IT業界の離職率は?平均と離職理由別の対策まとめ

「IT業界の離職率が知りたい!」
「IT業界は離職率が高いっていうけれど、本当?」
「IT企業の離職率を下げるにはどうしたらいいの?」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「IT業界 離職率」「IT企業 離職率 対策」と検索しても、会社経営の経験がない人が執筆した信憑性に欠ける記事や専門家が執筆した解読が難解な記事しかなく、素人が目にしても理解できない記事が多いです。

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、IT業界の離職率について分かりやすく簡潔に執筆しました。

IT業界の離職率について知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、IT業界の離職率の平均と業界の特徴、IT企業が離職率を下げるための対策について短時間で学べることをお約束します。

▼▼▼ 読み進める前に:社員の健康増進でパフォーマンスアップ!福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか? ▼▼▼
  • 社員のモチベーションを高めて、生産性を上げていきたい…
  • 福利厚生で何を導入すれば満足してもらえるかわからない…
  • 健康経営を実施してメンバーに愛されるホワイト企業を創りたい…

上記でお悩みの方は、福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか?

社員の運動不足解消により、健康増進や気分向上によるモチベーション・生産性アップが期待できる他、会社への満足度が上がり離職率が改善する可能性も高まります。

その中でも「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ、様々な方のお身体をチェックしてまいりました。法人会員として、福利厚生で導入できる他、御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

気になる方は、まず下記より資料請求してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 資料請求する(無料)
※ご相談内容によってはお断りする場合もございます。

IT業界の離職率平均

厚生労働省が発表した「令和2年 雇用動向調査結果の概況」を見ると、情報通信業界の離職率は9.2%です。一般的に10%以下である業界は、離職率が低いと言われており、IT業界の離職率は決して高くないことが分かります。なお、新卒3年以内の離職率は32%前後となっているので、IT業界の離職率は決して高くないです。

また平成30年度の情報通信業の離職率は11.8%であったことから、IT業界の離職率は年々下がってきていることが分かります。これはIT技術の進化があり、年々業界の人気と定着率が高まっている証でしょう。

ただし9.2%という離職率はあくまで厚生労働省が発表している『業界全体の離職率』です。企業によっては離職率1%以下の大手企業もありますし、反対に離職率30%以上のベンチャー企業もあります。もし企業別の離職率も確認したい方は、『就職四季報』なども閲覧してみましょう。閲覧できる企業は限られていますが、参考になるはずです。

IT業界にみられる離職の原因

IT業界で見られる離職の原因は主に以下の3つです。

  • 業界全体がピラミッド構造
  • 労働時間が長い
  • 転職がしやすい業界だから

それでは順に解説していきます。

業界全体がピラミッド構造

IT業界は、受注を受けた会社が部分的または全ての業務を下請け企業に委託していく『ピラミッド構造』です。3次請けまたはそれ以降の下請け会社は、一般的に『給料が安い・できる仕事が限られる』などのデメリットがあります。IT業界に入ってよくある悩みが「思っていたような華やかな仕事ができない」や「給料が安すぎる」というものです。これらはほぼ全てIT業界のピラミッド構造が原因で起きています。

3次請け以降の下請け企業に与えられる業務は、単純作業が多く、仕事量が多い割に貰える報酬も決して高くありません。そのため従業員に『理想と現実のギャップ』が起こるようです。

労働時間が長い

労働時間が長いことも、IT業界の離職原因です。企業にもよりますが、特に下請けのIT企業は労働時間が長くなる傾向にあります。単純作業の委託を受けるため、業務量が多いのです。またIT関連の仕事の締め切りは短く、限られた時間で仕事を完結しなくてはなりません。労働集約型でビジネスを回すIT企業も多く、こうした企業の労働時間は非常に長いです。

単純作業でスキルアップに繋がらず、労働時間も長い。仕事量も多いので、自分のスキルアップに繋がる学習時間を確保できない。このような環境から抜け出すために、転職を検討する人が多いです。

転職がしやすい業界だから

IT業界は、非常に転職がしやすい業界です。まさに現代に求められる需要の高い仕事で、どの企業でもプログラマーやエンジニアなどの人材は不足傾向にあります。そのため求人も多く出ており、中には完全フリーランスで活躍する人も多いです。「今いる会社がダメなら次に転職しよう」という考えになりやすのが、IT業界の特徴になります。

また一昔前とは比べものにならないほど、現代で転職をすることは一般的になっています。スキルがあれば、何歳でも転職が可能です。プログラマーやエンジニアでスキルがある人材は、どの企業からも引く手数多でしょう。在籍している会社の報酬や待遇が見合っていない場合、優秀な人材ほど転職を検討するようです。

IT業界の特徴

IT業界の特徴について解説していきます。業界全体としての離職率は低いですが、企業によって離職率が非常に高い場合もあるはずです。業界の特徴を詳しく知ることで、自社の離職率を改善するための対策を検討することができます。

IT業界の主な特徴は以下の5つです。

  • 上下関係が厳しい業界
  • 人間関係が希薄になりやすい
  • 教育制度が充実していない企業も
  • 一人あたりの仕事量が多い
  • 独立しやすい

それでは順に深堀して解説していきます。

上下関係が厳しい業界

IT業界は、実は上下関係が厳しい業界でもあります。IT業界の上下関係が厳しい理由は、ITスキルによる実力差がハッキリしているからです。スキルが高い社員と低い社員の実力差がハッキルしているため、人間関係においても上下関係が発生します。また出来る仕事の幅にも差が生まれるため、スキルが高い人と低い人との待遇の差が生まれやすいです。

人間関係が希薄になりやすい

IT業界は人間関係が希薄になりやすいことも特徴です。基本的にはPCに向かって仕事をするため、他の業界に比べると人間同士の関係が希薄になりやすい傾向にあります。またコミュニケーションが希薄になることで、仕事を進めることにも悪影響を及ぼす可能性も高いです。

どんな仕事であれ、一人で仕事を完結することはできません。同じ会社で働く仲間はもちろん、仕事を与えてくれる関連企業やお客様とのコミュニケーションは必須です。IT企業であろうと、コミュニケーションの重要性は変わりありません。

教育制度が充実していない企業も

IT業界には教育制度が充実していない企業も多いです。特にIT業界は需要が高いため、新規参入してくるベンチャー企業も多数あります。創設されたばかりのベンチャー企業は、利益を出すことに精一杯のため、教育制度を充実させることが難しいのが現実です。こういったベンチャー企業に入社した人は、教育をしてもらえないためスキルが身に付かず、早期離職してしまう人も多くいます。

一人あたりの仕事量が多い

IT業界は一人あたりの仕事量が多いことも特徴です。特にスキルがある人は、他の人では不可能な仕事を任せられるため、やりがいがあるものの仕事量は膨大になります。またスキルが無いIT初心者には、単純で膨大な作業量がある仕事が割り振られる可能性が高いのです。スキルの有無に関わらず、仕事量が多くなるのがIT業界の特徴でもあります。

大勢の社員がいる大手IT企業を除いて、ベンチャー企業や下請けのIT企業は仕事量が多くなる傾向にあります。仕事量が多くなることに比例して、残業時間や休日出勤をするケースもあるでしょう。これらが原因でIT企業を離職する人が多いです。

独立しやすい

独立してフリーランスや起業する機会を得やすいことも、IT業界の特徴です。需要が高いIT業界では、仕事が多くあり、個人で活動するフリーランスプログラマーなども多くの仕事を抱えています。良くも悪くも需要過多な業界であり、スキルさえあれば、仕事に困ることはないでしょう。一つの企業にしがみ付く必要性がないため、企業に不満がある場合は転職やフリーランスとして独立してしまう可能性が高いようです。

離職率が高いIT企業がすべきこと

離職率が高いIT起業がすべきことを解説します。業界全体としては離職率が低いIT業界ですが、企業によっては離職率が30%を超える企業もあるはずです。離職率が高い企業がすべきことを5つのポイントに絞って解説していきます。

労働時間を見直す

離職率が高いIT企業は、まず労働時間を見直しましょう。IT業界に関わらず、労働時間が長い企業は離職率が高いです。長時間労働は社員の心身の健康を損ねる原因となり、結果的に離職の大きな要因となります。特にベンチャー企業や下請けのIT起業は仕事量も多く人手も少ないので、どうしても長時間労働になってしまいがちです。

業務分担ができないか」や「通勤時間が短縮できる在宅ワークを導入できないか」など、労働時間を減らすための対策を検討しましょう。労働時間を少なくすることで、社員の仕事意欲も高まり、離職率も低下してくるはずです。

教育制度を見直す

離職率が高いIT企業は、自社の教育制度を見直すことも大切です。特に創設から数年未満のベンチャー企業は、新規社員の教育には十分に注意を払う必要があります。最初からスキルの高い人材なら、教育制度が整っていない場合でも、即戦力として活躍してくれる可能性は高いです。一方で会社の仕事のレベルに見合っていない人材を採用した場合は、しっかりと教育を施す必要があります。十分な教育ができず、仕事に付いていけない社員は辞めてしまう可能性が高いので注意が必要です。

報酬制度を確立する

IT業界でよくある問題が、報酬制度が確立していないというケースです。与えられる仕事をこなすだけで、給与アップや昇級ができない企業も多く、離職率が高くなる原因となっています。特にITベンチャー企業に多く、社員のモチベーションの低下の要因となっているようです。自社の報酬制度が確立していない場合は、明確な制度を確立しましょう。報酬制度が確立することで、社員の仕事に対する意欲も高まり、離職率が低下する可能性が高いです。

欲しい人材を明確にする

IT業界離職要因として多いのは、『入社後のギャップ』が大きいケースです。入社後に企業側と就職者側に隔たりが生まれ、最終的には離職してしまいます。これは就職者だけに問題があるのではなく、採用する企業側にも問題があるケースが多いです。欲しい人材が明確になっていないままに採用活動を行ってしまい、求めていた人材と違う人が入社してしまうのです。

求めるスキルレベル・年齢・今後のキャリア』など、求める人材を明確にしましょう。そうすることで、企業側と就職者側のギャップがなくなり、離職率も下がるはずです。

既存社員を大切にする

離職が多く、人材不足に悩んでいるからといって、採用ばかりに力を入れるのは非常に危険です。既存社員に目を向け、労わることを忘れてはいけません。また現実的に今の労働時間を減らしたり、給与アップをするのが難しい企業も多いはずです。その場合は、福利厚生を使用して可能な限り既存社員の生活を豊かにするサポートをすべきです。

おすすめなのは『健康関連の福利厚生サービス』を導入すること。近年では“健康経営”という言葉が生まれるほど、社員の健康を維持・向上させることが重要になっています。『パーソナルジムの法人会員福利厚生』を導入する企業も多いです。特にIT企業の主な仕事はPCを使ったデスクワークになります。運動不足に悩む人が多い業界ですので、積極的に健康に関する福利厚生を取り入れるのがおすすめです。

離職率が高いIT企業は対策を講じてより良い経営を

離職率が高いIT起業は、早急に今の体制を見直し、離職率を下げるための対策を講じることが大切です。離職率の高まりによる『人手不足』は企業が経営難に陥る大きな要因でもあります。今回の記事でお話しした内容を参考に、より良い企業経営を行っていただけると幸いです。

“従業員の満足度が高い”福利厚生はパーソナルトレーニングのダイエットパートナーにお任せ

社員の慢性的な運動不足によるモチベーション低下などが近年起こっており、そんな運動不足を初心者でも解消できるパーソナルトレーニングが近年流行しています。

また福利厚生として、法人会員でパーソナルトレーニングジムと契約する企業も増えており、“健康経営”に対する意識向上していることが伺えます。

その中でもパーソナルジム「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ様々な方のお身体をチェックしており、法人会員として福利厚生で導入ができます。御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

まずはどういった活用ができるか資料をダウンロードしてみてください。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。