ATとCSCSの資格の違いをわかりやすく比較!

近年の筋トレブームの中、全世界でフィットネスに対する意識が上がっています。そんな中、「パーソナルトレーナーになりたい」、「アスリートの近くでサポートをしたい」と思う方も増えてきました。

しかし、現在トレーニングに関わる資格はいくつもあり、どれを選べばいいのかわかりづらいのが現状です。

この記事では、以下のことについて説明します。

  • ATとCSCSの違い
  • 資格の取り方
  • トレーナーの資格の種類

具体的な仕事内容についても説明しています。ぜひ最後までご覧ください。

なぜトレーナー資格が必要なのか

トレーナーといっても、様々な種類のトレーナーが存在することをご存じでしょうか?また、トレーナーといっても相手がプロのアスリートなのか、一般の学生や社会人なのかによっても必要な技術は変わっていきます。また、それぞれ目的としていることや立場も様々です。

そのため、多種多様なお客様を満足させるためには必要な資格が変わります。

 

とはいっても、スポーツトレーナーに必ず資格が必要というわけではありません。資格がなくても、経験や知識がなくても、「私はトレーナーだ」と名乗ればその瞬間から誰でもトレーナーになれます。

しかし、トレーナーの多くは、技術の高さよりも、リピーターや新規顧客の開拓といった集客が非常に重要なカギとなります。そのため、資格を持っているということはある程度の信用の指標となり、お客様にも安心してトレーニングしていただける環境を作れます。また、資格の取得に関して必要な知識は、実際の現場で役に立つ必要な知識ばかりです。サポートする相手によって価値のある知識は変わりますが、どんな方にも通用するトレーニング全般にかかわる知識も多く含まれています。

そのため、トレーナーになるにあたって、資格は持っておいた方がよいでしょう。

トレーナーの種類

トレーナーにはいくつか種類があり、それぞれ役割が異なってきます。

スポーツトレーナー

たとえば、スポーツトレーナーであるコンディショニングトレーナーは、スポーツ選手のフィジカル面とメンタル面からサポートします。筋肉の動きや瞬発力、体力の向上など物理的な強化や、選手の健康管理にも責任を持ちます。また、選手に応じたスポーツの技術の向上のために練習プログラムを組み立てることもあります。

フィットネストレーナー

また、フィットネストレーナーは、ジムに来る様々なお客様に対し、それぞれの目的や体格に応じたフィットネスプログラムを組み立てます。年齢や性別も千差万別で、「ダイエットしたい」「運動不足を解消したい」「ムキムキの筋骨隆々とした男らしい体になりたい」「夏までにウエストの引き締まったくびれのある体になりたい」など、挙げればきりがないほどに目的が異なります。また、ジムの利用者が心身共に健やかになることをともに目指し、フィットネスを楽しんでもらってより長くジムを利用してもらう必要があります。

アスレティックトレーナー

一方、アスレティックトレーナーは、スポーツ選手のサポートをしますが、より医療的な分野に関して携わります

具体的に言うと、選手のケガの予防や応急処置、ストレッチやリハビリの指導などです。また、万が一の事故が発生した際に病院への手配をしたり、医学的な説明を選手に提供したり、いわばスポーツ業界と医療業界の架け橋のような位置づけになります。

ATとは

アスレティックトレーナーとして仕事をするためには、特別な資格は必要ありません。しかし、就職の際には資格を取得しているとかなり有利になるでしょう。また、実際に働いているひとはほとんどの方がこれらの資格を持っています。

アスレティックトレーナーのための資格として、主に次の3つがあげられます。

  • JSPO-AT(旧JASA-AT)
  • JATAC-ATC
  • BOC-ATC

それぞれ詳しく見ていきましょう。

JSPO-AT(旧JASA-AT)

日本スポーツ協会(JSPO)で取得できる公認アスレティックトレーナーの資格です。JSPOや加盟団体が主催する養成講習会を受講するか、免除適応コース承認校の卒業が必要条件です。講習会を受けるには以下の項目満たす必要があります。

  • 講習の受講に支障がない健康な人
  • 受講内定後に、インターネットサービスの「指導者マイページ」から申込みができる人
  • 受講有効期間内に講習の全日程に参加できる人
  • 受講する年の4月1日時点で満20歳以上であり、JSPO、JSPO加盟団体から推薦され、受講者選考基準を満たす人

4つ目の項目を満たすためには、JSPO関連団体でアスレティックトレーナーとしての活動実績を積む必要があり、養成講習会の受講人数にも定員100名程度と限りがあるため、非常に難関だとされています。そのため、免除適応コース承認校の卒業を目指す場合がほとんどです。また、JSPO-ATは合格率10%という難関資格であるため、取得できれば大きな強みになります。確実にJSPO-ATの資格を取るなら、免除適応コース承認校で卒業を目指すのがおすすめです。

 

JATAC-ATC

JATAC-ATCはジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会の認定アスレティックトレーナーのことを指します。しかし、JATAC-ATCを名乗るには協会の正会員になる必要があります。そのためには、以下の2つの資格のどちらかを持っていることが条件となります。

  • NATA認定トレーナー
  • 日本体育協会認定アスレチック・トレーナー

また、2年制以上の「スポーツ科学」系専門学校や大学、大学院を卒業して、協会が認定する「スポーツ科学分野の単位」と「臨床医学系専門科目の単位」を取得していれば正会員の登録が可能になります。

これらの資格がない場合、以下の資格と協会認定の講習を受けることで正会員になる事が可能です。

  • 柔道整復師
  • はり師、きゅう師
  • 理学療法士、作業療法士
  • 看護師、保健師、助産師
  • あん摩マッサージ指圧師、カイロプラクター
  • 栄養士、薬剤師、養護教諭
  • 救急救命士

JATAC-ATCは、はじめから上記の資格を持っていたり、すでに条件を満たしている方向けの資格といえるでしょう。持っている人が少ないため、取得できればかなりの強みになるでしょう。

BOC-ATC

BOC-ATCとは、アメリカの国家資格でNATA公認アスレティックトレーナーのことです。BOC-ATCは、規制や規則、州の法律や教育訓練に基づいて、医師と協力しながらサポートする準医療従事者です。他の2つが日本の資格であるのに対してBOC-ATCは留学による資格取得が可能ですが、CAATE(アスレティックトレーニング教育認定委員会)が認めた大学での教育プログラムを受けないといけません。

 

CSCSとは

CSCSとは、パーソナルトレーナーを目指す人ならだれもが一度は聞いたことがあるであろう、アメリカに本部を置く国際的な教育団体、NSCAが認定する資格です。NSCAとは、National Strength and Conditioning Association (全米ストレングス&コンディショニング協会)の略称で、世界的にも有名な団体です。

また、CSCSとは、Certified Strength and Conditioning Specialist(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)の略称で、筋肉の強さと体の状態を良く保つ専門家という意味です。NSCAが認定しているNSCA-CSCSはプロのスポーツ選手をサポートする資格です。

NSCA-CSCSを取得するには次の5つの条件を満たす必要があります。

  • NSCAジャパン会員(正会員・学生会員・英文会員)
  • 学位(学士・修士・博士)取得者、もしくは高度専門士の称号保持者
  • CSCS認定試験の基礎科学セクションに合格
  • CSCS認定試験の実践/応用セレクションに合格
  • AED/CPRの認定者

また、セクションごとに、90分の基礎科学セクションと、150分の実践応用セクションの試験があり、スコア70以上で合格となります。

ATとCSCSの資格の違いは?

このように、ATとCSCSでは資格の取得方法が違うほか、求められている人物像が変わってきます。また、それに伴い、実際の現場でトレーナーとして必要な技術も異なってきます。

ATは主に、選手のけが予防や応急処置を施し、医療とスポーツのつながりの役目を担っています。医療的な面からプロアスリートのケガを予防し、リハビリやストレッチなどの指導にもあたります

一方CSCSは、選手がより良いパフォーマンスで競技にのぞめるよう、筋力や体力の向上を図り、健康を管理しながら、フィジカル面、メンタル面の両方で良い状態をキープするトレーナー資格です。

必要な知識

トレーナーになるには特別な資格は必要ありませんが、実際に現場で働くとなると必要な知識は多岐にわたります。それぞれどのような分野の知識が必要になるのか、事前に知っておくことで、資格取得の準備の参考になれば幸いです。

人の体と心に関する知識

機能解剖学や運動生理学、生体力学といった、身体の構造や筋肉と関節が連動する仕組み、エネルギーや代謝の仕組みなど細胞の働きについて知っておく必要があります。

また、筋肉を使ったトレーニングにおける人体の反応、年齢差や性差、栄養学や心理学まで、人間の体に対する幅広くて深い知識が要されます。

トレーニングプログラムに関する知識

人の体にだけ詳しくてもプロアスリートのトレーナーは務まりません

選手の身体能力や運動能力の測定、評価、フィードバックをし、選手に合ったトレーニングプログラムを作るスキルが必要になります。また、その内容も、ウェイトトレーニング、プライオメトリクス、スピード&アジリティトレーニング、有酸素トレーニングなど幅広く、ピリオダイゼーションによるプログラム作成も必要になります。

組織運営に関する知識

選手とトレーナーはスタッフも含めたチームで競技に挑んでいますまた、スタッフにもそれぞれ役割があり、全員が同じ資格を持って同じ仕事をしているわけではありません。一人ひとりの役割を理解しながら、チーム全体で良いパフォーマンスができるよう、トレーナーは組織に関する知識を持っている必要があります。

仕事内容

資格を取得すれば、一体どのような仕事ができるのでしょうか。前述したように、トレーナーといっても種類は様々に分かれており、その中でアスレティックトレーナーは、よりメディカルな役割を持った仕事だとわかります。具体的な内容は以下の通りです。

選手のケガの予防

選手が安全にプレーに集中できるような環境、体づくりを提供します。また、医学的な面からケガが起きないようなストレッチや筋肉づくり、ウォーミングアップやクールダウンの指導を行います。

選手の健康管理

選手の食事やメンタル面でサポートします。トレーニング前後における体の状況や悪い変化がないかなど、選手のことを選手以上に知っておく必要があります。また、選手のその日その日のコンディションを把握し、選手とともに良い方向へと向かうことが必要になります。

また、選手がドーピング行為をしていないかを確認することも非常に重要です。

応急処置、病院とのやりとり

トレーニングやプレー中における万が一の事故によって、選手がケガしてしまうことがあります。その際の止血やテーピング、場合によっては人工呼吸や心臓マッサージなども必要になります。

また、救急車の手配はもちろん、スポーツの面から考えられる医師への説明も行います。

リハビリ指導

ケガから復帰できるようリハビリを指導することも非常に大事です。一般的なリハビリとは異なり、再び選手として運動できるようにリハビリプログラムを組み、選手に寄り添って回復まで導きます

組織運営

プロのアスリートは、選手をサポートするトレーナーやスタッフが複数人います。また、外部とのコミュニケーションのためにも組織を円滑に運営し、選手が試合や練習に集中できる環境を作ることが非常に大事になります。

まとめ

ATとCSCSでは、資格を認定している機関が異なり、また取得方法が異なります。トレーナーになるためにはそもそも資格が必ず必要というわけだはないため、どちらの資格を取っても同じように仕事現場で活かされるでしょう。取得すれば非常にアドバンテージのある資格です。きちんと勉強して着実に資格を取得し、トレーナーとして誇りをもってアスリートをサポートしましょう。

 

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。