InBodyはジムに導入すべき?できることと導入時の注意点

「inbodyはジムに導入すべきなの?」
「inbodyはジムで導入したら何ができるの?」
「inbodyをジムで導入する際の注意点は?」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「inbody ジム」等と検索しても、信憑性に欠ける記事や専門家が執筆した解読が難解な記事しかなく、素人が目にしても理解できない記事が多いです。

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、かつInBody公式代理店でもある株式会社FiiTが『inbodyのジム導入』について分かりやすく簡潔に紹介します。

読み進める前に:失敗しないパーソナルジムの開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む

InBodyとは

InBodyとは、簡単に言うと体の体重・筋肉量・体脂肪量などを測定するための体組成計です。一般的な体重計よりも測定精度や測定項目に優れているのが特徴になります。

InBodyは生体電気インピーダンス分析(BIA)法という技術を採用している体組成機器。人体に電流を流した際に発生するインピーダンスから人体を構成する成分を定量的に測定する技術です。インボディは独自の技術開発でBIA法を飛躍的に発展させました。

BIA法における統計補正とは、インピータンス・身長・体重の実測値だけでなく、特定人種で表れる体成分の傾向を、体成分を算出する公式に予め組み込むこと。統計補正が入ると、測定時に入力する年齢・性別・人種などの情報によっても体成分が変わるため、BIAが不正確と言われてきた原因として指摘されてきました。

しかし、InBodyは統計補正を一切使用しないので、性別・年齢に関わらず同じ体成分を持つ人ならどの国で測定しても、同じ体成分が算出されます。つまりInbodyは従来のBIA法をさらに発展させ、より正確な体組成数値を測定できる機器なのです。

InBodyはジムで導入すべきなの?

結論からいうとジムではInBodyをぜひ導入すべきです。InBodyは、高い精度で体組成を測定するための機器。ジムの利用者の体組成測定を行うのに非常に適した機器です。

実際に『エニタイムフィットネス』をはじめとする大手スポーツジムやフィットネスクラブの多くで、InBodyが導入されています。これまで体組成計を利用したことがないのであれば、一気にサービスの質を向上させることが可能です。

またInBodyは、体重だけでなく、体脂肪や筋肉量も部位毎に測定することができます。より詳細な測定結果を得ることができるので、結果のフィードバックなども充実して行うことが可能です。

InBodyをジムに導入してできること

InBodyをジムに導入した場合にできることを解説していきます。

InBodyをジムに導入してできることは、主に以下の3つです。

  • 体組成測定によるボディメイク指導
  • 利用者のデータ管理とカウンセリング情報の取得
  • 部位別筋肉量の把握

順に深堀して解説していきます。

体組成測定によるボディメイク指導

InBodyをジムに導入すれば、体組成測定によるボディメイク指導が可能になります。InBodyで体重・体脂肪率・筋肉量の測定を行い、結果を元に利用者のボディメイク・健康指導を行うことができます。

またInBodyは体組成の結果を用紙で出力してくれる機器です。結果用紙が印刷されるので、利用者に見せながら、現状の体組成確認と今後の取り組みについてフィードバックを行うことができます。

機種にもよりますが、主に結果用紙には『体成分結果用紙(専用/内蔵)』、『体水分結果用紙(内蔵)』、『小児用結果用紙(内蔵)』、『評価結果用紙(内臓)』、『比較結果用紙(内臓)』、『リサーチ結果用紙(内臓)』などが出力可能です。フィットネスクラブやパーソナルジムなど用紙を用いて測定結果のフィードバックをしたい場合に適しています。

利用者のデータ管理とカウンセリング情報の取得

InBodyを利用すれば、利用者の測定結果を保存し、データ管理をすることができます。測定データの保存・履歴表示や履歴結果用紙の印刷も手軽に行うことが可能です。

InBodyは、10万件以上のデータを保管できるので、大規模なフィットネスクラブでの導入にも役立つ機能です。実際に大手フィットネスクラブでもInBodyを導入している施設は数多くあります。

特に施設規模の大きいフィットネスクラブでは、利用者のデータ管理が非常に重要です。一人ひとりの利用者の体組成データを紙媒体で保存するのは非現実的。InBodyでデータ管理を行うことで、よりスムーズに過去のデータからカウンセリングを行うことができるでしょう。

部位別筋肉量・脂肪量の測定

InBodyでは、部位別の筋肉量および脂肪量を測定することが可能です。体幹・左右手足の計5つに分けて筋肉量と脂肪量を測定することができます。

部位別の筋肉量を測定することは、フィットネスクラブやスポーツジムなどのフィットネスクラブでのカウンセリングに役立ちます。筋肉量の部位比率をみることで、その後のトレーニング指導に活かせるはずです。

また筋肉量と体脂肪量と同時に、肥満指標を同時に測定することも可能。体重と身長を利用したBMIだけでは肥満度の判定に限界がありますが、BMIと体脂肪率の比較から体型や肥満度を把握することができます。

InBodyをジムで導入する際の注意点

InBodyをジムで導入する際の注意点について解説していきます。

InBodyをジムで導入する際の注意点は、以下の3つです。

  • InBodyの種類に着目する
  • 予算が少ないなら中古品も検討する
  • ネットオークションやフリマでは購入しない

順に深堀して解説していきます。

InBodyの種類に着目する

InBodyをジムで導入する際は、まずInBodyの種類に着目するようにしましょう。InBodyといっても種類と機器によってそれぞれ性能は異なるので注意が必要です。

InBodyには主に病院・クリニックなどでの測定を想定した『医療用体成分分析装置』とフィットネスクラブやスポーツジムでの測定を想定した『専門家用体成分分析装置』があります。フィットネスクラブやスポーツジムでの測定に適しているのは、『専門家用体成分分析装置』です。

専門家用体成分分析装置は、筋肉量・体脂肪量・体水分量などボディメイクカウンセリングに必要なデータを測定するのに適した機器。もしジムでのInBody導入を検討しているなら、専門家用体組成分分析装置を選択しましょう。

予算が少ないなら中古品も検討する

InBodyをジムで導入する場合に、割り当てられる予算にも限りがあるはずです。そこで、もし新品を買うほどの予算がないのであれば、中古品でのInBody導入も視野に入れておきましょう。

InBodyは高いもので、新品価格が300万円以上を超えるものも。そんな高価な機器を誰もが新品購入できるわけではありません。そこで複数の医療機器業者が、中古品のInBodyを多く発売しています。

新品であれば数百万円するものも、中古品であれば割安で購入することも可能です。もちろん中古品でInBodyを購入する際は、様々な点に留意することは必須ですが、費用を大幅に抑えることができるでしょう。

ネットオークションやフリマでは購入しない

InBodyの購入をする際は、絶対にネットオークションやフリマを使用しないでください。ネットオークションやフリマで購入するのはあまりにもリスクが高すぎるからです。

『ヤフオク!』や『メルカリ』などは確かに利便性の高いツールではあります。しかし法人ではない個人が出品できるため、品質の担保や出品者の詳細が不透明であるのがリスク。精密機器であるInBodyの購入にはあまり適していません。

また楽天市場やamazonなどで、InBodyを購入する際にも注意しましょう。稀に個人が医療機器などを出品していることがあります。個人は免許の有無が不透明かつ品質の担保ができないので、ECサイトでの購入も必ず信頼性のある業者から購入するのがベストです。

ジムでの導入におすすめのInBody

最後にジムでの導入におすすめしたいInBodyをご紹介します。

InBodyは、『医療用体成分分析装置』と『専門家用体成分分析装置』の2種類がありますが、ジムでの導入には専門家用体成分分析装置が圧倒的におすすめです。

ここでは現行モデルである、3つのInBodyをご紹介します。

InBody570

InBody570は、InBodyの『専門家用体成分分析装置』シリーズの中でも最上位に位置付けられる機器です。フィットネスクラブやスポーツジムなどでの導入実績も多数あります。

InBody570の最大の特徴は、15項目のインピーダンス測定が可能であることです。一般家庭用の体組成測定機器より遥かに多い項目を測定することができます。

体重や筋肉量・体脂肪量だけでなく、タンパク質・ミネラル・腹部脂肪チェックなどより専門的な項目を測定することができます。そのためジムだけでなく、病院・クリニック・エステなど幅広い施設で導入されている機種です。

またInBody570は、測定項目に優れているだけでなく、デザイン性にも優れた機器です。スタイリッシュなデザインで、どんな場所に設置しても違和感がありません。

従来のInBodyは野暮ったい印象があり、デザイン性に飛んだデザインではありませんでした。しかしInBodyの中でも上位ランクに位置するInBody570は、スマートでスタイリッシュなデザインが大きな魅力です。

InBody470

InBody470は、ジムでの導入に適した『専門家用体成分分析装置』の中でも中間ランクに位置付けられる機器。およそ15秒での全身体組成測定が可能な機種で、ジムでの導入にも非常に適しています。

InBody470の特徴の一つが、折り畳むことが可能である点です。InBody470は2段に折り畳んで専用携帯用バッグに入れることで、安全且つ簡単に持ち運ぶことが可能です。

折り畳みが可能であるため、店舗・施設間での移動にも適しているのが魅力。1台のInBodyを複数店舗・施設で利用する場合に適しています。また折り畳むことができるので、使用しない時は省スペースに収納することも可能です。

もちろん組み立てや設置に道具も必要ありません。機械に弱いスタッフでも簡単に組み立てることができるので、汎用性にも優れています。

InBody270

InBody270は、『専門家用体成分分析装置』に分類されるInBodyです。専門家用体成分分析装置の中では最下位に位置付けられる機器ですが、コスパや汎用性に優れているのが魅力になります。

InBody270は、業務用InBodyの中では最安値の機器です。価格は825,000円(税込)となっており、専門家用体成分分析装置の業務用InBodyの中では唯一百万円以下で購入することができます。

またInBody470と同じく折り畳むことも可能です。折り畳み式であるInBody270なら、手軽に店舗間での移動を行うことが可能です。

重量自体も14kgと軽めなので、車などを利用すれば移動は左程難しくはないでしょう。一台を複数店舗間で利用すれば、大幅な経費削減にも繋がります。

ジムを運営するならInBodyを導入すべき

今回はジムでのInBody導入について解説しました。

InBodyは、より正確に利用者の体組成分を測定できる非常に優れた機器です。

ジムにInBodyを導入すれば、今までよりもワンランク上のサービスを提供することができるでしょう。

これからジムでInBody導入を検討している人は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

リスクを最大限に下げたパーソナルジム開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用