コンビニで探すフランチャイズ募集一覧と失敗しない選び方

「コンビニのフランチャイズ経営ってどんな特徴があるの?」
「コンビニのフランチャイズ選びのポイントは?」
「コンビニのフランチャイズ募集を知りたい」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「コンビニ フランチャイズ」と検索しても、会社経営の経験がない人が執筆した信憑性に欠ける記事や企業が作成したPR記事しかなく、これらの情報を鵜呑みにするのはやや危険です。

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、コンビニのフランチャイズについて執筆しました。

この記事を読むことで、コンビニフランチャイズ加盟店を募集している企業を知ることができます。またコンビニのフランチャイズ経営そのものについても簡潔に執筆したので、ぜひ参考にしてみてください。

コンビニのフランチャイズ経営について

コンビニのフランチャイズ加盟店を募集している企業を紹介する前に、コンビニフランチャイズの詳細を少し説明します。

まずコンビニのフランチャイズとは「個人・法人がコンビニフランチャイズ本部企業と契約を結び、フランチャイズオーナーとしてコンビニを経営するビジネス」です。フランチャイズ事業本部とフランチャイズ加盟契約をしたオーナーは、事業権利や様々なサポートを受ける代わりに、本部に対し加盟金やロイヤリティを支払います。

また加盟金やロイヤルティには、個々の事業本部によって制度が異なっており、ある一定の条件を満たすことで、支払う額を減額出来るフランチャイズ事業本部もあるようです。

フランチャイズ経営・開業においては加盟する企業によって、制度やサポートに様々な違いがあります。加盟する企業の制度をしっかりと把握した上で、契約を締結することが大切です。

コンビニフランチャイズの開業に必要な資金

コンビニフランチャイズの開業に必要な資金は、約200万円〜300万円です。もちろん加盟企業によって必要な額は異なります。

他の業種に比べて開業に必要な資金が少ないため、コンビニフランチャイズに加盟する人も多いです。しかし実際には10年以上経営を続けていけると言われているのは全体の3割程度。開業資金が少ないのは大きなメリットですが、経営を続け店舗を存続させていくことは決して簡単ではありません。

また開業に必要な資金が足りないからと言って銀行から融資を受けることにはリスクがあります。万が一に閉店してしまった場合は、当然返済の義務があるため、生活を圧迫してしまうでしょう。コンビニのフランチャイズ経営は閉店のリスクも高いため、多くの人が自己資金のみで開業しています。

コンビニフランチャイズオーナーの仕事内容

コンビニフランチャイズオーナーの仕事は、「コンビニ店の経営を行うこと」です。いくらフランチャイズ経営といえど、自身で店を所有し運営する点においては、企業の経営者と何ら違いはありません。

マーケティング・マネジメント・店舗管理など、経営における全てが自身の責任の元で行われるのです。もちろん本部からのサポートを受けることはできますが、最終的な責任はフランチャイズオーナーが請け負うことになります。

またフランチャイズオーナーは、事業本部との関係性を構築していく役割も担います。フランチャイズ加盟店である以上、経営の軸は本部の意向に沿ったものとなるため、経営の全てを自身や働く従業員の意向に基づいて決めることは不可能です。事業本部とフランチャイズ店舗との関係性を構築し、より良い経営をすることもフランチャイズオーナーの重要な仕事の一部になります

コンビニフランチャイズオーナーの想定年収

コンビニフランチャイズオーナーの想定年収は、700万円前後です。しかしこれはあくまで平均的な数字であり、中には年収1,000万円以上を稼ぐコンビニフランチャイズオーナーもいます

ただし、コンビニオーナーの年収はオーナー個人の年収というより、1店舗あたりの年収として管理するため注意が必要です。例えば夫婦経営の場合は夫婦合わせた年収が約700万円と考えます。家族経営のコンビニ店舗だとさらに一人あたりの年収は低くなります。

またコンビニフランチャイズは、売上金額によってロイヤリティのパーセンテージが大きく変わることが多いです。一概には言えませんが、収入が売上金額の10%以下になる可能性もあります。

コンビニフランチャイズの失敗しない選び方

コンビニフランチャイズの失敗しない選び方を解説していきます。コンビニフランチャイズの失敗しない選び方のポイントは以下の3つです。

  • ロイヤリティの額や制度に着目する
  • 地域性を考慮する
  • 求人が集まりやすいか

順に深堀して解説していきます。

ロイヤリティの額や制度に着目する

コンビニフランチャイズを選ぶ際に最も大切なことは、ロイヤリティの詳細を細かく把握することです。コンビニフランチャイズを経営する際は、『粗利分配方式』というロイヤリティ制度を導入している企業がほとんどになります。

粗利分配方式というのは、月の粗利額に応じてロイヤリティを支払う制度です。例えばロイヤリティが40%と仮定し粗利が月400万円だったとすると、発生するロイヤリティは『400万円×40%=160万円』です。

ロイヤリティの額が大きいほど粗利は減少、フランチャイズオーナーや従業員の給料はカットされます。大切なことはロイヤリティの額を他コンビニフランチャイズと比較し、自身に適切な額と制度のロイヤリティを導入している企業を選ぶことです。

地域性を考慮する

コンビニフランチャイズを選ぶ際は、地域性を考慮することも大切です。ここでいう地域性とは、「該当のコンビニフランチャイズが出店希望地域で人気があるか」を指します。

一見あちこちに出店しているように見えるコンビニフランチャイズ店も、実は地域の特性に応じて設立されていることが多いです。大都市で比較すると、東京都では『セブンイレブン』が最も店舗数が多いのに対し、大阪府では『ファミリーマート』の方が多いという特性があります。

自身が出店を希望する地域では、どのコンビニフランチャイズが人気があるのかを把握しておきましょう。全国的に見ると人気があるように見えるコンビニフランチャイズであっても、地域によっては不人気であることも珍しくないので注意が必要です

求人が集まりやすいか

コンビニフランチャイズを選ぶ際には、「求人が集まりやすいか」をよく検討することが大切です。コンビニフランチャイズ店を経営する際に、一番の課題とあるのは「そこで働く従業員を確保できるか」という点にあります。

どれだけ周りに競合のコンビニエンスストアが少なかったとしても、働いてくれる従業員がいなければ意味がありません。従業員の確保は、コンビニフランチャイズにとって最大の課題なのです。

実はコンビニフランチャイズが閉店してしまう大きな理由の一つが『従業員不足』であることは珍しくありません。しっかりと出店希望の地域性をリサーチし、もし出店した場合にはアルバイトやパートの求人が集まるかを検討しておくことが大切です。

コンビニフランチャイズの募集一覧

コンビニフランチャイズの募集一覧を紹介します。今回紹介するコンビニフランチャイズは以下の4つです。

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ

順に深堀して解説していきます。

セブンイレブン

セブンイレブンは、国内店舗数1万5千店舗を超える業界最大手のコンビニフランチャイズです。圧倒的なブランド力を武器に経営することができ、集客もスムーズになるでしょう。また東京や大阪などには特に店舗数が多く、都会での出店に強いことも魅力です。

またセブンイレブンの加盟金は、土地・建物など店舗にする物件を持っている場合300万円となっています。土地・建物を所有していない場合、加盟金は250万円です。ロイヤリティは、売上総利益に43%の率を乗じた金額を支払う『セブンイレブン・チャージ』という特有のロイヤリティ制度を実施しています。

セブンイレブンはフランチャイズ加盟店へのサポート制度も充実しており、店舗経営相談員(OFC)が立ち上げから運営までをサポートしてくれるので安心です。また従業員募集のHPへの無料掲載をはじめ、応募者の受付は業務に忙しいオーナーに代わってコールセンターが対応してくれます。

ファミリーマート

ファミリーマートは、セブンレブンに次ぐ業界第2位のコンビニフランチャイズです。ファミリーマートには大きく4つの契約形態があり、基本的な制度は専従者2名以上が条件で、加盟金は300万円となっています。

ロイヤリティは、毎月の営業純利益(売上総利益に営業収入を加えたもの)に応じて一定の割合を乗じて算出されます。土地・建物を自分で用意した場合には、『250万円未満なら52%・250万円〜350万円未満なら42%・350万円以上なら39%』です。粗利が多いほど、支払うロイヤリティも減少するため、経営モチベーションも保ちやすい制度となっています

また、新フランチャイズ契約パッケージでは、年間最大120万円を支給する『店舗運営支援金』と賞味期限切商品に対して助成金を払う『廃棄ロス助成金』などを導入。業界の中でも超大手に分類され、今後もフランチャイズ店に対するサポートは充実していくことが予想されます。

ローソン

ローソンは、セブンイレブン・ファミリーマートに次ぐ業界3位のコンビニフランチャイズです。店舗数自体は上位2社には劣りますが、中国・四国などの地方エリアの店舗数が多く、地域に特化した経営がローソンの強みになります。

またローソンは、開業資金が100万円と上位2社に比べて少ないことが魅力です。内訳は研修費50万円・開店準備手数料50万円・開店準備金が約50万円となっています。ロイヤリティについては『本部チャージ』という制度で、粗利に応じて変動し『300万円以下の場合は45%・300万円〜450万円以下の場合は70%・450万円を超えた場合は60%』です。

ローソンは複数店化推進制度により加盟金の一部を免除したり、光熱費の一部負担、店舗先住者条件の緩和があったり、サポート体制が充実しています。開業資金が少なく、サポート制度も充実しているので、コンビニフランチャイズ初出店の方にもおすすめです。

ミニストップ

ミニストップは、業界第4位のコンビニフランチャイズです。店舗数自体は上位3社に比べると少ないですが、「店内加工ファストフードを取り入れイートインコーナーで食べられる」など、他コンビニフランチャイズにはない魅力があります

ミニストップの加盟金は255万円となっており、プランに限らず一律料金での支払いです。加盟金はセブンイレブンやファミリーマートと比べると少なく、資金が潤沢でない場合でも出店しやすいでしょう。本部へ払うロイヤリティーは30%、そして年収の最低保証金額は2,100万円です。

また店舗ごとにストアアドバイザーがいて、集客方法のサポート体制が充実しているので、季節の売れ筋商品などのアドバイスも受けられます。加盟金の少なさと充実したサポート体制が、ミニストップの魅力です。

パーソナルジム「ダイエットパートナー」のフランチャイズ

ダイエットパートナーは「失敗しないパーソナルジム開業」をコンセプトに開業・経営の支援を行なっています。

ダイエットパートナーのフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供します。

初期費用を抑えたローリスクローリターンの収益モデルですが、店舗展開を前提とした仕組み作りを得意としているため年収1千万円以上の収入を得ることも可能です。

ダイエットパートナーは、立地戦略とマーケティング戦略による集客に強みがあり再現性のあるビジネスモデルのもと現在14店舗展開しております。

初期費用を最大限に抑え、弊社のアセットを活用し運営資金も最大限に抑えます。
トレーナーを採用することで業界未経験者の参入・手放し運用も可能です。

■こんな人におすすめ
初期費用を抑えて、パーソナルジム事業を始めたい
トレーナーからオーナーへステップアップしたい
・オフィスのデッドスペースを有効活用したい
・リスクを最大限に下げて独立したい
放置型の新規事業を開発したい
・自身でパーソナルジムを持ちたい

また、フランチャイズ本部である株式会社FiiTは月間20万人が利用するジム検索サイト「FitMap」を運営しておりWEB制作・WEB集客の知識は申し分なく、不動産業も行なっているため通常不動産会社では紹介してもらえないような賃料格安物件や、ネット非公開物件の紹介、仲介手数料の割引まで可能です。

興味がある方は下記で無料相談に申し込みください。詳しいサービス内容の説明やお客さまの相談を承ります。

パーソナルジムフランチャイズ募集

コンビニフランチャイズの選択は慎重に

コンビニフランチャイズは今回紹介した4つ以外にも多くの企業が募集しています。しかしコンビニフランチャイズの選択は慎重にすべきです。コンビニフランチャイズの経営を10年以上続けていけると言われているのは全体の3割程度で、他7割の店舗は閉店してしまいますコンビニフランチャイズ開業の第一歩である企業選びは、その後の経営に大きな影響を与える重要事項です。企業選びは徹底的にリサーチを行い、後で後悔しないよう慎重に選択しましょう。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用