本ページはプロモーションを含みます。

パーソナルトレーナーとスポーツトレーナーの違いを解説!

パーソナルトレーナーとスポーツトレーナーの違い

「パーソナルトレーナーとスポーツトレーナーの違いを知りたい」

「自分は、パーソナルトレーナーとスポーツトレーナーどちらがあうんだろう」

上記のようなお悩みはないでしょうか。

昨今は、プロアスリートや一般の方のトレーニングなどをサポートする職種が多くあります。

本記事では、パーソナルトレーナーの概要や、スポーツトレーナーの概要、おすすめな資格について解説します

またあわせて、パーソナルトレーナーとスポーツトレーナーの共通点、相違点も紹介

パーソナルトレーナーとスポーツトレーナーの違いについて知りたい方、どちらになろうか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

最新情報:ジム・パーソナルジムの集客方法

・本当にアクセスあるジム検索サイトへ掲載したい
・コスパ良く掲載できるジム検索サイトを探している
・パーソナルトレーニングの集客ができてない…

そんな方向けに、業界最大級のアクセス数を誇るジム検索サイト「FitMap」は特におすすめ!サイトへの掲載にかかるスピードは最短即日1時間と早く、価格も大手サイトと比較し安くてコスパも◎。お気軽にご相談ください。

▶︎ まずは資料ダウンロード!

パーソナルトレーナーとは

パーソナルトレーナーとは

パーソナルトレーナーは、おもに一般の方を対象とし、ダイエットや筋力アップ、体型維持などをサポートする仕事です。

クライアントの要望をカウンセリングで引き出し、目標にあわせてトレーニングメニューづくりから実施の指導、食事のサポートまで行います。

そのため、人体の仕組みやトレーニングに関する知識、スキルだけでなく、食事、栄養についての知識も求められるでしょう。

スポーツトレーナーとは

スポーツトレーナーとは

スポーツトレーナーは、おもにアスリートを対象とし、筋力アップやパフォーマンスの向上、コンディショニング、怪我の予防、リハビリなどをサポートする仕事です。

なかには、スポーツジムやフィットネスクラブで一般の方のサポートを行う場合も。

上記の通り、スポーツトレーナーと一言でいっても、役割はさまざまで求められる知識やスキルも異なります。

そのため、細かくわけると以下の種類があります。

  • ストレングストレーナー
  • コンディショニングトレーナー
  • アスレティックトレーナー
  • メディカルトレーナー
  • フィットネストレーナー

上記について、詳しく解説します。

ストレングストレーナー

ストレングストレーナーは、アスリートの筋力や運動能力アップなどの指導を行います。

フィジカルトレーナーといわれることもあり、トレーニングメニューづくりやその実施をサポート。

また、生活習慣や食事、栄養面の指導を行うこともあり、パーソナルトレーナーに似たような知識やスキルが求められます。

コンディショニングトレーナー

コンディショニングトレーナーは、アスリートが試合で最大限のパフォーマンスを発揮できるよう、体調管理や怪我の予防を行います。

具体的には、下記のサポートを実施。

  • 練習と休養の調整
  • 選手の状態を加味したトレーニングメニューづくり
  • マッサージ
  • ウォーミングアップやクールダウンのサポート

場合によっては、上記に加えメンタル面のサポートを行う場合もあります。

アスレテックトレーナー

アスレティックトレーナーは、スポーツ障害や怪我の予防、対処、リハビリなどを指導します。

アスリートは、長い現役生活を続けるなかで、スポーツ障害や怪我はつきもの。

テーピングなどで怪我の予防をしたり、試合中や練習中に怪我をしたときに応急処置をしたりします。

また、医師と連携し、実際に怪我をしたアスリートの復帰へ向けたリハビリサポートを行います。

コンディショニングトレーナーとメディカルトレーナーの2つの側面をあわせ持ち、医療的な知識も求められるでしょう。

メディカルトレーナー

メディカルトレーナーは、怪我や病気の回復サポートを行います。

病院や施術院などで働くことも多く、リハビリの実施やケアをサポート。

近年は、福祉施設で働く方も多くいて、リハビリだけでなく運動機能の維持のサポートも実施します。

フィットネストレーナー

フィットネストレーナーは、スポーツジムやフィットネスクラブで、一般の方を対象に、トレーニング方法や、トレーニングマシーンの使い方の指導を行います。

難易度はそれほど高くなく、実際にフィットネストレーナーとして活動する方が多く存在。

働くスポーツジムやフィットネスクラブによっては、研修などを行っているため未経験からも始められるケースがあります。

パーソナルトレーナーとスポーツトレーナーの共通点

パーソナルトレーナーとスポーツトレーナーの共通点

パーソナルトレーナーとスポーツトレーナーは、役割や求められる知識、スキル、特性などで共通点もあります。

ここからは、パーソナルトレーナーとスポーツトレーナーの以下5つの共通点を紹介します。

  • 高い専門性が求められる
  • コミュニケーションスキルが求められる
  • 向上心が重要
  • 資格を取得した方が有利
  • 知識やスキル、経験、働き方により、年収が大きく異なる

上記について、1つひとつ解説していきます。

高い専門性が求められる

パーソナルトレーナーもスポーツトレーナーも、結果が求められる仕事であり、高い専門性が必要です。

スポーツトレーナーは、先ほど解説したどのトレーナーをするかにもより異なりますが、具体的には下記の通りです。

求められる知識詳細
解剖学解剖学とは、筋肉や骨格などに身体の構造に関する知識のことです。
解剖学を理解することで、効果的な身体の動かし方やトレーニング指導ができるでしょう。
また、怪我の予防やリハビリサポートもでき、安心、安全にトレーニングができる環境づくりにつながります。
運動学運動学とは、運動中の身体でどのような反応が起こっているのかに関する知識のことです。
効果的にトレーニングを行うためには、各トレーニングの方法とその効果を理解する必要があるでしょう。
運動学を理解すれば、サポートするクライアントにあわせたトレーニングメニューづくりやその指導ができます。
栄養学栄養学とは、食品や栄養に関する知識のことです。
筋力アップやダイエット、パフォーマンスの向上をサポートするにあたり、トレーニングだけでなく、摂取する食事も重要。
何を食べ、どのような栄養を摂取するかで、身体づくりに大きな影響をあたえます。

コミュニケーションスキルが求められる

パーソナルトレーナーもスポーツトレーナーも、本質はサービス業です。

人体やトレーニングなどについての高度な専門性はもちろん重要ですが、あわせてコミュニケーションスキルも大切。

どんなに素晴らしい知識やスキルがあっても、クライアントから信頼されなければ、行動につながらず効果は出ません。

クライアントの信頼を得るためには、クライアントに寄り添い、話しやすい雰囲気づくりや、相手の要望を引き出すヒアリングスキルが求められます

また、トレーニングの指導などを行う際に、わかりやすく相手に伝えることも重要でしょう。

向上心が重要

パーソナルトレーナーやスポーツトレーナーをするにあたり、向上心が重要です。

トレーニング理論や栄養学などは、研究がされ新しい考え方が生み出され続けています。

また、先ほど紹介した解剖学や運動学、栄養学は、一朝一夕で身につけられるものではないでしょう。

そのため、海外の文献を読んだり、研修やセミナーに参加したりし、常に知識やスキルを学び続けなければ、時代遅れになってしまいます

資格を取得した方が有利

パーソナルトレーナーやスポーツトレーナーをする場合、資格を取得した方が有利になります。

パーソナルトレーナーやスポーツトレーナーになるにあたり、必ずしも資格が必要なわけではありません。

ただ、資格を取得すれば客観的に知識やスキルの証明ができ、クライアントからの信頼につながります

また、資格を取得すれば、転職や就職も有利になるでしょう。

パーソナルトレーナー、スポーツトレーナーにおすすめな資格は、下記の通りです。

パーソナルトレーナーにおすすめな資格スポーツトレーナーにおすすめな資格
  • NESTA-PFT
  • NSCA-CPT
  • JATI-AATI
  • 日本スポーツ協会 公認アスレチックトレーナー
  • JATAC-ATC
  • 理学療法士

上記資格の詳細は、後ほど解説します。

知識やスキル、経験、働き方により、年収が大きく異なる

パーソナルトレーナー、スポーツトレーナーの年収は、働き方で大きく異なります

活躍できれば、年収1,000万円を超えるのも夢ではありません。

例えば、自分で独立開業したり、フリーランスとして活動したりし、多くのクライアントから支持されれば、高い年収を得られるでしょう。

また、プロスポーツチームやプロアスリートと個別に契約をすれば、多くの年収を得られます。

ただし、プロスポーツチームやプロアスリートとの契約は、高度な知識やスキル、経験が求められます。

また、知名度やコネなども必要になり、結果が出なければ契約の継続ができない、厳しい世界でしょう。

パーソナルトレーナーとスポーツトレーナーの相違点

パーソナルトレーナーとスポーツトレーナーの相違点

パーソナルトレーナーとスポーツトレーナーは、共通点がある一方で相違点も存在します。

パーソナルトレーナーとスポーツトレーナーのおもな相違点は、下記の通りです。

パーソナルトレーナースポーツトレーナー
おもなクライアント一般の方アスリート
おもな働き方パーソナルトレーニングジムの正社員として働くプロスポーツチームやプロアスリートと契約して働く
クライアントのおもな目的
  • 筋力アップ
  • ダイエット
  • 体型維持
  • 筋力アップ
  • パフォーマンスの維持、向上
  • 怪我の予防、リハビリ

パーソナルトレーナーとスポーツトレーナーの1番大きな違いは、おもなクライアントです

パーソナルトレーナーは一般の方を対象とするのに対し、スポーツトレーナーは、プロアスリートを対象に指導やサポートを行います。

また、対象が違うため、クライアントが指導やサポートを受ける目的も異なるでしょう。

パーソナルトレーナーの特徴

パーソナルトレーナーの特徴

ここからは、パーソナルトレーナーについて詳しく解説します。

まず、パーソナルトレーナーの以下3つの特徴です。

  • パーソナルトレーナーの働き方
  • パーソナルトレーナーの年収
  • パーソナルトレーナーになる方法

パーソナルトレーナーの働き方

パーソナルトレーナーとしての働き方はさまざまですが、大きくわけると会社に属するか、個人として働くかの2種類です。

また、さらに細かくわけると以下4種類です。

パート、アルバイト

パーソナルトレーナーを目指している方や、なったばかりの方に多い働き方。

パート、アルバイトは、クライアントの増減に対し人件費の調整もしやすいため、最近は積極的に採用するパーソナルトレーニングジムも増えています。

時給で仕事をし、だいたいの時給目安は1,200円程度です。

正社員

パーソナルトレーナーとして活動する方の多くが、1度は経験する働き方。

仕事内容は、クライアントのカウンセリングや、トレーニングサポート、栄養指導ですが、他にも施設の清掃やトレーニングマシーンの点検、事務作業など多岐にわたります。

大手パーソナルトレーニングジムなどに就職した場合、収入が安定し福利厚生も充実しているため、安心して働けるでしょう。

他の働き方であれば、怪我や病気で働けなくなった場合、収入を得られなくなりますが、正社員であれば、ある程度の収入が保証されます。

また、パーソナルトレーナーは肉体的にも負担がかかる仕事ですが、正社員として働く場合は、部下や後輩の育成、マネジメントなど、現場で働かなくても活躍の場があり、長期間働けます。

クライアントの指名数により、インセンティブを得られるパーソナルトレーニングジムもあり、人気のパーソナルトレーナーになれば、多くの年収が得られるケースもあるでしょう。

個人事業主(フリーランス)

フリーランスとして活動する働き方です。

多くの方は、パーソナルトレーニングジムと業務委託契約を結び活動したり、レンタルジムを利用しクライアントの指導をしたりしています。

多くのクライアントを得られれば、年収1,000万円を超えることも可能でしょう。

ただ、収入の保証はなく、怪我や病気で活動できなければ、収入を得られなくなるケースも。

経営者

自分でパーソナルトレーニングジムを開業し、経営者として活躍する働き方です。

経営が上手くいけば、自分が働かなくても多くの年収を得られるでしょう。

ただし、リスクも高くクライアントを得られなければ、借金を背負ってしまうケースも。

また、経営者としてマネジメントやマーケティング、財務などの知識、スキルが求められます。

パーソナルトレーナーの年収

パーソナルトレーナーの平均年収は、400万円程度です。

もちろん、独立しフリーランスとして働いたり、自分で経営を行ったりすれば、年収1,000万円を超えるケースも。

高度な知識やスキルを身につけ、クライアントが増えれば、年収が大きく増加するでしょう。

ただし、独立し怪我や病気で働けない場合、収入を得られなくなりますので、ご注意ください。

パーソナルトレーナーになる方法

パーソナルトレーナーになるためには、多くの知識やスキルが求められます。

知識やスキルを身につける方法として、下記が挙げられます。

  • 専門学校やスポーツ科のある大学に入学し勉強する
  • パーソナルトレーナー養成スクールを利用し、勉強や資格取得をする
  • トレーニングジムやフィットネスクラブ、パーソナルトレーニングジムなどで働きながら勉強する
  • 独学で資格取得する

専門学校や大学であれば、実習もあるため知識だけでなくスキルも身につけられます。

また、スポーツジムやフィットネスクラブなどに独自のパイプを持っていたり、就職サポートしてくれたりするケースもあるでしょう。

パーソナルトレーナー養成スクールも、スクールによっては就職サポートがサービスに含まれています。

パーソナルトレーナー養成スクールであれば、夜間や休日に講座を行う場合もあり、働きながらパーソナルトレーナーへの転職ができるケースも。

トレーニングジムやフィットネスクラブなどで働き、知識やスキルを身につけ、アルバイト、パートから正社員採用されるケースもあります。

パーソナルトレーナーにおすすめな資格3選

パーソナルトレーナーにおすすめな資格3選

パーソナルトレーナーになるために、必ずしも資格が必要なわけではありません。

ただ、資格を取得すれば知識やスキルの証明ができ、クライアントからの信頼につながったり、転職や就職が有利になったりします。

実際に、パーソナルトレーナーとして活動している多くの方が、資格を取得しています。

ここからは、パーソナルトレーナーにおすすめな下記3つの資格を紹介。

  • NESTA-PFT
  • NSCA-CPT
  • JATI-AATI

特徴が異なるため、資格取得を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

NESTA-PFT

NESTA-PFT
出典:https://www.nesta-gfj.com/pft

NESTA-PFTは、全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会(NESTA)が、下記を有するプロフェッショナルを認定する資格です。

  • 人の体に関する「幅広い知識」
  • トレーニング全般に関する「偏りのない知識」
  • さまざまなクライアントとの「コミュニケーション対応力」
  • 自分を売り込みクライアントを得るための「ビジネススキル」

トレーニングの知識やスキルだけでなく、パーソナルトレーナーとして活動するためのビジネススキルなどが含まれているのが特徴です。

NESTA-PFTは業界での知名度が高く、大手フィットネスクラブで取得を義務付けていたり、NESTAの研修プログラムを導入していたりするほどです。

NSCA-CPT

NSCA-CPT
出典:https://www.nsca-japan.or.jp/exam/certification/

NSCA-CPTは、特定非営利活動法人 NSCAジャパンが健康や体力作りに関して、下記ができる優れた人材を認定する資格です。

  • 評価
  • 動機づけ
  • 教育
  • トレーニングやコンディショニング全般の指導

アスリートだけでなく、年齢、性別、経験を問わず幅広い方がトレーニング指導の対象。

トレーニングに関する知識だけでなく、医学や運動生理学、指導技術も求められます。

NSCA-CPTは非常に有名な資格の1つで、パーソナルトレーナーだけでなく、フィットネスインストラクター、スポーツ指導者、理学療法士、柔道整復師など多くの方が取得しています。

JATI-AATI

JATI-AATI
出典:https://jati.jp/

JATI-AATIは、特定非営利活動法人 日本トレーニング指導者協会が、利用者や利用者の目的に応じて、科学的根拠にもとづく適切なトレーニングメニューの作成や指導をするための高度な知識とスキルを保有している方を認定する資格です。

また、自分がパーソナルトレーニングを行うだけでなく、部下や後輩の指導をする能力を有することもあわせて証明。

JATIの資格は、下記3種類にわかれており、自分のキャリアにあわせ取得ができます。

  • トレーニング指導者 JATI-ATI
  • 上級トレーニング指導者 JATI-AATI
  • 特別上級トレーニング指導者 JATI-SATI

JATI-AATIは、プロアスリートの指導者や、大学、専門学校などでトレーナーの指導を行う方、フィットネスクラブやスポーツジムのマネジメント職の方などに推奨されています。

スポーツトレーナーの特徴

スポーツトレーナーの特徴

続いて、スポーツトレーナーについて詳しく解説します。

まず、スポーツトレーナーの以下3つの特徴です。

  • スポーツトレーナーの働き方
  • スポーツトレーナーの年収
  • スポーツトレーナーになる方法

スポーツトレーナー働き方

スポーツトレーナーもパーソナルトレーナーと同様、基本的には下記4種類の働き方が一般的です。

  • パート、アルバイト
  • 正社員
  • 個人事業主(フリーランス)
  • 経営者

ちなみに、プロスポーツチームやプロアスリートと契約をし働く場合は、年俸制で1年契約を交わすケースが多くあります。

年収は高い分、結果が出なければ契約が継続できない厳しい世界です。

もちろん、良い結果が出ればスカウトされたり、年収が上がったりするケースも。

実業団で働く場合は、アスリート同様、その実業団を運営する企業の正社員になるケースがほとんどで、充実した福利厚生などを受けられます。

スポーツトレーナー年収

スポーツトレーナーは、知識やスキル、経験などの実力で、年収が大きく異なります

プロスポーツチームやアスリートと個別契約をしている場合は、年収1,000万円を超えるケースも多くあります。

ただ、プロスポーツチームやアスリートと契約するのは簡単ではなく、始めはスポーツジムやフィットネスクラブ、治療院などで働くのが一般的。

スポーツジムやフィットネスクラブ、治療院などで働く場合の年収は、200万円~400万円程度です。

スポーツトレーナーになる方法

スポーツトレーナーもパーソナルトレーナー同様、多種多様な知識やスキルが求められます。

そのため、スポーツトレーナーになるために専門学校や大学などのスポーツ科で学ぶのが一般的

なかには、スポーツトレーナー養成スクールや資格取得を通して、知識やスキルを身につける方もいます。

もちろん、知識やスキルだけでは十分でなく現場経験も求められます。

専門学校や大学では実習も行っており、実践的なスキルを身につけるとともに、経験を積むことができるでしょう。

プロスポーツチームやプロアスリートと契約をしたいのであれば、知識やスキル、経験だけでなく、人脈も重要です。

プロスポーツチームやプロアスリートのスポーツトレーナーの新規募集はほぼなく、人のつながりで契約する方を決めることがほとんど。

研修やイベント、学会などに参加し、他のスポーツトレーナーや関連する方々とのコネクションづくりが求められます。

スポーツトレーナーにおすすめな資格3選

スポーツトレーナーにおすすめな資格3選

スポーツトレーナーも、基本的には資格を取得しなくてもなることができます。

ただ、資格があった方が有利に働くため、取得している方が多くいます。

医療系のサポートをする場合は、国家資格が必要なケースがあるため、ご注意ください。

ここからは、スポーツトレーナーにおすすめな下記3つの資格を紹介します。

  • 日本スポーツ協会 公認アスレチックトレーナー
  • JATAC-ATC
  • 理学療法士

ぜひ、資格取得の際の参考にしてください。

日本スポーツ協会 公認アスレチックトレーナー

日本スポーツ協会 公認アスレチックトレーナー
出典:https://www.japan-sports.or.jp/

日本スポーツ協会 公認アスレチックトレーナーは、JSPO(公益財団法人日本スポーツ協会)が、下記に関する知識やスキルを有し、スポーツをする方の安心、安全とパフォーマンスの回復や向上を支援している方を認定する資格です。

  • スポーツ活動中の外傷、障害予防
  • コンディショニングやリコンディショニング
  • 安全と健康管理
  • 医療資格者へ引き継ぐまでの救急対応

資格の取得には、試験を受けるだけでなく研修の受講も必要なため、公認アスレチックトレーナー資格取得の過程で、知識やスキルの習得ができます。

JATAC-ATC

JATAC-ATC
出典:http://jatac-atc.sblo.jp/article/45737868.html

JATAC-ATCは、特定非営利活動法人ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会が認定する資格です。

医療に関する専門性を証明する資格で、筋力やパフォーマンスの向上だけでなく、怪我の予防やリハビリなどの指導を行うことが可能。

JATAC-ATCの取得には、下記の資格が必要となります。

  • NATA認定トレーナー
  • 日本体育協会認定アスレチック・トレーナー
  • 柔道整復師
  • あん摩マッサージ指圧師
  • はり師、きゅう師
  • 理学療法士 など

理学療法士

理学療法士は、怪我や病気などで身体に障害のある方などに対して、基本動作能力の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法などを行うための国家資格です。

国家資格なので、他の資格と比べ取得の難易度は高いでしょう。

理学療法士の国家試験を受けるためには、養成校で3年以上学び、必要な知識とスキルを身につけることが求められます。

まとめ

本記事では、パーソナルトレーナーとスポーツトレーナーの概要や、共通点、相違点、おすすめの資格について解説しました。

パーソナルトレーナーとスポーツトレーナーの大きな違いは、サポートをするおもなクライアント

パーソナルトレーナーは一般の方、スポーツトレーナーはプロアスリートをサポートすることが多く、求められる知識やスキルも異なります。

それぞれ特徴があるため、自分が誰をサポートしたいのかを考えてみるのはいかがでしょうか。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

WEB集客数が大幅UP


・本当にアクセスあるジム検索サイトへ掲載したい
・コスパ良く掲載できるジム検索サイトを探している
・パーソナルトレーニングの集客ができてない…

そんな方向けに、業界最大級のアクセス数を誇るジム検索サイト「FitMap」は特におすすめ!サイトへの掲載にかかるスピードは最短即日1時間と早く、価格も大手サイトと比較し安くてコスパも◎。お気軽にご相談ください。

資料ダウンロードはこちら【初期費用無料】

ジム経営の総合相談窓口

お客様の現状やなりたい姿を徹底的にヒアリングをした上でお客様に寄り添って最適な提案をさせていただきます。開業、集客、採用、マシン導入、システム構築、HP制作、広告運用、店舗展開、物件探し、内装工事、サービス設計などジム経営に関する全ての業務がサポート範囲です。お気軽にご相談ください。

相談は無料です。必ず有意義な時間にします。

ご相談申込みはこちら【初回無料】

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

ジム・パーソナルジム特化の内装「ジム内装」

「ジム内装」サービスは、フィットネス業界、特にパーソナルジム業界を中心に展開。ただのおしゃれなジムを作るだけではなく、集客に影響できる設計も含め提案しているのが特徴的です。

また株式会社FiiTでは月間30万人が利用する業界最大級のジムポータルサイトFitMapを運営しており、約500店舗以上のジム事業者と関わりもあるため、パーソナルジム業界でウケるデザインや集客に繋がる内装、やってはいけないポイントなども熟知しております。

【施工イメージ】

内装のご相談はこちら!

リスクを最大限に下げたパーソナルジム開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

RA(リクルーティングアドバイザー)求人|人材紹介業立ち上げメンバー募集!

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

バックオフィス

【台東区】経理求人!上野から1駅で通いやすい◎【経験者歓迎】

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

人事

【台東区勤務】人事&オフィスサポート 未経験OK

■勤務地:東京都
■採用形態:アルバイト

人事

未経験OK!人事&オフィスサポート

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

人事

未経験で挑戦できる 人事&オフィスサポート

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

パーソナルトレーナー

深谷のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:埼玉県
■採用形態:業務委託

パーソナルトレーナー

御殿場・静岡のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:静岡県
■採用形態:業務委託

パーソナルトレーナー

諫早・長崎のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:長崎県
■採用形態:業務委託

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。