理学療法士を目指せる専門学校の学費を分かりやすくご紹介!

「理学療法士になるにはどのくらいお金がかかるのだろう?」

「理学療法士の専門学校の学費はいくらだろう?」

そんな疑問を感じていませんか?

理学療法士になるには4年制大学か短期大学、または専門学校に通う必要があります。これらの学費は全て同じわけではありません。

この記事を読むことで、理学療法士になるためにかかる学費がわかります。授業料以外にかかるお金や、学費を用意するための方法も紹介しているので、これらを知りたい人の役に立つはずです。

読み進める前に:失敗しないパーソナルジムの開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む

理学療法士を養成する学校の学費

理学療法士になるための学校は、以下の3つがあります。

  • 4年制大学
  • 短期大学
  • 専門学校

それぞれの学費を紹介していきます。

国立大学

国立大学の学費は国によって定められており、どこの大学でも同じです。

初年度納入金282,000円
年間授業料535,800円
4年間の合計2,425,200円

国立大学はほかと比較して学費が安いですが、簡単に入学できるわけではありません。大学入学共通テストを受ける必要があり、偏差値も高めの大学が多いです。

しっかりと勉強して対策しなければ、入るのは至難の業。受験科目も多いため、たくさんのことを覚えなければなりません。

公立大学

公立大学も国立大学と同様に、基本的にはどこの大学でも学費は同じです。しかし、大学によっては県内の入学生は少し学費が安くなることがあります。

初年度納入金728,450円
年間授業料547,500円
4年間の合計2,192,350円

入学は国立大学と同じく高難易度。ですが大学所在地と同じ都道府県出身だと学費が安くなる場合があるので、この制度を利用すれば国立大学よりもさらに費用をおさえられます。

目指してみる価値は十分にあるでしょう。

私立大学

私立大学の学費は国公立大学よりも高くなります。以下は学費の平均値です。

初年度納入金1,738,874円
年間授業料1,408,271円
4年間の合計6,138,469円

授業料は大学が独自に決めているので、国立大学のように統一されていません。平均の金額は国公立大学より高めです。

学費は高めですが、大学によっては奨学金や特待生制度があるので、これらを利用して少しでも費用を安くするのもよいでしょう。

短期大学

理学療法士を養成する短期大学は、全国で5校しかありません。学費の平均は以下の通りです。

初年度納入金1,547,600円
年間授業料1,447,600円
3年間の合計4,402,800円

短期大学の学費は、4年制の私立大学に近い金額です。ただしこちらは3年制のため、合計金額は私立大学ほど高くはありません。

専門学校

専門学校の学費は、3年制か4年制、昼間か夜間かによってわかれます。

3年制(昼間)4,123,500円
3年制(夜間)3,050,000円
4年制(昼間)5,709,480円
4年制(夜間)4,462,125円

学費は比較的高めです。3年制と4年制で学習する内容に違いはありませんが、4年制では卒業時の学位が「高度専門士」になるため、大学院に進学する資格が得られます。

夜間は昼間よりも学費が安いので、かかるお金を少なくしたい人は仕事をしながら夜間課程に通うとよいでしょう。

授業料以外にかかる費用

大学や専門学校にかかるお金は、授業料だけではありません。授業料を払えば大丈夫と考えていると、お金が足りなくなってしまいます。

授業料のほかに、主に以下の費用がかかります。

  • 入学金
  • 教科書代
  • 実習費用
  • 生活費
  • 国家試験を受けるための費用

これらは決して安くありません。一つずつ詳しく説明していきます。

入学金

大学や専門学校に入るときには、最初に入学金を支払います。各学校の入学金は以下の通りです。

国立大学282,000円
公立大学180,950円
私立大学330,603円
短期大学100,000円
専門学校約30万円

私立大学や専門学校では入学金が高めに設定されています。これは税金や補助金による補填が少ないためです。

また授業料と同じく入学金もその学校が独自で決められるので、これにより全体的に高めの傾向があるといえるでしょう。

教科書代

理学療法士になるには、たくさんの知識を学び国家試験に合格しなければなりません。そのためにはさまざまな教科書や国試対策テキストを使う必要があります。

これらは学校によっても異なりますが、おおむね20~40万円程度です。

医学系の専門書なども購入するので、ほかの学科よりも教科書代は比較的高いでしょう。先輩からいらなくなったテキストを譲ってもらったり、ネットで中古品を買えば費用をおさえられます。

実習費

理学療法士の養成学校では必ず実習があります。このとき授業料とは別で実習費として0~80万円程度徴収されます。

学校に支払う費用だけではなく、実習で必要な文房具や備品類も各自で負担しなければならないため注意してください。

実習費が0円になっている学校は、その分授業料が高めに設定されていることが多いです。負担しなくてよいわけではないので気をつけましょう。

生活費

3~4年間学校に通うと、当然ですがその間の生活費もかかります。一人暮らしをすると住居費なども発生するため、さらに負担が重くなるでしょう。

一人暮らしをしている学生の生活費は約11万円です。

参考:全国大学生活協同組合連合会「第57回学生生活実態調査 概要報告」

総額では約400~530万円程度の金額になります。都市部ではより多くかかるので、一人暮らしで学校に通う場合は、生活費をおさえられる地域を選択するようにしましょう。

国家試験を受けるための費用

理学療法士の養成学校では、卒業の年の2月に国家試験を受けます。このとき受験手数料や会場までの交通費がかかります。

受験手数料は10,100円で、交通費を合わせると数万円程度かかることもあるので覚えておきましょう。

また自宅から会場が遠い場合は、宿泊費用が発生することがあります。ホテルの費用も含めるとさらに費用が高くなるので注意が必要です。

奨学金の活用

これまでに説明した通り、理学療法士の専門学校を卒業するにはたくさんのお金がかかります。これを用意するためには、奨学金の利用を検討することもあるでしょう。

奨学金の運営団体でもっとも有名なのは、日本学生支援機構(JASSO)です。JASSOの奨学金には主に次の3つがあります。

  • 給付型
  • 貸与型(第一種)
  • 貸与型(第二種)

一つずつ解説します。

給付型奨学金

給付型奨学金は返済する必要がありません。卒業後の負担がないので、積極的に利用するとよいでしょう。

ただし学力と家計についての審査があるので、受けるハードルは少し高めです。成績を維持するため、入学後の努力は怠らないようにしましょう。

また給付型奨学金の支給額は、通っている学校が国公立か私立かによって変わります。私立の専門学校のほうが、借りられる上限額は多いです。

参考:日本学生支援機構HP 給付奨学金

第一種奨学金

第一種奨学金は利子のかからない貸与型奨学金です。卒業後に返済しなければなりませんが、利子がかからないので気持ちに余裕をもって返済できます。

学力と家計の審査がありますが、給付型よりは厳しくありません。給付型の次の候補として選ぶのをおすすめします。

第二種奨学金

第二種奨学金は第一種と同じく貸与型奨学金で、利子がかかります。利子つきで返さなければならないので負担は大きくなりますが、3つの奨学金の中では一番利用しやすいです。

借りるための基準も高くないので、給付型や第一種を利用できなかったときに検討するとよいでしょう。

利率も0.2~0.8%程度で低いです。第一種との併用もできるので、うまく利用すれば学費の補填に大きく役立ってくれるでしょう。

専門学校の学費の負担をおさえる方法

理学療法士の専門学校の学費は、決して安くはありません。生活費や雑費も含むと多くのお金がかかってしまいます。

卒業後を考えると、お金の負担は少しでも少なくしておきたいですよね。そんなときは、次のことを実践しましょう。

  • 給付型奨学金を利用する
  • 病院の奨学金を利用する
  • 学校独自の奨学金を利用する
  • アルバイトをする
  • 実家から通学する

一つずつ解説していきます。

給付型奨学金を利用する

学費の負担を少なくするには、給付型奨学金を利用するのがおすすめです。

返済不要なので、安心して利用できます。条件を満たしていた場合は、必ず利用しましょう。

給付型奨学金を受けられる団体はいくつかあります。代表的なのはJASSOですが、地方自治体や民間の財団法人もあるので、自分の通っている地域に給付型奨学金の制度がないか調べておくとよいでしょう。

病院の奨学金を利用する

次におすすめなのが病院の奨学金です。

卒業後に一定期間勤務することを条件に、学費を貸してくれる病院があります。これらは学力や家計の条件がなく、ほかの奨学金と比べて借りるためのハードルが高くありません。

病院によっては、数年間の勤務で返済を免除してくれるところもあります。はじめの就職先が限られますが、これを利用すれば学費の負担を大幅に減らせるでしょう。

学校独自の奨学金を利用する

学費の負担をを減らすには、学校独自の奨学金を使うのも手です。

理学療法士の専門学校では、成績優秀者に対して返済不要の奨学金を給付してくれるところがあります。学力の審査はありますが、これらを利用できれば学費の負担がとても軽くなるでしょう。

学校によっては入試時の成績がよければ、入学金が免除になる制度もあります。これらの制度を積極的に利用しましょう。

アルバイトをする

学費や生活費の負担を少なくするためには、アルバイトをしましょう。

アルバイトで学費の一部を稼げば、その分借りる奨学金を少なくできます。貸与型の奨学金を借りている人は、返済額が減るのでおすすめです。

専門学校でも実習や就活のない低学年のうちは、比較的時間の融通がきくので、この期間でアルバイトをしましょう。

実家から通学する

お金の負担を少しでも減らすには、やはり実家から通学するのがよいです。

一人暮らしの学生の生活費が1か月あたり約11万円であるのに対し、実家暮らしであればこの半分程度におさえられます。

住んでいる地域にもよりますが、実家から通える学校がある場合はぜひ検討しましょう。まずは県内に理学療法士の専門学校があるか調べてみてください。

専門学校選びのコツ

もし理学療法士の専門学校に通うなら、将来のことも考えてなるべくお金の不安を少なくしたいですよね。

そこで学費の負担を軽くするための、専門学校選びのコツをいくつか紹介します。

  • 3年制を選ぶ
  • 夜間課程を選ぶ
  • 比較的学費が安いところにする

それぞれ説明します。

3年制を選ぶ

3年制の専門学校は期間が短いぶん、かかるお金が少ないです。

ただしカリキュラムが密なので、4年制と比べて休みが少ないことや、卒業後に大学院への進学ができないことを知っておきましょう。

また3年制卒と4年制卒で給与に差がある病院もあります。就職する前に募集要項をチェックしておきましょう。

夜間課程を選ぶ

専門学校では、昼間課程よりも夜間課程のほうが費用がかからない傾向にあります。とくに夜間課程では働きながら通えるので、そういった意味でもお金の負担を少なくできます。

ただし短期集中型なので、昼間課程よりもハードなスケジュールになることは覚悟しておきましょう。また講義は夜間でも、実習は昼間に行うことが多いので、仕事をしながら通う人は注意してください。

比較的学費が安いところにする

ひとことに理学療法士の専門学校といっても、学費はそれぞれ異なります。そのため自分が入学を考えている専門学校をいくつか比較し、できるだけ学費が安いところを選びましょう。

ただし授業料が安くても、のちに実習費や雑費が追加されるところもあります。卒業するまでの合計金額で比較しましょう。

まとめ

本記事では理学療法士の養成学校の学費を紹介しました。

理学療法士の学校は大学、短大、専門学校などさまざまな選択肢があります。しかし学費や修業年数は大きく異なります。

お金の負担をできるだけおさえるには、どの学校を選択するのかはもちろん、自宅から通うのか一人暮らしをするのかという点も考慮しなければなりません。奨学金を利用するかどうかも重要です。

いまの状況をふまえて、自分に合った選択肢をいろいろ検討してみてください。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

リスクを最大限に下げたパーソナルジム開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。