本ページはプロモーションを含みます。

ダンスインストラクターの収入は?資格は?詳しく解説

majoli

「ダンスインストラクターを目指しているけれど、まずは何をすれば良いの?」と疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。

ダンスが趣味で、それを仕事に活かしたいという人はまだ就職までの流れやインストラクターとしての働き方をイメージできないかもしれません。

ダンスインストラクターの仕事内容や給料面、目指すべき資格などの情報をしっかり理解してから、本当に自分が目指したい仕事かどうかを見極める必要があります。

そこで本記事では、ダンスインストラクターの仕事内容や働き方、気になる収入やおすすめの資格を徹底解説します。

好きなダンスを仕事に活かしたいと考えている人は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

最新情報:ジム・パーソナルジムの集客方法

・本当にアクセスあるジム検索サイトへ掲載したい
・コスパ良く掲載できるジム検索サイトを探している
・パーソナルトレーニングの集客ができてない…

そんな方向けに、業界最大級のアクセス数を誇るジム検索サイト「FitMap」は特におすすめ!サイトへの掲載にかかるスピードは最短即日1時間と早く、価格も大手サイトと比較し安くてコスパも◎。お気軽にご相談ください。

▶︎ まずは資料ダウンロード!

ダンスインストラクターとは?

ダンスエクササイズ

ダンスにはバレエ、ジャズ、フラメンコ、社交ダンス、ヒップホップなど本当に多くのジャンルが存在しています。

ダンスインストラクターは、それぞれのダンスジャンルで足の運び方や身のこなし方、正しい腕の位置などをアドバイスして美しく華麗にダンスするための指導をする仕事です。

ダンスインストラクターは現役ダンサーとして舞台で活躍する一方、ダンススクールなどでダンサーを目指す人に演技指導やフィットネスクラブで趣味としてダンスをしている生徒たちにアドバイスしたりもします。

ダンスインストラクターである前に、舞台で活躍経験のある一流ダンサーになれば生徒から厚い信頼を得られるでしょう。

自分が専門性を高めたいダンスの知識や踊りそのものの歴史、そして人体の仕組みや構について理解を深めれば、指導にも幅が出てきます。

ダンスインストラクターの仕事内容

ダンスのレッスンは各クラスに分かれて指導します。

ダンスインストラクターは、入門者から上級者にわたって生徒のレベルに適したレッスンを行うのが一般的です。

また、生徒の習いたいダンスや目的によってもレッスンのプログラムはう目的によってもレッスン内容は異なります。

プロダンサーを目指している人、ダンスのパフォーマンスを楽しみたい人、習い事にしたい人、健康維持やボディメイクのためなど、生徒の目的もさまざまです。

特にプロを目指している生徒に対しては、ダンスインストラクターは基礎を徹底的に教えてスキルを伸ばすことにフォーカスした指導をします。

趣味で習っている人たちに対しては、いかにレッスンを楽しくできるかに重点を置いたプログラムを考える必要があるでしょう。

仕事内容①レッスンの指導

レッスンが始まったら、最初は怪我予防のためにウォーミングアップやストレッチなどで柔軟性を高めておきます。

次に曲をかけてステップやターンの練習を行うことが一般的です。発表会に向けてレッスンする場合、振付を指導したりフォーメーションのチェックをしたりします。

以下は指導できるダンスの一例です。

  • ヒップホップダンス
  • ジャズダンス
  • 社交ダンス
  • ショーダンス
  • バレエ
  • フラメンコ
  • ソウルダンス
  • ジャズダンス
  • チアダンス
  • エアロビクス
  • タップダンス

仕事内容②振り付け指導

チームでダンスレッスンをする場合、コンビネーションや個々の動きを全体の流れに合わせて振り付けを指導します。

振り付けの指導だけでなくプログラムを考案をしたり、ダンスミュージックの選曲とスタジオで流す曲の編集、発表会の企画など、一言に「振り付け指導」と言ってもかなり幅があります。

レッスン時間以外の仕事

新しいレッスンのプログラムを考えたり、どのようにすれば生徒に分かりやすく指導できるかについて研究することもあります。

あとは、夏休みや年末年始限定の短期集中レッスンやイベントの企画に携わることもあるでしょう。

レッスン中の自分の動きを録画した映像で確認して、生徒一人ひとりが上達しているかをチェックしたり、生徒たちからの個別相談に乗ったりと業務内容はさまざまです。

レッスンの前後にはスタジオフロアの清掃や換気も丁寧に行いましょう。

ダンスインストラクターの1日の仕事

10:00スクールへ出勤する…今日のスケジュールやレッスン内容を確認。ダンススタジオの清掃をして準備を開始します。

  • 10:30ダンスを指導…一般的に10:00オープンのスタジオが多いので、このあたりの時間から最初のレッスンが始まります。
  • 11:30事務作業…午前中に行ったレッスンのフィードバックを受けたり、午後のレッスンのプログラム内容を確認をします。
  • 12:00昼食休憩
  • 13:00ダンス指導…午後のレッスンに入ります。
  • 14:30事務作業…午後同様、フィードバックと次のレッスンの確認作業をします。
  • 15:30ダンスを指導…このあたりの時間は学校を終えた幼児や子どもたちに向けたレッスンが多くジャズのような活発なダンスレッスンを1~2コマ連続して行うこともあります。
  • 18:00スタジオ締め…レッスンの片付けをして、今日1日の振り返りや記録をして1日の勤務は終了を修了します。

気になるダンスインストラクターの平均収入は?

ダンスインストラクターに限らず「自分が目指す職業はどれだけがせげるのか」という平均年収について考える人は多いかと思います。

ここからはリアルなダンスインストラクターの収入について解説していくので、自分の今の年収と照らし合わせてもっと上を狙えるかどうかも含めてチェックしましょう。

雇用形態によって異なる

ダンスインストラクターの平均収入は、雇用形態によって大きく異なります。

フリーランスで働いている人の相場は、1レッスンあたり3,000円~5,000円です。

しかし、ダンススクールやスタジオで正社員として勤務する場合は年収がおよそ200~350万円になります。

日本の平均年収は400万円前後あので決して多い額とはいえないでしょう。

やや低めの収入の原因は、自分が所属するダンススクールやスタジオの規模がどれくらいか、そしてダンスインストラクターの平均年齢が20代~30代と若いことが挙げられます。ただし、大手のダンススクールやフィットネスクラブに勤務してキャリアアップしていくと年収500万以上になるケースもあるので、一概には言えません。

例えば有名ダンサーのレッスンの場合、1人あたり1~2時間で5,000円のレッスンフィーが支給されるので、これが20人集まれば1レッスンで6万円、1日2コマ行えば12万円にものぼります。

つまり、ダンスインストラクターの平均年収は勤続年数や学歴は関係なく、その人のキャリアや実績が大きく影響するのです。

ダンスインストラクターになる方法

ダンスインストラクターになろうと決心したとき、まずは何をすればいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。

ダンスインストラクターになるためにダンス関連の資格は必須ではありません。

ダンス業界では、資格よりもダンスの実績や経験年数、メディアへの出演濃霧などの方が重要視されやすいです。

ダンススクールに通う生徒の立場になって考えると、無名よりも有名なアーティストのバックダンサー経験があるインストラクターのもとで指導を受けたいと思うのは普通でしょう。

とはいえ、ダンスインストラクターを目指す際はいくつかの方法があるため、ここではざっくりと解説していきたいと思います。

ダンスについて学べる専門学校や大学に進学する

ダンスインストラクターになるためには、まずダンサーとしての実力とインストラクターとしての指導力を備えなくてはいけません。

ダンス関連の専門学校や大学へ進学すれば、基本的な身体の動かし方やステップ、表情や表現力など、すべてのダンスジャンルに通ずる基礎を体系的に学べるようになっています。

ここで学んだ知識は、将来インストラクターとしてデビューする際にも活用できるでしょう。

また、専門学校や大学に通う最大のメリットは「プロのダンサーから直接指導を受けられること」です。現場で最前線で活躍する有名なダンサーを迎えて、その人たちのスキルを吸収できるのは専門学校や大学ならではの魅力と言えるでしょう。

ダンスの大会やオーディションで経験を積む

学歴があるかどうかに関わらず、大規模なダンス大会やオーディションに参加してダンサー経験を積むことも非常に大切です。

先述のように、ダンスインストラクターは実績やメディア出演などの経験が重要視されます。

そのため、積極的にこういった場に参加して自分の実績経験を積んでいくのがおすすめです。

日々のダンスレッスンや自主練習、座学で学んだ知識などを大会やオーディションでアウトプットできるのが理想的です。

ダンスインストラクターにおすすめの資格

ダンスインストラクターになるために資格は必要ないとお話しましたが、やはり資格があった方が就職の際にも有利になって生徒からの信頼も得やすいです。

そこでここからは、ダンスインストラクターを目指す人におすすめの資格を紹介します。

自分が気になる資格をピックアップして、受験できるかどうかをチェックしましょう。

一般社団法人ダンス教育振興連盟(JDAC)ダンス教育指導士

ダンスのインストラクターにおすすめの資格で最も有名なのがこの一般社団法人ダンス教育振興連盟が認定する「ダンス教育指導士」です。

ダンス教育指導士(Basic)は、筆記試験に加えて実技試験、さらに面接を経て資格取得となります。ダンスに関する知識のほこあに、教育基本法、小~中学校の生徒に指導するための学習指導要領についても学べます。

将来子ども向けダンススクールのインストラクターをしたい人にもおすすめの資格です。

ダンス教育指導士の資格取得によって、提携先の企業でインストラクターデビューすることもできます。

現在はオンラインで試験対策講座が受講できるので、自宅でも気軽に学習できるか凶が整っているのもポイント。

ほかにもこの連盟の認定資格であるダンス療育指導士は発達障害の幼児を対象にダンスでコミュニケーションや認知能力を育むためのノウハウを習得できるので、将来的にデイサービスで働着たいと考えている人にも役立つ資格でしょう。

日本バレエ教育者協会認定講師

バレエに関する資格が取りたい人は、この「日本バレエ教育者協会認定講師」を取得しましょう。

こちらはベーシックコース、アドバンスコース、プロフェッショナルコースの3つに分かれていて、自分のスキルや将来的にどう働きたいかによってコースを選択します。

アドバンスコースを修了し、認定試験に合格すると「日本バレエ教育者協会認定教師」が取得できます。

さらにプロフェッショナルコースに合格すれば「バレエ教育指導士」の資格が取れるようになります。

JBDFプロフェッシュナルダンス教師認定試験

JBDFプロフェッシュナルダンス教師認定試験は、ボールルームダンスと社交ダンスのインストラクターを目指す人におすすめの資格です。

1級から5級までの級があり、3級以上の資格取得で「公益財団法人日本ボールルームダンス連盟」の正会員に加盟できます。

正会員になると、連盟の競技会で審査員ができるようにもなるので、ダンサーとしてさらに活躍の幅が広がるでしょう。

JSDA公認インストラクター

JSDA公認インストラクターですはストリートダンスの資格で、ダンス経験者向けです。JSDAのインストラクター検定に合格すると、公認インストラクター資格が与えられます。

1次審査は書類審査、2次審査はダンス能力をテスト、そして3次審査は模擬レッスンと面談、筆記試験があるので受験のハードルはかなり高い方と言えるでしょう。

エイベックス・ストリートダンス検定

検定のレベルは、6級~1級、そしてアドバンスがあり、HIPHOPとJAZZの2シュルのダンスのどちらかを受検できます。

自分が専門性を高めたい方のダンスを選んで受験してください。

6級は初心者用で誰でも無料で受験できるので、かないハードルが低いです。インストラクターとして活躍したい人は、ぜひアドバンスを目指してみましょう。検定はスマホのアプリで受検可能です。

全日本チアダンス連盟チアダンス指導員

全日本チアダンス連盟チアダンス指導員はチアのコーチングに特化した資格で、B級、A級、J級の3つにレベル分けされています。インストラクター志望の場合はB級かA級の受検がおすすめです。

ダンサーとしてではなく、将来的に競技会審判員にも挑戦してみたい人はJ級の取得も視野に入れてみてください。

ダンスインストラクターが活躍できる職場

ダンスインストラクターになったら、どのような場所で勤務することになるのでしょうか。ここからは、ダンスインストラクターの主な就職先について見ていきましょう。

ダンススクール

ダンススクールは、ダンスインストラクターの最もメジャーな就職先です。プロのダンサーを目指す本格派など、ダンスへの意欲が高い人たちが集まっているのが特徴です。

ダンスの専門知識だけでなく、生徒たちをまとめ上げて分かりやすく指導するインストラクターとしてのスキルも求められます。

正社員や契約社員、さらに派遣やアルバイトなど、さまざまな勤務形態がありますが、形態によって業務内容が変わることを覚えておきましょう。

教育現場

保育園・幼稚園、小~中学校、さらに高校や大学といった教育の現場においてダンス指導する場合もあります。

子どもの中には運動やダンスが苦手で体育が嫌だと思う生徒もいます。

そういった子どもたちに向けて、無理強いせずに寄り添いながら、踊ることの楽しさを教えることが重要です。

教育現場では常に教員の人材不足問題を抱えているので、小学校などから体育のサポート依頼が頻繁に来ることも考えられます。最近では、保育園などの幼児向けのダンスの募集が多いようです。

その場合、正社員でなく契約社員、派遣、パート・アルバイトといった形態で契約することがほとんどです。

フィットネスクラブやスポーツジム

フィットネスクラブやスポーツジムもダンスインストラクターの就職先として多いです。

コナミやNASといった大型のフィットネスクラブには大きなスタジオがあり、毎日ダンスレッスンが行われています。

ダイエットを目的としたエアロビクスクラス、ヒップホップやクラシックバレエなど豊富な種類からレッスンを選べるようになっています。

多くのニーズに応えるためにも、フィットネスクラブで勤務する際はダンス全般の基礎的な知識があるのが望ましいです。

自分のダンススタジオ

独立開業して、自分のダンススタジオを持つ人もいます。

独立開業するためには、資金繰りやスタジオを建てる場所、プロモーションなど経営者としてのスキルやノウハウも必要になります。

ダンスレッスン以外にも色々とやらなくてはいけないことが多く大変なこともありますが、教室のコンセプトなど自分で自由に決められるというのがメリットです。

フィットネスクラブで何年か指導経験を重ねてから、その後に独立して自分のダンススタジオをもつのもキャリアステップのひとつでしょう。

ダンスインストラクターが向いている人

チアダンス講師の仕事内容

ダンスインストラクターと言う職業にも「適性」があります。スキルだけでなく、性格や思考などの内面的な部分で向き不向きが左右されることも。

最後に、どのような人にダンスインストラクターが向いているかについて紹介したいと思います。

  • ダンスの楽しさや踊る喜びが伝えられる
  • 生徒の持ち味を発見してそれを伸ばす能力がある
  • 生徒それぞれの苦手分野を見抜く力がある
  • 身体の動きなどを分かりやすく説明できる指導力がある
  • 生徒たちが持つ悩みや憧れの気持ちに真摯から寄り添える

これらの項目に当てはまっていればいるほど、ダンスインストラクターとして活躍しやすいでしょう。

ダンスインストラクターの将来性

ダンスインストラクターとして働く際に気になるのが、この職業の将来性です。

ダンスインストラクター1本で安定した収入が得られるかどうか、今後の展望を見てみましょう。

VR技術やオンラインを利用したレッスンが人気

健康意識の高まりに伴い、現在の日本ではダンスを習い事にする人たちが増えてきました。それに伴い、ダンスインストラクターの需要も年々上がっているのが現状です。

近年はコロナの影響でオンラインレッスンも増えてきています。

いずれはスタジオレッスンのほかにもVRやオンラインを活用したレッスンも展開されるでしょう。生徒たちの新たなニーズに応えられるダンスインストラクターが、将来的に活躍できるでしょう。

まとめ

今回はダンスインストラクターの仕事内容や収入、取得すべきおすすめ資格について紹介してきました。

ダンスインストラクターは、資格取得も重要ですが何より大切なのは実績や活動経歴です。

ダンスを仕事にしたいと思ったら、実際に自分がダンス経験を積みながら少しずつ資格取得のために勉強するという方法が良いでしょう。

一口にダンスと言っても様々な種類があるので、自分がどのダンスを教えたいかを決めてから専門性を高めていくのがおすすめです。

ダンスインストラクターは体力勝負な仕事ではありますが、レッスンに参加する生徒たちの成長する姿を間近で見られるという非常にやりがいのある職業でもあります。

未経験や無資格でも挑戦できるので、本気で目指したい人はぜひダンスインストラクターになるために頑張ってみてはいかがでしょうか。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

WEB集客数が大幅UP


・本当にアクセスあるジム検索サイトへ掲載したい
・コスパ良く掲載できるジム検索サイトを探している
・パーソナルトレーニングの集客ができてない…

そんな方向けに、業界最大級のアクセス数を誇るジム検索サイト「FitMap」は特におすすめ!サイトへの掲載にかかるスピードは最短即日1時間と早く、価格も大手サイトと比較し安くてコスパも◎。お気軽にご相談ください。

資料ダウンロードはこちら【初期費用無料】

ジム経営の総合相談窓口

お客様の現状やなりたい姿を徹底的にヒアリングをした上でお客様に寄り添って最適な提案をさせていただきます。開業、集客、採用、マシン導入、システム構築、HP制作、広告運用、店舗展開、物件探し、内装工事、サービス設計などジム経営に関する全ての業務がサポート範囲です。お気軽にご相談ください。

相談は無料です。必ず有意義な時間にします。

ご相談申込みはこちら【初回無料】

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

ジム・パーソナルジム特化の内装「ジム内装」

「ジム内装」サービスは、フィットネス業界、特にパーソナルジム業界を中心に展開。ただのおしゃれなジムを作るだけではなく、集客に影響できる設計も含め提案しているのが特徴的です。

また株式会社FiiTでは月間30万人が利用する業界最大級のジムポータルサイトFitMapを運営しており、約500店舗以上のジム事業者と関わりもあるため、パーソナルジム業界でウケるデザインや集客に繋がる内装、やってはいけないポイントなども熟知しております。

【施工イメージ】

内装のご相談はこちら!

リスクを最大限に下げたパーソナルジム開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

株式会社FiiTの求人一覧

総合職

【新卒】総合職 ~新規事業立ち上げの最初のメンバーになれる~

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用

バックオフィス

【台東区】経理求人!上野から1駅で通いやすい◎【経験者歓迎】

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

人事

【台東区勤務】人事&オフィスサポート 未経験OK

■勤務地:東京都
■採用形態:アルバイト

人事

未経験OK!人事&オフィスサポート

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

人事

未経験で挑戦できる 人事&オフィスサポート

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

パーソナルトレーナー

深谷のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:埼玉県
■採用形態:業務委託

パーソナルトレーナー

御殿場・静岡のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:静岡県
■採用形態:業務委託

パーソナルトレーナー

飯能のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:埼玉県
■採用形態:業務委託

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。