カフェで探すフランチャイズオーナー募集一覧と失敗しない選び方

「カフェのフランチャイズ経営ってどんな特徴があるの?」
「カフェのフランチャイズ選びのポイントは?」
「カフェのフランチャイズ募集を知りたい」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「カフェ フランチャイズ」と検索しても、会社経営の経験がない人が執筆した信憑性に欠ける記事や企業が作成したPR記事しかなく、これらの情報を鵜呑みにするのはやや危険です。

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、カフェのフランチャイズについて執筆しました。

この記事を読むことで、カフェフランチャイズ加盟店を募集している企業を知ることができます。またカフェのフランチャイズ経営そのものについても簡潔に執筆したので、ぜひ参考にしてみてください。

カフェのフランチャイズ経営について

カフェのフランチャイズ加盟店を募集している企業を紹介する前に、カフェフランチャイズの詳細を少し説明します。

まずカフェのフランチャイズとは「個人・法人がカフェフランチャイズ本部企業と契約を結び、フランチャイズオーナーとして飲食店を経営するビジネス」です。フランチャイズ事業本部とフランチャイズ加盟契約をしたオーナーは、事業権利や様々なサポートを受ける代わりに、本部に対し加盟金やロイヤリティを支払います。

また加盟金やロイヤルティには、個々の事業本部によって制度が異なっており、ある一定の条件を満たすことで、支払う額を減額出来るフランチャイズ事業本部もあるようです。

フランチャイズ経営・開業においては加盟する企業によって、制度やサポートに様々な違いがあります。加盟する企業の制度をしっかりと把握した上で、契約を締結することが大切です。

カフェフランチャイズの開業に必要な資金

カフェフランチャイズの開業に必要な資金は、1,000万円前後です。調理施設やカフェの規模によって額も変動します。またカフェの中にはかなり内装に凝った店舗もあるので、こうした場合には1,000万円以上の開業資金がかかる可能性が高いです。

一見、開業資金は低い予想がされるカフェフランチャイズですが、飲食業界の中でも開業資金は高めの部類になります。丼もの店とは違い内装にもこだわる必要があるため、開業資金が必然的に高くなるのです。

ただし元々カフェが入っていた物件を『居抜き』という形で承継する場合は、かなり開業資金が抑えられます。300万円〜500万円で開業できる可能性もあるので、開業資金の元手が少ない人にはおすすめです。

カフェフランチャイズオーナーの主な仕事内容

カフェフランチャイズオーナーの仕事は、「カフェの経営を行うこと」です。いくらフランチャイズ経営といえど、自身で店を所有し運営する点においては、企業の経営者と何ら違いはありません。

マーケティング・マネジメント・店舗管理など、経営における全てが自身の責任の元で行われるのです。もちろん本部からのサポートを受けることはできますが、最終的な責任はフランチャイズオーナーが請け負うことになります。

またフランチャイズオーナーは、事業本部との関係性を構築していく役割も担います。フランチャイズ加盟店である以上、経営の軸は本部の意向に沿ったものとなるため、経営の全てを自身や働く従業員の意向に基づいて決めることは不可能です。事業本部とフランチャイズ店舗との関係性を構築し、より良い経営をすることもフランチャイズオーナーの重要な仕事の一部になります

カフェフランチャイズオーナーの想定年収

カフェフランチャイズオーナーの想定年収は、200万円〜500万円です。しかしこれはあくまで平均的な数字であり、中には年収1,000万円以上を稼ぐカフェフランチャイズオーナーもいます

ただし、カフェオーナーの年収はオーナー個人の年収というより、1店舗あたりの年収として管理するため注意が必要です。例えば夫婦経営の場合は夫婦合わせた年収が200万円〜500万円と考えます。家族経営のカフェだとさらに一人あたりの年収は低くなります。

またカフェは、開業当初の経営が非常に難しい業界です。カフェの集客では「いかにしてリピート客を増やすか」が大切になります。開業当初は初来店のお客様が多いため、固定客を獲得するまでは1日の来店数に差が生じてしまう可能性が高いのです。そのため開業当初は、生活費を得るだけで精一杯になるフランチャイズオーナーも多くいます。

カフェフランチャイズ企業の失敗しない選び方

カフェフランチャイズの失敗しない選び方を解説していきます。カフェフランチャイズの失敗しない選び方のポイントは以下の3つです。

  • ロイヤリティの額や制度に着目する
  • スモールスタートが可能であるか
  • ブランド力を重視する

順に深堀して解説していきます。

ロイヤリティの額や制度に着目する

カフェのフランチャイズ企業を選ぶ際に大切なことは、ロイヤリティの詳細を細かく把握することです。カフェのフランチャイズを経営している企業は、『粗利分配方式』というロイヤリティ制度を導入している場合がほとんどになります。

粗利分配方式というのは、月の粗利額に応じてロイヤリティを支払う制度です。例えばロイヤリティが40%と仮定し粗利が月300万円だったとすると、発生するロイヤリティは『300万円×40%=120万円』です。

ロイヤリティの額が大きいほど粗利は減少、フランチャイズオーナーや従業員の給料はカットされます。大切なことはロイヤリティの額を他のカフェフランチャイズと比較し、自身に適切な額と制度のロイヤリティを導入している企業を選ぶことです。

スモールスタートが可能であるか

カフェのフランチャイズ経営を行ううえで、最も大切なことは『スモールスタート』を行うことです。決して最初から大きな利益は狙わずに、最小のコストで小さな利益を生み出していくことを狙いとします。

特にカフェフランチャイズの開業資金は、他の飲食フランチャイズに比べて高い傾向にあります。内装やコーヒーメーカーにこだわる企業だと、開業資金が1,000万円以上になることも珍しくありません。

十分な開業資金があるのならば別ですが、許容範囲を超えた投資は避けることが大切です。あくまでスモールスタートを心掛けて、開業後の経営に悪影響が及ばないように注意しましょう

ブランド力を重視する

カフェのフランチャイズ企業を選択する際には、企業のブランド力を重視することも大切です。カフェフランチャイズでの集客を成功させるためには、味やサービスの質以上に、ブランド力が重要になってきます。

どんなに味やサービスの質が高くても、ブランド力が低いお店の集客を成功させることは簡単ではありません。もし万が一、契約したフランチャイズのブランドが不評だった場合は、なお一層集客に苦労するでしょう。

前述した通りカフェの経営は、開業当初が最大の難関です。ブランド力が低い企業だと、開業当初の集客が上手くいかず、最悪の場合には開業1年で閉店に追い込まれることも珍しくありません。開業当初でもある程度の集客が見込める『ブランド力が高い企業』を選びましょう

カフェのフランチャイズ募集一覧

カフェフランチャイズの募集一覧を紹介します。今回紹介するカフェフランチャイズは以下の5つです。

  • コメダ珈琲店
  • タリーズコーヒー
  • ドトールコーヒー
  • 星乃珈琲店
  • カフェ・ド・クリエ

順に深堀して解説していきます。

コメダ珈琲店【株式会社コメダホールディングス】

コメダ珈琲店は、1968年に名古屋で生まれた喫茶店です。現在は全国47都道府県に800店舗以上を展開しています。日本の珈琲チェーンでは知らぬ人がいない程の人気店です。

コメダ珈琲店が人気の秘密は、『高い商品力』にあります。コーヒーそのものはもちろん、看板メニューの『シロノワール』や子供に人気のソフトドリンクまで高い商品力が魅力です。

一昔前までコーヒーショップはサラリーマンや主婦が通う場所として認知されていましたが、この概念を覆したのがコメダ珈琲店になります。サラリーマンはもちろん、家族連れまで通えるコーヒーショップなので幅広い層を集客できるでしょう

コメダ珈琲店

タリーズコーヒー【タリーズコーヒージャパン株式会社】

タリーズコーヒーは米国シアトル発祥のコーヒーショップです。現在は、東京に本社を置く『タリーズコーヒージャパン株式会社』がオーナー企業としてフランチャイズ展開を行っています。

「地域社会に根ざしたコミュニティーカフェとなる」を経営理念としており、駅前や繁華街など様々な場所・地域でフランチャイズ店舗を展開している企業です。

タリーズコーヒーの魅力は、フランチャイズ店舗への徹底した経営サポートにあります。専門のアドバイザーがフランチャイズ店舗を定期的に訪問しアドバイスを実施してくれるようです。サポート体制が整っているので、カフェ事業に初挑戦するオーナーも安心して経営を行うことが出来ます

タリーズコーヒー

ドトールコーヒー【株式会社ドトールコーヒー】

ドトールコーヒーは、全国1000店舗以上を展開するコーヒーショップ。日本では、スターバックスに次ぐ店舗数です。高いブランド力と圧倒的な店舗数で、高い認知度を得ています。

ドトールコーヒーでは、大小様々な規模での開業が可能です。繁華街で大規模な店舗を構えることはもちろん、駅構内の小規模スペースでの開業もサポートしてくれます。資金に応じて様々なパッケージが用意されているので、オーナーの意向に合わせた開業をすることが可能です。

またフランチャイズ加盟店へのバックアップ体制も整っています。長年の経験と1,000店舗以上の経営サポートをして培ったノウハウで、加盟店へのサポートを行ってくれます。

ドトールコーヒー

星乃珈琲店【日本レストシステム株式会社】

星乃珈琲店は、日本レストシステム株式会社が運営するコーヒーショップです。2011年に1号店をオープンし、現在は全国に200店舗以上を展開。現在も順調に店舗数を増やしているコーヒショップです。

星乃珈琲店の魅力は、高いブランド力にあります。豆にこだわった『ドリップコーヒー』や看板メニューの『スフレパンケーキ』などの人気メニーと高級感溢れる店内で、独自のブランド力を形成しました

また星乃珈琲店を運営する日本レストシステムとドトールコーヒーは業務提携を行っています。両社のノウハウを集結し、フランチャイズ加盟店のサポートを行ってくれるのも大きな魅力です。

星乃珈琲店

カフェ・ド・クリエ【株式会社ポッカクリエイト】

カフェ・ド・クリエは、1994年に名古屋で1号店をオープンしたカフェショップです。運営元であるポッカクリエイトは、『カフェ・ド・クリエ』と『メゾン・ド・ヴェール』の2つの事業を運営しています。

カフェ・ド・クリエは、コーヒーなどのドリンクはもちろん、豊富なフードメニューが人気のカフェです。高級志向の主婦層から若いOL層まで、女性をターゲットとした経営で高い人気を得ています

またカフェ・ド・クリエの経営で培ったノウハウを学んだ専門アドバイザーが、フランチャイズ加盟店に対し経営サポートを行ってくれるのも魅力です。開業資金は約1,000万円とやや高めですが、徹底した経営サポートを行ってくれます。

カフェ・ド・クリエ

カフェのフランチャイズ開業はスモールスタートが肝心

カフェのフランチャイズ開業は、非常にやりがいのあるものであり、既に多くの人がフランチャイズオーナーとして活動しています。しかし売上を伸ばしているカフェがある一方で、残念ながら閉店に追い込まれる店が多いのも事実です。これからカフェフランチャイズでの開業を検討している人は、まずスモールスタートすることを念頭におくことが大切になってきます。ぜひ今回の記事を参考に、カフェフランチャイズの開業にチャレンジしてみてください。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。