フランチャイズ経営・開業は難しい?想定年収・デメリットなど解説

「フランチャイズ経営・開業は難しいの?」
「フランチャイズ経営・開業のメリットとデメリットは?」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「フランチャイズ経営・開業」と検索しても、会社経営の経験がない人が執筆した信憑性に欠ける記事や企業が作成したPR記事しかなく、これらの情報を鵜呑みにするのはやや危険です。

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、フランチャイズ経営・開業について執筆しました。

この記事を読むことで、フランチャイズ経営・開業について詳しく知ることができます。またフランチャイズオーナーの想定年収についても簡潔に執筆したので、ぜひ参考にしてみてください。

フランチャイズ経営・開業について

フランチャイズとは、『個人・法人がフランチャイズ本部企業と契約を結び、店舗などを経営するビジネス』のことです。フランチャイズ事業本部とフランチャイズ加盟契約をしたオーナーは、事業権利や様々なサポートを受ける代わりに、本部に対し加盟金やロイヤリティを支払います。

また加盟金やロイヤルティには、個々の事業本部によって制度が異なっており、ある一定の条件を満たすことで、支払う額を減額出来るフランチャイズ事業本部もあるようです。

フランチャイズ経営・開業においては加盟する企業によって、制度やサポートに様々な違いがあります。加盟する企業の制度をしっかりと把握した上で、契約を締結することが大切です。

フランチャイズの開業に必要な資金

フランチャイズの開業に必要な資金は、約2,000万円〜3,000万円です。もちろん業種や加盟企業によって必要な額は異なります。

また店舗をフランチャイズ本部で設立する場合とオーナー側が設立する場合で、数千万円の差が出るので注意が必要です。店舗の規模が大きくなるほど、必要な資金も増えるので、よく確認しておく必要があります。

フィットネス業界を例にあげると、一般的にフィットネスクラブのような大規模施設を要する形態は必要資金が非常に高いです。反対にパーソナルジムのように小規模で開業できるビジネスは、フランチャイズ加盟金も少ない傾向にあります。

フランチャイズオーナーの仕事内容

フランチャイズオーナーの仕事は、「店舗の経営を行うこと」です。いくらフランチャイズ経営といえど、自身で店を所有し運営する点においては、企業の経営者と何ら違いはありません。

マーケティング・マネジメント・店舗管理など、経営における全てが自身の責任の元で行われるのです。もちろん本部からのサポートを受けることはできますが、最終的な責任はフランチャイズオーナーが請け負うことになります。

またフランチャイズオーナーは、事業本部との関係性を構築していく役割も担います。フランチャイズ加盟店である以上、経営の軸は本部の意向に沿ったものとなるため、経営の全てを自身や働く従業員の意向に基づいて決めることは不可能です。事業本部とフランチャイズ店舗との関係性を構築し、より良い経営をすることもフランチャイズオーナーの重要な仕事の一部になります

フランチャイズオーナーの想定年収

フランチャイズオーナーの想定年収は、400万円〜500万円です。しかしこれはあくまで平均的な数字であり、中には年収1,000万円以上を稼ぐフランチャイズオーナーもいます

また、どのような業種のフランチャイズオーナーになるかで、大きく想定年収も異なります。例えば、ネットショップのフランチャイズオーナーの平均年収は150万円前後であるのに対して、ハウスクリーニング業のフランチャイズオーナーの平均年収は900万円前後です。このようにどのような業種のフランチャイズオーナーとなるかで、想定年収にも大きな差が生まれます。

また同じ業種でも本部に支払うロイヤリティの額によって、フランチャイズオーナーの年収も大きく変動します。当然ロイヤリティが少ないほど、フランチャイズオーナーの年収も高くなるでしょう。ロイヤリティの額はフランチャイズオーナーの年収にも直結する重要事項なのです。

フランチャイズ開業・経営のメリット

フランチャイズ開業・経営を行うメリットについて詳しく解説して行きます。フランチャイズ開業・経営を行う主なメリットは以下の3つです。

  • 開業資金を節約できる
  • オーナー企業の看板効果を得られる
  • 経営のサポートを受けられる

順に深堀して解説していきます。

開業資金を節約できる

開業資金を節約できることが、フランチャイズ経営・開業をすることの最大のメリットです。

企業にもよりますが、フランチャイズ店舗を開業する際は、事業本部からの資金援助を受けられる場合があります。融資という形でサポートしてくれる企業も多いので、開業のハードルを下げることが可能です。

またオーナー企業以外からも資金援助を受けられることがあります。助成金や補助金など政府からの資金援助も受けられることが可能です。なお、フランチャイズ加盟を募集している企業の中には、助成金や補助金の受け取りをサポートしてくれる企業もあります。

オーナー企業の看板効果を得られる

フランチャイズ経営をする大きなメリットは、オーナー企業が持つ看板効果を反映できることです。店舗の集客を成功させるためには、宣伝広告を行うことが必須ですが、広告費用は店舗の経営を圧迫させる可能性があるほど多額の費用が掛かります。

フランチャイズ加盟店ならば、オーナー企業が持つ知名度をそのまま受け継ぐことが出来るので、自身で一から開業をするよりも圧倒的に広告費用を削減することが可能です。

またオーナー企業のブランド力が高いほど、集客を成功させられる可能性は高くなります。ブランド力が元々あるので、大規模な宣伝を行わずとも自然とお客様が集まってくるのです。

経営のサポートを受けられる

オーナー企業とのフランチャイズ契約を結ぶことで、経営サポートを受けることが可能です。フランチャイズ加盟店を募集している企業の多くは既にビジネスモデルを確立し、経営を軌道に乗せた企業がほとんど。フランチャイズで店舗を増やしても事業が成り立つからこそ、加盟店を募集していると言えます。

フランチャイズ加盟店に対し、ほとんどのオーナー企業は何らかのサポートを行ってくれる可能性が高いです。集客方法・マーケティング術・店舗管理方法など店舗経営におけるノウハウを伝授してくれるでしょう。また、中には専門のスーパーバイザーを派遣してくれる企業もあるようです。

オーナー企業が経営のサポートをしてくれるため、フランチャイズオーナーの中には起業自体が初めての人も多いです。一から徹底的に経営サポートをしてくれるため、倒産のリスクも軽減することができます。

フランチャイズ経営・開業のデメリット

フランチャイズ経営・開業にはメリット同様にデメリットも存在します。しっかりとデメリットも考慮したうえで、フランチャイズ契約を行うことが大切です。フランチャイズ経営・開業のデメリットは以下の3つになります。

  • 倒産のリスクがある
  • 加盟金やロイヤルティを支払う必要がある
  • 個々の意見が通りにくい

順に深堀して解説していきます。

倒産のリスクがある

フランチャイズ経営・開業における最大のリスクは、倒産の可能性があることです。いくらフランチャイズ制度を利用したと言っても、会社を起業したことと大きな違いはありません。起業するということは、同時に倒産のリスクを背負うことも意味するのです。

フランチャイズ店舗が倒産した場合は、オーナー企業が責任を取ってくれることはほとんどありません。むしろ貸付などがある場合は、倒産後にフランチャイズオーナーが責任を持って返済しなくてはならないのです。

また自身のフランチャイズ店舗の経営が順調であったとしても、オーナー企業が倒産することもあります。この場合は破産管財人が仲裁に入り、フランチャイズ店舗の運営の継続を決定することになります。仲裁人の意向次第ではありますが、最悪の場合にはオーナー企業の看板そのものを失うリスクもあるので注意が必要です。

加盟金やロイヤルティを支払う必要がある

フランチャイズ経営のデメリットとしてあるのが、加盟金やロイヤリティの支払いです。加盟金とロイヤリティの額は企業によっても大きく異なりますが、あまりにも高額だとかなりの利益を出さないと粗利が大きく減少するリスクもあります。

特に注意すべきがロイヤリティの額です。ほとんどの企業が1ヶ月あたり数万円〜10万円の所が多いですが、中には売上の数%と取り決めしている企業もあります。あまりにも高額なロイヤリティは経営にとって大きな障害になるので注意が必要です。

ロイヤリティには主に『売上歩合方式・粗利分配方式・定額方式』の3つがあります。中でも売上歩合方式と粗利分配方式は注意が必要で、売上(もしくは粗利)が高くなるほどオーナー企業に支払う額も増大します。フランチャイズ契約を結ぶ際は、ロイヤリティよく検討したうえで契約締結をすることが大切です。

個々の意見が通りにくい

フランチャイズの大きなデメリットは、オーナーやフランチャイズ店で働く従業員の意見が通りにくいことです。経営を任されているとはいえ、あくまでフランチャイズ加盟店はオーナー企業の傘下にあります。

経営の軸はオーナー企業側にあるため、大きな決断を要する取り組みは、オーナー起業側から却下される可能性が高いです。特にオーナー起業側の経営方針に反する取り組みは、棄却されるでしょう。

どんなに素晴らしい意見が従業員サイドから出たとしても、オーナー起業側が認めてくれなければ実行することは不可能です。もしオーナー企業側の方針に反する行動をとれば契約を解除される可能性もあります。フランチャイズ加盟店である以上、オーナー起業側の方針に従うことが求められるのです。

フランチャイズ経営・開業は慎重に行うことが大切

フランチャイズ経営・開業は近年特に注目を集めている起業方法です。一から会社を立ち上げることに比べてリスクも少なく、ビジネスを軌道に乗せやすい制度であることは間違いありません。しかし反面、今回紹介したようにデメリットも存在します。メリットだけでなくデメリットも理解したうえで、フランチャイズ経営・開業を行うことが大切です。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。