パーソナルトレーナーで活躍したい方へ!働き方と稼ぐ方法を紹介

利用者をサポートするパーソナルトレーナー

美容や健康への関心が高まっている昨今、身体のトレーニングや食事のアドバイスもしてもらえるパーソナルジムにも注目が集まっています。

今回はそんなパーソナルジムで働くパーソナルトレーナーについてご紹介します。

パーソナルトレーナーの仕事内容はもちろん、パーソナルトレーナーとして活躍したい方のために働き方や稼ぐ方法などについても詳しく解説していくのでぜひ最後までご覧ください。

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「無料トレーナーキャリア相談」

・年収1000万円ほしい
・いつかは独立したいと思っているけど、何から始めたらいいか分からない

上記でお悩みの方は無料のトレーナーキャリア相談をご活用ください。

現状や目標を確認させていただき、トレーナー様の今後のキャリアについてお話しします。
※無料でのキャリア相談は近日中に終了予定ですので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む

パーソナルトレーナーとは?

笑顔のジム利用者とパーソナルトレーナー

パーソナルトレーナーという職業の名前を聞いたことはあっても詳しくは知らないという方も多いのではないでしょうか?

パーソナルトレーナーとは、健康や美容を目的とした筋肉トレーニングなどの身体づくりはもちろん、食生活などの栄養面に関しても指導を行う専門的な職業です。

そのため、トレーニングだけではなく栄養学分野の知識も必要となってきます。

昔は芸能人やプロのスポーツ選手の専属トレーナーとして活動する方が多かったようですが、近年はパーソナルジムの増加と共にジムの正社員や契約社員、アルバイトなど、様々な働き方があります。

パーソナルトレーナーの仕事内容

ジムの室内

パーソナルトレーナーの職業については前述した通りですが、パーソナルトレーナーを目指している方の中にはさらに詳しく仕事内容について知っておきたいという方もいるかと思います。

そこで、ここではパーソナルトレーナーの仕事内容について3つご紹介します。

カウンセリング

まず、利用者の方から悩みや目標をカウンセリングする必要があります。

このカウンセリングによってトレーニングメニューや栄養指導なども決まってくるため、最終的にどうなりたいかを明確にすることが大切です。

カウンセリングで上手に聞き取ることが利用者の目標達成や満足度にもつながります。

トレーニングメニューの考案

カウンセリングで聞き取った情報をもとにトレーニングメニューを考えます。

メニューの内容は性別や体重などによって変わってくるため、1人1人に合ったトレーニングメニューや食事指導内容を提案します。

このようなオーダーメイドのトレーニングを行えることがパーソナルトレーニングの魅力の1つです。

利用者のサポート

パーソナルトレーナーの仕事はトレーニングメニューの考案だけでは終わりません。トレーニングメニューを利用者に提案し、目標達成できるようにマンツーマンで指導を行います。

トレーニング中のケガや効果の減少を防ぐために、正しい姿勢と方法がとれているかを確認し、指導することで利用者もより質のいいトレーニングを行えます。

また、トレーニングや食事などの表面的なサポートだけではなく精神的なサポートも必要です。

目標達成のためとはいえ、人によってはトレーニングや食事制限を苦痛に感じ、目標達成への不安やストレスを抱えてしまう方もいます。

パーソナルトレーナーはそういった利用者の不安やストレスを和らげるためにも自分自身も鍛えることで「このトレーニングを頑張れば自分も引き締まった体を手に入れられる」と利用者のモチベーションをあげるなどのサポートが大切です。

マンツーマンで目標達成を目指すパーソナルトレーニングは利用者だけに頑張ってもらうだけではなく、トレーナーも一緒に頑張ることも求められる二人三脚のトレーニングであるということを念頭に置いておきましょう。

パーソナルトレーナーの働き方

笑顔の3人の女性トレーナー

前述したように以前は芸能人やアスリートの専属として働くケースが多かったパーソナルトレーナーですが、時代と共に働き方の選択肢も増えてきています。

では、現在どのような働き方があるのでしょうか?

ここではパーソナルトレーナーの働き方についてご紹介します。「パーソナルトレーナーを目指しているが働き方に悩んでいる」という方はぜひ参考にしてみてください。

スポーツジムやパーソナルジムで働く

パーソナルトレーナーと聞くと多くの方がスポーツジムやパーソナルジムでの働き方を想像するかと思います。

元々スポーツジムは数多くありましたが、パーソナルジムも増えていったことでパーソナルトレーナーがジムで正社員や契約社員、アルバイトとして働くという選択肢も増えました。

「フリーランスは収入面で不安」という方も正社員などのある程度の収入が約束された働き方であれば安心して働けるのではないでしょうか。

フリーランスという選択肢も

パーソナルトレーナーとしてこだわりのある方はフリーランスとして働くことも選択肢の1つです。

ビルやマンションなどの1室を貸し切り、プライベートな空間を売りにしてパーソナルトレーニングを行ったり、自筆の書籍販売なども行ったりすることで活躍している方もいます。

近年では書籍販売以外にも動画配信で活躍している方も多いです。

パーソナルトレーナーとして動画配信を行えば情報発信者としての箔もつくのではないでしょうか。

パーソナルトレーナーになるには?

トレーニングをサポートするトレーナー

ここまでパーソナルトレーナーの仕事内容についてご紹介してきましたが、パーソナルトレーナーを目指している方にとってどうやってなるかも気になるところかと思います。

そこで、ここではパーソナルトレーナーになるためにはどのような手段があるのかをご紹介していきます。

必要な知識とスキルを身につける

パーソナルトレーナーになるためにはまず必要な知識とスキルを身につけることが必要です。

パーソナルトレーナーに必要な知識といえばトレーニングについてはもちろんのこと、身体の仕組みに関する知識や栄養分野の知識についてが挙げられます。

これらの知識を身につけたうえで実践し、体力や人間性などもさらに身につけていくことで利用者の方から信頼されるパーソナルトレーナーを目指しましょう。

専門学校に通うのもおすすめ

独学ではなく、きちんとした環境で基本から学びたいという方は専門学校に通うという選択肢もあります。

スポーツ業界に特化した専門学校の多くがパーソナルトレーナー専攻などのパーソナルトレーナー育成に特化したコースを設置しています。

さらに専門学校の多くは資格取得のサポートやジムでのインターンシップなども受けられるため、実際にパーソナルトレーナーとして活動する前に実力をつけておきたいという方におすすめです。

パーソナルトレーナーに向いている人の特徴

ダンベルトレーニングをする女性とサポートするトレーナー

適材適所という言葉があるようにどの職業にも適性というものがあります。では、パーソナルトレーナーに適性のある方にはどのような特徴があるのでしょうか?

ここでは、その特徴について3つご紹介していきます。

人と関わることが好き

前述したようにパーソナルトレーナーの仕事内容にはカウンセリングがあります。

このカウンセリングによってトレーニングメニューの内容は大きく左右されるため、ここで利用者から目的や悩みを引き出せるようなコミュニケーション能力が大切になってきます。

また、トレーニングメニューを提案した後もトレーナーと利用者が二人三脚で目標達成を目指すのがパーソナルトレーニングです。

利用者との信頼関係が不可欠になってくるため人と関わることが好きという人にとっては転職かもしれません。

健康や美容への関心が強い

パーソナルトレーニングを受ける目的としての多くが健康や美容です。

そのため、パーソナルトレーナーも同様に健康や美容への関心の強さが求められます。

健康や美容に関心の強いパーソナルトレーナーは常に最新の情報を収集し、その情報も活用することでより質のいいトレーニングメニューを利用者に提案できます。

新しくも確かな情報を提供してくれるパーソナルトレーナーであれば利用者も安心して任せられ、信頼関係を深めやすいのではないでしょうか。

事務作業も苦に感じない

常に体を動かしているイメージの強いパーソナルトレーナーですが、実は仕事内容には事務作業も付随してきます。

パーソナルトレーナーの事務作業とは主に利用者のカルテ作成やジムの入会、退会処理などの手続き関係です。

このような事務作業以外にもトレーニングルームの清掃などもジムで働くパーソナルトレーナーの仕事となります。

表面上のイメージだけではなく、実際に働いた時にどのような業務が付随してくるのかについても知っておくと働き始めたときにイメージとのギャップに悩みにくくなります。

パーソナルトレーナーになるためにおすすめの資格とは?

開かれた2つの本

職業の中には資格取得を必須条件とするものが多くありますが、パーソナルトレーナーには必須条件とされる資格はありません。

しかし、取得しておくとパーソナルトレーナーとしても箔がつき就業先も見つけやすくなります。

ここでは、そんな数ある資格の中でも特におすすめな資格をご紹介します。

NSCA認定資格(CSCS/NSCA-CPT)

NSCAのロゴが入ったダンベル

出典:https://www.nsca-japan.or.jp/exam/

まずNSCAとは筋肉を適切にコントロールするためのストレングストレーニングや身体の調整を意味するコンディショニングについて教育・情報発信をする団体です。

本部は米国コロラド州コロラドスプリングスにありますが、NSCAジャパンという日本支部もあります。

NSCA認定資格は複数ありますが、日本で取得できる資格はCSCSとNSCA-CPTの2つです。

CSCSはトレーニング中のケガ防止とパフォーマンス向上を目指してトレーニングメニューを考案し実践できる人材が認定対象となります。

アスリートやスポーツチームの指導者の多くがこの資格を有しており、パーソナルトレーナー以外にもストレングスコーチや医師などにもこの資格を取得している方がいます。

NSCA-CPTはトレーニングやコンディショニング全般の指導を行える専門知識が優れた人材が認定対象です。

CSCSとは異なり、アスリートだけではなく性別や年齢も関係ない幅広い層を対象とすることを前提としているためフィットネスインストラクターやスポーツ指導者、理学療法士などもこの資格を取得することがあります。

2つともNSCAジャパン会員であることが認定条件とされているほか、それぞれ認定試験と学歴などの条件も指定されているため取得を目指す際には確認をしておきましょう。

JATI認定トレーニング指導者(JATI-ATI)

JATI公式サイトのTOP画面

出典:https://jati.jp/

日本トレーニング指導者協会(JATI)の認定資格で、日本の環境に合ったトレーニング指導が求められます。

JATI-ATIは初級にあたる資格でその上に上級トレーニング指導者(JATI-AATI)、さらに上には特別上級トレーニング指導者(JATI-SATI)という資格が存在します。

認定条件としてはJATIの入会後に講習を受け、認定試験に合格することが必要です。

JHCA認定フィジカルコンディショナー(JHCA-FC)

FCの説明

出典:http://j-holistic.org/jhca/html/jhca_advantage_01.php

日本ホリスティックコンディショニング協会の認定資格です。

運動指導の基礎であるトレーニングを総合的に活用していける人材が認定対象となり、運動指導の質を高めたい方におすすめの資格です。

JHCAの会員となり、講習を受けた後に認定試験に受かることが認定条件となります。

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)

JSPOアスレティックトレーナーの説明

出典:https://www.japan-sports.or.jp/coach/tabid218.html

日本スポーツ協会であるJSPOの認定資格です。

JSPO公認のスポーツドクターやコーチたちと連携し、指導対象のけが防止などの安全確保及びパフォーマンスの回復や向上をサポートできる人材を認定対象としています。

前述の資格同様にJSPO会員であることが前提条件であり、講習後の認定試験に合格することで資格が取得できます。

パーソナルトレーナーの平均月収

5枚の100ドル札

利用者の方と二人三脚で目標達成を目指すパーソナルトレーナーはやりがいもあり、多くの人と関われる素晴らしい職業です。

そういったやりがいの部分に惹かれてパーソナルトレーナーを目指す方も多いかと思います。しかし、職業にするうえで給与面が気になるところです。

パーソナルトレーナーの平均月収はどのくらいになるのでしょうか?

日本の平均年収は約400万円といわれており、それに対してパーソナルトレーナーの平均年収は約350万円です。月収に換算すると30万円前後ということになります。

ジムで正社員として働いた場合の給料はほかの企業の正社員と同じくらいということです。

「もっと稼ぎたい」という方は実績や経験を積んでフリーランスとして活動すると、この年収よりも上がる可能性があります。

まとめ

ダンベルを持ち上げる女性とサポートする男性トレーナー

体型維持やダイエット、パフォーマンスの向上などの目標をかかげ、利用者と二人三脚で達成を目指すパーソナルトレーナーの姿に憧れを抱く方は多いかと思います。

トレーニングメニューを考案するだけではなく精神面のサポートも行うパーソナルトレーナーは素晴らしい職業です。

しかし、実際にパーソナルトレーナーとして働き始めてからのイメージとのギャップに戸惑ってしまうこともあります。

事務作業などの仕事も付随してくることや給与面のことも事前に調べておくことでこうしたギャップを防げ、パーソナルトレーナーとしてより充実したサポートを利用者に提供できるのではないでしょうか。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。