パーソナルジム開業で揃えるべきマシン一覧!おすすめブランドや選び方をご紹介

「パーソナルジム開業で必要なマシンは?」
「マシンブランドはどこを選べば良いの?」
「揃えるべきマシンの種類を知りたい」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「パーソナルジム マシン」と検索しても、パーソナルジムの運営経験がない人が執筆した信憑性に欠ける記事や企業が作成したPR記事しかなく、これらの情報を鵜呑みにするのはやや危険です。

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、パーソナルジム開業で揃えるべきマシンについて執筆しました。

この記事を読むことで、パーソナルジム開業で揃えるべきマシンを知ることができます。またパーソナルジムに設置するマシンを選ぶ際のポイントについても簡潔に執筆したので、ぜひ参考にしてみてください。

読み進める前に:失敗しないパーソナルジムの開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む

パーソナルジムのマシン選びで大切なポイント

まずはパーソナルジムのマシン選びで大切なポイントについて解説していきます。パーソナルジムのマシン選びで大切なポイントは、以下の5つです。

  • 予算に合ったマシンを選ぶ
  • 品質も重要視する
  • マシンのサイズに着目する
  • 客層に合ったマシンを選択する
  • メンテナンスがしやすいマシンを選ぶ

順に深堀して解説していきます。

予算に合ったマシンを選ぶ

これからパーソナルジムの開業に向けて、マシンの購入を検討している人は、必ず予算に合ったマシンを選ぶようにしましょう。決して予算以上のマシンを選ぶことは避けるべきです。

パーソナルジム開業でかかる費用は、決してマシンの購入費だけではありません。物件取得費・改装費・内装費など物件にかかる費用も発生します。 またマシン購入時は、マシン本体の価格だけでなく、運送費や場合によっては組立設置費も発生するので注意が必要です。

組立設置費は10万円〜30万円とパーソナルジムの規模によって変動します。 あまりにも高額なマシンを購入してしまうと予算が足りなくなってしまう可能性が高いです。しっかりと開業そのものにかかる全体費用を把握して、予算に合ったマシンを選ぶようにしましょう。

品質も重要視する

マシンを選ぶ時は、価格だけに注目してはいけません。値段が安いからといって、品質の低いマシンを購入するのは危険です。十分なトレーニングが出来ないばかりか、最悪怪我をするリスクあります。

どの程度の強度でトレーニングをしたいか」にもよりますが、高強度・高重量のトレーニングをすることを想定するならば、品質重視でマシンを選ぶようにしましょう。

またパーソナルジムに設置するマシンを選ぶ際は、耐久性の高いマシンを選択するのがおすすめ。 経年劣化に強いマシンを選ぶことで、買い替え費用やメンテナンス費用を節約するとともに、万が一の怪我を防いでくれます。

マシンのサイズに着目する

パーソナルジムに設置するマシンを選ぶ際は、マシン本体のサイズに着目することも大切です。どんなに品質の高いマシンでも、大きすぎてパーソナルジムに設置できなれば意味がありません。

特にマンションの一室などで、パーソナルジムを開業することを検討している人は、注意が必要です。マシンを設置できるスペースがかなり限られるため、しっかりと部屋の寸法を確認した上で、購入するマシンを検討しましょう。

また『マシンの高さ』にも注意が必要です。天井より高いか、天井高と同じ高さのマシンを購入してしまうと、設置できない可能性があります。 最低でも『天井より10cm以上低いマシン』を選ぶのがポイントです。10cm以上の余裕があれば、組立も問題なく行えるはずです。

客層に合ったマシンを選択する

パーソナルジムに設置するマシンを購入する際には、あらかじめジムに通う客層を頭に入れておくことが大切です。年齢・性別・一般またはアスリートなど、出来るだけ客層に合ったマシンを選択するようにしましょう。

例えば、「筋トレでマッチョな体を目指す男性」をターゲットにする場合、パワーラックやレッグプレスマシンなど、高重量が扱えるマシンを選択する必要があります。 対して「ダイエットで体を引き締めたい女性」をターゲットにするなら、ダンベルやトレッドミルなどのマシンを選択することがおすすめです。

いずれにせよ、パーソナルジムで指導するメニューに見合ったマシンを選択することが必要になります。自分の好みだけでマシンを選ぶのではなく、客層に合ったマシンを選択するようにしましょう。

メンテナンスがしやすいマシンを選ぶ

マシンを選ぶときは、メンテナンスのしやすさも考慮しておくことが大切です。意外と購入後のメンテナンスまで考えて購入している方は少ないですが、非常に大切なポイントとなります。

マシンが新品である間は問題ありませんが、マシンには必ずアフターメンテナンスが必要です。『オイルの塗布』や『ケーブルの調整』などのメンテナンスをしなければ、マシンの使い心地は徐々に悪くなっていきます。 特にネットショップでマシンを購入した場合は、基本的に全て自身の手でマシンのアフターメンテナンスを行わなければなりません。

もし自分でメンテナンスをする自信が無い方は、必ず専門ショップでマシンを購入するようにしましょう。別途料金はかかりますが、プロが購入後のメンテナンスも行ってくれるので安心です。

パーソナルジムにおすすめのマシンブランド

次にパーソナルジムにおすすめのマシンブランドを紹介していきます。今回紹介するマシンブランドは、以下の5つです。

  • TUFFSTUFF(タフスタッフ)
  • POWERTEC(パワーテック)
  • IROTEC(アイロテック)
  • BODYMAKER(ボディメーカー)
  • FIGTHING ROAD(ファイティングロード)

順に深堀して紹介していきます。

TUFFSTUFF(タフスタッフ)

導入マシン紹介♪米国タフスタッフ社製コーナーマルチファンクショナルトレーナー スミスマシンオプション付 (CTX−225)長い…(笑) – 岩手県奥州市胆沢の無人型貸切ジム Prophet THE GYM(プロフィット ザ ジム) 胆沢店の公式ブログ

TUFFSTUFF(タフスタッフ)は、フィットネス王国アメリカのマシンブランドです。タフスタッフは最高品質のマシンメーカーとも言えます。

最近のフィットネスブームの影響もあり、日本国内でも多くのマシンブランドが登場してきました。タフスタッフは海外・国内の両方を合わせて見ても、最高品質のマシンを提供しているメーカーです。

値段は決して安いとは言えませんが、家庭用でも施設用マシンほどのスペックを誇っており、高強度トレーニングも十分行うことができます。 パーソナルジムで品質やスペックの高いマシンを設置したい方には、ピッタリのマシンブランドです。

POWERTEC(パワーテック)

楽天市場】POWERTEC パワーテック レバレッジスクワット&カーフ L-SC18 筋トレ・ウエイトトレーニング : スポーツダイアリー

POWERTEC(パワーテック)パワーテックはアメリカのマシンブランドになります。数あるマシンブランドの中でもトップクラスの品質を誇ります。

フィットネスブームの影響で国内外で多くのメーカーがマシンを販売していますが、パワーテックのマシンの品質はトップクラスです。

実際に多くのボディビルダーがパワーテックのマシンを愛用しており、家庭用でも強度の高いトレーニングを行えることから高い評価を得ています。

またパーソナルジムの設置に適した『家庭用マシン』を多く発売しているのも特徴。実際に多くのパーソナルジムが、パワーテックのマシンを導入しています。

IROTEC(アイロテック)

iROTEC - YouTube

IROTEC(アイロテック)は『株式会社スーパースポーツカンパニー』が運営している国産マシンブランドです。日本のホームジムブランドとしては、トップクラスの人気を誇ります。

トレーニングマシンはもちろん、トレーニングギアや各種アタッチメントの販売も行っています。主に『amazon』や『楽天』などのネットショップでの販売を主流としており、実際にネットショップで多くのユーザーがアイロテックのマシンを購入しています。

またアイロテックのマシンは、国内ブランドということもあり、品質保証がしっかりとされていることがメリット。万が一のトラブルにもしっかりと対応してくれるので安心です。

BODYMAKER(ボディメーカー)

BODYMAKER | LINE Official Account

BODYMAKER(ボディメーカー)とは『BODYMAKER株式会社』が運営するスポーツ用品メーカーです。

トレーニングマシンのみならず、ウェアやトレーニングギアの販売も行っています。K-1の『皇治選手』やベンチプレッサーの『児玉大毅選手』などのスポンサー事業も実施。CMなどの広告宣伝活動も積極的に行っています。

ボディメーカーは『価格と品質のバランスが取れたマシン』を販売しているのが特徴。値段は高すぎず、個人オーナーでも購入しやすい価格設定です。マシンの品質も決して妥協せず、しっかりと高重量トレーニングも行うことができます。

マシンメーカーは『価格』か『品質』のどちらかにベクトルが偏ってしまいがちです。ボディメーカーは、丁度良い価格と品質のバランスを保っているブランドになります。

FIGTHING ROAD(ファイティングロード)

カラダの内側から強く、美しく《ファイティングロード 乳酸菌BC30株配合 ホエイプロテイン》 | Tarzan Web(ターザンウェブ)

FIGHTHING ROAD(ファイティングロード)とは『クロステックスポーツ株式会社』が運営するフィットネス用品メーカーです。

パワーラックやベンチプレスなどのフィットネスマシンはもちろん、格闘技用品やサプリメントの販売も行っています。 ファイティングロードはコスパ抜群のマシンブランドです。

パワーラックやスミスマシンなどの大型マシンも、他のメーカーの半額程度で購入することができます。 もちろん他にも魅力はありますが、突出しているのはやはり『コスパの良さ』でしょう。

10万円以下で本格的なマシンを購入できることが、ファイティングロードの最大の魅力です。

パーソナルジム開業で揃えるべきマシン一覧

パーソナルジム開業で揃えるべきマシンをご紹介します。尚、ここで紹介するマシンが必ずしも全て必要ということではありません。 パーソナルジムの開業では、店舗面積・客層・トレーニングメニューなどによっても揃えるべきマシンが異なります。 あくまで参考程度に考えていただき、自社のパーソナルジムに合ったマシンを選択してください。

パワーラック

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 41MPkkUZbuL._AC_.jpg

パワーラックは、ほとんどのパーソナルジムで実際に導入されているマシンの一つ。パーソナルジム開業をするなら必須のマシンでもあります。

家庭用のパワーラックの相場は、6万円~15万円程。比較的安価で購入できるのが大きなメリットです。10万円以上のパワーラックであれば、家庭用でも耐久性や耐荷重量にも優れているので、十分高負荷のトレーニングもこなすことができます。

ただしパワーラック単体ではトレーニングを行うことはできないので注意が必要です。バーベルやプレート、アジャストベンチなども同時購入する必要があります。パワーラック本体以外の費用もかかることを理解しておいてください。

バーベル

パーソナルジムにパワーラックの設置を検討されている方は、バーベルの購入は必須です。パワーラックとセットで購入しましょう。

バーベルは『口径28mm』と『口径50mm』の2種類が存在します。一般的なスポーツジムに設置されているバーベルは、業務用の口径50mmのタイプです。

相場は28mmタイプで『3,000円〜15,000円』、50mmタイプで『50,000円〜150,000円』です。

圧倒的に50mmタイプの方が高額ですが、耐荷重量が圧倒的に優れています。本格的な高重量トレーニングをする場合は、50mmタイプがおすすめです。

反対に女性専用パーソナルジムなど、100kg以下の重量でしかトレーニングしない場合は、コスパの良い28mmタイプで十分でしょう。

プレート

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 91%2B6y3q0GzL._AC_SL1500_.jpg

プレートもバーベルと同じく、パワーラックなどのフリーウェイト器具を設置したい場合には、必需品となります。パーソナルジムでフリーウェイト指導を行うことを想定しているなら、必ず購入しましょう。

プレートはバーベルの口径に応じて種類を選択する必要があります。価格は種類や重さによって様々です。最も品質が高いとされる『IVANKO社製ラバープレート(50mm)』は、セット価格で『190,520円~267,520 円』となっています。

またプレートには、『ラバー(ゴム)製』のものと『金属製』の2種類があります。金属製の方が安価ですが、耐久性や防音性に優れているのはラバータイプです。もしマンションの一室などにパーソナルジムをオープンする場合には、騒音問題を考慮してラバー製のものを選ぶのがおすすめです。

ラバーマット

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 81E1xUSeyIL._AC_SL1236_.jpg

パーソナルジムを開業する際には、ラバーマットの購入が必須です。床を傷つけないことに加えて、トレーニング時の滑り止め機能も果たします。

ラバーマットの相場は一枚あたり『2,500円〜10,000円』です。材質や厚みによって、値段は異なります。また厚みは1cm〜1.5cmのものを選ぶのがおすすめです。

ただしラバーマットは、厚みがあるほど良い訳ではありません。あまりにも厚みがありすぎると、スクワットなどで踏ん張った際に沈んでしまうので、注意が必要です。

アジャストベンチ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 61BVfz%2BD7PL._AC_SL1500_.jpg

アジャストベンチ(角度調整ができるトレーニングベンチ)も、パーソナルジム開業には欠かせません。パワーラックやダンベルでのフリーウェイト種目を行うなら必須のアイテムです。

アジャストベンチの相場は『20,000円〜100,000円』です。ただし1万円以下のアジャストベンチを購入するのは、注意が必要です。あまりにも重量が軽いベンチを選択してしまうと、トレーニング中にベンチが動いてしまう可能性があります。

利用者の怪我を防ぐためにも、20kg以上の重量があるベンチを選択しましょう。また数千円で購入できる家庭用アジャストベンチも販売されていますが、耐久性が低いのでパーソナルジムでの使用には適していないので注意しましょう。

ダンベル

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 71Takrv4KOL._AC_SL1500_.jpg

ダンベルはパーソナルジムでのトレーニングをするには欠かせないアイテムです。実際にほとんどのパーソナルジムでダンベルが設置されています。

ダンベルの相場は『7,000円〜120,000円』ほど。ダンベルには、プレートを自分で付け替える『着脱式ダンベル』とワンタッチで重さを変えられる『可変式ダンベル』の2種類があります。コスパ重視なら着脱式ダンベル。機能性で選ぶなら圧倒的に可変式ダンベルがおすすめです。

特に最近では可変式ダンベルを設置するパーソナルジムが増えてきています。省スペースで設置ができることに加えて、重量変更に無駄な時間がかからないのが大きなメリットです。

スミスマシン

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 61z4o1fMWWL._AC_SL1100_.jpg

スミスマシンもパワーラック同様に、パーソナルジムを開業するならぜひ導入したいマシンの一つです。多くのパーソナルジムで実際にスミスマシンが導入されています。

スミスマシンは、レール上でバーベルが固定されているため、一人で行うホームジムトレーニングもより安全に行うことができます。

相場は『50,000円〜450,000円』程で、メーカーにより価格の差が大きいのも特徴です。ただし高重量トレーニングをスミスマシンで行いたい方は、必ず品質重視で選ぶようにしましょう。

またスミスマシンの中には、パワーラックの機能を標準装備している『マルチスミスマシン』も存在します。マルチスミスマシンなら、フリーウェイトも一台でこなすことができるので、パーソナルジムでの設置に最適です。

ベンチプレスラック

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 51q0TXHAntL._AC_.jpg

ベンチプレスは、パーソナルジムでぜひ導入したいマシンの一つです。ベンチプレスラックの相場は『30,000円〜100,000円』となります。

ベンチプレスラックを選ぶ際のポイントは、必ず耐荷重量を考慮すること。あまりにも安いベンチプレスは、耐荷重量が100kg程しかない物もあるので、高重量でのベンチプレスを行うには不向きですので注意が必要です。

またベンチプレスラックを導入する場合は、バーベルとプレートを同時購入する必要があります。ベンチプレスラックを購入する際は、バーベルとプレートを購入する予算が必要であることを想定しておきましょう。

レッグプレスマシン

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 6013007019210.jpg

パーソナルジムで本格的なバルクアップを指導するなら、レッグプレスマシンの導入がおすすめです。導入しているパーソナルジムは少ないですが、レッグプレスがあれば本格的な筋トレをしたい利用者も満足させることができるでしょう。

相場は『200,000円〜500,000円』とやや高めの価格となっています。家庭用で販売されているものは少ないですが『POWERTEC P-LP19 レッグプレス』は、最もおすすめのレッグプレスマシンです。価格も約20万円とレッグプレスマシンの中でもコスパが良く、高重量レッグプレスも十分出来る耐久性があります。

ただしレッグプレスマシンは、マシン本体のサイズが大きい傾向にあるため、設置には十分注意が必要です。パワーラックなどを同時に設置するとスペースが足りなくなってしまう可能性があります。必ずあらかじめ設置可能なスペースを確保できるかを確認しておきましょう。

ラットプルマシン

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: y087_siro.jpg

背中のトレーニングには欠かせないのが、ラットプルマシンです。パワーラックやスミスマシンと合わせて設置するだけで、全身のトレーニングを網羅することができます。

ラットプルマシンの相場は『50,000円〜300,000円』となっています。多くの家庭用ラットプルダウンマシンには、『ローロウケーブル』が搭載されているので、ローロウとケーブルカールも同時に行うことができます。

実際にパワーラック(もしくはスミスマシン)とセットで導入しているパーソナルジムが多いです。スペースにゆとりがあるなら、ぜひラットプルマシンの設置を検討してみてください。

ケーブルマシン

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: cxt-200-1.jpg

ケーブルマシンは、パーソナルジムでの設置をぜひおすすめしたいマシンの一つです。ケーブルマシンを設置することで、行えるトレーニングのバリエーションが一気に増やすことができます。

ケーブルマシン一台で行えるトレーニングのバリエーションは、有に10種類を超えます。ケーブルマシンが一台あるだけで、指導できるトレーニングのバリエーションが増えることは間違いありません。

またケーブルマシンの相場は『300,000円〜700,000円』と非常に高いですが、設置する価値は十分にあると思います。ただしケーブルマシンは『組立が非常に複雑』なので、組立技術に自信が無い方は、専門ショップでの購入をおすすめします。

アブドミナル(腹筋)ベンチ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 51MEI6HpQdL._AC_SL1000_.jpg

アブドミナル(腹筋)ベンチは、パーソナルジムを開業するほとんどが設置している人気マシンです。相場も『5,000円〜30,000円』と非常にリーズナブルで導入しやすいマシンになります。

アブドミナルベンチを選ぶ時のポイントは「出来るだけ本体重量の重たいものを選ぶ」ということです。

可能であれば、本体重量が10kg以上のものを選ぶのがベスト。あまりにも重量が軽いものだと、安定感に欠けるので腹筋トレーニングが非常にやりにくいです。

トレッドミル

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 51K0iolx%2B0L._AC_SL1000_.jpg

パーソナルジムで有酸素運動トレーニングをメニューとして導入するなら、トレッドミルの設置がおすすめです。

相場は『50,000円〜300,000円』となっています。トレッドミルは価格によって品質が全く異なるのが特徴です。

1万円〜3万円のトレッドミルも存在しますが、正直おすすめしません。走行スペースが狭いので危険ですし、クッション性能も今ひとつなので膝を痛めてしまうリスクもあります。

可能であれば、10万円以上の品質が高いトレッドミルを選ぶようにしましょう。ある程度の耐久性と走行性能が備わっているトレッドミルを購入するのがおすすめです。

エアロバイク

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 71x0q5ZmxTL._AC_SL1500_.jpg

ランニングマシンと同様に、ホームジムでの有酸素運動に適しているのが、エアロバイクです。相場は『20,000円〜80,000円』ほどで、トレッドミルよりもコスパが高いことが特徴になります。

エアロバイク選びでは、本体重量に着目する必要があります。価格は安くても重量が軽すぎるものは、安定感に欠けるのでNGです。

可能であれば本体重量が30kg以上のものを選びましょう。値段はやや高いですが、安定感もあり、長時間漕いでもストレスがありません。

ローイングマシン

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 61NirQaMKJL._AC_SL1500_.jpg

最近では、パーソナルジムにローイングマシンを設置する人も増えてきました。

ローイングマシンは『高強度の有酸素運動』を行えることが特徴。ボート漕ぎの要領で『有酸素運動』と『筋トレ』の効果を一度に得ることができます。

相場は『30,000円〜80,000円』で、エアロバイクと同じ価格帯で購入することが可能です。

また折り畳み可能なローイングマシンも発売されており、省スペースでも設置することが出来ることも魅力です。

自社のパーソナルジムに合ったマシンを選ぶことが大切

今回はパーソナルジム開業におけるマシンの選び方と、おすすめのマシンブランド・マシンを紹介しました。

パーソナルジムを開業するうえで、マシンを購入することは必須です。

ぜひ今回の記事を参考に、自社のパーソナルジムに合ったマシンを導入してください。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

リスクを最大限に下げたパーソナルジム開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用