解剖生理学って何?スポーツ解剖学・スポーツ生理学も一緒に比較

「解剖生理学って何?」

「解剖生理学の勉強方法を知りたい」

「おすすめの書籍はどれ?」

といった疑問、悩みを持ってはいませんか?

そこで、今回の記事では

  • 解剖生理学とは?
  • 解剖生理学を勉強するメリット
  • おすすめの勉強方法、書籍

といったところを紹介。

今回の記事を読んでもらうと、解剖生理学とはどんなものかを理解でき、勉強もスムーズに始めることができます。

解剖生理学とは?

解剖生理学とは、「解剖学」と「生理学」という2つの分野を合わせた学問のこと。人の身体の構造や人の身体に起こる反応、適応などが範囲となります。解剖生理学は看護学校のような医療関係の仕事を目指す人にとっては必ず学ばなくてはいけない分野です。また、トレーニングをする人やトレーニング指導をする人にとっても解剖生理学は重要。「解剖学」と「生理学」はそれぞれどのような学問なのか、簡単に解説します。

解剖学とは?

解剖学とは、「人間の身体の地図を理解する学問」ということができます。具体的には、人間の筋肉や骨、神経、内臓などがどこにあるのか、どのようについているのかといったことを学ぶことが必要です。筋肉や骨の位置などを覚える、理解することはもちろん必要ですが、それだけでなくそれぞれの筋肉や神経のつながり、相互作用なども把握できるようにしましょう。解剖学は医療関係の仕事をする人やフィットネストレーナー、スポーツトレーナー、趣味でトレーニングをする人にとって基本中の基本となる学問です。特にトレーニング指導をするような人は、機能解剖学も頭に入れておくようにしてください。

生理学とは?

生理学とは、「人間の身体の内側で何が起こっているかを学ぶ学問」です。例を出すと、

  • トレーニングを行なった結果どのような適応をするのか?
  • 運動のエネルギーはどのように生まれるのか?
  • 心臓の働きについて
  • ホルモンが作用するメカニズム

といったことを学びます。生理学も、医療関係者やトレーナーをする人にとっては基本となる学問。生理学を学ばずに医療行為を行なったり、トレーニング指導を行うことはできないので医療関係の仕事を目指す人やトレーナーになりたい人は必ず勉強するようにしましょう。

解剖生理学を学ぶメリット

トレーニングをする人、トレーナーにとって解剖生理学の知識は超重要です。解剖生理学を勉強するとどんなメリットがあるのかを解剖学と生理学に分けて解説します。

解剖学を学ぶメリット

解剖学を学ぶメリットは主に

  • 狙った筋肉に刺激を入れることができるようになる
  • トレーニングでのケガ予防につながる
  • トレーニングを応用することができる

といった点です。それぞれ解説します。

狙った筋肉に刺激を入れることができる

解剖学を学ぶことで、狙った筋肉に刺激を入れることができるようになります。その理由は、トレーニングの基本が鍛えたい筋肉の走行(筋肉がどこからどこについているか)に対して自重やダンベル、バーベルなどを使って負荷を乗せてあげることだから。鍛えたい筋肉の走行に対して負荷を乗せることで鍛えたい筋肉に刺激が入り、筋肉は強く大きくなります。解剖学は筋肉や骨がどこについているのか、それぞれの筋肉はどのような動きのときに働くのかを学ぶ学問。筋肉がどこからどこについているのか(筋肉の起始、停止と言います)を理解すると狙った筋肉に刺激を入れやすくなり、トレーニングの効果を高めることが可能です。

トレーニングでのケガ予防につながる

解剖学を学ぶと、トレーニング時のケガ予防にもつなげることができます。なぜなら、解剖学を学ぶことで筋肉の正しい位置や動きを頭に入れることができるから。ケガをしてしまうのは筋肉や関節に過剰な負荷がかかってしまったときです。なので、ケガを予防するためにはできるだけ筋肉や関節に不自然な負荷がかからないようにする必要があります。解剖学を学ぶと、筋肉や関節の正しい動きを理解することが可能。どうしても防げないケガもありますが、解剖学を学ぶことで防ぐことができるケガを格段に増やすことができます。

トレーニングの引き出しを増やすことができる

解剖学を学ぶと、トレーニングの引き出しを増やすことが可能です。その理由は、解剖学を学ぶことで筋肉がどこからどこについているかや筋肉や関節の正しい動きを理解することができるから。先ほども説明しましたが、トレーニングの効果を高めるには狙った筋肉の走行に対して負荷を乗せることが必要。また、ケガを予防するためには筋肉や関節の正しい動きを理解し、不自然な負荷がかからないようにすることが重要です。解剖学を学ぶことで、この2つの条件を満たすようにトレーニングを応用することができるようになります。

同じようにトレーニングの指導をしても、人によっては狙った効果が期待できなかったり、ケガにつながってしまうことも。しかし、そのような場合に解剖学を理解していると求めている効果を引き出すためにトレーニングを応用することができます。なので、トレーニングをしている人やトレーニング指導をしている人にとって解剖学を学ぶことにはメリットしかありません。

生理学を学ぶメリット

生理学を学ぶことのメリットは主に

  • 適切なトレーニング指導ができるようになる
  • トレーニングで適切な負荷設定ができる
  • トレーニングの質を高めることができる

といった点です。それぞれ解説します。

適切なトレーニング指導ができるようになる

生理学を学ぶと、お客様にとって適切なトレーニングを行うことができます。なぜなら、生理学が身体の内側で起こる反応についての学問だから。具体的には、ウエイトトレーニングを行うことによって筋肉はどのように強くなるのか、内分泌系はどのような反応をするのか、心肺機能にはどのような影響が出るのかといったことが含まれます。また、有酸素運動をしたときは心肺機能はどう変化するのか、筋力への影響はどのように出るのかといったことも生理学の範囲です。これらのことが頭に入っていることでお客様が求めている結果に対して効果的なトレーニング種目を選ぶことが可能。したがって、生理学を学ぶことでお客様に適切なトレーニング指導をすることができるようになります。

トレーニングで適切な負荷設定ができる

生理学を勉強することで、トレーニングの負荷を適切に設定することができます。その理由は、生理学を勉強することでトレーニングをすると身体がどのように反応するかを理解することができるから。実際にトレーニングをするときやトレーニング指導をするときに、トレーニングの結果どのように筋肉が大きくなるか、筋力はどのように伸びるのかといったことが頭にあると負荷設定の際に助けになります。トレーニングで効果を高めるためには適切な負荷設定が重要。負荷を高くしすぎるとケガの確率が高まってしまいますし、負荷が低すぎると筋肉を強くしたり心肺機能を高めることができません。なので、生理学を勉強することで適切な負荷設定につなげてトレーニングの効果を高めましょう。

トレーニングの質を高めることができる

生理学を学ぶと、トレーニングの質を高めることにつながります。なぜなら、生理学を学ぶことでエネルギーの供給の仕組みを理解することができるから。トレーニングを集中して行い、質を高めるためにはエネルギーが必要不可欠。そのエネルギーは運動の種類、やり方によって供給される仕組みが変わります。なので、エネルギー供給の仕組みを理解することで自分が行うトレーニングに合わせた栄養補給を行うことで、トレーニング中の集中力、パワーを高めることが可能です。生理学を勉強することで、トレーニングの質を高めましょう。

解剖生理学とスポーツ

解剖生理学はスポーツのパフォーマンスを高めるためにも超重要です。その理由は、解剖生理学を理解することで

  • ケガを予防しながらトレーニングを行うことができる
  • トレーニングを競技のパフォーマンス向上につなげられる
  • トレーニングの計画を効果的に立てることができる

といったが可能だから。実際にそれぞれを解説していきます。

ケガを予防しながらトレーニングを行うことができる

解剖生理学を理解すると、ケガを予防しながらトレーニングすることが可能。理由は、筋肉や関節に無理な負荷をかけてしまう動きがわかること、適切な負荷設定でトレーニングを行うことができることの2つです。実際にケガをしてしまう時は、無理な動きをしてしまう、負荷設定を高くしすぎてしまうというパターンが多くなります。解剖生理学を理解すると、このパターンを避けやすくすることが可能。スポーツ選手にとってケガをしてしまうことは非常にもったいないので、解剖生理学を活かしてケガを予防しましょう。

トレーニングを競技のパフォーマンス向上につなげられる

解剖生理学を理解することで、トレーニングを競技のパフォーマンスにつなげやすくなります。なぜなら、解剖学を学ぶことで競技の動作にどのようなものが含まれていて、どの筋肉を強化するとその動作が向上するのかがわかるようになるから。せっかくトレーニングをしていても、やみくもにやっていてはスポーツのパフォーマンスにはつなげられません。しかし、解剖学を理解することで、そのスポーツの動作に必要な要素がわかるようになります。あとはその要素を高められるようにトレーニングをするだけ。したがって、トレーニングを競技のパフォーマンス向上につなげやすくすることが可能です。

トレーニングの計画を効果的に立てることができる

解剖生理学を活かすと、トレーニングの計画を効果的に立てることが可能です。その理由は、解剖生理学を勉強することでトレーニングによってどのような適応をするのかを理解することができるから。その競技にもよりますが、実際にスポーツのパフォーマンス向上を目的としてトレーニングの計画を立てるときはピリタイオゼーション(期分け)するのが一般的。その際、筋肥大や筋力の向上、心肺機能の向上のためにはどのぐらいの期間がかかるのかといったことが頭に入っていると計画を立てやすくなります。解剖生理学を活かして、より効果的なトレーニング計画を立てられるようになりましょう。

解剖生理学の勉強方法

解剖生理学の勉強方法は、

  • 書籍などを用意して気が向いたときにチェックする
  • 実際に自分でトレーニングを行う

といった勉強方法がおすすめ。具体的にはどのようにやるのか紹介します。

書籍などを用意して気が向いたときにチェックする

1つ目のおすすめ勉強法は、書籍などを用意して気が向いたときにチェックするというやり方。実際に解剖生理学の勉強を始めると、勉強することが膨大で嫌になってしまう人が大半かと思います。そこで、教科書などの最初から順番に勉強するのではなく、気になったところから勉強するのがおすすめです。また、自分が疑問に思ったことや気になった筋肉や骨などがあったときにすぐ確認できるようにしましょう。こうすることで、より頭に入りやすくなることも期待できます。

実際に自分でトレーニングを行う

解剖生理学の勉強方法としては、実際に自分でトレーニングをやってみることもおすすめ。理由は、実際に自分でトレーニングをやることで理解度が高まるから。実際にトレーニングを自分でやってみると、どこの筋肉を使っているのかが頭で理解するだけでなく体で覚えることが可能。また、身体がどのように変化していくかも実際に感じることができます。実際に自分でトレーニングを行うのは解剖生理学のおすすめの勉強方法なので、ぜひ実践してみてください。

おすすめ書籍

解剖生理学を勉強するのにおすすめの書籍を3つ紹介。ぜひ活用してみてください。

のほほん解剖生理学

のほほん解剖生理学は初心者におすすめの書籍。わかりやすいイラストや表現が多く、まったく知識がない人でも安心して勉強することができます。解剖生理学を勉強するのに、どの本を買えばいいかわからないという人はのほほん解剖生理学から勉強するのがおすすめです。

入門運動生理学第4版

入門運動生理学は生理学の勉強に最適の書籍です。基本的な内容が網羅されており、生理学の勉強はこの本を理解することでほとんど大丈夫と言えます。のほほん解剖生理学よりは表現が難しくなっているので、ある程度知識がある人におすすめの書籍です。

身体運動の機能解剖

身体運動の機能解剖はトレーニング指導をする人におすすめの書籍。各筋肉ごとにイラストがあり、どのような働きをするのか解説されています。この本の内容を理解することで、より効果的なトレーニングのフォームや応用の仕方を理解することが可能です。

まとめ

今回の記事では解剖生理学について紹介しました。主な内容は

  • 解剖生理学とは「解剖学」と「生理学」の2つの分野からなる学問
  • 解剖学とは身体の地図のこと
  • 生理学とは身体の内側で何が起こっているかの学問
  • 解剖学を学ぶメリットは狙った筋肉に刺激を入れることができる、ケガ予防につなげられる、トレーニングの引き出しを増やせること
  • 生理学を学ぶメリットは適切なトレーニング指導ができる、適切な負荷設定ができる、トレーニングの質を高めることができること
  • 解剖生理学はスポーツに活かしてパフォーマンス向上につなげられる
  • おすすめの勉強方法は気が向いたときに書籍などをチェックする、自分でトレーニングを実践する
  • おすすめ書籍はのほほん解剖生理学、入門運動生理学、身体運動の機能解剖の3つ

といったものでした。解剖生理学の知識は自分でトレーニングをするときにもトレーニングを指導するときにも重要です。解剖生理学を勉強することで自分のトレーニングの質を高めたり、トレーニング指導をするお客様の目標達成につなげましょう。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。