本ページはプロモーションを含みます。

スポーツトレーナーになるためのステップと求人情報

「スポーツトレーナーになるためにはどうしたらいいの?」
「スポーツトレーナーの求人情報を知りたい」

実際に現状「スポーツトレーナー 求人」等と検索しても、信憑性に欠ける記事や専門家が執筆した解読が難解な記事しかなく、素人が目にしても理解できない記事が多いです。

そこで、今回は全国に50店舗以上を展開するパーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行っている株式会社FiiTが、スポーツトレーナーになるための方法について分かりやすく簡潔に解説します。

また、スポーツトレーナーの求人情報も紹介するので、これからスポーツトレーナーとして活動することを検討している人は、ぜひ最後まで閲覧してください。

最新情報:ジム・パーソナルジムの集客方法

・本当にアクセスあるジム検索サイトへ掲載したい
・コスパ良く掲載できるジム検索サイトを探している
・パーソナルトレーニングの集客ができてない…

そんな方向けに、業界最大級のアクセス数を誇るジム検索サイト「FitMap」は特におすすめ!サイトへの掲載にかかるスピードは最短即日1時間と早く、価格も大手サイトと比較し安くてコスパも◎。お気軽にご相談ください。

▶︎ まずは資料ダウンロード!

スポーツトレーナーとは?仕事内容と役割

スポーツトレーナーとは、スポーツアスリートにおける技術指導・コンディショニング・リハビリテーション・トレーニング指導などを行う職業です。スポーツトレーナーと類似する職業に『スポーツインストラクター』がありますが、この2つの仕事は指導内容に違いがあります。

スポーツインストラクターは、スポーツにおける技術指導が主たる仕事であるのに対し、スポーツトレーナーは技術指導以外の分野においても幅広く指導します。一般的にプロのスポーツチームや実業団と契約して指導する人は『スポーツトレーナー』と呼ばれることが多いです。

スポーツトレーナーは技術面以外の指導を行うため、パフォーマンス・コンディショニング・リハビリテーションなど様々なスキルを体得する必要があります。様々なスキルが求められる専門職ですが、スポーツトレーナーとして高い実績をあげることができれば、より高いキャリアを築くことができるでしょう。

スポーツトレーナーとしての適性について

スポーツトレーナーになるためには、様々な専門技能を会得する必要がありますが、そもそもの適性があるか否かも重要です。

そこで、ここでは、スポーツトレーナーに向いている人の特徴を解説します。スポーツトレーナーに向いているとされる人の特徴は、以下の通りです。

  • 運動や健康に興味関心がある人
  • 人とのコミュニケーションが得意な人
  • 知識・技術の習得に貪欲な人

それぞれ詳しく解説していきます。

運動や健康に興味関心がある人

運動や健康に興味関心がある人は、スポーツトレーナーに向いている人です。スポーツトレーナーは、アスリートに対してフィジカル・メンタルにおけるサポートと指導を行う職業。何より自分自身が運動や健康に興味関心がなければ、スポーツトレーナーの仕事は務まりません。

またスポーツトレーナーはスポーツインストラクターと違って、技術指導だけでなくコンディショニングやメンタルのサポートをする役割を担います。常に多方面から知識を吸収しなければ、スポーツトレーナーとして一流になることはできません。運動や健康に興味を抱き、常に新しい情報を収集する姿勢が必要なのです

選手からどんな質問を受けたとしても、的確に答えられるスポーツインストラクターがクライアントからの信頼を勝ち取ることができます。

コミュニケーションを取ることが得意な人

コミュニケーションを取ることが得意な人は、スポーツイントレーナーの仕事が非常に向いています。反対にコミュニケーションが苦手で人と接するのが苦手な人は、いくらスキルが高くてもスポーツトレーナーとして成功することはできないでしょう。

スポーツトレーナーの仕事は、単純にアスリートに運動指導をするだけではありません。コミュニケーションを積極的に取り、心身両面の健康をサポートすることもスポーツトレーナーとしての務めです。普段からコミュニケーションを積極的に取ることができる人は、アスリートからも信頼を得ることが出来るでしょう。

また単にアスリートと言葉を交わすだけでなく、表情や声のトーンなどから選手の健康状態を察知する能力も必要です。特にスポーツの現場では健康状態を維持することが、選手のパフォーマンスに直結します。普段からコミュニケーションを取り、常にベストな状態を維持するためにサポートすることがスポーツトレーナーの務めです。

知識・技術の習得に貪欲な人

スポーツトレーナーとして大成する人に共通する要素があるとすれば、知識・技術の習得に対し、人一倍貪欲であることでしょう。より高い専門性を身に付けたスポーツトレーナーは、それだけでクライアントからの信頼を得ることができます。

スポーツトレーナーにとって、知識と技能の習得度合いは、自身のキャリアに直結する非常に大切な要素です。知識と技能が高いスポーツトレーナー程、指導レベルが高く、アスリートのパフォーマンスレベルを高めることが出来ます。

またスポーツトレーナーが必要とする専門知識・技能は日々アップデートされています。日々更新されていく最新の知識・技術を貪欲に学んでいかなければ、一流のスポーツトレーナーであり続けることはできません。

スポーツトレーナーになるためのステップ

スポーツトレーナーを目指す人に向けて、スポーツトレーナーになるためのステップを解説します。スポーツトレーナーになるためのステップは、以下の通りです。

  1. 大学や養成スクールで勉強する
  2. 専門資格を取得する
  3. スポーツトレーナーの求人に応募する
  4. スポーツトレーナーとして活動する

それぞれのステップについて詳しく解説していきます。

大学や養成スクールで勉強する

スポーツトレーナーになるために国家資格の取得は必須とされておらず、無資格未経験でもスポーツトレーナーになること自体は可能です。

しかしスポーツトレーナーには、トレーニングやコンディショニングに関する知識に加え、医療に関わる高度な専門知識も必要になります。実際に無資格未経験で現場で活躍することは、ほぼ不可能でしょう。

そこで、ほとんどのスポーツトレーナーは、大学や専門学校もしくは養成スクールに入学し、専門知識を学びます。「柔道整復師」や「理学療法士」の資格を持つスポーツトレーナーも多いです。

また近年では、多額の費用や数年の期間を必要とする学校入学に代わって、スポーツトレーナーの養成スクールに入学する人も増えています。大学や専門学校に比べ、遥かに時間とお金を節約できるため現在就職中の社会人には、スポーツトレーナー養成スクールへの入学がおすすめです。

専門資格を取得する

スポーツトレーナーを目指すのであれば、専門資格の取得は必須です。実際にほとんどのスポーツトレーナーが何らかの専門資格を有しています。

スポーツトレーナーには国家資格が存在しないため、「理学療法士」や「柔道整復師」、もしくは民間のスポーツトレーナー関連資格の取得を目指すのが一般的です。民間のスポーツトレーナー関連資格には、以下のようなものがあります。

  • NSCA-CSCS
  • NATA-ATC
  • JSPO-AT

上記はフィットネスクラブやスポーツジムでの一般指導だけでなく、スポーツの現場で活かせる専門知識を学べる資格の代表例です。専門資格を取得することで、知識と技能が身に付くだけでなく、クライアントからの信頼度も高めることが出来るでしょう。

スポーツトレーナーの求人に応募する

学校や養成スクールで勉学を積み、専門資格を取得したのであれば、スポーツトレーナーの求人に応募しましょう。求人情報サイトやリクルーターからの紹介にて、求人情報をピックアップします。

ただしスポーツトレーナーの求人情報は、パーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人と比べて、圧倒的に求人数が少ないのが特徴です。求人数が少ないため、スポーツトレーナーの求人を見つけること自体に苦戦する場合もあるでしょう。

実際にスポーツトレーナーとしてアスリートの指導をしている人の多くは、斡旋もしくは紹介にて就職先を獲得している場合も多いです。もし専門学校や大学、養成スクールからの斡旋が可能であれば、活用してみるのも有効な手段の一つでしょう。

スポーツトレーナーとして活動する

スポーツトレーナーの求人に応募し、就職先が確定したら、いよいよスポーツトレーナーとしての活動がスタートすることになります。今までに得た知識を糧として、現場での指導に勤しみます。

スポーツトレーナーとしての働き方は、「求人に応募し企業(スポーツチームなど)に所属する」もしくは「フリーランスのスポーツトレーナーとして直接アスリートと契約する」の2つに大きく分類されます。前者は仕事と給料が安定しやすいため、スポーツトレーナーとしての経験が浅い人におすすめです。

一方で、フリーランスとしてスポーツトレーナーとして活動する場合には、高い営業力と実績・知名度が必要です。仕事がゼロになる可能性も否定出来ないため、いきなりフリーのスポーツトレーナーを目指すことはおすすめしません。

スポーツトレーナーにおすすめの専門資格

スポーツトレーナーにとって専門資格を取得することは、非常に大切であり、資格の有無は自身のキャリアにも大きく影響します。

スポーツトレーナーにおすすめの専門資格は以下の通りです。

  • 柔道整復師
  • 理学療法士
  • NSCA-CSCS
  • NATA-ATC
  • JSPO-AT

それぞれ詳しく解説していきます。

柔道整復師

柔道整復師は骨折、脱臼、打撲、ねん挫といったけがに対して治療を施す外傷治療のプロです。これは単独で骨折や脱臼の整復固定といった治療ができる日本唯一の国家資格でもあります。

スポーツトレーナーにとってクライアントであるアスリートを怪我から守る・治療することは非常に重要な役目の一つです。万が一、試合や練習で怪我をした場合であれば、柔道整復師の資格さえあれば、その場で治療を施すことも可能です。

また柔道整復師はその専門性を活かして、選手のコンディショニングの維持・管理も行います。医学的な視点から選手のフィジカル・メンタル面を観察し、的確なコンディショニングを施すのです。

柔道整復師の資格を取得するのは、専門学校や大学を修了する必要があるため、多くの費用や時間が掛かります。国家資格だけあって取得難易度は高いですが、無事取得できれば、安定したキャリアを築くための大きな武器となることでしょう。

スポーツトレーナーで柔道整復師を取得するメリットをご紹介!

理学療法士

理学療法士は、日本の医療系国家資格になります。理学療法士は、けがや病気などで身体に障がいを持つ人に対してリハビリテーションをおこなう医療専門職です。

医師の指示のもと、運動の指導やマッサージ、電気刺激、温熱などを用いて、座る・立つ・歩くといった日常の基本的動作能力の回復を目的とし、その人が自立した日常生活を送れるようサポートするのが理学療法士の主な勤めになります。

理学療法士の資格を取得することで、医療における専門知識と技能が身に付き、選手のコンディショニング管理を行うことが出来るでしょう。当然の怪我への対処やリハビリなどにも対応することが可能です。

理学療法士の資格も日本の国家資格であるため、専門学校や大学を修了することが取得の必須条件となります。数年スパンでの勉学が必要ですが、取得できればスポーツトレーナーとして第一線で活躍することが出来ます。

理学療法士の仕事と求められる資質について紹介

NSCA-CSCS

NSCA-CSCSはNSCA=National Strength and Conditioning Association(国際ストレングス&コンデション協会)が発行している資格です。

科学的な研究に基づきアスリートの競技能力の向上や怪我の予防を目的として、そのために最も効果的なトレーニングプログラムの策定や健康指導を行うことができる指導者を養成することが本資格の目的になります。

クライアントは主にアスリート個人やスポーツチームとなっているため、アスリートに必要な身体面の指導だけでなく、栄養管理、睡眠管理などの健康面の指導も行います。フィジカルとメンタルの両面からアスリートをバックアップするための専門知識を身に付けることが可能です。

NSCA-CSCSの資格は国家資格でないため、独学で取得することもできます。取得難易度はやや高めですが、専門書や問題集を十分に活用すれば独学での取得も十分可能でしょう。もし独学での取得が不安な場合は、養成スクールなどに通った上での取得がおすすめです。

NSCA-CSCSの資格とは?受験条件、勉強法などを解説

NATA-ATC

NATA-ATC資格は、NATA(National Athletic Trainers’ Association:全米アスレティック協会)が運営するトレーナー資格です。ATC(Certified Athletic Trainer)と呼ばれ、スポーツ現場でのアスレティックトレーナーを養成するための資格となっています。

NATA-ATCは数あるトレーナー資格の中でも『最難関』と言われるほどに取得が難しい資格でで、日本人でこの資格を取得している人は、200人に満たないと言われている程です。取得までのプロセスが険しいだけあって、全世界で通用する資格で、高い信頼性と権威があります。

アスリートのコンディション・パフォーマンス・メンタルのケアはもちろん、テーピングやプログラム作成など現場で活かせる知識・技術を学ぶことができます。ダイエットやバルクアップなどのボディメイクに対してではなく、「アスリートのサポートを行うトレーナーになる」ことが本資格の目的です。理論だけでなく、実際にスポーツ現場で役立つ知識・技術を本資格の取得を通じて学ぶことができます。

NATA-ATCの資格とは?英語必須の超難関資格の攻略方法

JSPO-AT

JSPO-ATは、日本スポーツ協会が認定するアスレティックトレーナー資格のことです。 この資格取得により、スポーツ医学・運動生理学・リハビリテーションなどの知識と技術を持つことを証明できます。

JSPO-ATは、「アスレティックトレーナー」を養成するための資格です。そのため他のスポーツトレーナー関連資格と比べ、よりスポーツ医療に特化した内容を学ぶことができます。医療分野に特化しているだけあって、取得難易度も高めです。

またJSPO-ATは日本の機関が発行する資格ですが、非常に権威性が高いことが特徴。JSPO-ATの取得者も少ないため、国内のプロスポーツチームなどでスポーツトレーナーとして活動したい人には取得がおすすめです。

ATとCSCSの資格の違いをわかりやすく比較!

スポーツトレーナーの求人情報

スポーツトレーナーにおける求人情報を紹介します。今回紹介するスポーツトレーナーの求人情報は、以下の通りです。

  • 株式会社ASOBILITY
  • SEGMENT株式会社
  • 株式会社ADP

それぞれ詳しく紹介していきます。

株式会社ASOBILITY

職種スポーツトレーナー
勤務形態業務委託
給与・待遇日給6,000円〜10,000円
勤務概要勤務体系
シフト制 ・ 年間休日120日以上 ・夏季休暇 ・年末年始休暇

待遇・福利厚生
雇用保険(雇用の場合)・厚生年金(雇用の場合)・健康保険(法定に準ずる)・ 労災保険(法定に準ずる)

会社情報株式会社ASOBILITY
応募先株式会社ASOBILITY

株式会社ASOBILITYは、大阪府大阪市に拠点を置くスポーツ関連企業です。トレーナー事業・スポーツ用品事業を手掛けています。

ASOBILITYでは、業務委託社員を募集中。主な仕事はスポーツチームに帯同し、スポーツトレーナーとしてのチーム選手のサポートをすることです。トレーナーのノウハウを活かしてそれぞれのニーズに合わせた、より効果的で正しいトレーニング、安全な運動を指導します。

学生・実業団・プロまで幅広くアスリートチームとのコネクションを持つため、スポーツトレーナーとしての高い経験を積む機会を得られるはずです。

SEGMENT株式会社

職種スポーツトレーナー
勤務形態アルバイト・パート
給与・待遇日給3,000円〜3,800円
勤務概要待遇・福利厚生
労災保険・交通費支給あり(上限有)・トレーナー資格取得サポート・服装自由
会社情報SEGMENT株式会社
応募先SEGMENT株式会社

SEGMENT株式会社は、埼玉県加須市に拠点を置くスポーツ関連企業です。学生団体スポーツチームや実業団チームへのトレーナー派遣業務を事業としています。

育成世代のトレーニング、集団トレーニングなどの経験を持つ人、将来プロ・アマスポーツチームのトレーナーを目指している方を積極的に採用。 最先端EMSトレーニング器機も導入しており、 スポーツ全体のトレーニング効率を上げ、競技へ活かす体作りをサポートしています。

また個別のトレーニングも契約してのトレーニングを実施した場合も別途報酬、指導給の支払いが可能。学生スポーツチームへの派遣が多いため、夕方以降で活動したい人におすすめの求人です。

株式会社ADP

職種スポーツトレーナー
勤務形態業務委託
給与・待遇要相談
勤務概要要問い合わせ
会社情報株式会社ADP
応募先株式会社ADP

株式会社ADPは、東京都品川区に拠点を構えるスポーツ・トレーニング関連企業です。運動には欠かせないエネルギー源である「ADP(アデノシン二燐酸)」に因んで株式会社ADPと名付けられました。

ADPの主な事業は、「アスレティック・トレーナー業務」です。中学、高校、大学、社会人、クラブ、プロチームに帯同し、テーピング、ストレッチ、怪我の評価、怪我予防プログラム、応急処置、リハビリメニューなどを行っていきます。同時に、大会などに派遣し、1日から数日の大会帯同トレーナーとして業務を行うことも可能です。

またストレングス&コンディショニング(SC)業務も実施。チームや団体などを集団でウェイト、体幹、アジリティ&スピードなど総合的にトレーニングすることで、個々の能力向上の手助けをし、チーム全体のパフォーマンス向上に繋げます。ADP独特な方法であるブレイクダウン法を用いることで、チームに必要で伸ばしたい能力を的確に向上させることが可能です。

まとめ

今回はスポーツトレーナーの仕事概要と求人情報について解説しました。スポーツトレーナーはアスリートにとって欠かせない存在であり、その需要は非常に高い職業です。

優秀なスポーツトレーナーは、プロスポーツチームから声が掛かるケースも多く、非常に高いキャリアを築くことができます。

スポーツトレーナーには豊富な経験と高い専門知識が必要ですが、これらを身に付ければ第一線で活躍できるトレーナーになれることでしょう。ぜひ今回の記事を参考に、スポーツトレーナーを目指してください。

 

 

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

WEB集客数が大幅UP


・本当にアクセスあるジム検索サイトへ掲載したい
・コスパ良く掲載できるジム検索サイトを探している
・パーソナルトレーニングの集客ができてない…

そんな方向けに、業界最大級のアクセス数を誇るジム検索サイト「FitMap」は特におすすめ!サイトへの掲載にかかるスピードは最短即日1時間と早く、価格も大手サイトと比較し安くてコスパも◎。お気軽にご相談ください。

資料ダウンロードはこちら【初期費用無料】

ジム経営の総合相談窓口

お客様の現状やなりたい姿を徹底的にヒアリングをした上でお客様に寄り添って最適な提案をさせていただきます。開業、集客、採用、マシン導入、システム構築、HP制作、広告運用、店舗展開、物件探し、内装工事、サービス設計などジム経営に関する全ての業務がサポート範囲です。お気軽にご相談ください。

相談は無料です。必ず有意義な時間にします。

ご相談申込みはこちら【初回無料】

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

ジム・パーソナルジム特化の内装「ジム内装」

「ジム内装」サービスは、フィットネス業界、特にパーソナルジム業界を中心に展開。ただのおしゃれなジムを作るだけではなく、集客に影響できる設計も含め提案しているのが特徴的です。

また株式会社FiiTでは月間30万人が利用する業界最大級のジムポータルサイトFitMapを運営しており、約500店舗以上のジム事業者と関わりもあるため、パーソナルジム業界でウケるデザインや集客に繋がる内装、やってはいけないポイントなども熟知しております。

【施工イメージ】

内装のご相談はこちら!

リスクを最大限に下げたパーソナルジム開業

・初めてのパーソナルジム開業で上手くいくか不安…
・パーソナルジムを開業予定だが何から始めたらいいかわからない…
・今より収入を増やしたい…
・店舗展開を見据えた1店舗目にしたい…

上記でお悩みの方は開業のプロに開業ノウハウを教えてもらう「フランチャイズ加盟」がおすすめです。
なぜなら、フランチャイズ加盟は確立された開業・運営モデルをそのまま自店舗の開業に反映でき、開業・経営の失敗リスクを最大限に下げることができるからです。

弊社が運営している「ダイエットパートナー」のフランチャイズは、物件探し、マシン導入、集客からその後のオペレーション構築までの全てのノウハウを提供し、失敗しないパーソナルジム開業・経営の支援を行います。 まずは無料相談を応募してみてはいかがでしょうか。

株式会社FiiTの求人一覧

総合職

【新卒】総合職 ~新規事業立ち上げの最初のメンバーになれる~

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用

バックオフィス

【台東区】経理求人!上野から1駅で通いやすい◎【経験者歓迎】

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

人事

【台東区勤務】人事&オフィスサポート 未経験OK

■勤務地:東京都
■採用形態:アルバイト

人事

未経験OK!人事&オフィスサポート

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

人事

未経験で挑戦できる 人事&オフィスサポート

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

パーソナルトレーナー

深谷のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:埼玉県
■採用形態:業務委託

パーソナルトレーナー

御殿場・静岡のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:静岡県
■採用形態:業務委託

パーソナルトレーナー

飯能のパーソナルトレーナー求人

■勤務地:埼玉県
■採用形態:業務委託

パーソナルトレーナーライター。フィットネス業界での勤務経験や業界知見を活かし、トレーナーやこれからフィットネス業界で働きたい方向けに有益な情報を発信してまいります。ぜひご参考ください。