知できなくなってしまう症状や性格が変化してしまう場合もあります。

この疾患に対するリハビリテーションとしては症状に応じて変化します。
特に出やすい症状としては運動麻痺であり、この症状には基本動作練習も行いますが、神経回復のために特殊な手技を用いる場合もあります。
また、現在は装具療法を行うことも多くなっています。運動麻痺によって脚1本が動かせないという状態もしばしばあります。装具をつけて歩けるような状態にしてから、神経回復を目的に歩行練習などを行います。そのため、理学療法士は後方から患者様が歩くように装具を操作する歩行介助業務も行います

その他の症状に対しても運動療法を行うこともありますが、作業療法士が対応することもよくあります。また、うまく話すことができなくなる場合や飲み込みが悪くなる場合があるため、そのような場合は言語聴覚士がリハビリテーションにあたります。

呼吸器疾患

呼吸器疾患は喫煙習慣によっておこる慢性閉塞性肺疾患や肺炎などに対して行うリハビリテーションです。

呼吸器疾患で最も重要なのが呼吸の管理です。酸素の値を確認しながら、徐々に運動を行っていきます。整形外科疾患のような歩けるようになるリハビリとはやや異なり、呼吸がしっかりできた状態で歩けるかといった視点でリハビリテーションを行っていきます。

時には、呼吸がうまく行えるように呼吸介助を行ったり、肺の周りの筋肉をほぐしたりといったことも行います。呼吸の管理を行うにあたって正しい呼吸の仕方を指導することもあります。

心疾患

心疾患は心臓のことで、心筋梗塞や狭心症などに対するリハビリテーションです。

このリハビリテーションも呼吸器疾患とやや似ており、運動中の心臓の状態を心電図モニターで管理したり、脈拍数を管理したりといったことが必要になってきます。

運動時の心臓の動きを管理しながら歩行練習や日常生活動作の練習を行っていきます。心疾患では無理な運動をすることは非常に危険な場合があるため、心臓の動きを管理しながら、「どの程度ならば運動してよいのか」、「どのような運動方法が適切か」などを指導する必要もあります。

廃用症候群

整形外科疾患でも触れましたが、日本は高齢化が特に進んでおり、高齢者の患者様が多くいらっしゃいます。そのため、病気を機に身体能力が著しく低下してしまったり、加齢による活動量の減少から筋力が衰え、自分で動くことがままならなくなってしまったりということがあります。そのような疾患を廃用症候群と呼び、廃用症候群に対するリハビリテーションも多くなっています。

基本的な動作の獲得を目的にしたリハビリテーションを行いますが、「寝たきりの状態から起き上がれない。」、「立ててもふらふらしている。」という状態が多く見られます。寝たきりの患者様の場合は、寝ていると床ずれ(褥瘡)という皮膚がただれてしまう状態や、身体を動かさないことにより筋肉が短くなる現象や筋力低下、関節が動かしづらく固まってしまう状態など様々な病態となり得ます。その予防に理学療法士が患者様の身体を動かしたり、介助をして起きてもらったりといったことをします。

その他の疾患

その他には難病、糖尿病、腎臓病、がん、子どもに対など様々な疾患、年代に対応してリハビリテーションを行っていかなければならないのが理学療法士です。

1人の患者様が1つの疾患だけということは少なく、複数の疾患を持っていることの方が多いです。

こんなに多様な疾患に対応していかなければならないため、働きながらも勉強は必須です。しかし、それぞれの疾患に対する知識は理学療法士になるために通う学校ですでに習得済みの内容です。その内容を復習しながら、この患者様にはどの方法が一番適しているかを調べてリハビリテーション業務にあたっています。

困ったときは同期や先輩にアドバイスをもらいながらやっていくことも必要です。また、リハビリテーションに必要な内容はカルテだけではなく、他職種から得られることもあります。そのため、他職種とコミュニケーションを日頃からとることは患者様に最適なリハビリテーションを提供するために重要なことです。

リハビリテーション以外の業務

理学療法士は終始リハビリテーション業務を行っているわけではありません。
その他にはどのような業務を行っているのかを紹介します。

書類業務

まずはリハビリテーションに関する書類業務です。
理学療法士はリハビリテーションに関する書類作成の業務もあります。

まずは日々のカルテの記載です。日々のカルテは、「今日はどのような内容で、どんな変化があったか、今後どのようにリハビリテーションを進めていくか」などを記載します。リハビリテーションを実施した日は毎日記載しなければいけません。
カルテは他職種も見るものであり、患者様の変化を把握するためにも重要な書類になります。また、あとで自分が見返した時にも「その時期はこんな状態だったのか」と変化を把握するためにも重要なものになります。

患者様やご家族がみる書類で1番頻度が多い書類として「リハビリテーション総合実施計画書」という書類があります。この書類は、月に1度、患者様やご家族へ説明をして、同意をもらわなければならない書類になります。
内容としては、今月どのような内容のリハビリテーションを実施して現状はどうなっているのか、今後はどのような目的や計画でリハビリテーションを実施していくのかを記載します。リハビリテーションという名前の付いた書類ではありますが、医師や看護師、作業療法士、言語聴覚士、社会福祉士、管理栄養士も必要に応じて記載します。
医療従事者であれば、専門用語を用いて多少難しく記載してもよいですが、患者様やご家族がみる書類となるためなるべくわかりやすく伝わりやすいように記載するという配慮も必要です。

次に介護保険を使用している患者様に必要な書類としては「目標設定等管理・支援シート」というものがあります。この書類は3か月に1回記載が必要となる書類です。
内容としては、リハビリテーション総合実施計画書とそこまで大きな違いはありませんが、こちらも患者様やご家族に説明し、同意をもらう書類となるので、上述した記載の配慮は必要となります。

その他にも病院ごとに必要な書類や患者様によって必要な書類は異なります。しかし、理学療法士はプロとして患者様にリハビリテーションを実施ています。そのため、書類でも患者様やご家族が同意できる、納得できるような内容を心掛けて作成する必要があります。

また、正式な書類ではありませんが、患者様に自主トレーニングや自宅での注意点などを記載した書類を作成することもあります。
これは作らなければならない書類ではありません。患者様により分かりやすく、自宅でも継続して行っていただけるように作成することがあります。
病院勤務の理学療法士は入院中にリハビリテーションを実施しますが、退院後は何もすることはできません。しかし、退院してからが患者様の生活の本番です。日々の生活の中でも自主トレーニングや安全に行うことができるような配慮は必要です。そのため、自宅でも忘れずに継続できるように書類の作成を行います。退院後まで責任を持ってリハビリテーションに当たるいうことは理学療法士としてとても重要なことです。

環境設定の提案、実施

理学療法士はリハビリテーションのみではなく、自宅環境、生活環境の変更の提案をすることがあります。環境設定が不十分であったことにより、自宅内で転倒してしまい、骨折を受傷し、再入院ということも少なくありません。それほど環境設定は重要な理学療法士の仕事と言えます。

自宅退院後の生活で危険な場所はないか、転倒リスクの高そうな場所はないかなど、入院中に患者様やご家族に情報をいただき検討していきます。段差の有無や手すりの必要性などを検討し、必要であれば社会福祉士やケアマネージャーに提案し、変更していただきます。場合によっては、直接自宅まで調査しに行き、提案を行うこともあります。

まとめ

以上が理学療法士の仕事内容の概要となります。
理学療法士は様々な疾患に対するリハビリテーションを実施しなければならないため、継続して勉強をしていくという姿勢はとても重要なことです。
また、理学療法士はリハビリテーションだけが業務ではありません。書類の作成や環境設定など理学療法士としてそのような業務も責任を持って行う必要があります。
その分、理学療法士はやりがいの多い仕事でもあります。患者様が回復して退院されたときや感謝していただいたときなど仕事をしていて嬉しい瞬間も多くあります。

この記事を読んで理学療法士の仕事内容が理解していただけたら嬉しいです。

 

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。