離職率が高い会社の理由まとめ!デメリットと下げる対策も

「離職率が高い会社の特徴を知りたい」
「会社の離職率が高いけど、どんなデメリットがあるの?」
「業界ごとに離職率って違いがあるの?」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「会社 離職率 特徴」「会社 離職率 デメリット」と検索しても、会社経営の経験がない人が執筆した信憑性に欠ける記事や専門家が執筆した解読が難解な記事しかなく、素人が目にしても理解できない記事が多いです。

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、会社の離職率について分かりやすく簡潔に執筆しました。

会社の離職率について知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、離職率が高い会社の特徴、デメリットと対策について短時間で学べることをお約束します。

▼▼▼ 読み進める前に:社員の健康増進でパフォーマンスアップ!福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか? ▼▼▼
  • 社員のモチベーションを高めて生産性を上げていきたい…
  • 福利厚生で何を導入すれば満足してもらえるかわからない…
  • 健康経営を実施してメンバーに愛されるホワイト企業を創りたい…

上記でお悩みの方は、福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか?

社員の運動不足解消により、健康増進や気分向上によるモチベーション・生産性アップが期待できる他、会社への満足度が上がり離職率が改善する可能性も高まります。

その中でも「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ、様々な方のお身体をチェックしてまいりました。法人会員として、福利厚生で導入できる他、御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

気になる方は、まず下記より資料請求してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 資料請求する(無料)
※ご相談内容によってはお断りする場合もございます。

離職率が高い会社の特徴

離職率が高い会社には必ず理由があります。離職率が高い会社によくある特徴は以下の5つです。

  • 仕事に対するストレス度が高い
  • 労働時間が長い
  • 給与が低い
  • 教育制度が整っていない
  • 社員を大切にしていない

それでは順に解説していきます。

仕事に対するストレス度が高い

仕事に対するストレスの度合いは、離職率と直結します。ストレスが多い仕事ほど離職率も高いです。例えば、ノルマの厳しい不動産営業マンや介護士は仕事に対するストレスも大きく、離職率が高い傾向にあります。反対に仕事のストレスが低い場合は、離職率も比例して低くなるのが特徴です。

どんなに人間関係や給料が良くても、仕事自体のストレス度が高ければ離職の原因になります。企業努力により、給料面や人間関係が良好な環境であっても、ストレスが多い仕事は長く続かないでしょう。

労働時間が長い

労働時間が長い会社も離職率が高くなる傾向にあります。長時間労働は心身の健康を損ね、最終的には社員の離職を招くのです。近年では『働き方改革』の影響もあり、多くの企業が残業時間や長時間労働の見直しを実施しています。しかしベンチャー企業や飲食業界などでは、未だ改善に取り組めていない企業も多いです。

利益を重視するあまり、既存社員の働き方に目を配っていない経営者も多く、知らぬ間に長時間労働が企業文化になってしまうケースも多くなっています。利益を出すことは最重要ミッションですが、社員の働き方に目を向けなければ、長期的に会社を運営していくことは不可能でしょう。

給与が低い

給料が低い会社も離職率が高い傾向にあります。働く以上、生活を十分に出来るだけのお金を稼ぐ必要があります。給料が少ないと生活は困窮し、より生活が豊かになる企業に転職してしまう可能性が高いです。反対に給料が高いと生活も豊かになり、仕事へのモチベーションも高まります。

また「成果や責任に見合った報酬を得られるか」も大切です。責任が重い仕事をしていたり、高いパフォーマンスを出しているのに、それに見合った給料が得られていないと、離職の原因となります。就職の段階で従業員は給料に対して、ある程度の理解を持って入社してきます。大切なことは、働き始めてからの仕事内容と報酬がマッチしているかどうかなのです。

教育制度が整っていない

教育制度が整っておらず、入社後のサポートが十分に出来ていない会社は離職率も高いです。仕事が中々覚えられず、出来る仕事の範囲も限られているため、仕事への意欲も低下していきます。ベンチャー企業の離職率が高くなる要因の一つが、教育制度が整っていないことにあるのです。

即戦力を求める企業が多いですが、いくら優秀な人材であっても、入社後すぐに第一線で活躍するのは困難を極めます。会社側がしっかりとOJTを行い、社員の能力に関わらず、活躍できる人材を育てていく文化を作りあげることが大切です。

社員を大切にしていない

離職率が高い企業は、社員を大切にしていないケースも多いです。度を越した残業や無理な仕事内容など、これらは全て社員を大切にする文化がないことが要因で起こります。特にベンチャー企業やワンマン社長が経営している企業に多く、まるで「社員は会社の駒」であるかのような扱いをしてしまっているのです。

しかし経営陣はこうした企業文化になっていることを気づいていないケースが多く、社内でのクーデターや労働基準局からの勧告を受けて初めて現状に気が付きます。離職率が最近高くなっているのならば、社員の扱い方を再度見直しましょう。社員は働くための駒ではなく、一人の人間であることを改めて理解することが大切です。

離職率が高い業界とその特徴

離職率が高い以下の3つの業界を紹介していきます。

  • 宿泊・飲食サービス業界
  • 医療・福祉業界
  • 不動産・物品賃貸業界

これらの業界にはそれぞれ離職率が高い理由があります。業界ごとの特徴を深堀し解説していくのでぜひ参考にしてみてください。

宿泊・飲食サービス業界

宿泊・飲食サービス業界の離職率が高い最大の理由は、給与が低いことにあります。業界の平均年収は195万円と言われており、数ある業界の中でも特に給与平均額が低いことが特徴です。また飲食業界はサービス残業なども多くなりがちで、特に正社員で働く場合は、アルバイトの欠勤時は社員がシフトを補填することがほとんど。必然的に残業や休日出勤も多くなることから、離職率も比例して高くなるようです。

医療・福祉業界

医療・福祉業界も離職率が非常に高い業界です。この業界の離職率が高いことは多くの人が承知の事実で、理由は『働き方』にあります。特に日本は少子高齢化社会で、医療・福祉業界の現場は逼迫状態です。どの企業も人手不足に悩んでおり、一社員の業務量や労働時間は他業界と比べても圧倒的に多い現状があります。また福祉業界は労働環境の問題に加えて、給与が低く、仕事に見合った報酬が与えれていないことも離職率が高い要因です。

不動産業界

不動産業界も離職率が高いです。その理由は、絶対的な実力主義であることが考えられます。全業界の中でも平均年収が高めの業界ではありますが、人によって給料の差が大きく、結果次第では同じ年齢でも数百万円の差が出ることも珍しくありません。また給与が高い反面、不動産業界の飛び込み営業やテレアポは難易度が高く、仕事のストレス度も高いことが、離職率を高めている原因でもあります。

離職率が高いことのデメリット

離職率が高い会社が抱えるデメリットについて解説していきます。離職率が高いことのデメリットは以下の5つです。

  • 人が育たない
  • 採用コストが高くなる
  • 企業イメージが下がる
  • 人手不足に陥りやすい
  • 既存社員の負担が増える

順に深堀していきます。

人が育たない

離職率が高い会社では、人は育ちません。理由は、社員が育つ前に辞めてしまうからです。離職率が高い会社は、社員の平均勤続年数も比例して短くなる傾向があります。つまり仕事を覚え、一人前になる前に辞めてしまうのです。仕事を覚え一人前になるには、最低でも3年かかると言われています。

会社の売上に大きく貢献する人材になるためには、長い時間が必要なのです。どんなに優秀な人であっても1年未満で会社のエースになることはほぼ不可能でしょう。離職率が高い会社は、優秀な人材になる前に社員が辞めてしまうので、人が育たない企業になる可能性が高いのです。

採用コストが高くなる

離職率が高い会社は、辞めた社員の穴埋めをする必要があり、必然的に採用にかけるコストも高くなります。1人あたりにかかる採用コストは、新卒社員で約50万円・中途社員で約40万円です。転職エージェントや転職サイトを経由すれば、さらにコストは大きくなるでしょう。

どれだけ利益を上げている企業でも、採用コストに年間数百万円〜数千万円を注ぎ込んでしまえば、経営にも悪影響が出てきます。「辞めたらまた採用すれば良い」という考えでは、いずれ経営難に陥ることは間違いありません。高い利益を出しながらも離職率を抑え、無駄な採用コストをかけないのが、優良企業である証です。

企業イメージが下がる

離職率が高い会社は、それだけで企業イメージが下がってしまいます。昔に比べて今は企業の離職率を調べるのは、そう難しい時代ではありません。就職者はもちろん、関連企業も会社の離職率を閲覧している時代です。『離職率が高い会社=経営が下手な会社』と思われる可能性も十分にあります。

また中途採用で優秀な人材を獲得したくても、就職者側に会社の離職率を把握されれば、内定を断る可能性も高いです。離職率が高いことは企業イメージを下げ、経営にも多大な悪影響を与えてしまいます。

人手不足に陥りやすい

離職率が高い会社は、人手不足であることがほとんどです。採用しても人が直ぐに辞めてしまうので、十分な労働力を確保することができません。どんなに良いサービスや商品を所持していても、それを流通させ販売するのは『人』です。企業にとって最も大事な戦力である『人』が不足していることは、経営難に繋がる大きな要因になります。

既存社員の負担が増える

離職率が高い企業は、既存社員の負担が大きくなる傾向があります。常に人手不足なので、業務の分担ができず、既存社員の仕事量は増えることがあっても、減ることは無いのです。また既存社員の負担が増えていけば、どれだけ長く会社に貢献してきた人材でも辞めてしまう可能性は十分にあります。

今は特に転職が一般的な時代です。一昔前まではほぼ不可能だった30代〜40代の転職も、簡単でないとはいえ、十分に転職成功できる時代になりました。「既存社員がいるから何とかなる」では、企業の経営は立ち行かなくなる可能性が高いです。既存社員の負担が多い会社は、いずれ経営難に陥るかもしれません。

離職率が高い会社がすべきこと

ここまで離職率が高い会社のデメリットについてお話ししてきました。前述した通り、離職率が高いことは企業経営において非常に危険な状態です。一刻も早く対策を講じることが必要になってきます。ここでは3つのポイントに絞って、離職率が高い企業がすべき対策を解説していきます。

労働時間を見直す

まずは自社の労働時間を見直すことが大切です。離職率が高い企業の多くは、労働時間に問題があることが多いです。長時間働くことで、心身が消耗し、仕事に対する意欲も低下する原因になります。労働時間を見直すだけで、離職率が低くなる可能性は高いです。

また固定残業制度を採用している企業も注意が必要です。「固定残業分は働くのが当然」という文化だと社員の仕事へのモチベーションが低下していってしまいます。必要な残業でないのならば、固定残業時間に達していなくても、不要な残業はすべきではありません。必要な時に必要な時間だけ働くのが正しい残業の考え方です。まずは労働時間を見直することで、離職率を下げられる可能性があります。

成果に見合った報酬を与える

離職率が高い会社は、社員に対して「成果に見合った報酬が与えられているか」を今一度見直しましょう。成果に見合った報酬を与えていないと、次第に社員が会社に抱く不満が増えていく傾向にあります。長期的に働くイメージが湧かず、転職を検討するようになるでしょう。

また報酬は、給与だけを指す訳ではありません。『昇給』も成果に見合って行うことが必要です。離職率が高い会社は、昇給制度が整っていないことが多く、社員が将来性を感じにくい傾向にあります。昇給制度も給与と同じく見直しを行いましょう。もし昇給テーブルを作成していないのであれば、経営陣やマネージャー陣でよく検討し、早急に作成すべきです。

既存社員を労わる

離職が多く、人材不足に悩んでいるからといって、採用ばかりに力を入れるのは非常に危険です。既存社員に目を向け、労わることを忘れてはいけません。また現実的に今の労働時間を減らしたり、給与アップをするのが難しい企業も多いはずです。その場合は、福利厚生を使用して可能な限り既存社員の生活を豊かにするサポートをすべきです。

おすすめなのは『健康関連の福利厚生サービス』を導入すること。近年では“健康経営”という言葉が生まれるほど、社員の健康を維持・向上させることが重要になっています。『パーソナルジムの法人会員福利厚生』を導入する企業も多いです。既存社員を労り、今より離職率が高くなることが無いように取り組みましょう。

離職率が高い会社は対策を講じてより良い経営を

離職率が高い会社は、早急に今の体制を見直し、離職率を下げるための対策を講じることが大切です。離職率の高まりによる『人手不足』は企業が経営難に陥る大きな要因でもあります。今回の記事でお話しした内容を参考に、より良い企業経営を行っていただけると幸いです。

“従業員の満足度が高い”福利厚生はパーソナルトレーニングのダイエットパートナーにお任せ

社員の慢性的な運動不足によるモチベーション低下などが近年起こっており、そんな運動不足を初心者でも解消できるパーソナルトレーニングが近年流行しています。

また福利厚生として、法人会員でパーソナルトレーニングジムと契約する企業も増えており、“健康経営”に対する意識向上していることが伺えます。

その中でもパーソナルジム「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ様々な方のお身体をチェックしており、法人会員として福利厚生で導入ができます。御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

まずはどういった活用ができるか資料をダウンロードしてみてください。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。