筋肉の勉強をしたい方へ!勉強法3ステップと仕事も紹介

studyのブロック

筋肉は、人間の体を動かすためにとても重要な器官です。

「効率よく筋肉をつけるため、筋肉について勉強したい」

「趣味の筋トレを生かせる仕事ってあるのかな?」

本記事では、筋肉の勉強をしたい人に向けて、効率よく学ぶ方法について詳しくご紹介します。また、勉強して得た知識や技術を生かせる仕事もご紹介します。

これを読んで、筋肉の勉強法についての疑問を解決しましょう。

読み進める前に:失敗しないパーソナルジムの開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む

1.興味のあるところ、知りたいところからはじめよう!

悩む女性

筋肉を勉強するということは、人間の体を科学的に学ぶことですから、どうしても難しいイメージを持たれると思います。実際、一つ一つの筋肉の名前は漢字ばかりです。ここでは、難しく感じさせる原因である解剖学の説明と、そんな筋肉の勉強をするにあたって、挫折してしまわないためのポイントをご紹介します。

筋肉の勉強は難しい?

人体には大小あわせて600以上の筋肉が存在します。筋肉について、詳しく解説している学問は「解剖学」です。人体の構造について理解することを目的として、筋肉と骨がどのようにつながっているのか、各神経はどのようにつながっているのかなどについて、研究する学問です。

解剖学は医師や看護師をはじめ、整体師やスポーツトレーナーなど、人体や運動にかかわる資格取得のためには必須の学問です。しかし、解剖学のテキストを開くと、多くの場合「細胞について」から書き始められています。

そのため、「扁平上皮細胞」や「アクチンフィラメント」「リボソーム」など見慣れない専門用語がたくさん出てきます。ここで「なんだか難しいな」と勉強しづらさを感じてしまい、せっかく始めた勉強をやめてしまうことがあります。

筋肉の勉強は、どこから始めてもよい

一見とっつきにくそうな解剖学ですが、人体構造に関する学問のテキストは、多くの場合各章が独立しており、どこから読み始めても、ある程度は理解できるようになっています。

そこで、思いきって「自分が知りたいこと」「興味を持ったこと」が書かれている章から読み始めてみましょう。

そもそも、「筋肉について勉強したい」と思ったというのは、何かしら「知りたいこと」があるからではないでしょうか。自分の知りたいことを調べることは、勉強へ向かうモチベーションにつながります。

ひとつの章を完璧に理解してから次の章へ進むのではなく、知らない単語を辞書で調べるように、知りたいところから読み進めてみることで、勉強しやすくなります。

そして、一つの項目が分かり始めると、それに関連した項目が以前より理解しやすくなります。このように、難しいと感じるのを我慢して続けるのではなく、興味がある項目、そして知識のある項目から学ぶことで楽しく勉強できるでしょう。

2.筋肉の勉強法3ステップ

白紙のノート

何かついて学習するときに大切なのは、「自分がすでに知っている・わかっていることと結び付けて理解する」ことです。

たとえば、「大臀筋(だいでんきん)」という筋肉について学習するとき、「臀(でん)」という漢字が「お尻やその周辺」を示している、という知識と結び付けると「あぁ、お尻のあたりの筋肉なんだな」ということがわかります。さらに、長距離を走ったり長時間立っていたりした後に、お尻が筋肉痛になったという経験と結び付けると、「歩くときや立つときに使われる筋肉なんだな」ということもわかります。

このように、自分がすでに知っている「お尻」という人体の部位に関する知識や、筋肉痛になったという経験と「大臀筋」についての説明を結び付けることで、具体的なイメージを持って理解できます。

それを踏まえて、筋肉の学習を3ステップでできる方法をご紹介します。

ステップ1「筋肉の起始・停止と筋繊維の方向を知る」

筋肉は、大まかに分けると3種類あります。

  • 骨格筋:骨に付着し体を動かす
  • 平滑筋:血管や内臓を動かす
  • 心筋:心臓を動かす

このうち、筋肉全体に占める割合が最も多く、筋トレで鍛えたり、ストレッチやマッサージでほぐしたりしているのは「骨格筋」です。皆さんが筋肉と聞いてイメージするのは、骨格筋を指しているでしょう。骨格筋は骨から骨へかけて付着しており、その接着するところをそれぞれ「起始」と「停止」と呼びます。

たとえば、肘を机に付けたまま手首が肩に触るように持ち上げたとき、肘側が「起始」で、手首側が「停止」です。

まずは、自分が知りたい筋肉の「起始」と「停止」の位置を確認しましょう。

「起始」と「停止」の場所を把握したら、次は「筋繊維の方向」を確認します。

筋肉は、「筋繊維」という細長い繊維状の細胞が寄り集まって構成されており、この筋繊維は起始と停止が近づくように縮む働きがあります。筋繊維の動きがわかると、筋肉の伸び縮みする仕組みがわかるので、筋肉の動き方をよりイメージしやすくなります。

また、手書きでイラストを描いてみるのもおすすめです。

図鑑のように、きれいに描く必要はありません。「骨に対して起始がここで停止がここ、だから筋繊維が動く方向はこうなっている」というように、自分がわかるように簡単に描いてみましょう。実際に手を動かして描いてみることで、勉強したことが記憶に定着しやすくなります。

描いているうちに「この形は何かに似てるな」「なるほど、だから物をつかむときにこの部分が硬くなるのか」など、自分がすでに知っている知識と結び付けやすくなります。

どうしてもイラストを描くことが苦手な場合は、図鑑やネット上のイラストを印刷して、紙を敷いて写してみるのもよいでしょう

ステップ2「筋繊維の方向を意識しながら、自分で動いてみる」

ステップ1で学習した3点(起始・停止・筋繊維の方向)を踏まえて、実際に筋肉がどのように動くのかを、自分で体を動かして確かめてみましょう

イラストを描いて確認した時のように、起始・停止をまず触って確認し、筋繊維の方向をイメージして動かします。多少は場所がずれていても問題ありません。重要なことは「自分が頭の中でイメージしたものが、実際はどうなっているのか」を知ることです。

もし、イメージと違っていれば、訂正すればよいですし、合っていれば納得できます。どちらにせよ、試して動いてみることで記憶が強化され、定着しやすくなります。

また、ステップ2は繰り返せば繰り返すほど、筋肉に対して親近感や愛着がわくといわれています。

たくさん体を動かして触ってみましょう。

ステップ3「家族や友人の筋肉にも触らせてもらい違いを知る」

自分の体で筋肉の位置や動きを確認した後は、家族や友人などに協力してもらい他人の筋肉はどうなっているのかを確認します。この時も、起始・停止・筋繊維の方向をイメージしながら触りましょう。

筋肉は使うほど太くなり、使わなければ細くなります。

性別・年齢によっても筋肉量や質に違いがあります。自分と他人では、筋肉にどんな違いがあるのかを、実際に触ってみることで確かめてみましょう。さらに、職業・部活・生活習慣などの違いによっても筋肉の形質が変わってくることがわかります。

また、「自分がすでに知っている・わかっていることと結び付けて理解する」ために「違いを知る」ことはとても重要です。

何かを学習するときに、基準となるものと比較して「違いを知る」ことで、より正確な知識を身につけることができます。

筋肉について勉強するときも、人それぞれの筋肉の違いを知ることで、より知識を増やすことができます。特に今後、整体師や柔道整復師などの仕事をしたいと考えている人にとって、様々な筋肉に触れるという経験はとても大切です。

最初は少し恥ずかしいかもしれませんが、ぜひ家族や友人にお願いしてみましょう。

【応用】マッサージをしてみよう

ステップ1からステップ3を踏まえて、家族や友人など身近な人にマッサージをさせてもらいましょう

先述したとおり、筋肉についての勉強はテキストを熟読するだけではなく、実際に触ったり動かしたりすることが重要です。ステップ2で自分の筋肉を触る時や、ステップ3で家族や友人に筋肉に触らせてもらう時、筋肉の位置や大きさを確かめたら、ほぐすように揉んだりさすったりしてみましょう。

マッサージは体の痛みを軽減し、科学的にストレス解消にも効果があると立証されています。

何かを学習するとき、「インプット」と「アウトプット」を意識すると、効率よく知識や技術を身につけることができます。テキストを読んだり講座を受けたりするのが「インプット」、実際に試してみたり人に教えたりするのが「アウトプット」です。

アウトプットには二つのよい効果があります。

インプットした知識を、記憶に定着させる効果と、間違って覚えていたり曖昧になっているところに気づける効果です。

筋肉について勉強した知識をマッサージという形で実際に試し、自分や他人のために役立てることで、筋肉に関するよいアウトプットになるので、ぜひ取り入れてみてください。

3.筋肉の知識を生かせる仕事

両腕を広げる男性

筋肉について勉強した知識や経験を、生かせる仕事があります。

ここでは「パフォーマンス系」「トレーナー系」「医療系」にわけてご紹介します。

「パフォーマンス系」

 

〇ボディービルダー

ボディービルとは、鍛えた筋肉の美しさを競う競技です。ボディービルダーはそのプロ選手です。コンテストに出場して入賞し、その賞金を得ることが主な収入源です。そのほかにも、イベントやテレビへ出演し、出演料をもらうことも可能です。

〇筋トレYoutuber

筋肉の知識や筋トレの方法などを動画にしてYoutubeにアップし、再生数を稼いで広告収入を得る仕事です。人気のYoutuberになれば、広告収入のほかに、サプリメントの広告・販売、自分のプライベートブランドを立ち上げ、グッズを販売する、チャンネルの内容を書籍化するなど様々な収入源があります。

「トレーナー系」

〇スポーツトレーナー

スポーツ選手に対して、パフォーマンスの向上・ケガの防止・過去にケガをした部位のリハビリテーションなどを目的としたトレーニングを行う仕事です。

プロ選手のサポートチームの一員としてトレーニング指導をする働き方以外にも、スポーツジムや学校などで、スポーツ選手以外の人に対してトレーニング指導をする働き方があります。指導料や給料が収入源です。

〇パーソナルトレーナー

個人に対して、主にボディメイクやダイエットを目的としたトレーニング指導を行う仕事です。プロスポーツ選手に専属で雇われて、トレーニング指導を行う場合もあります。副業として月に数回だけ個人サロンを開くという人もいます。指導料や相談料が収入源です。

「医療系」

〇柔道整復師

骨折や脱臼、打撲や捻挫を治療する仕事です。治療には外科手術や投薬などの方法ではなく、手技や包帯・テーピングなどを使用して患部を固定し、整復や後治療を行い、回復を図ります。国家資格であり、医師以外では日本で唯一「単独で骨折・脱臼の整復固定」が許されています。(※ただし、応急処置が必要と判断した場合に限ります)

診療代、治療代が収入源です。

〇整体師

関節や骨格などの歪みを、手足による施術で矯正する仕事です。民間資格であり、いわゆる「治療」に当たる行為はできません。疲労回復やリラックス、痛みの緩和を目的とした施術を行います。施術に対して健康保険は適用されません。大手サロンに雇用される働き方と、個人でサロンを開業する働き方があります。

給料や施術代が収入源です。

〇あん摩マッサージ指圧師

む」「押す」「なでる」などの手技によって血行を改善し、コリや痛みを緩和する仕事です。基本的には器具などを使わずに施術します。国家資格であり、その施術は「医療疑似行為」に該当するため、医師の同意書があれば健康保険が適用されます。治療院で雇用される働き方と、個人で治療院を開業する働き方があります。

給料や治療費が収入源です。

以上、7つの仕事を簡単にご紹介しました。

このほかにも、小中学校の体育教師やスポーツ系の部活動のコーチ、介護の現場でも筋肉についての知識や技術を活用できます。

まとめ

足の筋肉模型

ここまで筋肉についての勉強法、筋肉についての知識や技術を生かせる仕事について、ご紹介してきました。

筋肉について詳しく解説している解剖学は、テキストの1ページ目から順に学習しようとすると、見慣れない専門用語が多く登場し勉強しづらさを感じてしまうことがあります。

まずは「自分が知りたいこと」「興味があるところ」から勉強を始めましょう。また、筋肉に親近感を持ちながら学習を進めると、より効率的に理解できます。そこで、3ステップでの学習がおすすめです。

筋肉についての知識を生かせる仕事はボディビルダーなど人前でパフォーマンスをして稼ぐものから、柔道整復師や整体師など人の痛みを和らげるものまで様々です。

筋肉の知識は、職業上必要な人だけが知っていればよいものではありません。

筋肉について勉強すると、自分や大切な人の体のために生かせる知識や技術を、たくさん身につけることができます。

自分に合った方法で、筋肉についての勉強をスタートさせましょう。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

リスクを最大限に下げたパーソナルジム開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。