スポーツトレーナーとインストラクター、どちらが最適か解説!

「そもそも、トレーナーとインストラクターはどんな違いがあるのか分からない」

「自分は、どっちの職種に向いているのか分からない」

上記のような疑問を抱えていませんか。

近年、スポーツジムやフィットネスの利用率が拡大傾向であり、スポーツの専門家の需要が高まっています。

一見、似ているスポーツの専門家である、スポーツトレーナーとインストラクターの違いが分からない方が多いと思います。どのような仕事をしているのかをしっかりと把握して、ご自身の性格にあった職種を選ぶことが大切です。

そこで今回は、2つの職種の目的や仕事内容、求める資格からどちらが最適なのかを解説します。その他に、就職先や向いている人などを詳しく見ていきますので、ご自身の適性に合っているのか確認しましょう。

読み進める前に:失敗しないパーソナルジムの開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 今すぐ無料相談を申し込む

スポーツトレーナー、インストラクターとは?

ここでは、スポーツトレーナーとインストラクターの仕事内容や資格、働く場所についてご紹介します。

仕事内容

スポーツトレーナーは、アスリートなどがパフォーマンスを発揮するために、必要な身体作りやスキルの向上をサポートする専門家です。トレーニング方法の作成やコンディション管理、リハビリのサポートなどを行います。また、健康管理やメンタルケア、食事の栄養指導、試合中の怪我に対しての応急処置など幅広い業務があります。アスリートの寄り沿ったサポートを行うので、仕事内容は多岐にわたるでしょう。

一方インストラクターは、スポーツにおける専門的な知識や技術の指導を行う専門家です。アスリートだけでなく、一般の方に向けて指導することもあります。そのため、年齢や体力、経験など幅広いニーズに応じたトレーニング方法を考案して、目的達成まで指導していくことが必要です。スポーツに関しての技術的な指導をすることが多いため、体力を維持するとともに高い指導能力が求められます。

求められる資格

スポーツの専門家であるスポーツトレーナーとインストラクターは、必須となる資格は特にありません。しかし、どちらも働く上で資格を取得することで仕事の幅が広がります。

スポーツトレーナーになるには、運動生理学や解剖学などの理論やコーチングスキルを学ぶことが必要です。スポーツ団体やアスリートをサポートするために、民間資格だけでなく医療系の国家資格を取得すると有利になります。

スポーツトレーナーに求められる民間団体による認定資格は以下の通りです。

  • アスレチックトレーナー
  • NSCA認定パーソナルトレーナー

仕事の幅を広げるために、有利となる医療系の国家資格は以下の通りです。

  • 理学療法士
  • 柔道整復師
  • 鍼灸師

一方インストラクターは、スポーツに関する知識や技術を身につけると、同時に資格や実績をもつことで仕事ができます。また、インストラクターとして指導するスポーツの専門的な資格を取得しておくことで、就職や転職に有利となります。

インストラクターに必要となる民間団体による認定資格は以下の通りです。

  • スポーツ指導者基礎資格
  • 健康運動指導士
  • 健康運動実践指導士
  • レクリエーションインストラクター
  • インストラクターの資格(ヨガ、ピラティス、ダンスなど)

働く場所

どちらも資格取得後に、スポーツジムやフィットネスジムなどで働いて経験を積むのが一般的です。そこで経験や実績があれば、プロスポーツチームや実業団などのアマチュアスポーツチームのスポーツトレーナーとして契約することも可能です。また、医療や福祉の分野でもケガの予防を目的に指導を行うことができるスポーツトレーナーの需要が高まっています。その他に、歌手やダンサーへのサポートなど幅広いニーズに対応することが求められます。

一方インストラクターは、カルチャースクールや公民館などで講座を開講して生徒に指導できます。また、スポーツイベントを開催する団体に所属して活動することも可能です。今後、高齢者の健康維持を目的に運動の実践方法を指導するために、今まで培ってきた経験や実績が役役立ちます。また、健康運動士や健康運動実践指導士の資格を取得すると病院や福祉施設、介護施設などで働くことも可能です。

スポーツトレーナーやインストラクターになる方法

スポーツトレーナー及びインストラクターになるためには、どのような方法があるのでしょうか。それぞれ、詳しく見ていきましょう。

スポーツトレーナーになるには

体育会系の大学や短期大学、トレーナーを養成する専門学校において、運動学やスポーツ医学などの専門知識を学んでいくのです。理学療法士や柔道整復師などの医療系の国家資格やスポーツトレーナーに関する民間資格を取得できる学校もあり、両方とも取得すると就職に有利になります。資格取得後は、スポーツ施設など知識と技術を身につけてから、大学や高校などへスポーツトレーナーとして派遣されることが一般的です。そして、トレーナーとして知識や技術の向上を図るとともに人脈を広げて、プロや実業団などのスポーツチームと契約する道もあります。

インストラクターになるには

スポーツや健康系の大学や短期大学、専門学校などで専門知識を学んで資格を取得する方法があります。その他に大学や専門学校を卒業せずに、高卒でスポーツ施設などで働きながら知識を学び、資格を取得することも可能です。大学や専門学校に行かなくても資格を取得はできますが、できれば養成講座に通うことをおすすめします。そして、実績があればフリーランスに転向すると、スポーツ施設と個人契約をして指導する道が開けます。

スポーツトレーナーとインストラクターはどちらが最適か

目的や仕事内容が異なるスポーツトレーナーとインストラクターは、どちらが適しているかを迷ってしまいますよね。自分がどのような仕事をしたいのか目的を明確にして、得意分野と照らし合わせて選ぶことが重要です。ここでは、スポーツトレーナーとインストラクターにはこんな人が向いているというポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポーツトレーナーに向いている人

スポーツトレーナーに向いている人は以下の項目が挙げられます。

  • 裏方として冷静にサポートできる人
  • 高いコミュニケーション能力がある人
  • 好奇心旺盛で向上心がある人

それでは、それぞれ解説します。

裏方として冷静にサポートできる人

スポーツトレーナーは、裏方としてアスリートを支える縁の下の力持ちとして需要な役割を担っています。スポーツトレーナーは、アスリートの健康状態やメンタルに気を配り、冷静にサポートできる人が向いています。アスリートのコンディションをしっかりと把握して、安心して試合や競技に臨めるように全面的にバックアップすることが求められます。

そのため、アスリートが最高のパフォーマンスを発揮するために、どのようなサポートが必要なのか冷静に分析して、適切な指導やアドバイスします。スポーツトレーナーは、裏方として冷静にサポートできる人に向いているでしょう。

高いコミュニケーション能力がある人

スポーツトレーナーは、高いコミュニケーション能力がある方に向いています。なぜなら、アスリートとの信頼関係を築くためにコミュニケーション能力が必要となるからです。また、アスリートのコンディションの把握やメンタルケアなどを行うために重要になります。

スポーツチームに所属しているのなら、監督やコーチなどの連携も必要になるでしょう。そのため、スポーツトレーナーは高いコミュニケーション能力が求められます。

好奇心旺盛で向上心がある人

スポーツトレーナーは、好奇心旺盛で向上心がある人が向いています。なぜなら、トレーナーに必要な解剖学や運動生理学などスポーツに関する知識を身につけるとともに、最新のトレーニング方法などをアップデートすることが必要となるからです。

最新の知識やトレーニング方法をもとにして、アスリートに合わせた指導をするなど臨機応変に対応します。常に、好奇心を持ってさまざまな知識や技術を身につけて、アスリートのコンディションに適した新しいトレーニング方法を実践します。そのため、スポーツトレーナーは好奇心旺盛で向上心があることが必要です。

インストラクターに向いている人

 インストラクターに向いている人は以下の項目が挙げられます。

  • 一定以上の知識や運動能力がある人
  • スポーツ好きで指導能力が高い人
  • モチベーションを上げるのが上手い人

それでは、それぞれ解説します。

一定以上の知識や運動能力がある人

インストラクターは、指導するスポーツに対して一定以上の知識や運動能力がある人が向いています。なぜなら、動作を手本に見せる必要があるので、ある程度の運動能力が必要になるからです。

ヨガやダンスなどの専門的な分野を分かりやすく指導するには、インストラクター自身が見本を見せることが多いです。言葉だけではなかなか分かりにくい動きなどを体で表現することで伝えることが多々あります。そのため、インストラクターは生徒以上に知識と運動能力が求められます。

 スポーツが好きで指導能力が高い人

インストラクターは、指導するスポーツが好きであり指導能力が高い人が向いています。なぜなら、身体の動かし方など繰り返し教えるために、適切な指導が必要となるからです。インストラクターの指導次第で、教わっている生徒が間違った認識をしている場合があります。

正しい動きを身につけるためには、繰り返し教えながら間違いを修正することが重要です。根気よく何度も教えることが多いので毎回、適切な指導ができるのかも必要になります。また、利用者の進捗状況に合わせて、指導方針を変更、新しいトレーニング方法を取り入れるなど柔軟に対応できるインストラクターが求められます。

モチベーションを上げるのが上手い人

モチベーションを高めるのが上手い人はインストラクターに向いています。なぜなら、利用者は楽しいと感じると継続することができるからです。インストラクターは、教える分野の楽しさや魅力を伝えることも重要な役目です。

インストラクターが心の底から楽しいと思って教えているのなら、教わっている利用者にも伝わります。もちろん、インストラクターにも体力的にしんどくなる場合もあるでしょう。どんなときでもインストラクターは、常に明るく接するように心がけることが重要です。

まとめ

スポーツトレーナーとインストラクターは、目的や仕事内容などが異なります。スポーツトレーナーはアスリートに寄り添いサポートをする仕事であり、インストラクターはスポーツなどの技術指導するのが主な仕事です。どちらも、必須となる資格は特にありません。しかし、資格を取得すると就職や転職、独立に有利になり活躍の場を広げることができるでしょう。

スポーツトレーナーやインストラクターになるには、大学や短期大学、専門学校で専門知識や技術を学んで、必要となる資格を取得するのが一般的です。今回紹介したように、スポーツトレーナーとインストラクターでは求める資格は異なります。そして、資格取得後は常に勉学に励み経験を積むことで、幅広い仕事に従事できるでしょう。

基本的に、アスリートを支える仕事をしたいのならスポーツトレーナー、スポーツなどの知識や技術を教える仕事をしたのならインストラクターを目指すとよいでしょう。スポーツトレーナーとインストラクターのどちらを選ぶのか決める際には、ご自身の経験や技術、将来はどのような仕事をしたいのか目的を明確にすることが大切です。そして、必要となる資格の取得を挑戦してみましょう。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

リスクを最大限に下げたパーソナルジム開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。