水泳インストラクターを目指したい!資格2種類と必要なスキル4つ

水泳の正しい泳ぎ方や知識を様々な世代の人へ伝えていく水泳インストラクターの仕事は、水泳に携わってきた方にとってとても魅力的です。これから水泳インストラクターを目指すにはどのような方法があるのか、また資格などが必要になるのかをこの記事でご紹介していきます。

読み進める前に:失敗しないパーソナルジムの開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む

水泳インストラクターとは

水泳インストラクターは様々な年代の方に水泳の指導をおこないます。指導対象は性別や年代を問わず幅広いため、それぞれの適正や能力に合わせた指導をおこなう必要があります。

それぞれの受講者が水泳を楽しく行える環境を整え、指導していくのが水泳インストラクターの仕事です。またスイミングスクールなどでは、水泳の選手を目指す人への指導を行う場合もあり、その場合はより専門的な指導が求められます。

水泳は子供の習い事として、高齢者が水の浮力を利用して行うことのできるスポーツとして近年注目を集めています。水泳は水の中で行うスポーツということもあり、子供や高齢者が水中での事故をおこさないように施設内の安全管理をすることも水泳インストラクターの重要な仕事です。

このように水泳インストラクターは専門的な水泳の技術や知識を指導するだけでなく、しっかりとした安全管理や様々な年代の人が楽しめるプログラムづくりなど様々な業務を行っています。

ここからはさらに詳しく水泳インストラクターの仕事を見ていきます。

水泳インストラクターの仕事内容

水泳インストラクターはその働く場所によって仕事内容に多少の変化がありますが、水泳の指導以外にも様々な業務を行っています。具体的には以下のような業務が水泳インストラクターの業務となっています。

  • 水泳指導
  • プログラム作成
  • 受付業務
  • 施設の清掃
  • 経理、事務作業
  • イベントの企画

この中で一番メインとなる業務は水泳指導です。先程述べたように様々な方が水泳を習いにくるため、それぞれに応じた最適な指導が求められます。また指導中は安全管理や小さい子供のクラスなどの後には保護者への報告といった業務も付随します。また会員が受講する指導のプログラムを作成するのもインストラクターの業務の1つです。様々な年齢や能力の人が通う施設だからこその、幅広い内容を網羅したプログラムの作成が必要となります。

その他の業務として受付業務があります。具体的には新規入会者の対応や見学者の案内などがあります。また各会員の指導内容などを管理も行います。またスイミング関連の施設は水気が多いため、しっかりとした清掃しないとカビなどの原因となってしまいます。施設を清潔に保つことも重要になります。

売上の管理などの経理作業やイベント毎のPOPなどの作成などといった作業も水泳インストラクターが担っている施設もあります。事務作業にはその他にもブログの更新やSNSなどでの発信といった業務も含まれます。

施設毎で行われるイベントや企画といった施設運営に欠かせない作業も行っており、水泳インストラクターは施設の運営全体に関わる業務をおこなっており、その業務内容は非常に幅広くなっています。

水泳インストラクターの活躍の場

水泳インストラクターの活躍はスイミングスクールか水泳施設のあるフィットネスジムや市区町村などが運営するプールが併設された体育館などです。それぞれの施設の特性によって、会員となる人や指導する内容にも違いがあります。

スイミングスクール

スイミングスクールでも子供から高齢者まで様々な年代の方に水泳の指導を行います。またスイミングスクールに通う方の中には水泳の選手を目指している人もいます。スイミングスクールに通う方の多くはこの後に見るフィットネスジムや市区町村の体育館に通う方よりも、水泳に精通しており専門的な指導を求められる場合も少なくありません。そのため水中のウォーキングなどのエクササイズよりも、水泳に特化した指導を行う場合が多いです。

フィットネスジム

プールなどの水泳施設が併設されたフィットネスジムでも水泳インストラクターは活躍しています。フィットネスジムでは子供があまり通わない施設もあるため、それ以外の年齢層を対象としたプログラムをメインに指導する場合が多くなります。またフィットネスジムに併設されたプールでは、エアロビクスなども行われるため水泳以外の指導を行う場合もあります。

市区町村が運営する体育館

市区町村が運営する体育館でプールが併設されている場所でも多くの水泳インストラクターが活躍しています。市区町村の体育館にも子供から高齢者まで多くの人が通っています。また施設によっては地域の学校などと協力しながら水泳教育を推進している場合もあります。しかしプログラムを指導する時間はスイミングスクールに比べて短く、自由遊泳時の安全管理なども業務の多くの時間を占めます。

このようにどのような施設で活躍するかによっても、仕事の内容などに変化が伴います。

水泳インストラクターになる方法

水泳インストラクターになるのに必要な資格などはありません。基本的に水泳インストラクターになるためには、先程ご紹介したスイミングスクールやプールが併設したフィットネスジムなどに就職して水泳インストラクターを目指す場合が一般的です。

水泳の経験や体育関係の指導経歴等があるとこれらの施設に就職するさいに有利になる場合が多いです。また近年では水泳インストラクターを各施設に派遣する派遣会社もあるため、そのような会社に所属して、派遣先の施設で指導にあたる水泳インストラクターもいます。

水泳インストラクターの多くは正社員として活躍しており、その他はアルバイトで構成されている場合が多いです。そのため個人事業主としてフリーランスで活躍している水泳インストラクターは全体の割合でみると少数です。しかしスイミングスクールやフィットネスジムへ正社員としての就職が難しい場合はまずはアルバイトとして施設に所属して、正社員を目指すというのも1つの方法です。

水泳インストラクターに必要な4つのスキル

水泳インストラクターには必要な資格や学歴といったものは基本的にありません。しかし様々な世代や能力の人達に水泳のスキルを指導する仕事であるため、様々なスキルが必要となります。ここでは水泳インストラクターに求められる4つのスキルをご紹介致します。

コミュニケーション能力

子供から大人まで様々な人が通うスイミングスクールなどでは、どのような人ともしっかりとしたコミュニケーションがとれる能力が必要となります。コミュニケーション能力は指導を通して、水泳の楽しさや技術の説明を理解してもらう上でも重要な要素です。またスイミングスクールは学校のプールの授業に備えて多くの子供達が通うため、子供達を安心して預けてもらえるように保護者達ともしっかりと信頼関係を築く必要があります。

またスイミングスクールなどでの指導や安全管理は他のインストラクター達との協力が非常に重要になります。そのためインストラクターの同僚ともしっかりとしたコミュニケーションをとることが良い指導を行うために重要となります。

指導能力

「水に顔をつけるのが怖い」という初めて水泳を行う子供から、水泳の選手を目指す人まで様々な方の技術や能力に合わせて的確な指導を行っていくことがスイミングインストラクターには求められます。指導にはその人が分かりやすい説明や表現が求められるため、個人に合わせた説明をすることが必要になります。また水泳はマンツーマンで指導する場合よりも、グループで指導する場合が多いためグループを引っ張っていく指導力も必要となります。指導は実際に指導している時間だけでなく、実際を想像したプログラムの作成などから始まるためプログラムの作成から実際の指導までの一貫した指導力が水泳インストラクターには求められます。

実演能力

指導力としてあげた説明する能力と同じくらい大事な能力として、実演する能力があります。水泳はスポーツであり身体の動かし方などは口頭で説明されても理解が難しい場合も少なくありません。そのため水泳インストラクターには実演して相手に説明することが必要となる場面も少なくありません。この口頭での説明と実演を上手くリンクさせて説明していくことで、指導対象がしっかりと理解して改善してくことができます。

選手育成能力

水泳を習う子供や高齢者の方の行うエクササイズとしてのスイミングと、選手を目指す人が取り組む競技としての水泳は指導内容や方法が大きく異なります。スイミングスクール等には選手を目指す人も多く通っているため、選手を目指す人を育成する能力も水泳インストラクターには必要となります。選手を目指す人は競技として結果が出るような水泳の専門的な知識などの指導の他、筋力トレーニングの指導や競技に向き合う上での精神的な指導、食事指導といった様々な分野の能力が求められます。そのためこれらの知識をしっかりと持って指導にあたることが必要となります。

水泳インストラクターに関する資格2選

水泳インストラクターになるために必要となる資格はありません。しかししっかりとした水泳指導に関する知識や安全管理の方法を習得した証でもある資格を取得することは、水泳インストラクターを目指す上でも有利に働きます。

ここでは水泳インストラクターにおすすめの資格2種類をご説明いたします。

基礎水泳指導員

基礎水泳指導員は公益財団法人日本水泳連盟が認定している資格です。公益財団法人は生涯を通じた快適なスポーツライフを目指しており、その中心を担う人としてのスポーツ指導者を養成しています。

資格取得方法

基礎水泳指導員の受験資格は18歳以上である事というものだけです。

資格取得する方法は公益財団法人日本水泳連盟が開催する講習を合計40時間受講した後に、筆記試験、実技試験、面接試験に合格することで資格を取得できます。

資格取得後は4年に1回義務講習を受講して資格を更新する必要があります。

水泳教師資格

「水泳教師」「水泳上級教師」は日本スイミングクラブ協会が認定している資格です。この施設はプロの水泳指導員を育成するという目的を持って発行されています。水泳上級教師には水泳指導に関する知識以外にも、水泳指導者を統括する中心的な役割を担う人材の育成を目標としています。

資格取得方法

水泳教師は18歳以上、上級水泳教師は20歳以上が受験資格となっています。

水泳教師は共通科目の講習152.5時間と専門科目80時間以上の受講をした後にそれぞれの試験に合格することが必要になります。水泳教師取得後さらに共通科目40時間、専門科目60時間の講習を受講して各試験に合格することで上級水泳教師の資格を取得することができます。

まとめ

水泳インストラクターは将来性も高く、水泳の楽しさを沢山の人に伝えることのできる仕事です。水泳インストラクターには学歴や資格は必要無いため、今まで水泳に親しんで来た方であれば目指すことができます。その際に資格を保有していることで水泳インストラクターとしての活躍の場所をみつけるきっかけになる場合もあるので、これから水泳インストラクターを目指す方はぜひこの記事でご紹介した資格の取得も検討してみてください。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

リスクを最大限に下げたパーソナルジム開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。