「パーソナルジム経営」の全てと売上利益を最大化して儲かる事業を作る全方法

「パーソナルジムを経営しているけれど、なかなか利益が伸びない…」
「どうすればもっとパーソナルジムを経営できるだろう…」
「儲かる事業にするために必要な施策やモノを教えてほしい」

上記のお悩みやご相談を弊社では非常に多く受けます。

実際に現状「パーソナルジム 経営」などで検索しても、ネット上にはパーソナルジムの経営に携わったことがない人が書いた素人記事や広告ページしかなく、こうした説得力に欠ける情報を鵜呑みにしても、実際に売上を伸ばすことはもちろん、オペレーションや利益率を上げるのは非常に難しいのが現実です。

そこで、月間20万人以上が利用するジム検索サイト「FitMap」を運営し、数々のパーソナルジムの経営相談に乗り結果を残してきた、株式会社FiiTのメディア編集部が「パーソナルジム経営の全てと利益を最大化し儲かる事業にする方法」を本ページでお伝えします。

あなたのパーソナルジムがさらに儲かる事業になるよう、丁寧に本記事を作成しました。ぜひ最後までご覧いただき、あなたが世の中により良い価値をご提供されることを願っております。

結論:パーソナルジムの経営の基本は”1店舗あたりの利益”にフォーカスする

1店舗のみ運営しているパーソナルジムも多店舗展開しているパーソナルジムも、”利益”を重要視することは、パーソナルジム経営において非常に重要です。

当たり前ですが、「利益=売上-経費」となりますので、利益を増やすには”売上を増やす””経費を減らす”の2軸で経営を安定させることが可能になります。

売上を増やす方法、減らせる経費を見直す方法については後述しますが、パーソナルジム経営は上記の2軸で対策を行うことが非常に重要ということは覚えておきましょう。

パーソナルジムの売上を上げる施策

パーソナルジムの売上を上げるには、大きく下記2軸の対策が挙げられます。

  • 新規顧客を獲得する施策
  • 既存顧客をリピートさせ続ける施策

パーソナルジムにおいてはどちらも非常に重要ですので、それぞれ詳しく解説します。

パーソナルジムで新規顧客を獲得する施策

新規顧客獲得は、いわゆる”集客”の対策が必要になります。

「うちはブランディングを大事にしてるから集客は必要ない!」

と仰るパーソナルジムの経営者が非常に多いのですが、ブランディングも集客できなければ成し遂げられないことなので、まずは集客をしてから、一貫性を保ち徐々にブランディングすることでその効果を発揮できるようになります。

そのため、パーソナルジムにおいて集客活動は必須になります。具体的に効果のある集客活動の一例をあげると下記の通りです。

【オフライン施策】
・ポスティング
・ティッシュ配

【オンライン施策】
・SEO対策
・ポータルサイト掲載
・MEO対策
・リスティング広告
・SNS広告
・アフィリエイト広告

上記は一例ですが、コロナの影響もあり待ちに出歩く人が減ったことも関係して、WEB上でパーソナルジムを探されている方が急増しています。そのため、オンライン施策を中心に集客活動を行うと、より効率的に集客しやすいです。

ただ、上記の施策も結局は”マーケティング”を理解していないと、問い合わせ率が悪くなり集客できないといった声も多き聞きます。そこで下記の記事で、パーソナルジムのマーケティング活動はどうすべきか?をマーケティングをかじったことのない初心者の方でもわかりやすいよう、丁寧にまとめました。

集客により詳しくなりたい方は、ぜひ下記も参考にしてみてください。

【関連記事】

参考:新規顧客獲得に強いイチオシサービス

パーソナルジムポータルサイト「FitMap」

集客力:★★★★☆
サポート体制:★★★★☆
オプションの充実性:★★★★★
サイト:https://fitmap.jp/

FitMapは掲載数・訪問数共に日本最大級のフィットネスクラブのポータルサイトです。月間約30万PVで、数々のジムやパーソナルジムへ集客支援を行っています。

撮影希望の方には「高級感」をテーマにした動画撮影や上位表示オプション、電話番号表示オプションなど様々なラインナップが充実していることも特徴的です。また「パーソナルジム おすすめ」などで上位表示されており、集客力も安定しています。

ジム検索サイト「FitMap」は、費用0円でジムをPRできます。

新規顧客獲得をご検討の方は、まずは無料のFitMapをお試しください。掲載は下記より申し込めます。

パーソナルジムの集客代行サービス「FiiTコンサルティング」

月間20万人のジムユーザーを集客し続ける株式会社FiiTが行う”集客代行サービス”

パーソナルジムの集客を自社で集客したノウハウを元に作成した+社内リソースがなく、自社だけで施策の実行が難しいというお客様向けに、
集客戦略の構築、設計を行うだけでなく、SEO対策、MEO対策、リスティング広告運用といった基本的なWEB集客はもちろん、即効性のあるポータルサイト掲載やアフィリエイト掲載、ポスティング改善まで含めて弊社が一括で運用を代行する集客コンサルティングを行なっております。

初回は無料で相談を受け付けておりますので、お気軽にお申し込みくださいませ。

また、弊社では社内リソースがなく、自社だけで施策の実行が難しいというお客様向けに、
集客戦略の構築、設計を行うだけでなく、SEO対策、MEO対策、リスティング広告運用といった基本的なWEB集客はもちろん、即効性のあるポータルサイト掲載やアフィリエイト掲載、ポスティング改善まで含めて弊社が一括で運用を代行する集客コンサルティングを行なっております。

初回は無料で相談を受け付けておりますので、お気軽にお申し込みくださいませ。

パーソナルジムで既存顧客をリピートさせ続ける施策

パーソナルジムの経費を減らす施策

良くも悪くも、パーソナルジム業界は非常に単価も高く設定しているジムが多く、利益率が高くなりやすいです。当たり前ですが、

パーソナルジム経営で知っておくべき事実と考え方

本題である「パーソナルジム経営で知っておくべき事実と考え方」について解説していきたいと思います。

パーソナルジムの経営は、フィットネス業界の市場環境からも分かるように決して容易なことではありません。

ここで紹介する10の事実と考え方を実践し、経営に役立ててください。

  • 新規顧客集客
  • ターゲット層を明確化する
  • ブランディングは適切か
  • マーケティング戦略を絞り込む
  • 顧客管理システム(CRM)を見直す
  • 収支構造を把握しているか
  • 既存顧客を定着させるシステムの確立
  • 競合他社について把握する
  • 商圏分析を徹底する
  • 経営コンサルティングを活用する

それでは順に解説していきます。

新規顧客集客

経営においての最大のテーマは「新規顧客集客」です。
「2対8の法則」のように既存顧客を大事にするだけで、十分な利益をあげられる側面、新規顧客集客はより多くの利益をもたらす可能性を秘めています。

・持続可能な売上成長を実現する
既存顧客のリピートだけでなく、新規顧客の集客も着実に進めば、持続的な売上成長を実現できます。逆に、既存顧客だけに依存している場合、あなたのパーソナルジムは決して成長しません

確かに、一定数の既存顧客を確保できれば、業績は安定します。ただし、既存顧客が注文数を増やしたり、追加の契約を締結したりする保証はありません。そのため、常に顧客を集客し、会社の存続に努める必要があります。

・予期できないリスクを軽減するため
新規顧客集客のもう1つの重要な理由は、予期できないリスクを軽減することです。

安定した既存顧客がいたとしても、契約関係はこれまでのように続くとは限りません。顧客の方針変更により契約が終了したり、競合他社に顧客が奪われたりする可能性があります。

これは、売り上げの大部分が少数の顧客に偏っている場合、特に危険です。その場合、顧客が1人でも少なくなれば、売上が大幅に減少します。これらのリスクを軽減するには、新たな集客が必要です。

下記の記事では、『「パーソナルジム集客」の全方法』について解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

【関連記事】

また、弊社では社内リソースがなく、自社だけで施策の実行が難しいというお客様向けに、
集客戦略の構築、設計を行うだけでなく、SEO対策、MEO対策、リスティング広告運用といった基本的なWEB集客はもちろん、即効性のあるポータルサイト掲載やアフィリエイト掲載、ポスティング改善まで含めて弊社が一括で運用を代行する集客コンサルティングを行なっております。

初回は無料で相談を受け付けておりますので、お気軽にお申し込みくださいませ。

ターゲット層を明確化する

パーソナルジム経営において、集客を高め売上を最大化するためには、まずはターゲット層をより明確にする必要があります。

ターゲット層を明確にする際に大切な要素として「より細かくターゲット層を絞り込む」ことが重要となります。

例えば「女性か男性か?」という括りではなく「20代女性と30代男性」などターゲット層を明確にして細かく絞り込むことが大切です。

これはターゲット層をより細かく絞り込むことで『他社との差別化』を計ることに意味があります。ターゲットとなるユーザーが他社と差別化されれば、より集客と売上を高めることが出来るからです。

ブランディングは適切か

ブランディングとは一言で表すと「競合他社との差別化でありサービスの在り方」と定義することができます。

パーソナルジム業界は、非常に市場環境が厳しい業界でもあります。低コスト・低リスクで始められるパーソナルジムは、非常に小規模ビジネスとして人気あり、年々新店がオープンしています。

そんな厳しい市場環境で成果を出すためには、ブランディングを的確に行い、競合他社との差別化を図る必要があるのです。

自社のパーソナルジムだけが持つ魅力は何か?」ということを明確にし、ブランディングを行いましょう。自社だけが持つ魅了を強調することができれば、自然と利用者も増え、売上を増大させることが出来るはずです。

マーケティング戦略を絞り込む

自社のパーソナルジムが行うマーケティング戦略を絞り込むことも大切な考え方です。

近年はインターネットの普及により、より多くのマーケティング戦略が展開されています。従来のアナログ的なマーケティング戦略のみだった頃と比較すると、その数は計り知れません。

しかし活用できるマーケティング戦略が豊富になった反面「より効率的な戦略を選択し、実践すること」が求められています。

集客や売上の拡大を急ぐばかりに、あまりにも多くのマーケティング戦略を実践してしまうと、コストだけでなく労力や時間までも無駄になってしまいます。

自社のパーソナルジムにマッチしたマーケティング戦略は何なのか?」をしっかり分析し、より有効なマーケティング戦略だけを実践するように心がけましょう。

顧客管理システム(CRM)を見直す

パーソナルジムにおいて顧客管理システム(CRM)は、顧客満足度とロイヤリティを向上させるために欠かせない要素です。

特にパーソナルジムでは、一般的なフィットネスクラブとは違って、より的確で正確に利用者の顧客情報やアポイントメントを管理する必要があります。

近年では『ホットペッパービューティー』などの外部委託による、CRMを導入するパーソナルジムも増えてきました。確かに広告効果はありますが「ユーザーの情報をより細かく・正確に記録する」という点においては、やや心許ないのが事実です。

そのためパーソナルジムのCRMにおいては、以下の4つのポイントに着目してCRMを導入する必要があります。

  • コストが適正か
  • 操作が簡単か
  • 課題を解決できるか(KPIの管理までできるか)
  • サポーツ体制は充実しているか

これら4つのポイントを抑えているCRMを導入し、経営に役立てましょう。

また下記の記事では、より詳しくパーソナルジムのCRM導入について解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

【関連記事】

収支構造を把握しているか

『PL(貸借対照表)』や『予算実績表』による収支構造の把握は、一般企業では決して珍しいことではありません。

しかしパーソナルジムの経営において、PLや貸借対照表にあまり着目する経営者が少ないことも事実です。

おそらくパーソナルジムの経営は、ビジネスの規模が一般企業と比べて小さいことが原因でしょう。しかしPLや貸借対照表は、どんな規模のビジネスであれ、必ず目を通し理解しておく必要があるものです。

またパーソナルジムの運営では『電気代・水道代・家賃・マシン設備費』など様々な費用が発生します。ビジネスそのものの規模は小さくても、意外と収支構造は複雑です。

PLや貸借対照表を見ることで「自社のパーソナルジムのお金の流れ」を理解することができます。お金の流れを理解すれば、コストの削減などにも繋がります。収支構造は出来るだけ正確に把握しておきましょう。

既存顧客を定着させるシステムの確立

パーソナルジムの売上を最大化させるためには、新規ユーザーの獲得ばかりが大切なわけではありません。

いかにして、既存顧客の満足度を高められるか」がパーソナルジムを経営していくうえで、非常に大切なのです。

そのため、現在行っている『既存顧客を定着させるための取り組み』について再度振り返りましょう。新規獲得ばかりに目を向けていた場合、顧客満足度を高めるためのサービスが少ないことに気づくはずです。

またパーソナルジムでは『利用者の予約管理』が顧客満足度を高めるための大きな要素になるはずです。

下記の記事では『フィットネス業界の予約管理システム』について詳しく解説しています。気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

【関連記事】

競合他社について把握する

競合他社についてリサーチを行い、サービス内容や利用者層を把握しておくことも、パーソナルジムの経営において非常に大切です。

パーソナルジムは典型的な『エリアマーケティング』の形態を取るため、近隣の競合店の存在は経営に大きな影響を及ぼします。もしユーザーを競合店に獲得されてしまえば、経営を継続させることが難しくなる可能性もある程です。

競合他社を分析する時は「お客様のどのようなニーズに応えているのか?」という点に着目しましょう。そうすることで、競合店の特徴を理解できるだけでなく、ユーザーが求めているニーズを再確認することができます。

また可能な限り競合他社と被らない様なブランディングを行い、競争を回避しましょう。競合ひしめくパーソナルジム業界では「如何にして競争を避け、自社のブランドを確立化していくか」が大切な成長要素となります。

商圏分析を徹底する

商圏分析を行うことは、パーソナルジムのマーケティングを行ううえで必須事項です。

商圏分析とは「エリア内に居住・訪問する人の趣味や嗜好を分析し数値化すること」を指します。主に国勢調査のデータを使用しますが、信頼できるデータなら他のものも利用可能です。

パーソナルジムの経営では『ポスティング広告・看板広告・リスティング広告』など様々なマーケティング戦略が存在します。それらのマーケティング手法を実施するためには、商圏分析によるデータ解析が欠かせません。

商圏分析はかなり緻密な作業であり、多くの労力と時間を有します。しかし売上を最大化させるためには、欠かせないことでもあります。必ず商圏分析を実行し、マーケティング戦略の土台として役立てましょう。

経営コンサルティングを活用する

売上を最大化させるための施策として、経営コンサルティングを利用することも非常に有効な手段のひとつです。

経営コンサルティングに経営指導を依頼するメリットは様々ですが「外部に依頼することで、より客観的な改善策が見つかる」ということが最大のメリットでしょう。

パーソナルジムを運営している方は、既に売上を最大化するために、何らかの施策を実行しているはずです。しかしそれはあくまで主観的な施策であって、より有効な改善策というものは、なかなか内側からの目線では見つかるものではありません。

もちろんコストはかかりますが、本気で売上・集客の向上を目指すなら、ぜひ利用してみることをオススメします。

下記の記事では、パーソナルジムの開業・経営に特化したコンサルティング会社を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

【関連記事】

まとめ

いかがでしたでしょうか?

現状、フィットネス業界の市場環境は厳しく、決して売上を伸ばしていくことは簡単なことではありません。

今回ご紹介した10の事実と考え方を念頭において、少しでも売上が向上するように努めてください。

再度、10の事実と考え方を振り返ります。

  • 新規顧客集客
  • ターゲット層を明確化する
  • ブランディングは適切か
  • マーケティング戦略を絞り込む
  • 顧客管理システム(CRM)を見直す
  • 収支構造を把握しているか
  • 既存顧客を定着させるシステムの確立
  • 競合他社について把握する
  • 商圏分析を徹底する
  • 経営コンサルティングを活用する

今回は、パーソナルジム経営で売上を最大化させるための事実と考え方について、業界マーケティングのプロである株式会社FiiTのメディア編集部がお届けしました。

なお弊社では、今回お話しした内容以外にも、ジム集客に関する様々なご支援を行っております。

ご興味ある方はお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。初回は無料でカウンセリングいたします。

また弊社が運営している、月間20万人以上がジム探しで利用している日本最大のフィットネスジム検索サイト「FitMap」では、費用0円でジムをPRできます。

WEBメディアでの広告掲載をご検討の方は、まずは無料のFitMapをお試しください。掲載は下記より申し込めます。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。

株式会社FiiT代表取締役。 FitMapの正式リリースからわずか3ヵ月で月間10万人が利用するメディアへ急成長させる。 ジム向けの集客支援を多方面から支援する会社を拡大中。 ※FitMapユーザー数:20万人/月 (2021/5数値)