フランチャイズで失敗するパターンと成功させるために必要なポイント

「フランチャイズビジネスで失敗するパターンは?」
「フランチャイズで失敗しないためにはどうしたらいいの?」
「フランチャイズで成功するための方法を知りたい」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「 フランチャイズ 失敗」と検索しても、会社経営の経験がない人が執筆した信憑性に欠ける記事や企業が作成したPR記事しかなく、これらの情報を鵜呑みにするのはやや危険です。

パーソナルジムの実店舗『ダイエットパートナーの運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、フランチャイズで失敗するパターンについて執筆しました。

この記事を読むことで、フランチャイズで失敗するパターンを知ることができます。またフランチャイズで失敗しないための方法についても簡潔に執筆したので、ぜひ参考にしてみてください。

フランチャイズで失敗するパターン

まずはフランチャイズで失敗するパターンについて詳しく解説していきます。フランチャイズで失敗するパターンは以下の5つです。

  • 資金不足
  • 契約条件の見落とし
  • オーナーの能力不足
  • 人手不足
  • 外部環境の変化

順に深堀して解説していきます。

資金不足

フランチャイズビジネスで失敗するパターンで最も多いのが資金不足です。資金不足が起こるタイミングは、比較的開業直後である傾向があります。

よくあるのは「開業資金が足りなかった」や「ランニングコストを見誤った」というパターンです。事業を始めるにあたって開業資金が不足していることが主な原因となっているため、十分な開業資金を準備しておくことが大切になります。

また予めフランチャイズ事業本部ともランニングコストについて念入りに確認しておくことが大切です。ランニングコストは事業開始後も永続的に発生するので、特に注意して確認しておきましょう。

契約条件の見落とし

契約条件を事業開始前に見落としてしまうことも、フランチャイズビジネスが失敗してしまう大きな原因です。フランチャイズ契約は、その後の経営そのものに直結する重要事項。もし契約時に見落としがあっても、後から契約内容を変更することは難しいでしょう。

フランチャイズ契約は決して安易に行わず、必ず複数人で契約事項を確認することが大切です。フランチャイズオーナーだけの意思で、契約書にサインすることはおすすめしません。複数人で契約を確認することで、思わぬ見落としに気が付く可能性もあります。

またフランチャイズ本部と加盟店側での契約に対する認識の違いにも注意が必要です。認識の相違を無くすためにも、フランチャイズ事業本部とは念入りに契約内容の確認をしましょう。

オーナーの能力不足

フランチャイズオーナーの能力不足も、事業失敗の大きな要因です。自らフランチャイズビジネスを行うオーナーは『企業の経営者』とも言えます。

経営者には当然、会社経営のスキルが必要です。フランチャイズオーナーの経営スキルが不足していると、様々な要素で会社に損害を与えるでしょう。フランチャイズオーナーは、マーケティングやマネジメントなどのスキルはもちろん、店舗管理や法律にも詳しくなることが大切です。

また事業開始後に他店舗展開を目指したい場合、フランチャイズオーナーにはより高い経営スキルが求められます。少しずつ経営に関するスキルを高め、事業存続に良い影響を与えるフランチャイズオーナーでなければなりません。

人手不足

人手不足もフランチャイズビジネスを失敗する要因の一つです。求人募集をかけるも思うように人手が集まらず、経営が難しくなるケースも少なくありません。

特に地方のコンビニやラーメン店などのフランチャイズ店舗は、慢性的な人手不足に悩んでいるのが現状です。日本の高齢化社会による影響を受けており、若い働き手が見つからない状態にあります。

人手不足に陥らないためには、開業前に「求人が集まりやすい地域か」をよく検討してお区ことが大切です。もし近隣のお店が人手不足に陥っている傾向にあれば、該当地域での開業は見送るべきかもしれません。

外部環境の変化

外部環境の変化によってフランチャイズビジネスが失敗してしまうこともあります。外部環境の変化とは『競合店の出店』や『自社ブランドの評判低下』です。

前者は特にコンビニや飲食店のフランチャイズ起こることが多く、近隣に競合店が出店することで、客数が減少してしまうことを指します。競合の出店を制限することはほぼ不可能で、対策が非常に難しい事案です。

また後者のブランド力低下も経営に大きな打撃を与えます。オーナー企業のブランド力が何らかの事情で低下することで客数が減ってしまうのです。

いずれも「どんな事態があっても通ってくれる固定客を増やす」ということが有効な対策となります。結局は日頃の営業努力を地道に積み上げるしかないのです。

フランチャイズで成功するためのポイント

フランチャイズビジネスを成功するためのポイントについて解説していきます。フランチャイズビジネスを成功させるためのポイントは、以下の5つです。

  • スモールスタートを心がける
  • 十分な資金を準備する
  • 情報収集を徹底する
  • 事業本部との連携を取る
  • 外部変化に適応する

順に深堀して解説していきます。

スモールスタートを心がける

フランチャイズビジネスを成功させるために最も大切なことは『スモールスタート』を行うことです。決して最初から大きな利益は狙わずに、最小のコストで小さな利益を生み出していくことを狙いとします。

フランチャイズビジネスでは、5年後に3割〜4割の店舗が閉店してしまうと言われています。個人での開業に比べるとリスクは低いものの、生き残ることは決して簡単でないことが事実です。もし多額の資金を投じたのにも関わらず、閉店に追い込まれると投資資金の返済が出来なくなるリスクもあります。

まずは徹底してスモールスタートを心掛けることが重要です。開業やランディングコストを最小限に抑えることで、その後の経営も余裕を持って行えるようになります。無理な投資は避けることが大切です。

十分な資金を準備する

フランチャイズビジネスを成功させるためには、十分な資金を準備することも大切です。開業資金はもちろん、その後のランニングコストも見越した十分な資金を用意しましょう。

十分な資金を用意するためには「開業前に的確な資金見積もりを算出すること」が重要です。決して大まかな資金見積ではなく、『開業資金+開業後に必要な資金』を算出しましょう。必要ならば事業本部や外部専門家に相談するのもおすすめです。

資金調達には、日本政府や銀行からの融資を受けることもできます。フランチャイズ事業本部の中には、資金調達のサポートをしてくれる企業もあるので、積極的に相談することも大切です。

事業本部との連携を取る

フランチャイズビジネスを成功させるためには、フランチャイズ事業本部との連携も欠かせません。事業本部と密に連携を取ることで、経営のサポートはもちろん、市場の同行も正確に知ることが出来ます。

フランチャイズオーナーの中には、事業本部との連携を取りたがらない人もいますが、これは得策ではありません。あくまでフランチャイズ店は、オーナー企業の傘下にあるため、連携を密に取ることが必須です。

またオーナー企業は、ビジネスを成功させるためのノウハウを蓄えています。全てを聞き入れる必要はありませんが、積極的に連携を取ることで、自身のフランチャイズビジネスにプラスの作用をもたらしてくれるはずです。

外部変化に適応する

外部の環境変化に対し柔軟に適応していくことも重要です。特にIT技術が介入してきた現代ビジネスでは、外部環境の変化が激しいと言われています。

『競合店の出店・オンラインシステムの発達・ブランド力の変化』など、ビジネスの世界では様々な変化が起こります。これらの変化に対し柔軟に素早く対応した企業・店舗だけが生き残っていけるのです。

「昔からこの方法でやってきたから」という考えは捨てましょう。昔ながらの方法を残すことは大切ですが、以前の方法に執着してしまうと、変化に付いていけなくなる可能性が高いです。変化に対し柔軟に適応することで、より良い経営が出来るでしょう。

ポイントを抑えて無理のないフランチャイズビジネスを

フランチャイズビジネスは、「個人開業に比べて成功しやすいビジネス形態」と言われています。しかし生き残り競争が激しい現代では、以前に比べてビジネスを存続させることは難しくなりました。まずはスモールスタートを徹底し、ポイントを抑えながら無理のないビジネスプランを算出することが大切です。ぜひ今回の記事を参考により良い経営を目指してください。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。