プライベートジム経営のポイント3つ!

トレーニングジム

「ダイエット」「筋力増強」「健康維持」利用者のさまざまなニーズにあったトレーニング指導や食事管理方法をアドバイスしてくれるパーソナルトレーニング。

いまはそういった個々にぴったり合ったトレーニング指導をしてもらえるプライベートジムが大人気です。

そのため、今は独立してプライベートジムを開業しようと考えている人も増えています。軌道に乗ればプライベートジムでの稼ぎは年収1,000万円を超えることもありますが、その反面さまざまなリスクやデメリットもあります。

それでもプライベートジムを開業したい人は、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

本記事では、プライベートジムを経営する際に成功させるためのポイントを3つ解説します。将来的に自分のジムを持ちたいと考えている人は、本記事を参考にしてみてください。

読み進める前に:失敗しないパーソナルジムの開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む

ターゲットが広がるプライベートジム

エニタイムフィットネスの日本参入を機に、さらに私たちの生活に身近な存在となったプライベートジム。

大型店舗への入会をためらっていた人や、いつでも気軽に行けるジムが出てきたことでその出店数も右肩上がりとなっています。

最初はプライベートジムやヨガスタジオが多かったものの、近年はダイエットやスポーツパフォーマンス向上などさまざまなニーズに応えるジムも増え続けています。

若年層の男性の利用率が多かったですが、近年のフィットネス人口増加に伴い女性や高齢者層に至るまで、そのターゲット層は広がっている現状です。

プライベートジム経営は儲かる?

プライベートジムの経営は儲かるかどうか、2つの視点から解説していきます。

①市場

2013年時点で約4,000軒しかなかったジムが、2018年には6,000軒近くまで増えています。

エニタイムフィットネスのような24時間営業を筆頭にジム増加率も顕著になっており、ほかにもライザップのようなパーソナルトレーニングジムも年々増加しています。

以前は一部の富裕層やトップアスリートが通う場所でしたが、今では一般人や主婦、学生など利用者にも広がりを見せている現状です。

新型コロナウイルスによりプライベートジムの拡大傾向はやや失速しましたが、今後さらに高まる健康志向ブームによりさらにチャンスが広がってくるでしょう。

②ビジネスモデル

フィットネス業界のビジネスモデルの中でもジムやスタジオ、総合フィットネスクラブなどどの形態で展開していくかがカギとなるでしょう。

提供しているサービスも多様化しており、ターゲット層や目的も異なるなかでどれだけ明確にコンセプトを立てられるかによって、プライベートジムの経営の成功も十分見込めます。

プライベートジム経営を成功させる3つのポイント

スポーツジム

プライベートジムの経営は成功すれば高収入が得られますが、その分注意すべきポイントもたくさんあります。

ここでは、プライベートジムの経営を成功させるために必要な3つのポイントを紹介します。

①魅力的なコンテンツにする

利用者に対して魅力的なサービスが提供できるかどうか、そのコンテンツ内容を深掘りすることでその人のプライベートジムの方針が決定します。

コンテンツを決定する際のポイントは以下の3つです。

ポイント①ターゲット層を決める

コンテンツを決める際に最初に考えるべきことは「どんな人にジムを使ってほしいか」という点です。

性別や年齢だけでなく、その人たちがどういった目的でジムを利用するのかも想定します。筋力増強、ダイエット、健康増進などどのようなニーズに応えるのか、何かひとつに特化したジムにするのかをなるべく詳細に決めておくと良いでしょう。

あまりに幅広い層をターゲットにしてしまうと、コンテンツそのものがぼやけてしまってわからなくなってしまうことも。

最初のうちはターゲットをしっかり絞ってコンテンツを決めておく方がより利用者に魅力的に映るでしょう。

ポイント②アピールポイントを明確化する

「私たちのジムに通えばこのようなメリットがあります」という、いわゆる差別化できるアピールポイントを明確化しましょう。

単に「ダイエットが成功します」と宣伝するだけでは、ほかのジムとどのような違いがあるのか分からず利用者の心にも響きません。

ほかのジムと違ってどのような魅力があるのか、そのアピールポイントをしっかり打ち出せば、お客様の心にも響きやすくなるでしょう。

ポイント③人気コンテンツを組み込む

差別化に気を囚われて基本的な内容が抜けていては意味がありません。ここで「月4回のパーソナルトレーニング」や「食事指導」「LINEでのダイエット相談」といった基本となる人気コンテンツも必ず組み込んでおきましょう。

こういった人気コンテンツを主軸にして先述のようなターゲット層とアピールポイントを肉づけして、メインとなるコンテンツを決めてください。

②適切な価格設定にする

コンテンツが決まった次にすべきなのは、ジムの価格設定を決めることです。

まずは同業他社や同じエリアのプライベートジムの価格をリサーチしましょう。魅力的なコンテンツを打ち出していても、競合と比較して高すぎる価格設定にしてしまうと新規顧客が取得できません。

家賃や光熱費といった最低限の維持費を計算して、その上でどれほどの価格が適切かどうかを見極める必要があります。

とはいえ、少しでも安くしたいとぎりぎりの価格設定にするのもNGです。

プライベートジム経営の際には予期せぬ大きな出費がかかるケースもあり得ます。集客率が悪く急きょ宣伝費用が必要になったり、マシンの不調で新品を買いなおしたりなど様々なケースがかんがえられます。

長くプライベートジム経営ができるように、慎重に適切な価格を決めましょう。

③人が集まりやすい立地にする

コンテンツと適切な価格が決まったら、最後に決めるべきは「立地」です。過疎化している町や、フィットネス人口が少ないと思われる場所にプライベートジムをオープンするのはNGです。

かといって、人口が多い都会などをむやみに選ぶのもおすすめできません。都会はプライベートジムやスタジオ関係の施設が多いので、競合が非常に多く差別化を図るのが困難です。

また、プライベートジムにマンションなどの一室を使用する場合はほかの住民に迷惑がかからないように細心の注意が必要です。防音対策を徹底するなどして、周囲の人との関係にも気をつけながら運営しましょう。

プライベートジム経営が難しい4つの理由

トレーナー

プライベートジムは儲かれば年収1,000万円も夢ではありませんが、失敗するケースも非常に多いです。それでは、なぜプライベートジムの経営は難しいとされるのでしょうか。その5つの理由について解説していきます。

理由①広告費が高い

新規顧客獲得といった集客のために広告費がかさみ、経営が失敗する場合もあります。良質なサービスを提供していたとしても、宣伝をしなくては利用者を呼び込めません。

また、サービスを知ってもらえず経営が失敗するという確率が高くなってしまいます。小さなプライベートジムであってもランニングコストとして月30万円はかかると思っておきましょう。

理由②SEO上位に掲載されづらい

小中規模のプライベートジムだと、SEO上位に掲載されずに人目につきにくいというデメリットがあります。

ネットで「(地名) パーソナルジム」と検索するだけでもたくさんのジムのホーム―ページや比較記事が出てきます。

きちんとSEO対策されたサイトであれば検索上位に挙がってきますが、そうでない場合はユーザーの目に触れづらくなってせっかくホームページを作っても意味がありません。

理由③閑散期に経営が困難になる

プライベートジムの繁忙期は、春先から夏にかけての薄着の季節になります。この時期は「海で水着が着たい」「ミニスカートが履けるようになりたい」など、ボディメイクやダイエットを目指した人々でにぎわう時期です。

その一方で厚着になる秋から冬の時期は集客が一気に減ってしまい、通年通してジムに通う人だけの売上になってしまいがちです。

特に中小規模のジムやリピーター中心のジムだと、赤字が続いて経営が困難になってしまうケースもあります。

理由④大手のジムに顧客をとられる

プライベートジムは大手のジムと比較して、人気や知名度がほとんどありません。その中で、すでにブランディングが確立された大手のジムはすでに実績を積み上げて顧客からの信頼も高いです。

そのため、価格よりも結果を出すジムに通いたいユーザーはフランチャイズなどの大手ジムに足を運んでしまいます。

そのため、集客やSNSを使った宣伝などさまざまな手法を駆使して自分のジムのブランド力を高めていかなくてはいけません。

プライベートジムの魅力

プライベートジムの経営にはどのような魅力があるのでしょうか。フランチャイズ傘下に入るよりも自分のジムを持つことでどのようなメリットや魅力があるのかについて見ていきましょう。

ニーズに適したサービスが提供できる

総合フィットネスクラブにおいても、利用者のニーズや目標はある程度満たすことは可能です。しかし、会員数が多いほどトレーナーも個々に対しての指導がしづらくなり、利用者の目標達成も果たしにくくなるでしょう。

総合フィットネスクラブは、このようにスタッフとトレーナーが一人ひとりにしっかりとした指導がしづらいというデメリットがあります。

一方、プライベートジムの場合は利用者一人ひとりに適したトレーニングメニューや食事管理などを提案、結果が出るまでマンツーマンでずっと指導してくれるという大きなメリットがあります。

また、プライベートジムであれば利用者のその日のコンディションによってもトレーニング内容を変えることも可能なので、モチベーションの維持にもつながって目標を達成しやすくなるでしょう。

トレーナーの仕事のやりがいが得られやすい

パーソナルトレーナーのやりがいは「自分のトレーニングや食事管理の指導によってお客様の身体を変えられた」ということ。

つまり、自分の知識やスキルを活かして一人ひとりにじっくり向き合えるプライベートジムは、まさしくトレーナーとしてのやりがいを実感しやすい職場とも言えます。

大企業と違って制約があったり、不必要な業務をする必要もないのでひらすら自分がやるべき仕事だけに集中できるのも魅力のひとつです。

プライベートジムは、利用者だけでなくトレーナーにとってもメリットの大きい場所だと言えるでしょう。

初期投資が少ない

プライベートジムを始める際の最大のメリットは初期投資が少ないことです。ワンルームやレンタルスペースを借りるだけで始められるので、比較的簡単にジムを開けます。

近年は大型マシンを導入しなくても複数のトレーニングアイテムがあれば多種多様なトレーニングメニューが実践できます。

小さいスペースでも大型ジムさながらのトレーニングが可能となるので、たくさんのマシンを購入する必要もありません。

ダイエットや健康維持、筋力増強などそのジムの目玉となるコンテンツに適したマシンを購入するのがポイントです。

プライベートジム開業にかかる資金

お札を広げてこちらを見つめる女性

ジム開業をする際に必要な資金は「初期費用」と「ランニングコスト」の2種類です。それぞれがどのような内訳なのかをチェックしておきましょう。

初期費用

ジム開業かかる初期費用の相場はおよそ300~400万円です。

内訳

  • 内装費…50~80万円
  • 広告宣伝…30~50万円
  • 家賃…家賃5か月分
  • トレーニングマシン…50万円

物件費用は地方か都心かによっても価格にかなり差が出ます。また、賃貸やレンタルスペースにするのか、購入したあマンション1室にジムを開くのか、その違いでも初期費用は異なります。

ランニングコスト

ランニングコストの目安はおよそ70~80万円です。

毎月のランニングコストが支払えるように安定した資金繰りの準備が必要でしょう。

内訳

  • 人件費
  • 家賃
  • 広告費
  • 光熱費、ジムの維持費など

ランニングコストは大きく固定費と変動費の2種類に区分できます。

固定費は家賃や人件費といった大幅に下げられないコストで、ランニングコストの6割はこの固定費に当てはまります。

それに対して変動費は広告やPRなどにかかる費用で、費用を抑えやすいメリットがあります。

融資を受ける方法

自己資金だけではプライベートジムの経営に資金が不足する場合、融資を受けて資金調達する必要があります。

個人事業主や中小企業に融資を行っている「日本政策金融公庫」は比較的融資を受けやすいのでおすすめです。

担保や保証人なしで資金を借りられる「新創業融資制度」もあります。また、中小規模のジムであれば助成金や補助金を申請できる可能性もあるのでチェックしてみましょう。

プライベートジムを開業するための手続きと届け出

プライベートジムを開業する場合まずやるべきなのは、税務署や税事務所に開業届を提出することです。開業届自体は開業日や事業の内容を記入するだけなので、簡単に記入できます。

厳密に言うと開業届がなくてもプライベートジムを開業できますが、今後青色申告の際にも必要なので申告しておくのがおすすめです。

最初から法人化するとなると社会保険事務所や労働基準監督署などで手続きしなくてはいけないので、よほどな理由がない限り最初は個人事業主から始めると良いでしょう。

プライベートジム経営に関するよくある質問

プライベートジムに関するよくある質問をまとめたので、最後にここで確認しておきましょう。

Q.プライベートジム経営に必要な資格はある?

A.プライベートジムを経営するのに資格は必要ありません。

パーソナルトレーナーは現在国内では民間資格となっているので、なろうと思えば誰でもなれるからです。

しかし、無資格のトレーナーは利用者からの信用度が低いため、一般的には何かしらトレーナーの資格を取得しています。

パーソナルトレーナーにおすすめの資格

  • NESTA-PFT
  • NSCA-CPT
  • JATI-ATI
  • 健康運動指導士

Q.プライベートジムを経営すると年収はいくら?

A.プライベートジム経営が安定すれば年収1,000万以上達成するのも夢ではありません。

プライベートジムの経営、家賃・光熱費などの維持費用が30万円以内に抑えやすいので、経営も比較的安定させやすいです。

月に10~30名の利用者がつけば、月商100~350万円の売上も期待できるでしょう。

Q.プライベートジムの自宅開業は可能?

A.プライベートジムの自宅開業自体は可能ですが、おすすめはしません。

自宅開業のメリットは、少ない資金での開業ができたり、通勤の時間がかからないことが挙げられます。しかしメリットがある反面、自宅開業はデメリット方が多いので、リスクも高くなってしまいます。

自宅開業のデメリット

  • 防音対策などの改装が必要・仕事とプライベートの区別がつかない
  • 賃貸では開業できないこともある
  • 利用者からの信用が得られにくい
  • セキュリティ面が不安

まとめ

プライベートジムを経営する際はさまざまな点に注意しなくてはいけませんが、成功すれば年収1,000万円も夢ではありません。

利用者が魅力的に感じるコンテンツの作成、適切な価格設定、そして人が集まりやすい立地を選定すれば、プライベートジムが成功しやすくなるでしょう。

ただし、ジム経営には必要なスキルや知識なども必要です。経営のデメリットや注意点もしっかり押さえておかなくてはいけません。

プライベートジムの経営が困難な理由とその対策を理解して、経営の準備を整えていきましょう。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

リスクを最大限に下げたパーソナルジム開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。