柔道整復師に必要な資格取得方法やその活かし方を徹底解説!

高齢化社会が進む日本で、いま柔道整復師が活躍する場が増えています。骨折やねん挫など、日常生活での負傷を治療する役割を担っている柔道整復師になるにはどうしたらよいのでしょうか。

今回は柔道整復師になるために必須の資格を取得するための方法やその活かし方について解説していきます。

またプラスアルファで取得すると便利な資格や、柔道整復師に求められる人物像、今後の展望についても見ていきます。柔道整復師を目指そうとしている人は、必見の内容です。

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「無料トレーナーキャリア相談」

・年収1000万円ほしい
・いつかは独立したいと思っているけど、何から始めたらいいか分からない

上記でお悩みの方は無料のトレーナーキャリア相談をご活用ください。

現状や目標を確認させていただき、トレーナー様の今後のキャリアについてお話しします。
※無料でのキャリア相談は近日中に終了予定ですので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む

柔道整体師とは

仕事内容

柔道整復師とは、骨折や脱臼、ねん挫といったケガに対して手術を行わない方法で施術する職業です。手術や注射、レントゲンなどを使用することなく、日本武術の「柔術」の技術を用いて整復や固定などの施術でケガを治療できるのが特徴です。

柔道整復師は国家資格保有者で「ほねつぎ」や「接骨師」とも呼ばれ、おもに下記の3種類の方法で治療を行っています。

整復法

骨折したり関節が外れた部位をもとに戻す施術法です。柔道整復師が患部の状態を問診、触診、視診で確認後、けん引や圧迫などで圧を加えて元の状態に戻すことができます。

固定法

骨折や脱臼といった損傷した部位に包帯や三角巾、副木を用いて一定期間動かさないように固定しておく施術法です。固定法は「安静、冷却、圧迫、拳上」の4種類に分類され、いずれも患部の腫れや血管や神経の損傷を予防する目的で行われます。

後療法(こうりょうほう)

患部の回復を早めるために、刺激を与え回復を促す施術方法です。低周波や超音波、熱や水など物理的なエネルギーで刺激を与える「物理療法」、患部を動かし治療中に低下した体力を回復させる「運動療法」、そして柔道整復師の手で揉んだりさすったりすることで自然治癒力を高める「手技療法」があります。

このように柔道整復師は、出血をともなう手術をせずに自然治癒力を活かしてケガを治す「非観血的療法」で施術を行います。

整体師、理学療法士との違い

整体師は、骨格や関節のゆがみを施術者が自分の手足を使って矯正する、いわば「身体を整える専門家」です。ちなみに整体師は資格名ではなく、民間資格を持つ「セラピストを総称した呼び名」のことです。

また、整体師は養成学校に通い民間試験に合格すれば整体師として働けるのに対し、柔道整復師は医療や身体の基礎知識、技術を専門学校などで3年以上かけて学び、国家資格に合格しなくてはいけません。

理学療法士は柔道整復師と同様に国家資格です。ケガや病気などで障害を受けた人に対し、運動療法や電気刺激といった物理療法で施術します。柔道整復師が「ケガを治す専門家」なのに対し理学療法士は「リハビリテーションの専門家」といった位置づけです。

また、柔道整復師は業務範囲内であれば、診察や診断、施術まで行えるのに対し、理学療法士は医師の指示がないと施術できません。

柔道整復師になるための必須資格と取得方法

書く

ずばり、柔道整復師に必須の資格は国家資格の合格です。そのためには、専門学校に通い日々勉強を重ね、国家試験に合格しなくてはいけません。ここでは、柔道整復師になるまでの一連の流れや国家試験取得方法について解説します。

試験概要

国家試験名柔道整体師国家試験
受験資格柔道整復師養成施設に認定されている3年制以上の専門学校・短期大学・大学を卒業、卒業見込みがある
試験実施日3月上旬
合格率60%前後
受験料16,500円

柔道整復師になるためには、国家試験の合格が必須です。高等学校卒業もしくは高等学校卒業と同等の資格を取得し、柔道整復師養成施設として認定されている専門学校や大学で必要科目を履修しなければなりません。

柔道整復師国家試験は、毎年3月上旬に年1回のみ実施されます。解剖学や生理学、一般臨床医学、運動学など11科目のマークシート形式の筆記試験です。

合格発表後、書類に必要事項を記入して柔道整復師名簿に登録すれば、柔道整復師の免許が取得できます。

養成学校への入学

養成施設学校では、一般教養や生命倫理などの人間性を育成する「基礎分野」、人体の構造や機能や柔道、社会保障制度などを学ぶ「専門基礎分野」、実習を通して実践的な施術方法を学ぶ「専門分野」の3分野について学びます。

養成施設学校で実施される認定実技試験では、柔道実技や柔道整復実技が審査されます。この実技試験に合格しないと卒業できないので、国家試験の受験資格も得られません。

柔道整復師を目指せる大学や専門学校での学習内容はほぼ同じです。次からは、大学と専門学校の違いとメリットについて紹介していきます。

大学

大学で柔道整復師を目指すメリットは学歴が「大卒」となることや4年かけて一般教養科目なども幅広い知識を学べることです。また、スポーツトレーナーやパーソナルトレーナーとして活躍したい場合は大卒以上でないと取得できない資格もあります。幅広い知識を身につけたい方、医療現場以外のフィールドで活躍したい方には大学がおすすめです。

しかし、柔道整復師専門の大学は数自体が少なく学校の選択肢は限られてしまいます。また専門学校より期間も1年長いので卒業まで時間がかかり、学費も高くなってしまうデメリットもあります。

専門学校

専門学校に通うメリットは、3年制であることと大学よりも実習が多く実践を積みやすいことです。柔道整復師に特化したカリキュラムがあるので、大学に通うよりも即戦力が身につきやすいといった特徴があります。業界とのつながりが強いので、就職に有利となり卒業後すぐ働けることもポイントです。

夜間部も設置されているため、社会人から柔道整復師を目指す方にも通いやすくなっています。大卒資格が得られないことがデメリットですが、柔道整復師として早く現場で活躍したい方にはおすすめです。

柔道整復師になるための勉強方法と難易度

ここでは、柔道整復師を目指す人に向けての国家試験の対策方法と試験の難易度について解説していきます。

国家試験の勉強方法

教科書を活用する

国家試験は、おもに教科書から出題されます。そのため、教科書の内容をしっかり把握しておくことが必要です。11科目すべての教科書を持ち歩くことはできないので、その場合はこれらの科目がまとめられた参考書を使用するのもおすすめです。

教科書と違って参考書はより要点が整理されているので、暗記が重要となってくる解剖学や関係法規などの勉強にはぴったりです。参考書で特におすすめなのが「国試黒本」です。毎年多くの改定をして最新版に更新されていて、過去問から最近の問題傾向についても分析してくれています。

学校のサポート体制を利用する

学校によっては、オリジナル教材を使用して講義をしている場合があります。市販の教科書や参考書よりも内容が網羅されていることもあるので、積極的に活用しましょう。

また定期テストや模擬テストを実施している学校では、自分の成績や学習状況を把握できたり教員に個別に相談することも可能です。こういったサポート体制が整った学校を選ぶことも、国家試験の合格には重要です。

過去問を使用する

柔道整復師の国家試験には、過去問を使った勉強法も有効です。国家試験はマークシート形式のため、過去問の選択肢をチェックしていれば類似した問題にあたったときもすぐに解答できます。

また、時間制限を設けて過去問を解くことで時間のペース配分も分かるようになります。国家試験の勉強は、範囲が広い一般問題に偏ることが多いです。そのため、必修問題も過去問を10~15年分ほどを用意して何度も解いていく勉強方法がおすすめです。

柔道整復師の難易度

柔道整復師になるためには国家試験の合格が必要となりますが、どのくらい難しいのでしょうか?2022年3月6日に実施された「第30回柔道整復師国家試験」の合格率は以下のとおりです。

  • 受験者数:4,359人
  • 合格者数:2,740人
  • 合格率:62.9%

国家資格取得のための国家試験合格率は年々減少傾向にあります。かつては合格率が約90%前後あったものの、現在では約60%にまで落ち込んでいます。また大学、専門学校によって国家試験の合格率に大差はありません。

合格率が下がって難易度が上がってはいますが、養成校での学習をしっかりと行って試験対策をしていれば合格は可能な範囲といえるでしょう。

柔道整復師の資格が活かせる職場

柔道整復師の資格取得後、どのような職業で知識やスキルを活かせるのでしょうか。この章では、柔道整体師の資格が活かせる職場を紹介します。

接骨院、整骨院

柔道整体師の就職先として最もポピュラーな職場です。おもに打撲や捻挫などの外傷対して外科的な治療に頼らない柔道整復術で、自然治癒力を最大限に引き出しながら治療をしていきます。接骨院や整骨院で経験を積んだのち、独立して開業する人もいます。

病院

病院や整形外科クリニックの医療スタッフとして、骨格系と運動器系疾患の診療をします。骨折や脱臼を始め、脊髄外科や手足の外科、肩関節外科など多数の部位に関する専門知識が必要です。

また、福祉施設や訪問リハビリテーションにでリハビリ業務を担当したり、骨粗鬆症や関節リウマチの施術を取り扱うこともあります。

スポーツトレーナー

医療や福祉の現場以外でも、柔道整体師が活躍できる場はあります。フィットネスジムやスポーツチームの専属トレーナーとして働くこともできます。

柔道整復術の知識と技術はスポーツ分野のケガの処置に活用されることが多いです。そのため、専属トレーナーとして所属してアスリートのケガの治療や予防、体力回復といった業務を担当することもあります。

企業の福利厚生

企業やオフィスビルに訪問し、そこで勤務する従業員へ施術を行う仕事もあります。従業員の休憩時間に施術を行うことが多く、おもにリラクゼーションを目的とした施術がメインになるのが特徴です。

従業員の生産性向上やセルフケアの一環として導入する企業が増加しています。働き方改革の中で就業環境に対応してでてきた新しい働き方といえるでしょう。

整形外科

整形外科のリハビリ室で働くケースもあります。理学療法士や作業療法士などと連携しつつリハビリ業務を行うことが多いです。さまざまな資格を持った医療従事者と働くことができるので、スキルや経験を積みたい人にもおすすめの就職先です。

しかし、整形外科は理学療法士や作業療法士を優先的に採用することが多いので、柔道整復師の募集枠は少ないのがデメリットです。

柔道整体師におすすめの資格

柔道整体師としてキャリアアップや転職を考えている人は、さらに資格を取得しておくのがおすすめです。ここからは、プラスアルファで取っておくとよいおすすめの資格について紹介します。

鍼灸師

別名「はり師」「きゅう師」とよばれるふたつの国家資格を所有する人を鍼灸師といいます。はりときゅうを使用した施術ができれば、柔道整復師としては皮膚や筋肉などの「外側」に、鍼灸師としては「内臓」に働きかけることが可能です。また、ケガの処置から体調のコンディショニングまで対応可能になるので、スポーツトレーナーとしても活躍できます。

アスレチックトレーナー

アスレチックトレーナーは、健康管理やケガの予防、応急処置、体力トレーニングなど、多方面からアスリートをサポートする職業です。柔道整復師のほかにアスレチックトレーナーとして活躍できるATAC-ATCという民間資格を取得しておけば、整体院や接骨院だけでなくスポーツ業界でも活躍できます。

介護福祉士

介護福祉士は介護施設などで身体介護、生活援助、通院介助、メンタルケアを行う職業です。介護にはさまざまな資格がありますが、その中でも介護福祉士は唯一の国家資格です。そのため、介護福祉士の資格を持つ人は現場でリーダーとして活躍している人も少なくありません。

高齢社会が進み、介護の現場でも柔道整体師は活躍する機会が多いです。介護福祉士の資格を取得すれば専門的知識やスキルを身につけられるので、老人ホームや介護施設の現場で活かせるスキルが増えます。

理学療法士

理学療法士は患者の身体機能の回復や維持のために「立つ」「歩く」「座る」などの日常生活の基本的動作についてリハビリステーションを行います。おもに病院やクリニック、老人保健施設などで働くことが多いです。

柔道整復師はケガから受診、治療、復帰までを一貫して見ていきますが、理学療法士は治療後の機能回復や復帰を目的としたケアを行うスペシャリストです。理学療法士の資格も取得しておけば、治療後のリハビリから復帰までのサポート力を強化できます。

柔道整体師に求められる人物像や将来性

求められる人物像

コミュニケーション力がある人

柔道整復師は幼児から高齢者まで幅広い世代の患者と接することになります。老若男女どんな相手にも分け隔てなく話せるコミュニケーション力は、この職業において非常に大切な要素です。

「どんなことで困っているのか」について患者の話を聞くことで、症状や原因を探りやすくなります。また、施術者から施術の流れ、身体の状態について分かりやすく伝える能力があれば、患者に信頼を寄せてもらえるようになるでしょう。

心身が健康であること

施術者の体調が不安定で、患者からみて不健康に見えてしまうと「施術を任せても大丈夫なのか」と不安を抱かせてしまいます。また、体調が悪いことで施術の出来にも影響が出てしまう可能性もあります。

まずは自分自身が患者の手本になれるよう、健康管理をして心身共に良好な状態が維持できることが望ましいです。

倫理観がある人

柔道整復師の施術は、決められた範囲内で健康保険や労災保険、自賠責保険などの各種保険が適用可能です。たとえば骨折、脱臼、打撲および捻挫などは健康保険が適用になりますが、肩こりや筋肉疲労の施術は保険の対象外です。

症状によって患者にとっては医療費の負担が軽減できる制度ですが、医療費の高騰などが問題視される中、柔道整復師はその解釈や使用について高い倫理観が求められます。

柔道整復師の将来性

現在の日本は、4人に1人が65歳以上の高齢者という時代です。高齢になるにつれて筋力が衰えたり関節が痛み始めたりします。そういった高齢者の身体の問題を解決していく柔道整復師が、地域医療の重要な人材として近年ニーズが高まっています。

以前までは柔道整復師といえば、医療や福祉の現場で働くことがほとんどでした。しかし、最近ではスポーツトレーナーとして働くなど活躍の場も増加しています。

このようなことを考えると、社会全体で柔道整復師の知識や技術を活かすことができる場所が増えていることがわかります。今後さらに柔道整復師の需要は増えるでしょう。

まとめ

柔道整復師は骨折や脱臼、捻挫などのケガに対して手術を行わない方法で施術する国家資格保持者のことです。病院や福祉施設などの医療現場をメインとして、地域医療の第一線で活躍しています。

しかしこの職業は国家資格が必要になるので、相応の努力をしなければなりません。養成学校で知識と技術を学び、年1回の国家試験に合格することでようやく柔道整復師の資格を手に入れられます。

高齢化社会が進む日本では、今後さらに柔道整復師の需要は高まってくるでしょう。多くの人の健康をサポートするためにも、柔道整体師の資格取得に挑戦してみてはいかがでしょうか。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。