フィットネス業界の今を紹介!就職前に知っておくと良いこと

フィットネス業界の今を紹介!就職前に知っておくと良いこと

「将来フィットネス業界で働きたい」

「今後、フィットネス業界へ就職を予定している」

「フィットネス業界へ就活をするにあたり、何か知っておくべきことはあるのかな」

このようなお悩みはないでしょうか。

本記事では、フィットネス業界に就職する前に知っておきたい企業の種類や雰囲気、職種、働き方などを解説します。

また、あわせてフィットネス業界の今後の展望まで紹介。

フィットネス業界に就職しようと考えている方、転職しようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

読み進める前に:失敗しないパーソナルジムの開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む

フィットネス業界とは

フィットネス業界

フィットネス業界とは、フィットネスクラブやスポーツジムなどの運営により、健康促進や体力づくり、ダイエットなどをサポートする業界です。

フィットネス業界の大手企業では「コナミスポーツクラブ」や「エニタイムフィットネス」「ライザップ」などがあげられます。

個人で運営しているトレーニングジムや新規企業も増えていますが、シェアの半数は大手フィットネスクラブが占めているでしょう。

最近は、24時間営業の低価格トレーニングジムやヨガ、トランポリンなどに特化したフィットネスクラブもあります。

健康志向や美容、ダイエット意識の高まりにより、お客様も増えています。

また高齢者の「介護予防」の観点から、サービスを展開している企業も。

日本では少子高齢化により、社会保障費の増加や労働人口の減少など、さまざまな問題があります。

そのため今後も、介護保険の自己負担額の増加や、公的年金の受給開始年齢の引き上げなどさまざまな対策が進められていくでしょう。

「定年」を迎える年齢もあわせて高まると考えられます。

そのため、私たちは個人として健康で居続け、健康寿命(健康的に生活ができる期間)を伸ばすことが重要なのではないでしょうか。

これらを考えたときに、フィットネス業界は健康維持などの面で大きく貢献しています。

フィットネス業界企業の種類

フィットネス業界の種類

フィットネス業界企業の種類としては、大きく4つに分かれます。

売上はおもに、会費や利用費、物販などで成り立っています。

店舗を有する場合は、維持をするために多くのコストがかかる場合が多く、いかに新規会員を獲得し定着させるかがポイントでしょう。

それでは4つの種類について、詳しく解説します。

総合型施設

まず、総合型施設です。

トレーニングルームだけではなく、教室を行うスタジオやプール、温泉、サウナなどを備え、場合によっては日焼けマシーンなどがある場合も。

具体的な企業は「コナミスポーツクラブ」や「セントラルスポーツ」「GOLD’S GYM」などがあげられます。

基本的には、月会費を支払いお客様が自分で利用します。

自分の状況や気分にあわせ、利用するマシーンや頻度、時間帯などを調整可能。

また、運動をするだけではなく、他のお客様との交流の場になることもあります。

ただし、お客様次第の側面もあるため、効果を出すためにパーソナルトレーニングジムへ移行する会員もいます。

特化型施設

2つ目は、特化型施設。

特定の分野に特化した形態で、パーソナルトレーニングジムや女性専用のジム、ヨガ、ピラティスなどに特化したスタジオなどがあげられます。

具体的な企業は「ライザップ」や「LAVA」「カーブス」などが特化型施設に分類されるでしょう。

総合型施設と違い、施設よりもサポートをするトレーナーに重点を置いている場合が多くあります。

そのため、1回あたりの利用料は高くなる分、マンツーマンや少人数制のため充実したサポートを受けられます。

料金体系も月会費ではなく、1回あたりの利用料や3ヵ月、6ヵ月などのコース制をとっている場合も。

また必ずしも多くの設備を必要としないため、駅前などに出店していることもあります。

24時間型施設

3つ目は、24時間型施設です。

スタッフは決められた時間にしかおらず、基本的にお客様が自分で好きなときに施設を利用します。

他の種類と比べると、利用料が安いことが特徴でしょう。

具体的な企業は「エニタイムフィットネス」や「ファストジム24」「ちょこざっぷ」があげられます。

トレーニングジムによっては、オプションを利用することでトレーニングメニューづくりのサポートやパーソナルトレーニングも受けられます。

低価格で時間を気にせず利用できるため、トレーニングをし始めの方や、仕事の都合で確保できる時間が不規則な方などに人気。

オンライン型

最後は、オンライン型です。

新型コロナウイルス感染症の影響により、最近サービスが展開されている施設を持たず、動画を見ながら自宅などでトレーニングをすることが特徴。

おもに、自分で好きな動画を見てトレーニングするサービス、テレビ電話を利用してレッスンに参加するサービス、テレビ電話でパーソナルトレーニングを受けるサービスの3つがあります。

具体的な企業は、「FIT RIKE」や「24/7 Online Fitness」「ルネサンスオンラインLivestream」があげられます。

店舗や設備を持たない分、低価格で利用することができるでしょう。

また基本的に自宅で行うため、外出の必要がなく新型コロナウイルス感染症への感染の心配や移動時間は必要ありません。

ただし、できるトレーニングは自重トレーニングが基本となります。

フィットネス業界の雰囲気

フィットネス業界の雰囲気

スポーツに関係する仕事であるため、体育系の大学、専門学校などの出身者、スポーツ経験者が多くいます。

もしかすると男性のイメージが強いかもしれませんが、最近は女性のお客様の割合が高く、働く女性も多くいます。

インストラクターやトレーナーが働く現場は、体力に自信がある方や若い方が多く、人とのコミュニケーションが好きな方が多い活気のある雰囲気でしょう。

ある程度経験を積んだ方や、企画などを希望する方は本社勤務でデスクワークをしたり、店舗の運営側に回っています。

フィットネス業界の職種

フィットネス業界の職種

フィットネス業界というと、現場で働くインストラクターやトレーナーのイメージが強いのではないでしょうか。

もちろん、店舗の売上が企業の売上の大部分を占めるため、店舗勤務のインストラクターやトレーナーが多くいますが、それ以外にも店舗運営スタッフやマネージャー、イベントスタッフも存在。

場合によっては、食事指導をする栄養士やケガ、リハビリに関するメディカルスタッフもおり、職種は多岐にわたります。

代表的な5つの職種について解説します。

インストラクター

まず、インストラクター。

フィットネスクラブやスポーツジムでレッスンを担当し、指導を行います。

レッスンの内容は、ヨガやエアロビクス、ピラティス、ダンス、スイミング、太極拳、チアなど多岐にわたります。

中には、格闘技系のエクササイズやトランポリンを使うレッスンも。

ジャンルに特化した専門知識や技術ももちろん必要ですが、工夫をすることで人気の講師になりフリーに転身したり、独立する方もいます。

そのためフィットネスクラブに所属をする方ももちろんいますが、フリーでフィットネスクラブやトレーニングジムと契約をしている方も多くいます。

トレーナー

2つ目は、トレーナーです。

トレーニングの指導やトレーニングマシンの使い方の説明を行います。

具体的には、トレーニングマシンのセッティング方法や実施のポイント、各マシン(トレーニング)から得られる効果の説明になるでしょう。

またベンチプレスなどをする場合のサポートやケガをしてしまった場合の応急処置をすることも。

さらに、お客様が快適に施設を使えるよう清掃やマシンの調整を行います。

パーソナルトレーナー

3つ目は、パーソナルトレーナーです。

不特定多数のお客様ではなく、専属のお客様のサポートを実施。

パーソナルトレーニングは、オプションの場合もあり、多くのお客様から指名を得られれば、その分給与が上がる可能性もあります。

ただし、パーソナルトレーニングを利用するお客様は、しっかりトレーニングをしたい方や、効率的にトレーニングを行い成果を得たい方がほとんど。

そのため、しっかりと指導をしなければ解約につながってしまいます。

またトレーニングのサポートだけではなく、食事指導を求められる場合もあるでしょう。

フィットネスクラブやトレーニングジムに所属するインストラクター、トレーナーが行う場合と、フリー、業務委託のトレーナーが指導を行う場合があります。

施設スタッフ、マネージャー

4つ目は、施設スタッフ、マネージャーです。

店舗では、運動やトレーニングのサポートをするだけではなく、施設の運営や顧客、従業員管理などが必要。

具体的には、受付や手続き、ショップでの接客、商品管理、施設の保守メンテナンス、清掃、スタジオ管理、シフト管理などの事務作業があげられます。

場合によっては、これらの仕事をインストラクターやトレーナーが行う場合もあります。

また企業によっては、イベントの企画やPOP、チラシづくり、HPの更新などの業務もあるでしょう。

プレーヤーとして実務をこなすことも重要ですが、プレーヤーを束ねるマネージャーの存在も非常に重要。

従業員を管理し個々人が最大限のパフォーマンスを発揮できるよう、指導や調整を行うマネージャーもいます。

店舗運営に責任を持ち、大きなやりがいがあります。

店舗開発、営業

最後に、店舗開発や営業です。

大手フィットネスクラブの本社勤務が多く、デスクワークを中心に仕事を行います。

おもに新規出店の企画立案や準備、実行、店舗、企業の運営に関する業務を担当。

イベントや新規顧客獲得に向けたPRの企画立案、実施をすることもあります。

基本的には、店舗勤務で実績を積んだ方が担当する場合が多くあります。

フィットネス業界の働き方

フィットネス業界の働き方

フィットネス業界は、正社員だけではなくアルバイトやフリーの働き方が多い業界です。

次にフィットネス業界の働き方を解説します。

正社員

まず、正社員です。

正社員の業務内容は、トレーニングや運動のサポートだけではなく、事務作業、接客、施設管理、マシンのメンテナンスなど多岐にわたります。

最近は、フィットネスクラブ、トレーニングジムでアルバイトやフリーの方との契約も多く、他の業種と比べ正社員の割合は多くありません。

そのため、新卒で就職をするかアルバイトなどから正社員になる方が多くいます。

正社員の場合は、給与が安定し福利厚生などがある一方で、給与が飛躍的に高まることはあまり多くありません。

ただし、年齢を重ね現場で働くことが難しくなったとしても、指導者やマネジメント、店舗運営などの役割があり長期的に働くことができます。

また正社員として経験を積んだ後に、フリーに転身したり独立する方もいます。

アルバイト

2つ目は、アルバイトです。

仕事内容は、正社員とあまり変わりませんがマネジメントや後輩などの指導を行うことは少ないでしょう。

最近は、お客様の変動に備え、雇用調整がしやすいアルバイトを採用する企業が増えています。

体育系の学生がフィットネスクラブやトレーニングジムでアルバイトを行い、そのままフィットネス業界へ即戦力として就職することが多くあります。

フリーランス、業務委託

最後は、フリーランスや業務委託です。

フィットネスクラブやトレーニングジムで働いている方でも、所属をしているわけではなく、フリーランスや業務委託で働いている方が多くいます。

1レッスンや1顧客ごとに単価を決め、一定期間フィットネスクラブやトレーニングジムと契約をします。

そのため、働けば働くほど収入を得ることができます。

例えばインストラクターの場合、1レッスン当たり3,000円程度から始まり、経験や知識、技術により8,000円以上になる場合もあります。

レッスンの品質が高く、人気の講師になれば多くの収入を得ることができるでしょう。

パーソナルトレーナーの場合は、1時間当たりの指導料が4,000円程度から始まります。

中には、10,000円以上の指導料を得ている方も。

ただし、人気が出なければ契約が打ち切られ、収入を得られなくなる場合もあります。

フィットネス業界で求められるスキル

フィットネス業界で求められるスキル

フィットネス業界は、運動に関わる仕事ですが、運動やトレーニングの知識や技術だけがあればよいわけではありません。

フィットネス業界の本質は「サービス業」です。

そのため、コミュニケーション能力や気遣いなどの対人スキルが非常に重要です。

お客様の満足度を高めるためには、正しく分かりやすい説明や利用者の要望を聞くコミュニケーション能力が欠かせないでしょう。

どんなに効果的なトレーニングメニューを考えても、実施していただかなければ意味がありません。

お客様の年齢層や状況もバラバラ。

そのため、相手の状況をよく見ながら相手にあったコミュニケーションが求められます。

また自分が商品でもあります。

体調管理や体型管理ができていない方に「指導をしてもらいたい」と考える方は少ないでしょう。

自分がトレーニングを行うとともに、生活管理もする必要があります。

フリーなどの場合は、体調を崩し働けなくなれば収入が得られません。

フィットネス業界のやりがい

フィットネス業界のやりがい

フィットネス業界は、多くのやりがいがある業界です。

具体的に3つ解説します。

お客様を笑顔にできる

まず、なんといってもお客様を笑顔にできることです。

フィットネス業界の仕事は、お客様に寄り添い、希望を実現すること。

人により実現したいことは異なり「コンディションを調整し、最大限パフォーマンスを発揮したい」「美しくなりたい」「ダイエットをしたい」「筋肉を付けたい」「健康を維持したい」などさまざまです。

これらの希望の実現に向け、トレーニングメニューを考えるなどサポートを行い、日々努力をしながら達成をしたお客様の笑顔を見られることは最高の喜びでしょう。

またそのときの「ありがとう」という感謝の言葉も非常にうれしいものです。

中には、身体面だけではなく精神面も前向きになる方がいます。

さまざまな方とコミュニケーションがとれる

2つ目は、さまざまな方とコミュニケーションがとれることです。

先ほどもお伝えをした通り、フィットネス業界の仕事の本質はサービス業であり、他の業種と比べ、多くの方と密なコミュニケーションをとることができます。

多くの方とコミュニケーションをとることにより、人とのつながりを感じ、やりがいにつながる方もいるのではないでしょうか。

社会貢献の一環につながる

最後に、社会貢献につながることです。

冒頭もお伝えをしたように、少子高齢化が進む日本において健康寿命を伸ばすことは非常に重要です。

そのためには、運動をすることが欠かせないでしょう。

実際に、高齢者も多く利用しています。

運動をすることは、健康の維持はもちろん、認知症の予防などにも効果が。

フィットネス業界は、社会貢献もしているのです。

フィットネス業界の今後の展望

フィットネス業界の展望

これまで、現在のフィットネス業界の企業の種類や雰囲気、職種、働き方などを解説してきました。

今後のフィットネス業界について知りたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最後に、フィットネス業界の今後の展望を解説します。

将来性

健康寿命の長期化が求められる日本において、フィットネス業界の需要は今後も増加していくと考えられます。

福利厚生の一環で、フィットネスクラブやスポーツジムの利用をサポートする企業も増えています。

また、高齢者だけではなく、若者の美容意識や健康意識が高まっています。

新型コロナウイルス感染症での在宅勤務などで、運動をしたいと考えている方も多いでしょう。

新たな技術、業態

最新の技術もどんどん取り入れられ、すでにVR(バーチャルリアリティ)を取り入れたフィットネスクラブがあります。

またアップルウォッチなどのウェアラブル端末やスマートフォンアプリと連動した施設が増加していくでしょう。

ただ健康になるためにトレーニングをするだけではなく、クラブのような音響や照明効果を活用しエンターテイメント性の強い暗闇系エクササイズもあります。

またヨガブームにより、ホットヨガやハンモックヨガも誕生しました。

フィットネス業界のニーズが増えることにともない、さらに多様化、細分化することが予想されます。

まとめ

本記事では、フィットネス業界に就職する前に知っておきたい企業の種類や雰囲気、職種、働き方、求められるスキル、やりがい、今後の展望を解説しました。

フィットネス業界と一言でいっても、企業の種類や職種、働き方はさまざま。

お客様を笑顔にするとともに社会に貢献できる素晴らしい業界です。

また、最新技術が取り入れられながら、今後も需要は増えていくでしょう。

まずは、自分にどのような職種があうのか、どのような働き方をしたいのかから考えてみてください。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

リスクを最大限に下げたパーソナルジム開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。