スポーツジムの顧客管理システム・ツール厳選3選と効率的な活用方法

顧客満足とロイヤリティの向上を通して、売上アップを狙いCRM(顧客管理システム)の導入を検討しているけど、何を使うか迷っていませんか。

CRM(顧客管理システム)は種類が豊富であり、機能や特徴も似通っているので、自社にあったツールを選ぶのはひと苦労です。

そこで、月間20万PV以上を誇るフィットネスクラブポータルサイトFitMapを運営している筆者が、自社ポータルサイトで運営したノウハウや、パーソナルジム事業者へのコンサルティングによって培った目利き力を生かし、「スポーツジムの顧客管理システム・ツール」を厳選し3つにまとめました。

ぜひこの記事を参考に、CRM(顧客管理システム)の導入検討に生かしてください。

▼▼▼ 本気でジム集客をしたい方以外は無視してください ▼▼▼

昨今、パーソナルジムが増え続けている背景もあり、実際のデータで月10人以上の新規集客ができていないジムは約4割が5年以内に廃業へ追い込まれている現状です。

さらに既存顧客の退会も多くなり、売り上げがみるみる減少しているといった声も多く聞きます。しかし、そうは言っても、

  • 集客と言っても自分で考えうる施策は実施したし、もう何をすれば良いかわからない…
  • どの集客施策が効果的かわからず、怖くて動けてない…
  • 費用対効果が悪くて、広告にお金を回せていない…

上記でお悩みのジム経営者は多いでしょう。

そういった方のために、月間30万PV以上・日本1のアクセス数を誇るジムメディア「FitMap」を運営する株式会社FiiTが、実際にパーソナルジムで月20人以上集客増加した実績に基づく”集客コンサルティング”をご提供。本質的なマーケティング戦略と圧倒的に効果の出る集客施策をご提案することで、御社ジムの売上を大幅に改善し、長期的に利益が出続ける仕組みを構築していきます。

「コンサルティングは高いのでは?」と思われる方もご安心ください。【業界最安値】でご提供することはもちろん、どこよりも数値結果にコミットすることで、お支払いいただく金額を大幅に超える売上を創出させていただきます。

ただ、本気で集客を改善したいというジム経営者の方でないと結果は変わりませんし、我々も”本気で改善したい”という思いのある方のみと一緒にお仕事をしております。そのため1社1社丁寧に対応するために、無料相談は月【3社限定】

これから”本気で集客を強めていきたい”というジム経営者様は、まずは下記ボタンより無料相談をお申し込みください。

▶︎ 無料集客相談する
※本気でない店舗様からのご依頼や相談内容によってはお断りする場合もございます。

CRM(顧客管理システム)の選び方

顧客管理ソフトを選ぶ際は、以下の4つのポイントを押さえることをおすすめします。

コストが適正か

顧客満足とロイヤリティが高まっても、CRMの初期費用や月額費用導入が売り上げの費用対効果に見合わない結果となってしまっては、元も子もありません。

サービスとコストとの兼ね合いを見極めて、導入を検討しましょう。

操作が簡単か

CRMには専門知識を必要とするものもあります。管理者から作業者まで全員が使いやすいツールを選びましょう。

課題を解決できるか

CRMは組織内の効率化のために導入するツールです。まず、組織内の課題を見極めた上で、導入しようとしているツールが課題解決に相応しいものなのかを検討しましょう。

サポート体制

システム側からのサポートが期待できるかどうか、サポートの品質も重要なポイントです。どの程度のサポートが期待できるか、技術面以外のサポートもあるか、といった面もチェックしておきましょう。

スポーツジムの顧客管理システム・ツール3選

hacomono

hacomonoはフィットネスクラブを中心としたリアル店舗の顧客管理、予約、決済システムです。月額払い店舗における予約・決済・入会手続きをワンストップで管理することができます。
会員顧客のPCやスマホ端末上で手続きが完結するため、店頭での事務手続きや支払手続きを省力化できるシステムです。

https://www.hacomono.jp/

Bionly

ビオンリーは、パーソナルジム・フィットネスや美容サロン全般に向けて作られた、店舗運営に必要なすべての機能を低コストで利用できるiPad専用の顧客管理POSレジシステムです。

基本的な顧客管理POSレジ機能の他に、電子カルテ&電子施術同意書、整体院専用の予約サイト、お客様と店舗をつなぐアプリなど、あらゆる機能を完備しています。

https://bionly.jp/gym/

ちきゅう

ちきゅうは、企業向けのサービスとして提供されているCRMツールです。「ちきゅう」を導入することで、顧客の管理と解析、顧客からの問い合わせの管理などを一括して行うことができ、企業内で属人化する傾向のある営業活動をIT化によって可視化できます。

管理画面が見やすく直感的に操作できるのが特徴です。

https://chikyu.net/

効果的な活用方法

CRMのシステムやツールの活用にはいくつかのポイントがあります。ここで紹介したポイントを踏まえて、効果的な運用方法を考えてみましょう。

目的の明確化

CRMのシステムやツールを導入する際には、その目的と期待される効果を明確にする必要があります。
顧客満足度の向上や営業活動の効率化など、スポーツジムによって目的は異なります。
CRMを導入することで、現状の課題を整理し、何を目指し、どのような課題を解決できるかを明確にしましょう。

目標指標(KPI)の設定

目標を達成するためには、目標を達成する過程で具体的な数値で目標を設定する必要があります。このような中間目標は KPI と呼ばれます。

工程ごとに指標を設定し、個別評価やプロジェクトの進捗管理に活用することで、KPIが各部門や担当者の指針となり、モチベーション維持に貢献します。

KPIの設定にあたっては、「目標を達成するために誰が何をするか」を整理し、過去の実績等を踏まえ、KPIの達成状況を観察しながら実現可能な目標値を設定します。また、必要に応じて戦略を見直すことも重要です。

最適なシステムとサービスを選択

「高機能=高効率」とは限りません。必要最低限​​の機能で確実に直せるものから選んでいくと良いでしょう。
また、導入に向けた要件定義やデモンストレーションには、関連部門の関係者全員が参加することが望ましいです。そうすることで、自分にとって本当に必要な機能は何か、自分で使えるのかを判断することができます。

運用ルールの決定

運用ルールは、CRMの継続的な運用と確立の鍵です。従業員が使いやすい共通ルールを決定します。ただし、ルールを細かく決めすぎず、定期的に見直すことがポイントです。

まとめ

どのCRM(顧客管理システム)を導入されるかは決まりましたでしょうか。
CRM(顧客管理システム)導入目的を明確にし、適切なCRM(顧客管理システム)を導入すれば、必ず業務効率化につながります。

また弊社では、ジム集客に関する様々なご支援を行っております。

  • 集客できるホームページ制作
  • SEO対策・オウンドメディア実行支援
  • マーケティングコンサルティング
  • 集客実行支援(作業代行)

ご興味ある方はお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。初回は無料でカウンセリングいたします。

あなたのジムが繁盛し、世の中により良い価値を提供されること、心よりお祈りしております。

また弊社が運営している、月間20万人以上がジム探しで利用している日本最大のフィットネスジム検索サイト「FitMap」では、月額3,300円でパーソナルジムをPRできます。

WEBメディアでの広告掲載をご検討の方は、まずは格安のFitMapをお試しください。掲載は下記より申し込みができます。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。

株式会社FiiT マーケティング統括責任者。WEBマーケティングのプロ。 【引受可能業務】 ・ジムの集客コンサルティング・HP作成・LP作成・ライティング代行・SEO対策・WEBコンサル