パーソナルジムの内装・塗装・改装工事で気を付けるべき5つのポイント

「パーソナルジムの内装工事をしたいけれど、何に注意すればいいの?」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「パーソナルジム 内装工事」などで検索しても、ネット上にはパーソナルジムの内装・塗装・改装工事に関わったことがない方が執筆した記事や広告ページしかなく、こうした情報を鵜呑みにしてパーソナルジムの内装・改装工事に着手するのは危険です。

そこで、月間15万人以上が利用するフィットネスWEBメディア「FitMap」を運営するマーケティングのプロ・株式会社FiiTのメディア編集部が、パーソナルジムの内装・塗装・改装工事で注意すべきポイントについて解説します。

これからパーソナルジムの内装・改装工事を控えている方や、新たにパーソナルジムの設立を計画されている方は必見です。

パーソナルジムの内装・塗装・改装工事にかかる費用について

まずはパーソナルジムの改装工事において最も重要である費用面についてお話ししていきたいと思います。

業者に依頼して初めて費用を知るより、あらかじめ概算の費用を知っておいた方が、運営の予算組みにも大いに役立つはずです。

あくまで目安ですが、パーソナルジムの内装・塗装・改装工事にかかる費用は下記の通りになります。

内装工事費(クロス貼り・床補強など)200〜400万円
電気・空調・換気設備工事費8〜15万円
給排水設備工事費60〜80万円
家具・健具工事費70〜80万円
諸経費30〜50万円

もちろん工事の規模や依頼する業者によって、金額も上下しますが、概ね350〜630万円ほどの費用が発生します。あくまで目安ですが、これらの費用を覚えておくだけで工事業者との価格交渉も非常にスムーズになるでしょう。

また見積もりの依頼は、必ず複数業者で行うことが大切です。提出された見積もり金額が相場からかけ離れていないかを知ることができます。さらに相見積もりを取っている旨を伝えることで、業者から不当な金額を請求されるのを予防することも可能です。

パーソナルジムを運営していくうえで、内装工事は避けられない事案です。しかし「いかに費用を抑えられるか」が運営を成功するうえで非常に重要となってきます。予算組みや業者との交渉をしっかりと行い、少しでも費用を抑えられるように工夫しましょう。

パーソナルジムの内装・塗装・改装工事で気をつけるべき5つのポイント

本題である「パーソナルジムの内装・塗装・改装工事で気をつけるべきポイント」についてお話ししていきたいと思います。

パーソナルジムの開業もしくは改装において何の知識もなく、工事に着手するのは非常に危険です。必要以上の費用をかけてしまったり、想像した内装と違う仕上がりになってしまう可能性があります。

また工事の工程を全て業者に任せてしまうのもNGです。いくらプロといえど、何の説明もなしで依頼主のイメージを100%再現することはできません。工事業者と依頼主がしっかりとコミュニケーションを取ることで、理想通りの形で工事を終えることができます。

今回お話しする5つのポイントをしっかりと理解して、内装工事に着手してください。

  • 費用を算出し、予算組みを行う
  • 費用を抑えたいならデザインにこだわらない
  • 内装材の費用を抑える
  • 床の耐荷重を考慮しておく
  • 防音設備に注意する

それでは順に深堀していきます。

費用を算出し、予算組みを行う

パーソナルジムの内装・塗装・改装工事を行うための第一歩は、費用の算出と予算組みを行うことです。

自社のパーソナルジムの改装工事において、どの程度の規模の工事が必要で、どの位の費用が発生するのかをあらかじめ計算しておく必要があります。いざ工事をしてから金額の請求を受けた場合、予算以上の金額を支払わなければならない危険性があります。

また、あらかじめ工事にかかる費用を算出し予算を組んでおくことで、業者に工事を依頼する時にスムーズに説明を行うことができます。前もって支払える金額を伝えておくことで、業者も工事計画をスムーズに組み立てることができるのです。

必須事項として、必ず複数の業者から相見積もりを取るようにしましょう。複数の業者からそれぞれ見積もりをもらうことで、自社の予算に見合った工事業者を見つけることができるからです。間違っても、業者の勢いに乗せられて即契約をしてしまうことは無いように注意しましょう。

費用を抑えたいならデザインにこだわり過ぎない

もしパーソナルジムの改装工事にかかる費用を極力抑えたいならば、ジムのデザインにはこだわり過ぎないことがポイントです。

最近では、壁は白塗りで空間自体も非常にシンプルなパーソナルジムが増えてきていると思います。これはパーソナルジムの内装工事にかかる費用を極力抑えるためでもあります。

内装工事は、壁紙のクロスやカウンターのデザインにこだわるほど費用が嵩んでいく傾向にあります。それこそ特注のカウンターを設置するだけで、100万円近い費用がかかることもあります。

どうしても特殊でオシャレなデザインにしたい場合は別ですが、極力費用を抑えたい場合はシンプルなデザインにするように心がけましょう。余計な費用を改装工事にかけないことも、パーソナルジム運営において重要なポイントです。

内装材の費用を抑える

パーソナルジムの内装工事にかかる費用を抑えるためには、内装材の選択もポイントとなります。

天井や床・壁に使うクロスにどの内装材を使うかによって、内装費用はかなり変化します。どうしても材料にこだわりたい場合は別ですが、一般的にパーソナルジムは明るく・清潔感があれば、内装材にこだわる必要はあまりありません。

もちろん耐久性や見た目に悪影響がある材料を使うのはNGですが、必要以上に高級な内装材を使用する必要はないでしょう。

ただし高級志向のパーソナルジムを経営したいならば、内装材にもある程度こだわる必要があります。自社のパーソナルジムのニーズに応じて、内装材も選択することが大切です。

床の耐荷重を考慮しておく

パーソナルジムの改装工事を行ううえで床の耐荷重を考慮することは、必須ポイントです。

ほとんどのパーソナルジムでは、トレーニング用のマシンを設置することになるはず。床の耐荷重はマシンを設置する前に、知っておくべきことなのです。

一般的に、床の耐荷重は、ほとんどのテナント物件で1㎡あたり300kgです。これを越えてマシンを一箇所に集中設置すると床が抜ける可能性があります。ただし建物によって耐荷重も異なるので注意が必要です。床の耐荷重は設計図もしくは専門業者に確認することで、直ぐに知ることができます。必ずマシン設置前に確認しておきましょう。

また賃テナントでパーソナルジムを運営する場合は、必ず床の傷防止のために専用のゴムマットを設置することを推奨します。フローリングがマシンやトレーニングで傷つくのを予防すると同時に、滑り止めとしても大いに活躍します。少し費用は嵩みますが、後で補修費などの請求を求められるよりも経費の削減になります。

防音設備に注意する

パーソナルジムを運営するうえで、防音設備に注意することは必須事項です。

特に、マンション内の一室や他のお店が営業しているテナント物件でパーソナルジムを運営する場合は、防音設備に力を入れましょう。近隣住民や他のテナントショップから苦情が出た場合はジムの評判が落ちるだけでなく、運営自体が危うくなることもあります。

防音効果は、壁のクロスや床材よって変わってきます。先ほど内装材の費用を抑えた方が良いと言いましたが、壁や床が薄い物件はあまりに安い内装材を使うのは避けましょう。もし自社のパーソナルジムが入っている物件の防音設備が元々高くない場合、業者に相談して防音効果のある内装材を使うのがオススメです。

また居抜き物件での運営を検討している方も注意が必要です。元々ジムが入っていた物件ならば問題無いでしょうが、それ以外のショップを運営していた場合、防音にはさほど気を使って設計していない可能性があります。

契約前に確認しておくのがベストですが、既に契約している方は、壁や床の内装材の防音効果を一度調べておくことを推奨します。

パーソナルジムの物件選びについて

補足としてパーソナルジムの物件選びについてもお話ししておきたいと思います。

これからパーソナルジムを運営するために物件選びを行う予定の方はもちろん、既に運営を行っている方も今後物件を探す機会はあるはずです。内装・改装工事費をできるだけ少なくするためにも、基盤となる物件選びは非常に重要です。

いくら物件取得費が安かったとしても、その後にかかる内装費が高くなり過ぎては意味がありません。パーソナルジムの物件を選ぶ際のポイントを解説するので、ぜひ役立ててみてください。

  • 居抜き物件を探すのがベスト
  • デザイン・内装にこだわりたいならスケルトン
  • 天井の高さに要注意

それでは順に解説していきます。

居抜き物件を探すのがベスト

パーソナルジムの物件選びでは、居抜き物件を探すことが最も効率的です。

居抜き物件を選択することで、内装・改装費を圧倒的に節約することができるからです。元々ジムを運営していた物件ならベストですが、なかなか簡単に見つかるものではありません。もしそれ以外のお店を運営していた場合でも、空調・排給水設備が整っていれば問題ありません。

空調・排給水設備にこだわる理由は、このふたつが最も改装工事をするうえで費用が高額になる設備だからです。物件の規模にもよりますが、もし業務用の空調設備を新規で設置するとなると、数百万円の設備費用が発生することも珍しくありません。排給水設備も同様で、シャワーを設置するための設備が整っていない場合は、一から設置しなくてはならないため、かなり費用は高額になります。

とはいえ、どちらの設備も完璧に整っている物件を見つけることは至難の業です。自分の予算と照らし合わせて、物件選びを行いましょう。

デザイン・内装にこだわりたいならスケルトン

スケルトンとは、何もない空間を意味する単語です。パーソナルジムの場合は、一から内装デザインを選択できる物件のことを指します。

既に設計されている居抜き物件と違って、一からジムを設計することができるので、こだわりある内装のパーソナルジムにしたい方には非常にオススメです。壁紙のデザインや床の色まで全て自分好みにデザインしていくことができます。

ただし内装のデザインを全て選択できるだけあって、工事費用はかなり高額になる可能性が高いです。あまり内装費用に予算を割けない方には、少し不向きな選択かもしれません。予算と照らし合わせて、スケルトン物件を選ぶのかを決定しましょう。

天井の高さに注意

パーソナルジムの物件を選ぶ際は、必ず天井の高さに気を配りましょう。

マンションなどの物件は、天井が低い建物も多く、せっかく購入したマシンが設置できなくなる危険性があるからです。少なくとも250cm以上の天井高は確保しておく必要があります。もし業務用のパワーラックの設置を検討されているなら、300cm以上の確保も視野に入れておくべきでしょう。

また天井は高さだけでなく、柱の有無にも着目しておく必要があります。いくら天井が高くても、柱が交差しているような設計では、マシンを設置することができません。

ある程度、パーソナルジムで設置するマシンの目星を付けたうえで物件選択を行いましょう。先に物件選択を行ってしまうと、設置したいマシンを導入できない可能性もあります。できれば図面などを契約前に手に入れることがベストです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

パーソナルジムの内装・塗装・改装工事は費用と準備が欠かせません。今回お話しした5つのポイントを再度振り返りますので、ぜひパーソナルジムの工事を行う際は参考にしてみてください。

  • 費用を算出し、予算組みを行う
  • 費用を抑えたいならデザインにはこだわり過ぎない
  • 内装材の費用を抑える
  • 床の耐荷重を考慮しておく
  • 防音設備に注意する

なお弊社では、今回お話しした内容以外にも、ジム集客に関する様々なご支援を行っております。

ご興味ある方はお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。初回は無料でカウンセリングいたします。

また弊社が運営している、月間15万人以上がジム探しで利用している日本最大級のフィットネスジム検索サイト「FitMap」では、固定費用0円で「入会」成果型の成果報酬でジムをPRできます。

WEBメディアでの広告掲載をご検討の方は、まずは固定費用無料のFitMapをお試しください。詳細資料は下記よりダウンロードできます。

月間15万人以上が利用するフィットネスWEBメディア「FitMap」を運営するWEBマーケティングのプロ集団。スポーツジム・パーソナルジムのマーケティングから経営・開業まで幅広い有益な情報を発信。