フランチャイズ事業とは|ビジネスモデルを徹底解説

「フランチャイズ事業ってなに?」
「フランチャイズ事業の基礎を知りたい」
「フランチャイズ事業にはどんなビジネスモデルがあるの?」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「フランチャイズ事業」と検索しても、会社経営の経験がない人が執筆した信憑性に欠ける記事や企業が作成したPR記事しかなく、これらの情報を鵜呑みにするのはやや危険です。

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、フランチャイズ事業について執筆しました。

この記事を読むことで、フランチャイズ事業そのものについて詳しく知ることができます。またフランチャイズのビジネスモデルについても簡潔に執筆したので、ぜひ参考にしてみてください。

フランチャイズ事業について

フランチャイズ事業とは、『個人・法人がフランチャイズ本部企業と契約を結び、店舗などを経営するビジネス』のことです。フランチャイズ事業本部とフランチャイズ加盟契約をしたオーナーは、事業権利や様々なサポートを受ける代わりに、本部に対し加盟金やロイヤリティを支払います。

また加盟金やロイヤルティには、個々の事業本部によって制度が異なっており、ある一定の条件を満たすことで、支払う額を減額出来るフランチャイズ事業本部もあるようです。

フランチャイズ事業においては加盟する企業によって、制度やサポートに様々な違いがあります。加盟する企業の制度をしっかりと把握した上で、契約を締結することが大切です。

フランチャイズ事業に必要な開業資金

フランチャイズ事業の開業に必要な資金は、200万円〜3,000万円です。フランチャイズ事業と一言に表しても、業種やビジネスモデルによって開業資金の額には大きな差が生まれます。

また店舗をフランチャイズ本部で設立する場合とオーナー側が設立する場合で、数千万円の差が出るので注意が必要です。店舗の規模が大きくなるほど、必要な資金も増えるので、よく確認しておく必要があります。

フィットネス業界を例にあげると、一般的にフィットネスクラブのような大規模施設を要する形態は必要資金が非常に高いです。反対にパーソナルジムのように小規模で開業できるビジネスは、フランチャイズ加盟金も少ない傾向にあります。

フランチャイズ事業のロイヤリティについて

フランチャイズ事業において発生するロイヤリティとは、フランチャイズ加盟店が、オーナー企業の事業本部に対し定期的に支払うものになります。

ロイヤリティはただ単に手数料として支払うものではなく、加盟店側がオーナー企業から経営を行ううえで重要な権利を受け取るための対価として支払うものです。ロイヤリティを支払うことで、受け取ることが出来る権利は主に以下の3つです。

  • 店名や商標を使用する権利
  • 経営ノウハウを受け取る権利
  • 経営サポートを受け取る権利

加盟店側がオーナー企業に対してロイヤリティを支払う対価として、上記3つの権利を得ることが出来ます。特に3つ目の『経営サポートを受け取る権利』は、ロイヤリティを支払う対価として最大のものです。ビジネスを成功させるためのノウハウを受け取ることができるため、業界・業種未経験のフランチャイズオーナーでもビジネスを成立させることが出来ます

なお、下記の記事では『フランチャイズ事業のロイヤリティ』についてさらに詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

フランチャイズのロイヤリティとは?業界別の相場も

フランチャイズオーナーの仕事内容

フランチャイズオーナーの仕事は、「店舗の経営を行うこと」です。いくらフランチャイズ経営といえど、自身で店を所有し運営する点においては、企業の経営者と何ら違いはありません。

マーケティング・マネジメント・店舗管理など、経営における全てが自身の責任の元で行われるのです。もちろん本部からのサポートを受けることはできますが、最終的な責任はフランチャイズオーナーが請け負うことになります。

またフランチャイズオーナーは、事業本部との関係性を構築していく役割も担います。フランチャイズ加盟店である以上、経営の軸は本部の意向に沿ったものとなるため、経営の全てを自身や働く従業員の意向に基づいて決めることは不可能です。事業本部とフランチャイズ店舗との関係性を構築し、より良い経営をすることもフランチャイズオーナーの重要な仕事の一部になります

フランチャイズ事業を行うメリット

フランチャイズ事業にてビジネスを行うメリットを解説します。フランチャイズ事業のメリットは以下の3つです。

  • 開業資金を節約できる
  • オーナー企業のブランド力を受け継ぐことが可能
  • 経営サポートを受けられる

順に深堀して解説していきます。

開業資金を節約できる

開業資金を節約できることが、フランチャイズ経営・開業をすることの最大のメリットです。

企業にもよりますが、フランチャイズ店舗を開業する際は、事業本部からの資金援助を受けられる場合があります。融資という形で一部の開業資金をサポートしてくれる企業も多いので、開業のハードルを下げることが可能です

またオーナー企業以外からも資金援助を受けられることがあります。助成金や補助金など政府からの資金援助も受けられることが可能です。なお、フランチャイズ加盟を募集している企業の中には、助成金や補助金の受け取りをサポートしてくれる企業もあります。

オーナー企業のブランド力を受け継ぐことが可能

フランチャイズ事業では、オーナー企業が持つ『ブランド力』をそのまま受け継ぐことが可能です。知名度や商品力など、その企業が持つブランド力を引き継いだ状態で運営をスタートできます。

開業当初に課題となるのが『集客』です。しかしフランチャイズ事業では、オーナー企業が持つブランド力により、一定数の集客が開業当初から見込むことが出来ます。そのため個人開業よりも圧倒的に開業当初の集客を優位に進めることが可能です。

また大規模な広告宣伝を行わずとも、一定数の集客が見込めるため、広告宣伝費を削減することもできます。オーナー企業のブランド力を引き継げるため、広告コストを大幅に削減することも可能です。

経営のサポートを受けられる

経営サポートを受けられることが、フランチャイズ事業最大のメリットです。フランチャイズ加盟店を募集している企業の多くは既にビジネスモデルを確立し、経営を軌道に乗せた企業がほとんど。フランチャイズで店舗を増やしても事業が成り立つからこそ、加盟店を募集していると言えます。

特に大企業のフランチャイズ運営事業部は、フランチャイズ専門のアドバイザーを有しています。専門アドバイザーはフランチャイズ経営に特化したノウハウを熟知しているので、より安定した事業成果をサポートすることが可能です。

またフランチャイズオーナーの中には、業界・業種未経験から他店舗展開に成功した人も多くいます。未経験からビジネスを成功させることができるのは、フランチャイズ事業本部からの経営サポートが大きな役割を果たしていることが間違いないでしょう。

フランチャイズ事業のデメリット

前述した通り様々なメリットがあるフランチャイズ事業ですが、同時にデメリットも有しています。フランチャイズ事業のデメリットは以下の2つです。

  • 加盟金やロイヤルティを支払う必要がある
  • 個々の意見が通りにくい

順に深堀して解説していきます。

ロイヤルティを支払う必要がある

フランチャイズ経営のデメリットは、ロイヤリティの支払い義務があることです。個人経営の場合、運営で発生した粗利は全て自社のものになります。一方でフランチャイズ加盟店の場合、発生した売上(または粗利)の一部をロイヤリティとして、フランチャイズ事業本部に支払わなくてはなりません。

またロイヤリティの額や比率にも注意が必要です。ロイヤリティの額は企業やフランチャイズのビジネスモデルによって大きく異なりますが、あまりにも高額だと経営そのものに大きな負担をもたらすでしょう。

ロイヤリティには主に『売上歩合方式・粗利分配方式・定額方式』の3つがあります。中でも売上歩合方式と粗利分配方式は注意が必要で、売上額が高くなるほどオーナー企業に支払う額も増幅します。フランチャイズ契約を結ぶ際は、ロイヤリティよく検討したうえで契約締結をすることが大切です。

個々の意見が通りにくい

フランチャイズ事業の大きなデメリットは、オーナーやフランチャイズ店で働く従業員の意見が通りにくいことです。経営を任されているとはいえ、あくまでフランチャイズ加盟店はオーナー企業(事業本部)の傘下にあります。

最終的な経営の決定権はフランチャイズ事業本部にあるため、大きな決断を要する取り組みは、事業本部の了承を得る必要があります。あまりにも事業本部の方針から逸脱した取り組みだった場合には、取り組みを却下される可能性が高いです。

またフランチャイズ加盟店社員とオーナー企業社員とでは、どうしても思考に格差が生まれがちです。事業に関する考え方が異なる場合が多いため、フランチャイズオーナーは『自身が雇用している従業員』と『オーナー企業側従業員』の橋渡しをする必要があります。

フランチャイズ事業のビジネスモデル

フランチャイズ事業のビジネスモデルについて解説していきます。フランチャイズ事業のビジネスモデルは以下の3つです。

  • ビジネスフォーマット
  • パッケージライセンス
  • のれん分け

順に深堀して解説していきます。

ビジネスフォーマット

フランチャイズにおいて最も一般的なビジネスモデルです。加盟店側は事業本部より、事業開始からその後の経営まで一貫してサポートを受けることが出来ます。

サポート体制が非常に充実しているため、業界・業種未経験のオーナーでも比較的成功率の高いビジネスモデルです。一方で、サポートが充実しているだけあって加盟金やロイヤリティの額は他2つよりも高い傾向にあります。

ビジネスフォーマットを提案している企業が最も多く、フランチャイズ事業を手掛ける大手企業のほとんどがこのモデルを採用しています。

パッケージライセンス

パッケージライセンスは、その名の通り「ビジネスの仕組みをパッケージとして販売するタイプ」です。自社が持つ『看板・ロゴ・商標・ノウハウ』などをパッケージ化してフランチャイズ加盟店へ販売します。

いわゆる『売り切り』タイプのビジネスモデルです。ビジネスフォーマットと違い、開業後の経営サポートがないため、ややフランチャイズ上級者向けのビジネスモデルとなっています。

経営サポートがない反面、ロイヤリティを支払う義務がなく、加盟金やその他手数料の支払いのみで完結させることが可能です。しかし経営サポートが含まれていないため、その後の経営はフランチャイズ加盟店に全責任が移管されます。

のれん分け

のれん分けは、元々昔の商家などで、奉公人がよく勤めてくれたことに免じて、独立するときに自分と同じ屋号で店を出すことを認めた慣習を指す言葉です。

現代では、「フランチャイズ事業を手掛ける会社の従業員が、自社と同じブランド名で独立・開業をすること」を指しています。

ビジネスフォーマットと同じタイプのビジネスモデルですが、元々同様のビジネスモデルを活用していた人が加盟店を独立するため初期導入や経営サポートは不要です。

フランチャイズ事業をよく理解してより良い経営を

フランチャイズ事業を成功させるためには、まず「フランチャイズ事業とはどういうものなのか」をよく理解しておくことが大切です。フランチャイズ事業に伴う契約に際しても、よく検討してから締結しましょう。またフランチャイズ事業は奥が深く、今回の記事内容以外の情報を集めることも大切です。ぜひフランチャイズ事業への理解を深め、より良い経営を目指してください。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。