インストラクターの5業種、仕事内容や資格を比較!

フィットネスクラブなどで顧客の運動指導をする、インストラクターは近年フィットネスクラブなどの増加にともなって需要が増えている職業の1つです。運動が好きでジムに通っている方の中には、インストラクターの仕事に興味があるという方もいるのではないでしょうか。

ひとくちにインストラクターと言っても、さまざまな種類があります。この記事ではインストラクターの仕事内容や種類をご紹介いたします。

読み進める前に:失敗しないパーソナルジムの開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む

スポーツインストラクターとは

インストラクターはフィットネスクラブなどで、フィットネスの技術指導をおこなう指導員の総称です。

インストラクターはそれぞれ専門の指導領域があり、それによって呼び名も異なります。代表的なものにはジムインストラクターやヨガインストラクターなどがあります。

似た名前の職業に「スポーツトレーナー」があります。スポーツトレーナーはスポーツ選手などのトレーニングから健康管理まで幅広く対応します。
これに対してスポーツインストラクターは、技術的な内容や知識に関する指導のエキスパートです。またインストラクターはおおくの場面で、指導対象者と一緒にエクササイズを実践しながら指導します。

インストラクターの仕事内容

インストラクターの仕事内容はさまざまです。

顧客へのエクササイズ指導が業務の中で最も大きな割合をしめます。しかしその他にもレッスンをおこなう部屋や器具の清掃、道具の準備など、レッスンに関わる全般の準備も大事な業務の1つです。

その他にも会員さんの情報の管理や入会希望者の対応、指導前のカウンセリングなどが業務としてあります。経験を積んだインストラクターは、レッスンでの指導内容を考えるプログラミングも業務となります。

このようにインストラクターはエクササイズ指導以外にも、沢山の業務をこなす必要があります。良い指導のためにはしっかりとした準備が欠かせません。

インストラクターになるには

スポーツインストラクターになるために必須となる国家資格は存在しません。しかしインストラクターとして、クライアントを指導するためにはしっかりとした身体やトレーニングの知識、そしてそれぞれの指導分野に関する専門的な知識が必要となります。

またインストラクターは指導のさいに実演する必要があるため、普段から自分自身でも指導する内容を実践しておく必要があります。

このようにインストラクターにはさまざまな知識や技術が必要となるため、大学のスポーツ学科や専門学校へ進学し、スポーツや身体に関する勉強をしてからインストラクターになるという方法もあります。

その他にもスポーツ指導などに関連する民間の講座の受講や民間資格を取得して、インストラクターとなる場合もあります。

インストラクターの現状

日本においてインストラクターの需要は増加しています。それにともなってインストラクターを目指している人の数も増えてきています。
現状のインストラクターの収入や、今後予想される状況はどのようなものなのでしょうか。

インストラクターの需要

全国のフィットネスクラブやスポーツジムの数は、2012年から2016年にかけて約1.5倍に増えています。それに伴いそれらの場所で活躍するインストラクターの需要も高まっています。

また近年は高齢化などの要因により福祉施設などでも、エクササイズの指導ができるインストラクターの需要が高まっています。健康やヘルスケアへの注目はこれからより高まっていくことが予想されるため、それらを指導するインストラクターの需要も引き続き高い状態となると考えられます。

インストラクンスターの活躍の場

インストラクターは現在、フィットネスクラブやヨガスタジオ、ピラティススタジオなどの各種スタジオで活躍しています。また先述した通り、近年では福祉施設からの需要も高まっています。

フィットネスクラブやスタジオの数は増加傾向にあります。その一方、コロナウィルスなどによって会員数が減少傾向にある施設も少なくないのが現状です。

他方でシニアへの指導やオンラインフィットネスといった、新たな指導の場もできているため、これからインストラクターの活躍の場はより多様になるでしょう。

インストラクターの年収

インストラクターの全国平均年収は約333万円です。アルバイトで勤務した場合の平均時給は1,017円で決して高い水準ではありません。
また年収のボリュームも271万円~546万円と狭く、個人によって大きく差がでるということも少ないのが現状です。

しかし優秀なインストラクターの中には、独立してスポーツ関連の職業に従事している場合もおおいため、一概にインストラクターの年収だけで収入を考えることができないという面もあります。

例えばパーソナルトレーニングのジムを開業するなど、その後のキャリアの選択肢の幅は広いです。

インストラクターの5業種と資格

インストラクターはスポーツに関連するさまざま内容を指導する指導者の総称です。そのため実際に働くインストラクターは、指導内容によっておおくの業種に分けられています。

ここではその中でも代表的な5つの業種と、その業種のインストラクターに関連する資格の取得方法をご紹介いたします。

ジムインストラクター

ジムインストラクターは主にフィットネスジムなどで、マシントレーニングやストレッチなどの指導をおこなうインストラクターです。

フィットネスジムの会員へのトレーニング指導や器具の使用方法の説明などが、主な仕事内容です。さらに顧客の目標や現状の運動能力を考慮して、最適なトレーニングメニューの提案などもおこないます。指導対象や指導範囲が非常に幅広く、身体やエクササイズに関するおおくの知識が必要となります。

ジムインストラクターに関連する資格には、以下のようなものあります。

健康運動実践指導者

公益財団法人健康体力づくり事業財団が認定、発行しているのが健康運動実践指導者の資格です。

この資格は健康な身体づくりのための運動指導者の育成が目的となっています。そのため生活習慣病の予防や改善にもフォーカスした、幅広い指導対象を指導できる知識を資格取得の過程で得ることができます。

【資格取得方法】

健康運動指導実践者の講習を受講後、指導実技試験と筆記試験に合格することで資格を取得できます。

※試験の受験には、「体育系の大学もしくは、短大や専門学校の卒業または、3年以上運動指導を行っていること」という条件があります。

ヨガインストラクター

ヨガインストラクターはヨガスタジオなどで、ヨガのポーズや動作、呼吸法などを指導します。その他にもヨガインストラクターの仕事には、クラスでおこなうプログラムの考案なども含まれます。

クラスでは生徒の前で自身もポーズなどをおこないながら説明する必要があるため、実演できる能力も必要となります。また時にはヨガに関する知識や哲学などを講座内で生徒に教える場合もあります。

ヨガインストラクターに関連する資格には、以下のようなものがあります。

RYT200、RYT500

RYT(登録ヨガインストラクター)は全米ヨガアライアンスが発行する資格です。

全米ヨガアライアンスは世界80カ国以上でヨガ講師の認定を行っている団体です。世界的に共通するヨガの資格がない現在、最も影響力のある資格の1つであるという事ができます。

【資格取得方法】

RYT200は全米ヨガアライアンスの認定校であるRYSで、所定の講座を200時間受講後に全米ヨガアライアンスに登録することで取得できます。

RYT500はRYT200取得後、さらに300時間講座を受講し、100時間以上の指導経験を積むことで登録できます。

ピラティスインストラクター

ピラティスはリハビリテーションのために考案されたエクササイズです。ピラティスには大きくわけると「マシンピラティス」と「マットピラティス」の2つの種類があります。

これらのピラティスの指導をピラティススタジオやフィットネスジムなどで、指導するのがピラティスインストラクターの仕事です。

マシンピラティスにも複数の器具があり、それぞれ資格が別れているため、指導内容は多岐にわたります。

ピラティスインストラクターに関連する資格には、以下のようなものがあります。

BASIピラティス指導者資格

BASIピラティスは1989年にピラティスの教育システムを確立し、知識と技術を伝達することを目標として設立されました。また世界のピラティス教育の規格を策定している、PMAにも認定されています。

BASIピラティスの指導者資格には「マットピラティス指導者資格」と「マシンピラティス指導者資格」の2種類あります。

マットピラティス指導者資格

【資格取得方法】

BASIピラティスの主催するマットピラティス指導者資格講座を全て受講します。

自己実践100時間、レッスン見学20時間、指導練習30時間の課題を実施します。

筆記試験、実技試験、指導試験の3つに合格すると、資格を取得できます。

マシンピラティス指導者資格

【資格取得方法】

BASIピラティスの主催するマシンピラティス指導者資格講座を全て受講します。

受講後、自己実践200時間、レッスン見学80時間、指導練習170時間の課題を実施します。

さらに筆記試験、実技試験に合格し、指導テスト(プライベートセッション実演)に合格すると、資格を取得できます。

エアロビックインストラクター

おおくのフィットネスジムには、エアロビクスのクラスが用意されています。また市町村などが運営している体育館でも、エアロビック教室が開催されています。そのような場所でエアロビックの指導やプログラミングをおこなうのがエアロビックインストラクターの仕事です。

エアロビクスは音楽に合わせてダンスをおこなうエクササイズです。適度な有酸素運動で健康増進に良く、年齢を問わず参加可能であるためさまざまな場所で需要があります。

エアロビックインストラクターに関する資格には、以下のようなものがあります。

GFIエアロビックダンスエクササイズ(ADI・ADBI)

ADI・ADBIの資格は日本フィットネス協会(JAFA)が発行している、グループエクササイズフィットネスインストラクター(GFI)の1つです。

GFIのエアロビックダンスエクササイズの資格はADBI(中級レベル)とADI(上級レベル)の2つにわかれています。

【資格取得方法】

認定校もしくはJAFAが提供しているe-ラニングで指定の講座を受講します。

受講後、筆記試験、実技試験に合格することで資格取得できます。

スイミングインストラクター

スイミングインストラクターは性別、年齢問わず幅広い人々に泳ぎ方の指導をおこないます。水泳の実技だけでなく、その理論もしっかりと理解した上で指導する必要があります。

スイミングは水中での不慮の事故が発生しないように、安全確保に細心の注意が必要となるため、利用者の安全確保もスイミングインストラクターの大事な仕事の1つです。

また水中でのエクササイズは浮力を利用してできるため、高齢化にともない筋肉の低下しているシニア層向けの指導も需要を高めています。

スイミングインストラクターに関する資格には、以下のようなものがあります。

基礎水泳指導員

基礎水泳指導員は公益財団法人日本水泳連盟によって認定された水泳指導者の資格です。

この資格を有していることで水泳指導に関する、しっかりとした知識と技術を有しているという証明にもなります。

またこの資格の取得過程では緊急時の対処法も学ぶため、インストラクターとしてしっかりと安全確保をしながら指導する事ができるようになります。

【資格取得方法】

公益社団法人日本水泳連盟が開催する、講習を40時間受講します。

受講後、筆記試験。実技試験、面接試験に合格すると資格を取得することができます。

まとめ

インストラクターの仕事にはさまざま種類があります。しかしどの種類のインストラクターの仕事でも直接クライアントの理想を達成するサポートをできるという点は同じです。またインストラクターの仕事の需要は高齢化や健康意識の増進によって、さらに増加していくことが予想されます。

需要の増加にともないインストラクターの数も増加しているため、他のインストラクターと差をつけるためにも、資格の取得も検討してみることをおすすめします。

本記事で紹介した資格で興味のあるものがあれば、ぜひ取得を検討してみてください。最後までお読みいただきありがとうございます。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

リスクを最大限に下げたパーソナルジム開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。