本ページはプロモーションを含みます。

NESTA-PFTの資格解説!NSCA・JATIとの違いは

パーソナルトレーナーの資格の中でも国内で有名な資格には、NESTAやNSCA、JATIといった資格があります。トレーナーとして活動する上で、これらの資格を保有していくことは、スキルや知識をしっかりと身につけている証拠にもなります。しかしこれらの資格にはどのような違いがあるのでしょうか。この記事ではパーソナルトレーナーの資格として有名な3種類の資格の違いをそれぞれご紹介していきます。

最新情報:ジム・パーソナルジムの集客方法

・本当にアクセスあるジム検索サイトへ掲載したい
・コスパ良く掲載できるジム検索サイトを探している
・パーソナルトレーニングの集客ができてない…

そんな方向けに、業界最大級のアクセス数を誇るジム検索サイト「FitMap」は特におすすめ!サイトへの掲載にかかるスピードは最短即日1時間と早く、価格も大手サイトと比較し安くてコスパも◎。お気軽にご相談ください。

▶︎ まずは資料ダウンロード!

NESTA-PETを詳しく解説

この記事ではパーソナルトレーナーの資格として有名なものを比較して、どのような違いがあるのかについてご紹介していきます。そこでまずはNESTA-PFT資格について発行している団体や、PFT資格にはどのような特徴があるのかについても詳しく解説していきます。

NESTAとは

NESTA-PFTを発行しているは通称NESTAと呼ばれるフィットネス団体です。NESTAは正式な名称をnational exercise and sports trainers associationと言い、日本では全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会と呼ばれています。

その名の通りアメリカのカリフォルニア州に、1992年の設立から拠点を置いて活動をしています。

現在NESTAの発行する資格を保有し、会員となってフィットネス指導に携わっているトレーナーは世界80ヵ国以上に広がっており、会員数は7万人以上となっています。このようにNESTAは日本国内だけでなく、世界中のフィットネストレーナーの基準となるような知識を提供する団体ということができます。

NESTAが発行している資格はPFTに限らず、フィットネスに関するさまざまなスペシャリスト資格を発行しています。その数は合計で23種類におよびます。

その内容はさまざまで、生活習慣の予防を目指すものから、子供への指導や美容関連の資格まであり、トレーナーが目指すさまざまな知識を学ぶことができます。

もう1つNESTAの大きな特徴はビジネスとしてのフィットネスという観点から、知識を身につけることができるという点でしょう。トレーナーとしてしっかりと集客し、安定した収入を得ていくうえで必要となるような知識を身につけることができます。そのためこれからトレーナーとして独立していきたいと思う方や、将来的には自分のジムを持ちたいと思っているトレーナーにも有意義な資格が揃っています。

NESTA-PFT

さまざまな資格を発行しているNESTAですが、その中でもPFT資格はパーソナルトレーナーにとって最適な資格の1つであるといえるでしょう。PFTはパーソナルフィットネストレーナーの略称でもあり、その名前からもわかる通りパーソナルトレーナー向けの資格となっています。

この資格の取得過程では栄養学や解剖学といった、身体の基本となる知識を学ぶことができるのはもちろん。それ以外にもトレーニング指導に必要となる栄養管理やトレーニング中に想定される安全管理などについての知識も学ぶことができるため、実際に現場で活躍するうえで必要となる知識を包括的に身につけることができます。

NESTA-PFT資格は国内のフィットネス業界でも認知度が非常に高い資格となっており、一部の求人では採用条件に含まれていることもあるため、国内でフィットネス指導を行うさいにもとても有効な資格だといえます。

また資格取得方法に関して詳しく後ほどご紹介しますが、取得方法は大きく3つの方法があり、ゼミコースでは実際にトレーニングを指導するながれなども学べます。そのため未経験からでも資格の取得過程で指導方法までしっかりと身につけることができるため、初心者でも安心して技術を体得することができます。

NESTA-PFTの取得方法

ここからはそんなNESTA-PFTの取得方法や、資格の取得条件などを詳しく見ていきます。

NESTA-PFTにも受験要件や取得の過程で選択できるコースなどは異なるため、自分のライフスタイルにあわせて最適だと思うものを選択すると良いでしょう。

資格取得の方法

NESTA-PFTを受験するには以下のような必須条件と該当条件が設けられています。

必須条件

  • NESTA JAPAN(あるいは医学映像教育センター)からPFTテキストを購入済みである
  • CPR・AEDの技能を習得・保持している(定期的にトレーニングを積んでいる)

※MFA(メディック・ファースト・エイド®)、IEMA(国際救命救急協会)の講習を推奨※定期的なトレーニングを積んでいる必要があります。受講の証明書等の提出は必要ありません。

  • 日本国籍または、日本での就労可能な在留資格を有する者
  • 満18歳以上で、高等学校卒業以上の者、高等学校卒業程度認定資格試験合格者、またはNESTAが認定する教育カリキュラム修了者

該当しない方の場合は、以下の2つの方法で受験が可能

  1. 高卒資格を何らかの形で取得いただき、通常受験要件を満たす
  2. NESTAが認定する教育カリキュラム 「ヒューマンアカデミー スポーツカレッジ」にて、カリキュラムを修了する

該当条件

  • 1年以上のパーソナルトレーナー・インストラクターなどの実務経験がある
  • 1年以上の運動部指導、フィットネス企業勤務経験がある
  •  体育系または、医療系の大学・専門学校を卒業している

該当条件は上記のいずれかの条件に該当していれば、受験することができます。

もし上記に該当していない場合は、 NESTAの認定する養成講座、養成コース(認定校・認定アカデミー含む)を受講する必要があります。

取得までの方法は3つ用意されています。いずれかの方法を選択して受験することができます。ここではそれぞれのコースに関してご紹介していきます。

ダイレクトコース

NESTA-PFTの試験は独学で学習してそのまま試験を受験することも可能です。

しかし独学でそのまま受験するためには、必須条件および該当条件のいずれかの条件を満たしている必要があります。

ダイレクトコースは教材費用と事前講習費用や、受験費用を合計した72,500円で資格取得が目指せるため費用面でかなりリーズナブルに資格取得を目指すことができます。また万が一不合格になってしまった場合にも初回の受験から1年以内であれば、受験料金の10,000円のみで再受験が可能となっています。

このダイレクトコースですが、全く未経験の方にはあまりおすすめしません。逆にしっかりとトレーニングに関しての知識や指導歴のあるトレーナーさんには非常に魅力的なコースとなっています。

ゼミコース

ゼミコースはNESTA認定講師から直接指導を受けることができます。ゼミコースでの講座は、1日8時間の講座を最大8日間受講してさまざまな知識を学びながらNESTA試験の対策をおこなうことができます。講座は4つの項目に分かれており「ビジネス」「基礎理論」「実践理論」「トレーニング実技」となっています。トレーニング実技の講座に関しては、東京と大阪の2つの講座でのみ開講しています。

これらの講座は全て受講することもできますが、一部の講座のみを選んで受講することができます。全ての講座を受講する場合は認定試験費と別に、226,160円となります。

ゼミコースは東京と大阪に限られますが、実際にトレーニング実技を学ぶことができるため、初心者からトレーナーを目指す方におすすめです。一方講習時間が長いため、忙しい方などが時間を確保するのが難しい場合にはあまり向かないコースともいうことができます。

WEBコース

WEBコースはメールで課題が送られてきてそれを解いて返信することで、講師が添削して返信してきてくれます。WEBコースでは自宅で課題を解いていくことができるため、忙しい方でも自分のペースで学習を進めていくことができる点がメリットです。また受講の有効期限も最大2年間となっているため、自分のペースで長い期間をかけて学習していくことができます。費用は受験料込みで107,500円となっています。

NESTA-PFTの試験内容

ここからはNESTA-PFTの試験内容や合格基準をご紹介していきます。PFTの資格は範囲が広いですが、しっかりとテキストを読み込んで学習することで、独学でも取得を目指すこともできます。ではさらに詳しく試験内容を解説していきます。

試験は2日間になっており、その内1日は事前講習です。

試験は全部で125問となっており、試験時間は合計2時間となっています。問題は四肢択一式となっています。合格基準は全問題のうち80%以上の正解となり、問題数では100問以上の正解が基準となっています。受験者の合格率は50%前後となっています。

NESTA-PFTと他の資格の共通点と違い

NESTA-PFTと同様に知名度の高い資格には、NSCA-CPTやJATI-ATIといった資格があります。ではこれらの資格とPFT資格にはどのような違いや共通点があるのでしょうか。それぞれの資格の特徴などと合わせて解説していきます。

資格の共通点

この3つの資格の共通点は非常におおいです。そのためどの資格を保有しようか悩む方がおおいのも事実でしょう。まず大きな共通点として各資格の取得過程で学ぶことができる、トレーニングや栄養学に関する基本的な知識にはそこまで大きな違いが無いでしょう。

また資格取得後に国内の施設で働くさいに、優遇される度合いも同程度だということができます。一方で専門的なトレーニング知識や、NESTAにおけるビジネスの知識を学べるといった付帯する知識の内容は異なってきます。ここからはそれぞれの資格の特徴もご紹介していきます。

NSCA-CPT

NSCAはNESTAと同様にアメリカに拠点をおく団体です。正式名称の全米エクササイズ&コンディショニング協会という名前からもわかる通り、スポーツトレーナーとしての知識の普及に取り組んでいる団体でもあります。その中でもCPTはアスリート以外の一般の人へもトレーニング指導やコンディションニングをおこなうことを目的としている資格でもあります。

JATI-ATI

JATIはNESTAやNSCAとは異なり、日本トレーニング指導者協会が発行している資格です。JATIの発行する資格はATI以外にも、AATIやSATIといった上位資格にあたる資格があります。そのためそれらの資格では一般の人からアスリート、まで幅広い人々にトレーニング指導をおこなうことができます。日本国内の資格であり、トレーナー間での情報交換などもできるため、その点では日本国内の資格として非常に有意義な資格だと言えるでしょう。

まとめ

NESTA-PFTはパーソナルトレーナーの資格として非常に有名な資格の1つです。その他の類似資格と大きく異なるポイントとして、フィットネスをビジネスとしていく方法を学べるという点があります。そのためしっかりとフィットネスで収益をあげていこうと考えている方にはとてもおすすめです。気になる方はぜひNESTA-PFTの取得を検討してみてください。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

WEB集客数が大幅UP


・本当にアクセスあるジム検索サイトへ掲載したい
・コスパ良く掲載できるジム検索サイトを探している
・パーソナルトレーニングの集客ができてない…

そんな方向けに、業界最大級のアクセス数を誇るジム検索サイト「FitMap」は特におすすめ!サイトへの掲載にかかるスピードは最短即日1時間と早く、価格も大手サイトと比較し安くてコスパも◎。お気軽にご相談ください。

資料ダウンロードはこちら【初期費用無料】

ジム経営の総合相談窓口

お客様の現状やなりたい姿を徹底的にヒアリングをした上でお客様に寄り添って最適な提案をさせていただきます。開業、集客、採用、マシン導入、システム構築、HP制作、広告運用、店舗展開、物件探し、内装工事、サービス設計などジム経営に関する全ての業務がサポート範囲です。お気軽にご相談ください。

相談は無料です。必ず有意義な時間にします。

ご相談申込みはこちら【初回無料】

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

ジム・パーソナルジム特化の内装「ジム内装」

「ジム内装」サービスは、フィットネス業界、特にパーソナルジム業界を中心に展開。ただのおしゃれなジムを作るだけではなく、集客に影響できる設計も含め提案しているのが特徴的です。

また株式会社FiiTでは月間30万人が利用する業界最大級のジムポータルサイトFitMapを運営しており、約500店舗以上のジム事業者と関わりもあるため、パーソナルジム業界でウケるデザインや集客に繋がる内装、やってはいけないポイントなども熟知しております。

【施工イメージ】

内装のご相談はこちら!

リスクを最大限に下げたパーソナルジム開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

株式会社FiiTの求人一覧

総合職

【新卒】総合職 ~新規事業立ち上げの最初のメンバーになれる~

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用

バックオフィス

【台東区】経理求人!上野から1駅で通いやすい◎【経験者歓迎】

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

人事

【台東区勤務】人事&オフィスサポート 未経験OK

■勤務地:東京都
■採用形態:アルバイト

人事

未経験OK!人事&オフィスサポート

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

人事

未経験で挑戦できる 人事&オフィスサポート

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

パーソナルトレーナー

深谷のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:埼玉県
■採用形態:業務委託

パーソナルトレーナー

御殿場・静岡のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:静岡県
■採用形態:業務委託

パーソナルトレーナー

飯能のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:埼玉県
■採用形態:業務委託

株式会社FiiTは、正しいヘルスケアを直接ユーザー様へお届けすることはもちろん、ヘルスケアを提供する事業者の属人性も無くし、「誰でも健康になれる世界」を創るヘルスケアベンチャーです。 毎日有益コンテンツを制作しています。