女性が本当に嬉しい福利厚生とは。おすすめサービスと導入手順を徹底解説

「女性社員に喜んでもらえる福利厚生を知りたい」
「女性従業員は福利厚生にどんなことを求めているの?」
「女性におすすめの福利厚生サービスを知りたい」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「福利厚生 女性」と検索しても、企業経営の経験がない人が執筆した信憑性に欠ける記事や専門家が執筆した解読が難解な記事しかなく、素人が目にしても理解できない記事が多いです。

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、女性の福利厚生に関して分かりやすく簡潔に執筆しました。

女性の福利厚生について知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、女性が喜ぶ福利厚生の種類・サービス、福利厚生を実施する導入手順を短時間で学べることをお約束します。

▼▼▼ 読み進める前に:社員の健康増進でパフォーマンスアップ!福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか? ▼▼▼
  • 社員のモチベーションを高めて生産性を上げていきたい…
  • 福利厚生で何を導入すれば満足してもらえるかわからない…
  • 健康経営を実施してメンバーに愛されるホワイト企業を創りたい…

上記でお悩みの方は、福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか?

社員の運動不足解消により、健康増進や気分向上によるモチベーション・生産性アップが期待できる他、会社への満足度が上がり離職率が改善する可能性も高まります。

その中でも「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ、様々な方のお身体をチェックしてまいりました。法人会員として、福利厚生で導入できる他、御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

気になる方は、まず下記より資料請求してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 資料請求する(無料)
※ご相談内容によってはお断りする場合もございます。

福利厚生は女性の働き方に大きく影響する

結論から言うと、どのような福利厚生を導入するかは、女性社員の働き方にも直結する重要な要素です。福利厚生は、企業イメージや従業員が企業に持つ満足度に関与します。

また女性が社会で活躍しやすい環境づくりを促進する『女性活躍推進法』が改正され、2022年4月に施行されました。以前は大企業に対して義務付けられていた「働く女性が個性や能力を十分に発揮する」ための取り組みが、常時雇用する従業員数が101人以上の中小企業にも義務づけられることとなりました。

近年、日本では少子高齢化の影響を受け『人手不足』が重要な社会問題となっている時代です。女性が社会で活躍する環境を整えることが企業の努めであり、女性従業員の活躍を推進するための方法が福利厚生を充実させることにあります。

女性が喜ぶ福利厚生の種類

女性が喜ぶ福利厚生の種類について解説していきます。福利厚生には様々な種類がありますが、中でも女性が喜ぶ福利厚生の種類は以下の5つです。

  • 育児関連
  • 健康関連
  • 住宅関連
  • 休暇・リフレッシュ関連
  • スキルアップ関連

それでは順に深掘りして解説していきます。

育児関連

女性にとって最早必須と言えるのが、育児関連の福利厚生です。女性が長く働き続けるには、家庭と仕事のバランスを取る必要があります。『ワーク・ライフ・バランス』が重要視される現代では、より女性の育児を企業がサポートすることが求められているのです。

育児関連の福利厚生の例としては、『時短勤務』や『在宅ワーク』が挙げられます。子供を抱える女性は急な用事で、職場を離れなくてはならない時も多々あるのが実情です。企業は女性の家庭にも目を配り、より子持ちの女性が働きやすい環境を整える必要があります。

育児関連の福利厚生が整っていない企業は、女性従業員の定着率も低く、労働不足になる可能性も高いです。少子高齢化に目を向け、人手不足を解消したいのならば、まず育児関連の福利厚生を整える必要があります。

健康関連

健康関連も女性が喜ぶ福利厚生の一種です。近年では“健康経営”がより一層注目を集めており、従業員の健康をサポートすることが重要視されています。

特に女性は男性に比べて健康への意識が高く、プライベートの時間を使って美容やボディメイクに励んでいる人も多いです。女性の健康を企業がサポートをすることで、女性社員から企業も信頼を得ることができるでしょう。

健康に関する福利厚生には『ジム法人会員』や『社食サービス』があります。企業が女性社員に対して健康面でもサポートすることで、経営においてもプラスに働くでしょう。

住宅関連

住宅関連の福利構成もおすすめです。住宅関連の福利厚生には『家賃補助』や『社宅』などがあります。

特に子供を抱える女性にとって「どのような場所に住むか」は重要な要素です。家賃を安くするために職場から遠い場所に住んでしまうと、通勤時間が長くなり、子供の急な対応にも不便になります。

企業が女性社員に対して何らかの住宅サポートをすることで、仕事とプライベートの両方を充実させることが可能です。家賃補助を設けたり、社宅を用意することで、より子育てをしやすい環境を整えることができるでしょう。

休暇・リフレッシュ関連

休暇やリフレッシュに関する福利厚生も、女性社員にはおすすめです。特に女性は男性よりも『ワーク・ライフ・バランス』に対する意識が高い傾向にあります。

例えば『育児休暇』は女性にとって重要性の高い福利厚生です。育児休暇は法律によって義務付けられているものではありませんが、女性社員の職場復帰のためにほとんどの企業が取り入れています。

その他にも『リフレッシュ休暇』など、様々な休暇・リフレッシュに関する福利厚生は今非常に多いです。休暇関連の福利厚生を取り入れることで、欠勤率や離職率を低下させることにも繋がるでしょう。

スキルアップ関連

スキルアップ関連の福利厚生も女性におすすめの福利厚生です。具体的には『関連資格補助』や『書籍購入補助』などがあります。

どのようなスキルアップに関連する福利厚生を取り入れるかは、企業に寄りますが、高いスキルを求められる現代ビジネスでは、非常におすすめの福利厚生です。従業員のスキルアップを企業がサポートすることで、仕事への意欲とパフォーマンスを高めることができるでしょう。

また女性がスキルアップをすることで、企業にとって大きな戦力となります。女性の社会における重要性が注目されている現代では、より女性の仕事への高いパフォーマンスが求められているからです。

女性に嬉しい福利厚生を実施するためのポイント

女性に嬉しい福利厚生を実施するためのポイントについて解説していきます。女性に対する福利厚生を実施するためのポイントは、以下の3つです。

  • 女性社員の要望をよく聞く
  • 女性社員に決定権を与える
  • 正社員以外の女性従業員の声を聞く

それでは順に解説していきます。

女性社員の要望を聞く

まずは女性社員の要望を聞くことが大切です。特に福利厚生の決定権を男性が持っている企業では、より女性社員の要望を聞くことが大切になってきます。

男性と女性が抱く働き方の概念には大きな隔たりがあることが多いからです。男性社員が女性社員のことを思って導入した福利厚生が必ずしも、女性社員に喜ばれるとは限りません。

企業に属する女性社員の要望をしっかりと聞き、よく検討してから福利厚生を導入することが大切です。男性社員だけの意向で福利厚生を導入してしまうと、女性社員から反感を買ってしまうことさえあるので注意しましょう。

女性社員に決定権を与える

女性社員に福利厚生の決定権を与えることも大切なポイントです。特に福利厚生の決定権を男性幹部だけが持っている企業は、積極的に女性社員にも決定権を与えましょう。

女性の社会進出が重要視されている現代では、女性に企業の経営に関する権限を与えることが重要視されている時代です。特に福利厚生に関しては、女性社員に決定権を与えることで従業員全体の満足度も高まりやすい傾向にあります。

積極的に女性にも福利厚生の決定権を与え、より女性が満足できる企業作りを行いましょう。女性の企業に対する満足度が高まれば、企業経営にもプラスに働くはずです。

正社員以外の女性従業員の意見も聞く

正社員以外の女性従業員の意見も積極的に取り入れましょう。特に現代では『パートタイム・有期雇用労働法』によって基本給・賞与・福利厚生などの待遇に差が生じることが禁止されています。

正社員だけに適用される福利厚生は基本的に認められておらず、『正社員・契約社員・パートタイマー』など企業が直接雇用する従業員全員を福利厚生が適用されることが必須です。

正社員以外の女性従業員の意見も積極的に取り入れるようにしましょう。特に工場や事務職などの女性従業員の割合が多くなる企業は、非正社員の意見を取り入れることが大切です。非正社員の割合が多い企業は女性パートタイマーの意見を取り入れることで、より良い企業経営に繋げることができるでしょう。

女性におすすめの福利厚生サービス

女性におすすめの福利厚生サービスを紹介します。女性におすすめの福利厚生サービスは以下の5つです。

  • べネフィット・ステーション
  • オフィスおかん
  • メガロススポーツクラブ法人会員
  • ダイエットパートナー
  • Yogamatch(ヨガマッチ)

それでは順に紹介していきます。

ベネフィット・ステーション【ベネフィット・ワン】

全国13,000以上の企業が導入する福利厚生サービスです。『パッケージタイプ』の福利厚生サービスとなっており、旅行・グルメ・ショッピングなど様々なサービスを割安で利用することができます。パッケージタイプなので、従業員が好きな属性のサービスを自在に選んで使えるので、大人数の女性が働く大手企業にもおすすめです。またベネフィットステーションを運営する『ベネフィット・ワン』は福利厚生代行サービス会社で唯一上場を果たしている企業でもあります。

入会金月会費(1社あたり)月料金(1名あたり)
2万円〜6,000円〜600円〜

ベネフィットステーション

オフィスおかん【株式会社OKAN】

管理栄養士が監修した惣菜を一律100円で提供してくれる福利厚生サービスです。従業員の健康管理にも役立つサービスで、食の福利厚生サービスの中ではトップクラスの人気を誇ります。冷蔵庫を使用した設置型サービスとなっており、従業員の好きなタイミングで健康的な食事を摂ることが可能です。

コンビニ飯やカップ麺などと違って栄養バランスが整っている惣菜を食べられるので、従業員の健康維持にも役立つでしょう。特に女性は手軽なコンビニ食で昼食を済ませることが多いです。適量を自分で選ぶことができるので、女性従業員の満足度も高めることができます。

初期費用利用料(1社あたり)1食あたりの料金
要問い合わせ54,600円100円

オフィスおかん

スポーツクラブ メガロス法人会員サービス【野村不動産ライフ&スポーツ株式会社】

メガロスは関東を中心に全国30店舗以上を展開する大型フィットネスクラブです。メガロスは女性利用者からの満足度が非常に高いスポーツクラブ。メガロスは2020年のサンケイリビング新聞社の調査で、「女性が選ぶフィットネスクラブ利用満足度1位」を獲得しています。女性に適したプログラムが豊富に用意されているので、楽しみながらフィットネスに取り組むことができるでしょう。

スポーツクラブ メガロス

ダイエットパートナー【株式会社FiiT】

弊社、株式会社FiiTが運営している業界最安値の料金で利用できるパーソナルトレーニングです。福利厚生の一部として導入することで、法人会員として利用することができます。近年では法人会員でパーソナルトレーニングジムと契約する企業も増えており、“健康経営”に対する意識向上していることが伺えます。

また女性の中には不特定多数が集まる大型フィットネスクラブに通うことに、抵抗を感じる人も多いです。パーソナルジムならば他の人の目を気にすることなく、ボディメイクに取り組むことができます。女性従業員の健康をサポートしたい企業におすすめです。

ダイエットパートナー

Yogamatch

Yogamatchは従来の派遣型ヨガサービスとは違い、企業側がインストラクターを指名して出張依頼をするサービスです。サービス利用料は無料で、インストラクターよりレッスン料の見積りが提出されます

特に最近は女性のヨガに対する興味・関心が高まっており、趣味の一環としてヨガを行う女性も多いです。出張ヨガサービスであるYogamatchは、通う手間なく手軽にヨガを行うことができます。

Yogamatchには様々な個性溢れるヨガインストラクターが登録されており、求めるレッスンの内容に応じて企業側がインストラクターを指名することが可能です。『ヒルトン東京』などの企業も利用する人気の出張オフィスヨガサービスになります。

サービス利用料無料
レッスン料インストラクターによる

※インストラクターより別途レッスン料を請求

Yogamatch

福利厚生サービスの導入手順

福利厚生の導入手順は一般的に以下の通りです。

  1. 福利厚生サービス運営会社へ問い合わせ
  2. 見積もり確認後、申し込み
  3. 企業審査
  4. 契約締結
  5. 利用開始

まずは福利厚生サービス運営会社へ問い合わせをしましょう。その後、申し込みを行った後に企業審査が行われます。企業審査が通れば契約締結をし、福利厚生サービスを利用することが可能です。

ただし福利厚生サービスの中には、企業規模によって審査基準が設けられていることもあります。前提となる審査順については企業のHPに掲載されていることがほとんどですので、確認をしてから申し込みを行いましょう。

女性への福利厚生を充実させより良い企業経営を

女性への福利厚生を充実させることは、企業経営において多くのメリットを得ることが可能です。特に近年は女性の社会進出が重要視されています。女性社員を福利厚生という観点からサポートし、ぜひより良い企業経営を目指してください。

“従業員の満足度が高い”福利厚生はパーソナルトレーニングのダイエットパートナーにお任せ

社員の慢性的な運動不足によるモチベーション低下などが近年起こっており、そんな運動不足を初心者でも解消できるパーソナルトレーニングが近年流行しています。

また福利厚生として、法人会員でパーソナルトレーニングジムと契約する企業も増えており、“健康経営”に対する意識向上していることが伺えます。

その中でもパーソナルジム「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ様々な方のお身体をチェックしており、法人会員として福利厚生で導入ができます。御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

まずはどういった活用ができるか資料をダウンロードしてみてください。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。