スポーツインストラクターの仕事と実際とは?

スポーツインストラクター

スポーツインストラクターは実際どのような仕事をしているのだろう?
スポーツインストラクターの仕事は資格が必要なのか?
スポーツインストラクターになって大変なことはなんだろう?

上記でお悩みではありませんか?

スポーツインストラクターの多くは、スポーツジムやフィットネスクラブでトレーニング指導を行ったり、それぞれのスポーツの専門性を活かした指導を行ったりしています。スポーツに関わる仕事がしたい人にとって、スポーツの知識を活かすことができるインストラクターという職業はやりがいのある仕事のひとつです。

ここではスポーツインストラクターになって実際に行う仕事の内容、収入や資格についてなどを詳しくお伝えしていきます。

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「無料トレーナーキャリア相談」

・年収1000万円ほしい
・いつかは独立したいと思っているけど、何から始めたらいいか分からない

上記でお悩みの方は無料のトレーナーキャリア相談をご活用ください。

現状や目標を確認させていただき、トレーナー様の今後のキャリアについてお話しします。
※無料でのキャリア相談は近日中に終了予定ですので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む

スポーツインストラクターの実際の仕事内容

スポーツインストラクター
スポーツインストラクターは実際どのような仕事を行っているのか、主な仕事の内容を5つお伝えします。

スポーツの指導

それぞれのスポーツの専門的な知識や経験を伝えることが主な仕事です。
例えば、

  • スイミング
  • ヨガ
  • ダンス
  • エアロビクス
  • エクササイズトレーニング
  • 子どもや幼児向けの対象教室

など健康になることや、スポーツが上達することに目的をもった人たちに指導を行います。

また、フィットネスクラブやスポーツジムなどトレーニングマシンを使用している施設は、その使い方やアドバイスを伝えることも仕事のひとつです。

トレーニングメニューの作成

顧客のニーズに合わせたトレーニングメニューの作成も行います。
スポーツを行う目的は、ダイエットや運動不足解消、競技の上達のためなどさまざまな理由があります。
また年齢や性別もひとりひとり違います。そのためカウンセリングを行い、それぞれの目的やレベルに応じたメニューを作成します

スタジオレッスン

スタジオがあるフィットネスクラブでは、スタジオレッスンを行うこともあります。
レッスンはプログラムが組まれており、自分が担当するプログラムに沿った内容のレッスンを行います。

また最近、需要の高まりから増えているのは、オンラインで行うインストラクターです。画面越しに指導やアドバイスを行うため、直接会うことができない相手にもレッスンすることができます。

ケガの予防や応急処置

トレーニング中にケガや、故障がないように注意することも大切な仕事です。
顧客は身体の動かし方や、筋肉の動きなどについて知識がある人ばかりではないため、適切な指導が必要になります。

ケガを未然に防ぐこと、また場合によっては、ケガをしてしまったときに応急的な処置をすることもあります。

トレーニングマシンの調整や管理

マシンを利用する人がケガをしたり事故を起こしたりしないように、調整や管理を行うこともあります。

マシンの管理は職員が行うことが多いため、スポーツインストラクターが行う仕事のひとつにあげられます。日々のトレーニング指導の中で、マシンの調子が悪いところや不具合が出ているところなどに注意しておく必要があります。

スポーツインストラクターの仕事先

トレーニングジム
スポーツインストラクターの就職先として多いのは、フィットネスクラブやスポーツジムです。
ほかには、

  • スイミングスクール
  • スキースクール
  • テニススクール
  • ヨガスタジオ
  • ダンススタジオ
  • エアロビクススタジオ

など専門的な指導を行う施設がおもな就職先です。
また最近では独立してパーソナルトレーナーとして働く人も増えています

スポーツインストラクターになるには

インストラクター
スポーツインストラクターになるために必要な資格や学歴はありません。
スポーツに関わる仕事がしたいと思っている人であれば、誰でもスポーツインストラクターになれる可能性があります。

それでは、どのようにしてインストラクターになるのか、一般的なルートをお伝えします。

スポーツ系の大学や専門学校に通う

スポーツインストラクターになる一般的なルートは、スポーツ系の大学や専門学校で学んだあと就職するというものです。
大学や専門学校は、専門的な知識を集中して学ぶことができ、資格取得にも取り組みやすい環境です。
それぞれの学校により専門性があるため、どのような学科があるのか、取得できる資格はなにがあるのかなど調べることが必要です。

例えば、国家資格の理学療法士を取得する場合は3年以上学校に通う必要があります。国立大学や私立大学、専門学校を選んだ場合、必要な学費もそれぞれ違ってきます。

【必要な学費】

  • 国立大学約250万円(4年制)
  • 私立大学約600万円(4年制)
  • 専門学校約300万円(3年制)

また2年で卒業できる専門学校などもあります。学費は約200~300万円ほどで民間の資格が取得できるところもありますので、それぞれの学校の特色ををチェックしてみてください。

スポーツジムなどでアルバイト経験を積む

スポーツジムやフィットネスクラブでは随時求人を行っており、アルバイトから経験を積んでいく方法もあります。

まずは求人サイトなどを活用して、積極的に応募してみることをおすすめします。
ただし、指導する立場である以上、知識や技術力が必要な場面は多くなります。知識や経験、信頼を得るために、スポーツに関する資格を取得すると就職や転職に有利に働きます

スポーツインストラクターに向いている人

スポーツインストラクター
スポーツが好きだということのほかに、スポーツインストラクターに向いているのはどのような人なのか適性についてお伝えします。

コミュニケーション能力がある人

スポーツインストラクターは人を相手にする仕事です。そのためスポーツは得意だけれど、人と話すのはイヤだという人にとってはツライ仕事になる可能性があります。

  • 人と会話をするのが好き
  • 相手の気持ちを察することができる
  • 元気がない人を励ますことができる

といったコミュニケーション能力を持っている人が適材だといえます。

心身ともに健康な人

スポーツの指導を行うには、心身ともに健康である必要があります。
いつもイライラしていたり、体調を崩して休みがちだったりするスポーツインストラクターは信頼されず、生徒も離れていきます。

自分の体調管理をしっかりと行い、心を安定させることができる人はスポーツインストラクターにも向いています。

向上心がある人

スポーツの指導を行っていく中で、以前は常識だと思われていたことが時代とともに変化していくことがあります。
そのため古い知識のまま間違った指導をしていると、スポーツインストラクターとしての価値を下げることになります。

勉強会に参加したり、本を読んだりして常にスポーツインストラクターとしての知識をアップデートしていく向上心も必要です。

インストラクターの給料・年収

給料
スポーツインストラクターの平均年収は約300万円~450万円です。
月額約20万円ほどで、残業代や諸手当、指名料などを含めると約25万円ほどです。

ただし、住んでいる地域により変動があり、都心部の給料はやや高く地方は低い傾向です。また会社に就職するだけでなく、独立してフリーランスとして活躍している人もいます。その場合は年収に限りがなく、大きく収入を上げることも可能です。

インストラクターのやりがいや大変な事

やりがい
スポーツの指導を行うインストラクターにとって、やりがいや魅力、また大変だと思うことはどのようなことなのでしょうか。ここでは、スポーツインストラクターが実際に感じることについてお伝えします。

やりがいと魅力

自分の指導をした相手が、

  • ダイエットに取り組んで痩せられた
  • 運動嫌いだったのに楽しんで運動するようになった
  • 硬かった体が柔らかくなった
  • 身体が健康になった

など目に見える結果につながった時、大きな喜びを感じることができます。
体を動かすことの楽しさやメリットを伝えることができ、さらに相手にも喜んでもらえるスポーツインストラクターという仕事は、スポーツ好きにとってはやりがいと魅力のある仕事のひとつになります。

大変なこと

スポーツインストラクターは勤める会社によって、休日出勤や夜間勤務の場合があります。
また、24時間営業のところもあり、体力的に厳しいと感じる人もいます。
就業する場所によって、自分には合わないと感じる場合は無理をせず、受け入れられる条件を出しているスポーツ施設を探してみましょう。

ただし条件のいい仕事を探す場合は、資格が有利に働く場合があります。おすすめの資格をいくつか紹介しますので、今後の資格取得の際に参考にしてください。

オススメの資格

資格
ここではスポーツインストラクターに向いている3つの資格をお伝えします。

健康運動実践指導者

健康運動実践指導者は、「スポーツを安全で効果的に行えるように指導する人」を認定するものです。民間の公益財団法人健康・体力づくり事業財団が認定を行っている資格です。

資格を取得するためには、講習会を受講するか、養成校の養成講座を修了することが必要です。

健康運動実践指導者

画像引用:公益財団法人健康・体力づくり事業財団

受講資格

次の5つのうち、いずれかひとつに当てはまっていれば受講することができます。

  1. 体育系の短期大学など2年制以上の学校を卒業した人
  2. 3年以上の運動指導経験者
  3. 運動指導に関係する資格を取得している人
    (健康運動指導士、GFI、アスレティックトレーナー、スポーツプログラマー、基礎水泳指導員、NSCA認定パーソナルトレーナー、NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト、NESTA公認パーソナルフィットネストレーナー、日本スポーツ協会認定コーチ1~4、レクリエーションインストラクター、中高老齢期運動指導士、高齢者体力つくり支援士など)
  4. 保健医療に関する資格を取得している人
    (看護師、准看護師、保健師、助産師、薬剤師、管理栄養士、栄養士、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師、理学療法士、作業療法士、はり師、きゅう師、臨床検査技師、社会福祉士、精神保健福祉士、公認心理師、介護福祉士、介護支援専門員、保育士、ホームヘルパー1級、2級など)
  5. 学校教育に関する資格を取得している人
    (幼稚園教諭、教科不問の教員免許など)

アスレティックトレーナー

アスレティックトレーナーはJSPO(公益財団法人日本スポーツ協会)が認定するトレーナーの資格です。スポーツをする人がケガや故障がなく安全に活動ができ、そのうえでパフォーマンスの回復や向上を支援するという役割があります。

資格を取得するためには講習会を受講する必要があります。

受講資格

以下の4つの条件を満たす必要があります。

  1. 満20歳以上
  2. JSPO、JSPO加盟団体及びJSPOが特に認める国内統轄競技団体から推薦され、受講者選考基準を満たす人
  3. 受講期間内に講習の全日程に参加できる人
  4. 受講が内定したら、「指導者マイページ」(インターネットサービス)から申込ができる人

公認スポーツ指導者資格のカリキュラムには共通科目と専門科目があります。すでに保有している資格がある場合は受講科目が一部免除されることもあります。

アスレティックトレーナー受験資格

画像引用:JSPO(公益財団法人日本スポーツ協会)

トレーニング指導者

日本トレーニング指導者協会(JATI)が認定する資格です。スポーツ選手に限らずさまざまな人たちにトレーニング指導を行える知識があることを認定するものです。

受講資格

以下の2つの条件を満たす必要があります。

  1. JATIに入会する
  2. 養成講習会を受講する

入会するためには年会費11,000円が必要です。また、養成講習会を受講したあとは、ワークノート(自己学習課題)を提出しなければなりませんので、ご注意ください。

JATI-ATI取得

画像引用:特定非営利活動法人 日本トレーニング指導者協会

スポーツインストラクターはやりがいのある仕事

スポーツインストラクター
スポーツインストラクターは指導者として、さまざまな目的を持った人たちのサポートを行うことができます。自分が指導した相手がスポーツを楽しめるようになったり、目的を達成したりする手伝いができるなど、とてもやりがいのある仕事です。
資格をとることで、さらにスポーツインストラクターとしての価値を高めることもできます。

自分が目標とするスポーツインストラクターになることで「好きを仕事にする」ことができます。仕事を楽しめる毎日は、生き生きとした生活を送ることができるのではないでしょうか。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。