スポーツトレーナーになりたい方へ!やりがいや収入も紹介

近年、健康志向が高まりフィットネスブームに火がついています。

そんな中で改めて人気と注目が集まっているのがスポーツトレーナーの仕事です。

一般のスポーツ愛好家からプロのアスリートまで幅広く指導しているスポーツトレーナーを目指す若者も増えていますが、この職業のやりがいや魅力、リアルな年収なども気になるところです。

そこで本記事では、スポーツトレーナーになりたい人必見のやりがいや収入、スポーツトレーナーとしての仕事内容などを紹介します。

スポーツトレーナーを目指す人は、ぜひ参考にしてください。

読み進める前に:失敗しないパーソナルジムの開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む

スポーツトレーナーとは

トレーニング指導・怪我予防・応急処置といったサポートでアスリートに最高のパフォーマンスを発揮させるプロフェッショナル

スポーツトレーナーは、アスリートが試合で最高のパフォーマンスを発揮できるようにサポートする職業です。

プロのスポーツチームやフィットネスクラブなどで勤務しており、怪我予防に注意しつつ、トレーニングプログラムの作成や生活習慣、メンタルの管理方法まで指導するのが仕事です。

さらに、競技中に怪我をした際の応急処置や早期回復のためのリハビリテーションも大切な仕事のひとつ。

必須の資格はないものの、アスリートの身体に直接触れて指導や応急処置を施すことが多いため何かしら医療系国家資格を取得しているスポーツトレーナーが多いです。

こういった資格があれば、どんなシチュエーションでも臨機応変に対応することが可能になります。

スポーツトレーナーの知見がある証明にもなるので、チームやクライアントからの信頼も得やすいでしょう。

仕事内容

①運動機能やパフォーマンスを高めるトレーニングプログラム作成と指導

アスリートの運動機能やパフォーマンスを向上させられるように、個々に合わせたトレーニングプログラムを作成します。

各スポーツの特性に合った筋力増強目的のトレーニング、柔軟性向上のためのトレーニング、バランス感覚を養うトレーニングなどがあります。

②怪我予防・応急処置・リハビリテーション

練習の前に怪我予防のストレッチやマッサージを施すのも大切な仕事のひとつ。

怪我をした際はアイシングやテーピング、止血をします。

練習や競技中に早期回復できるように、主治医と連携を摂りつつも回復期の過ごし方やトレーニングプログラムを考案します。

③日常生活の指導とコンディショニング

つねに練習や競技にベストな状態で挑める状態臨める状態にするために、日々の健康管理やコンディショニングも指導します。

食事方法や睡眠といった日常生活の過ごし方はもちろん、モチベーションを上げるためのメンタル生活に関するアドバイスも必要です。

スポーツインストラクターとの違い

スポーツトレーナーとスポーツインストラクターの違いは、仕事の指導内容と指導対象です。

スポーツインストラクターの指導はパフォーマンス向上のための技術指導がメインなのに対し、スポーツトレーナーは技術指導以外にも怪我の応急処置やリハビリなどさまざまなサポートをします。

また、スポーツインストラクターの指導対象はスポーツ愛好家などの一般人が多いですが、スポーツトレーナーはプロ相手に指導することが多いです。

スポーツトレーナーの種類

アスレティックトレーナー

怪我の処置や早期回復するためのリハビリテーションに特化したトレーナーです。

アスリートは怪我ひとつで選手生命が断たれることもあるので、怪我に対する予防や処置は非常に大切です。

アスレティックトレーナーは、練習や競技中の怪我の際に応急処置をしたり早期回復のためのサポートを担当します。

テーピングやアイシング、止血といった医療の知識が求められるトレーナーのため、ほかのトレーナーとは少し異なります。

また、疲労を貯めないためのマッサージやストレッチなども適宜指導するのも重要な仕事のひとつです。

ストレングストレーナー

ストレングストレーナーとは「身体的な能力」いわゆる体力や筋力向上のサポートをするトレーナーです。

各スポーツの適性や個々のアスリートの能力を判断し、それぞれに適したトレーニングメニューを作成するのがストレングストレーナーのメインの仕事です。

そのため、養成学校などで十分な知識を身につける必要があるでしょう。

メディカルトレーナー

メディカルトレーナーは怪我をしたアスリートに対して運動機能を回復させるリハビリテーションのプロとも言えるトレーナーです。

一般的にはスポーツジムではなく整形外科などの医療機関で勤務しています。

医師と連携をとりながらアスリートの運動機能を回復させるための治療計画を作成していくのがアスレチックトレーナーとの違いと言えます。

医療系トレーナーのため、鍼灸師や理学療法士、柔道整復師といった国家資格は必須です。

また、アスリートだけでなく一般人の治療にも関わる仕事の溜め福祉業界でも活躍できるのが大きな魅力と言えるでしょう。

コンディショニングトレーナー

試合や大会に備えて最高のパフォーマンスを発揮できるようにコンディショニングを担当するトレーナーです。

トレーニングプログラムの考案はもちろん、試合や練習前後のストレッチやマッサージも行います。

身体の調整がメインとなることからフィジカルトレーナーと呼ばれることもあります。

フィットネストレーナー

フィットネストレーナーはプロチームの選手などではなく、いわゆるスポーツジムやフィットネスクラブに通う一般の人に対してトレーニング指導をするトレーナーです。

ダイエットや筋力増強など、個々にあったトレーニングプログラムを作成して指導に当たります。

勤務先はスポーツジムやフィットネスクラブが多く、中にはフリーランスの勤務形態で働く人もいます。

近年のフィットネスブームに伴い、今後さらに活躍の幅を広げるトレーナーになりそうです。

スポーツトレーナーのやりがい

スポーツトレーナーを目指している人は多いですが、この職業の魅力について知っている人は意外と少ないです。ここからは、スポーツトレーナーとして働く魅力ややりがいについて解説します。

アスリートが最高のパフォーマンスを発揮できたとき

自分が指導したアスリートが試合で最高のパフォーマンスを発揮できた時はスポーツトレーナーにとって最も嬉しい瞬間です。

なかなか結果が出せなかった相手に常に寄り添いサポートして、その苦悩を乗り越えたときはスポーツトレーナーならではのやりがいを感じられるでしょう。

チームやアスリートが強くなる瞬間に立ちあう

自分が所属するチームが強くなった瞬間を目の当たりにするのもやりがいのひとつです。

どんどん力をつけていき、人気を集めて大勢から脚光を浴びるようになるところを見られるのはまさにスポーツトレーナーとしての大きなやりがいと言えます。

アスリートの精神的支えになれる

アスリートのメンタルが不安定になったときに、そばで一番支えてあげられるのがスポーツトレーナーです。

誰かに必要とされていることは、一人の人間としても生きがいに繋がります。

身体的だけでなく精神的な部分でも支えてあげられる存在としてやりがいを感じられるでしょう。

スポーツ現場の最前線に携われる

スポーツトレーナーになった人の中には、怪我で引退した元選手も少なくありません。

そのような人たちにとって、スポーツ現場の最前線に関わっていくことができるのは何よりの喜びです。

スポーツトレーナーの収入

スポーツトレーナー

スポーツトレーナーの平均年収はおよそ360万円です。日本の平均年収と比べるとやや低く、月給で言うと約30万円、初任給は24万円が相場となっています。

アルバイトやパートだと平均時給1,023円です。給与幅は233〜553万円と非常に広いので、スキルや役職などでも給与にかなり違いがあると言えます。

地域別で見てみると平均年収が高い地方は近畿地方、その中でも奈良県が最も高く420万円です。

逆に最も給与が低いのは長崎県で298万円となっています。

プロチームと契約するスポーツトレーナーは能力や経験を考慮することが多いです。年収はおよそ300万~1800万円と、年収1,000万円超えの人も少なくないようです。

自分自身の能力だけでなく、所属チームの経営状況によっても年収に違いが出てきます。

スポーツトレーナーの収入をアップさせる方法

正社員として働く

収入をアップさせる近道は、フィットネスクラブやスポーツジムなどで正規雇用のトレーナーになることです。

アルバイトは時給制の場合が多いので、労働時間も短くあまり稼げません。フリーランストレーナーだと正規雇用よりも稼げるパターンもありますが、ハイリスクな働き方とも言えます。

実績が評価されたりトレーナーとして人気が出たら収入が一気に増えますが、実績が積めないと収入が不安定になってしまうことも。

確実に収入をアップさせる方法はジムなどで正社員のスポーツトレーナーとして働くのが良いでしょう。収入も安定して独立のための経験や実績を積めるようになります。

アスリートやチームと専属契約する

プロスポーツチームの専属スポーツトレーナーとして働く方法もあります。

例えば、人気のあるプロスポーツチームのスポーツトレーナーになると年収が1,000万円超えしている人もいます。

しかし、専属のスポーツトレーナーとして働き続けるには非常に難しい面も。思うように実績が出せなければ、すぐに契約を打ち切れられることもあります。

そのため、専属契約を目指す場合はスポーツトレーナーとしての人気や実績、知名度がなくてはいけません。

新しい知識やスキルを身につける

スポーツトレーナーの給与は自分の実力と紐づいています。つまり年収をアップさせたい人は、自分自身の実力をつけなくてはいけません。

クライアントに実力を証明するため、スポーツトレーナー関連の知識やスキルが身につく資格を取るのがおすすめです。

また、フィットネス業界の最先端であるアメリカなどで海外の最新のスポーツ理論を学びに留学する人もいます。

先進的なスポーツ理論を学べれば、ほかのトレーナーに比べてアドバンテージとなるでしょう。

独立開業する

自分自身のスポーツトレーナーの経験を活かし、独立開業するのもひとつの方法です。多くのスポーツトレーナーを管理する経営者になれば、一気にビジネスの幅も広げられるでしょう。

スポーツトレーナーとしての実力があることはもちろん、経営者として会社を成功させるためのノウハウも必要になります。

そのため、独立するためには資金調達、労務管理、資金繰りなどの知識も必須です。

従業員を支えるというかなりの重圧感がありますが、その分成功すれば大きな収入が得られるでしょう。

スポーツトレーナーの働き方と就業先

ボディメイクインストラクター

ここからは、スポーツトレーナーの働き方と就業先について紹介します。

以下は約1,000人のトレーナーに聞いた「現在の活動形態に最も近いもの」を選んでもらった結果を表にまとめたものです。

パートタイムトレーナー32.0%
フルタイムトレーナー23.0%
ボランティアトレーナー15.2%
教員としてのトレーナー6.2%
ほかの業種23.6%

このように、アルバイトやパートとして働く人の割合が最も多く、次に多いのが社員としてフルタイム勤務しているスポーツトレーナーです。

スポーツトレーナーの就業先

プロのアスリートチーム

プロの球団やサッカーチームと契約する働き方です。

専属契約という働き方は人気が高く非常に難しいです。また、実力主義のため結果が出せないとすぐに契約が打ち切られてしまいます。

プロの個人アスリートと契約して働く

テニスや陸上、ゴルフといった個人種目で活躍するアスリートと個人間契約を交わして勤務するスタイルです。

基本的にマンツーマントレーニングとなるため、指導相手とのコミュニケーションが欠かせません。

実業団チームで働く

一般企業の実業団で働くスポーツトレーナーは、その企業の社員として勤務します。

そのため、給与が安定していて福利厚生もしっかりしているので安心して働ける環境が整っていると言えるでしょう。

フィットネスクラブやスポーツジム

フィットネスクラブやスポーツジムで勤務しているスポーツトレーナーが最も多いのではないでしょうか。

社内研修や教育体制がある企業に正社員やアルバイトとして入社すれば、トレーナー未経験や資格がなくても経験を積めます。

地域のチームで働く

スポーツで有名な学校の部活動や、地域のチームと契約する働き方です。ほかの働き方よりも収入は低いため、複数のチームをかけもちしなくてはいけません。

派遣会社に登録して働く

スポーツトレーナーをメインとして派遣会社に登録し、要請がかかったら必要に応じてフィットネスクラブやクラブチーム、部活動などさまざまな場所で働けます。

海外で働く

フィットネス先進国のアメリカなどで働く方法もあります。海外のほうがスポーツトレーナーの認知度が高く、活動できる場所や機会も多いです。

芸術分野で働く

劇団、歌手、アーティストと契約を結び、ダンス指導や身体づくりのためのトレーニング、コンディショニングをする人もいます。

病院や治療院で働く

病院や治療院で働きつつ、副業でスポーツトレーナーをしている人も増えています。先述の回答でパートタイムのトレーナーとして働いていると答えた人の6割がこの働き方をしています。

スポーツトレーナーになる方法

腕立て伏せをする男性とそれをサポートする女性

それでは、スポーツトレーナーになるための方法にはどのようなステップがあるのかについて見てみましょう。

必須の資格はない

スポーツトレーナーを目指す際に、必須の資格はありません。

しかし、資格があれば就職の際に有利となってクライアントからの信頼も得やすいでしょう。

スポーツトレーナーに求められる知識は解剖学や生理学、さらに栄養学やスポーツ医学など広範囲となります。

日本スポーツ協会の調査では、スポーツトレーナーの8割以上が何らかの民間資格か医療系国家資格を所持していると回答しました。

スポーツ系大学や専門学校に進学

スポーツ科学や健康科学を学べる大学や専門学校でスポーツトレーナーに必要な知識を学び、その過程で民間資格を取得する方法があります。

人体の構造やトレーニング理論、怪我の応急処置といった知識を習得できます。

スポーツ系の大学や専門学校では理学療法士や柔道整復師といったリハビリ系の国家資格のサポートも手厚くなっているので、これらの資格を取得したい人にもおすすめです。

医療系大学や専門学校に進学

理学療法士や柔道整復師、鍼灸師などの養成校に通い、国家資格を取得する方法です。

卒業後は病院や整体院などで働きつつ、副業としてスポーツトレーナーを兼任することになります。

スポーツトレーナーにおすすめの資格

先述の通り、スポーツトレーナーに特別な資格は必要ありませんが、保有しておけば有利になる資格があります。

ここでは、スポーツトレーナーとして活躍する際におすすめの資格を紹介したいと思います。

鍼灸師

鍼灸師とははりやきゅうを用いて人が本来持つ自然治癒力を引き出し健康回復や増進することを目的とした職業です。

鍼灸治療のベースとなっているのは東洋医学なので、多くのアスリートのコンディショニングにも役立てられています。

そのため、鍼灸師は近年スポーツ業界でもニーズがある存在として活躍しています。

アスリートが常に最高のパフォーマンスを発揮できるように、鍼灸治療で疲労回復や体調管理を行うのも仕事のひとつ。

理学療法士

理学療法士とは、怪我や病気がある患者を理学療法を用いて独立した生活が送れるようサポートする仕事です。

さらに、怪我をしたアスリートが練習や本番の試合に早期復帰できるように治療することもあります。

柔道整復師

柔道整復師は骨折、脱臼、打撲、ねん挫といった傷害がある人に投薬や手術を伴わない「非観血的療法」という独特の治療を施す専門職です。

柔道整復師は骨折や脱臼の治療に特化しているため、スポーツにおける治療にも発揮できます。

まとめ

今回はスポーツトレーナーを目指す人に、スポーツトレーナーのなり方や収入、やりがいなどを紹介しました。

スポーツトレーナーはプロスポーツチームやフィットネスクラブ、さらには医療や福祉と言ったさまざまな業界でも活躍できる職業です。

そのため、今はスポーツトレーナーを目指す人も多くなっています。

スポーツトレーナーとして活躍するためには、ほかのトレーナーと差別化を図る必要があります。

今回紹介した資格を取得すれば、スポーツトレーナーとしてもさらに幅を広げて活躍できるでしょう。

スポーツトレーナーを目指す人は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

リスクを最大限に下げたパーソナルジム開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。