副業でフランチャイズはできる?会社員からオーナーになれる方法を解説

「副業でフランチャイズはできるの?」
「会社員からオーナーになることは可能?」
「副業でできるフランチャイズ事業を知りたい」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「副業 フランチャイズ」と検索しても、会社経営の経験がない人が執筆した信憑性に欠ける記事や企業が作成したPR記事しかなく、これらの情報を鵜呑みにするのはやや危険です。

パーソナルジムの実店舗『ダイエットパートナーの運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、「副業でフランチャイズは可能か?」について執筆しました。

この記事を読むことで、副業でフランチャイズをするための方法を知ることができます。また会社員からフランチャイズオーナーになるための方法についても簡潔に執筆したので、ぜひ参考にしてみてください。

副業でフランチャイズをすることは可能

結論から言うと、副業でフランチャイズをすることは十分可能です。実際に、現在は数店舗のフランチャイズ店舗の経営を行なっているフランチャイズオーナーの中にも、副業からスタートした人は多いです。

またフランチャイズと聞くと『ファーストフード店』や『学習塾』を思い浮かべがちです。しかし近年は、インターネットの発達が影響し副業で始めることが出来るフランチャイズビジネスも多くあります。

またオンラインを使用したフランチャイズビジネスは、人件費や物件保証費などのコストが発生しないため、副業に適したビジネス手法です。インターネットが発展する以前の一昔前までならまだしも、現在は副業としてフランチャイズビジネスを行うことが十分可能な時代になりました。

副業でフランチャイズをすることのメリット

副業でフランチャイズビジネスをすることのメリットを解説します。副業でフランチャイズビジネスをすることのメリットは主に以下の3つです。

  • 将来的に独立開業へ繋がる
  • 副収入を得られる
  • ビジネスマンとしてのスキルが高まる

順に深堀して解説していきます。

将来的に独立開業へ繋がる

将来的に独立開業へ繋がることが、副業でフランチャイズビジネスを行う最大のメリットです。副業が推進されている時代ですが、副業としてフランチャイズビジネスを選ぶ人はそう多くありません。数ある副業の中でフランチャイズを選択する人は、おそらく将来的な独立開業を目指しているはずです。

フランチャイズビジネスを通した副業は、動画クリエイターやwebライターのような一般的な副業とは系統が異なります。規模の大小は人それぞれですが、将来的な会社設立を視野にフランチャイズビジネスを始める人が多数です。

副業といえど、フランチャイズビジネスはある程度の投資を要します。将来的な独立開業を目指していないのであれば、副業でフランチャイズを選択することはむしろ避けるべきです。

副収入を得られる

副業でフランチャイズビジネスをするメリットの一つが、副収入を得られることです。フランチャイズ経営を通して発生した利益は、そのまま自身の副収入となります。

どれだけ売上に貢献しても給料が変わらない会社員と違って、稼げば稼ぐほどに副収入が増えていくのが副業の特徴です。副業を成功させることが出来た人の中には、会社員として働きながら、副業収入を1,000万円以上得る人もいます。

ただしフランチャイズビジネスを中心とした副業には、経費が発生することがあるので注意が必要です。フランチャイズビジネスの種類によっては、物件保証費や設備費用を支払う必要があるため、売上額以上の経費がかかると赤字となってしまいます。出来るだけスモールスタートを心がけ、経費を最小に留めたフランチャイズビジネスを行うことが大切です。

ビジネスマンとしてのスキルが高まる

ビジネスマンとしてのスキルが高まることも、副業でフランチャイズビジネスを行うメリットです。フランチャイズビジネスを通して、普段会社員として従事しない仕事を行う必要があるため、必然的にビジネススキルも高まっていきます。

副業でフランチャイズビジネスをすることによって、特に高まるスキルは『経営術』です。普段会社員として企業に属しているだけでは、経営そのものに関わる機会はそう多くありません。しかしフランチャイズビジネスを自身で行うことで、「どのようにすれば利益が出るのか」「ビジネスを存続させるにはどうしたら良いのか」など、経営に必要な発想が必然的に出てくるはずです。

会社員として働きながら、フランチャイズビジネスを運営することで、他の会社員とは違った視点でビジネスを捉えることが出来ます。本業の仕事に繋がることが多いので、会社内でも一目置かれる存在となるでしょう。

副業でフランチャイズをすることのデメリット

副業でフランチャイズビジネスをすることには、デメリットもあります。副業でフランチャイズビジネスをすることのデメリットは以下の3つです。

  • 本業に支障が出る可能性がある
  • 余暇の時間が減る
  • 成果を出すまでに時間がかかる場合も

順に深堀して解説していきます。

本業に支障が出る可能性がある

副業でフランチャイズビジネスをする最大のデメリットは、本業に支障が出る可能性があることです。会社に勤務しながら副業をすることは決して簡単なことではありません。

フランチャイズビジネスは企業を経営することと大きな違いはないため、かなりの労力を有します。特にフランチャイズビジネスをスタートした当初は、様々な業務処理のため多大な労力を要するはずです。

また副業として始めたフランチャイズビジネスが想像以上に上手くいった場合、本業に身が入らなくなる可能性も高いでしょう。気持ちの切り替えが上手く出来なければ、本業に身が入らず、会社側からの信頼を大きく損ねてしまう危険性もあるので注意が必要です。

余暇の時間が減る

副業でフランチャイズビジネスをする場合は、必然的に余暇の時間は大きく減少します。就業後や休日の時間を使ってビジネスに取り組む必要があるからです。

特に副業からスタートし将来的に独立開業を目指している人は、余暇の時間がほとんどなくなってしまうでしょう。フランチャイズビジネスを軌道に乗せることは決して簡単ではないため、余暇の時間はほとんどなくなります。

副業としてフランチャイズビジネスをスタートさせる場合は、前もって余暇の時間が減ることを理解することが必要です。

成功するまでに時間がかかる場合も

副業としてフランチャイズビジネスを成功させるためには、ある程度長い時間がかかることもあります。フランチャイズビジネスは起業をすることと大きな違いはなく、ビジネスを軌道に乗せるのに一定の時間がかかるからです。

特に副業としてフランチャイズビジネスを行いたい人は、本業で取り組む人に比べて、フランチャイズビジネスに掛けられる時間は限られています。就業後や休日の限られた時間の中で、フランチャイズビジネスに取り組む必要があるので、どうしてもビジネス成立までに時間がかかるのです。

副業のフランチャイズビジネスをより早く成功させるためには、タイムマネジメントを徹底する必要があります。無駄な時間を極力省き、本業以外の時間をほぼ全てフランチャイズビジネスに費やすことが必要です。

会社員からフランチャイズオーナーになる方法

ここでは会社員から、独立開業を成功させフランチャイズオーナーになる方法を解説します。会社員からフランチャイズオーナーになる方法は、以下の3つです。

  • スモールスタートできるビジネスを選ぶ
  • 残業時間を減らす
  • 経営学を学ぶ

順に深堀して解説していきます。

スモールスタートできるビジネスを選ぶ

まずはスモールスタートができるフランチャイズビジネスを選択することが必須です。スモールスタートとは具体的に、『コスト・時間・労力』が最小限に抑えられるビジネスを指しています。

スモールスタートできるビジネスを選択することで、副業としてフランチャイズビジネスを始めた場合でも、成功できる可能性が高くなるでしょう。スモールスタートのビジネスなら、使える時間やお金が限られている会社員でもビジネスを成立させることは十分に可能です。

具体的にスモールスタートができるフランチャイズビジネスとは、『インターネットを活用したビジネス』になります。特に昨今はインターネットを媒体として活動するフランチャイズ企業が続出しています。数が多いため、どの企業を選択するかはよく吟味する必要がありますが、スモールスタートできるビジネスとしてはオススメです。

残業時間を減らす

将来的にフランチャイズオーナーを目指すならば、会社員時代からフランチャイズビジネスに注力しておくことは必須です。そのための取り組みとして、まずは本業での残業時間を減らし、フランチャイズビジネスに投与できる時間を増やしましょう。

会社員としてフランチャイズビジネスをする際は、限られた時間をより有効に利用する必要があります。極力本業での無駄な残業時間を減らしフランチャイズビジネスに取り組む時間を増やすことが先決です

ただし残業時間を気にするあまり、本業に対してのパフォーマンスが急激に低下してしまうのは避けるべきです。あまりにも意欲が下がった姿勢が周りに映ると会社からの評価を著しく下げてしまうので注意が必要です。

経営学を学ぶ

将来的にフランチャイズオーナーを目指すならば、経営学を学ぶことは必須です。会社員時代の副業時点から積極的に経営学を学んでおくことで、フランチャイズオーナーになった際に学んだ知識を活かすことが出来ます。

特に一会社員として企業に勤めているだけでは、会社の経営そのものに関わることは少ないのが現実です。経営幹部でもない限り、経営そのものに関わる決断を下すことは少ないでしょう。

副業としてフランチャイズビジネスに取り組んでいる時点から、その後を見据えて経営学を学んでおくことが重要です。実際にフランチャイズオーナーとして独立開業した際にも、経営学の知識が役立つでしょう。

副業でフランチャイズをすることは十分に可能

副業でフランチャイズビジネスをすることは十分に可能です。むしろ副業としてフランチャイズビジネスを始めることで、会社員では学べない様々なスキルを習得することが出来るでしょう。ぜひ今回の記事を参考に、副業のフランチャイズビジネスを成功させ、将来的にフランチャイズオーナーとなれるよう頑張ってください。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。