新卒の早期離職率は?高い場合の定着率の改善施策まとめ

「新卒の早期離職が多いのでどうにかしたい」
「新卒が早期離職する理由を知りたい」
「新卒の定着率を高めるにはどうしたらいいの?」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「新卒 早期離職」「新卒 早期離職率 改善」と検索しても、会社経営の経験がない人が執筆した信憑性に欠ける記事や専門家が執筆した解読が難解な記事しかなく、素人が目にしても理解できない記事が多いです。

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、新卒の早期離職率について分かりやすく簡潔に執筆しました。

新卒の早期離職率について知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、新卒の早期離職率が高い会社の特徴、早期離職率が高い業界とその改善策について短時間で学べることをお約束します。

▼▼▼ 読み進める前に:社員の健康増進でパフォーマンスアップ!福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか? ▼▼▼
  • 社員のモチベーションを高めて生産性を上げていきたい…
  • 福利厚生で何を導入すれば満足してもらえるかわからない…
  • 健康経営を実施してメンバーに愛されるホワイト企業を創りたい…

上記でお悩みの方は、福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか?

社員の運動不足解消により、健康増進や気分向上によるモチベーション・生産性アップが期待できる他、会社への満足度が上がり離職率が改善する可能性も高まります。

その中でも「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ、様々な方のお身体をチェックしてまいりました。法人会員として、福利厚生で導入できる他、御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

気になる方は、まず下記より資料請求してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 資料請求する(無料)
※ご相談内容によってはお断りする場合もございます。

新卒の早期離職率について

新卒で入社した社員が半年以内で離職する確率は約10%と言われています。これは新卒社員の離職率の1/4を占めており、企業にとっては重大な課題です。また新卒入社3年以内の離職率は約30%です。いずれにせよ、入社半年〜3年以内という短い時間で早期離職してしまう社員が非常に多くなっています。

また近年では転職が当たり前の時代となり、社会人の2人に1人は転職経験があると言われています。一昔前までのように『終身雇用』で定年まで同じ会社に勤め続ける人はごく一部です。とは言え離職率の高さは、企業の経営にも直接影響を与える重要課題。特に新卒は企業側も期待を持って採用しているだけに、離職せず勤め続けるのを企業側も望んでいるはずです。新卒が早期離職をしないための施策を講じることが、起業経営において非常に重要となっています。

新卒の早期離職率が高い業界

まずは新卒の離職率が高い業界を3つ紹介していきます。新卒の離職率が高い業界は以下の3つです。

  • 宿泊・飲食サービス業界
  • 医療・福祉業界
  • 不動産業界

これらの業界にはそれぞれ離職率が高い理由があります。業界ごとの特徴を深堀し解説していくのでぜひ参考にしてみてください。

宿泊・飲食サービス業界

宿泊・飲食サービス業界で新卒の早期離職率が高い最大の理由は、給与が低いことにあります。業界の平均年収は195万円と言われており、数ある業界の中でも特に給与平均額が低いことが特徴です。また飲食業界はサービス残業なども多くなりがちで、特に正社員で働く場合は、アルバイトの欠勤時は社員がシフトを補填することがほとんど。必然的に残業や休日出勤も多くなるようです

こうした低賃金かつ過酷な労働環境が原因で、離職を決断する新卒社員が多くなっています。未だ20代前半である新卒社員は、将来の不安もあり、早期離職してしまうようです。

医療・福祉業界

医療・福祉業界も新卒の早期離職率が非常に高い業界です。この業界の離職率が高いことは多くの人が承知の事実で、理由は『働き方』にあります。特に日本は少子高齢化社会で、医療・福祉業界の現場は逼迫状態です。どの企業も人手不足に悩んでおり、一社員の業務量や労働時間は他業界と比べても圧倒的に多い現状があります。また福祉業界は労働環境の問題に加えて、給与が低く、仕事に見合った報酬が与えれていないことも離職率が高い要因です。

新卒社員は社会人経験が無く、いきなり過酷な労働環境で働くのは難しいでしょう。医療・福祉系の大学を卒業した学生ですら、早期離職を決断する新卒社員も多いです。

不動産業界

不動産業界も新卒の早期離職率が高いです。その理由は、絶対的な実力主義であることが考えられます。全業界の中でも平均年収が高めの業界ではありますが、人によって給料の差が大きく、同じ新卒社員同士でも数百万円の差が出ることも珍しくありません。また給与が高い反面、不動産業界の飛び込み営業やテレアポは新卒社員にとっては難易度が高く、仕事のストレス度も高いことが、離職率を高めている原因でもあります。

新卒の早期離職率が高くなる原因と理由

新卒の早期離職率が高くなるのには、必ず理由があります。新卒の早期離職率が高くなる原因として考えられる主な理由は以下の5つです。

  • 入社前と入社後のギャップ
  • 労働時間や休日日数への不満
  • 教育制度が整っていない
  • 社内コミュニケーションへの不満
  • 将来への不安

それでは順に解説していきます。

入社前と入社後のギャップ

入社前と入社後の『仕事内容』もしくは『企業イメージ』に対してのギャップは、新卒社員が早期離職してしまう最も一般的な理由です。特に社会人経験の無い新卒社員は、インターンやアルバイトで実際に職場を経験しない限り、イメージのみでしか実際に働く姿を想像できません。そのため、入社後にギャップを感じ早期離職してしまうのです。

「想像していた仕事と違った」「上司や先輩が想像以上に厳しかった」など、様々なギャップを感じ、新卒社員は早期離職していってしまいます。ほとんどのギャップは、半年〜1年経てば解消されますが、耐えられず辞めてしまう新卒社員も多いです。

労働時間や休日日数への不満

新卒社員が早期離職してしまう原因は、労働時間や休日日数への不満を抱くことです。労働時間が長い会社は新卒の早期離職率が高くなる傾向にあります。長時間労働は心身の健康を損ね、最終的には新卒社員の離職を招くのです。近年では『働き方改革』の影響もあり、多くの企業が残業時間や長時間労働の見直しを実施しています。しかしベンチャー企業や飲食業界などでは、未だ改善に取り組めていない企業も多いです。

また休日日数の少なさに不満を感じ、早期離職してしまう新卒社員もいます。特に新卒社員は大学時代の同期と連絡を取り合っていることが多く、他社と休日日数を比べてしまうケースも多いです。「自社の休日日数が少ないことに気が付いたから…」という理由で早期離職を決意してしまうこともあります。

教育制度が整っていない

教育制度が整っておらず、新卒入社後のサポートが十分に出来ていない会社は新卒の早期離職率も高いです。仕事が中々覚えられず、出来る仕事の範囲も限られているため、仕事への意欲も低下していきます。ベンチャー企業の離職率が高くなる要因の一つが、教育制度が整っていないことにあるのです。

特に新卒は社会人経験もなく、右も左も分からない状態で入社してきます。会社で自身の役割が見出せなければ、仕事への意欲も低下していくのです。ある程度仕事の容量を掴めるようになるまでは、きっちり教育を行っていく必要があります。

社内コミュニケーションへの不満

社内で良好なコミュニケーションが取れていない場合も、新卒社員が早期離職してしまう原因になります。社内での人間関係は新卒だけに限らず、中途社員にとっても重要です。社内でのコミュニケーションが上手くいかず、上司や先輩との関係性が浅いと、仕事の相談もしにくくなってしまいます。結果的に職場でのストレスとなり、早期離職してしまうのです。

同期の新卒社員が居れば別ですが、中小企業やベンチャー企業では、新卒入社が1名のみというケースも多いはず。積極的に先輩や上司がコミュニケーションを取ってあげることで、早期離職を回避できる可能性があります。

将来への不安

将来に対しての不安から早期離職を決断する新入社員も多いです。特に上司や先輩の給与が低い、もしくは働き方に問題があった場合は、新入社員が自社で働き続けることに不安を感じることがあります。

よくある間違いは、上司や先輩が「新入社員は早く帰られて、自分達は残って残業をしよう」というケース。一見、新入社員に気を遣っている様に見えますが、これは大きな間違いです。新入社員にとっては、上司や先輩の働き方が、数年後の自分自身の働き方になります。将来に不安を感じる原因となるので、新入社員と既存社員の働き方は、出来るだけ変えない方が良いでしょう。

新卒の早期離職を防ぐための対策

新卒の早期離職を防ぐための具体的な対策について解説していきます。新入社員は企業に取って重要な存在であり、会社の今後を支えていく存在です。新卒の早期離職率が高い企業は、ここで紹介する対策をぜひ参考にしてみてください。

労働時間や年間休日日数の見直す

まずは自社の労働時間を見直すことが大切です。新卒の早期離職率が高い企業の多くは、労働時間に問題があることが多いです。長時間働くことで、心身が消耗し、仕事に対する意欲も低下する原因になります。労働時間を見直すだけで、新卒の早期離職率が低くなる可能性は高いです。

また年間休日日数を可能であれば見直しましょう。早期改善は難しいかもしれませんが、少しでも休日日数を増やすことができれば、早期離職を防げる可能性があります。

インターンを実施する

内定前にインターンを実施することもおすすめです。前述した通り、新卒社員が早期離職してしまう理由として『入社後のギャップ』が考えれます。インターンを通して仕事内容や職場の雰囲気をある程度把握しておくことで、入社後のギャップを可能な限り減らすことができるでしょう。

ただしあくまで『インターン』であることを企業側も理解することが必要です。インターンであるにも関わらず、上司や先輩が必要以上に厳しく指導してしまうと、内定を辞退してしまう可能性もあります。

教育制度を整える

新卒の離職率が高い企業は、今一度、自社の教育制度の見直しをしてみましょう。教育制度が整っていないと、仕事が中々覚えられず、出来る仕事の範囲も限られているため、仕事への意欲も低下していきます。特に新卒社員は右も左も分からず、社会経験も無いため、入社後数ヶ月〜半年間は丁寧に教育・指導を行うことが大切です。

またOJT期間を定めておくこともおすすめできます。「半年間はOJT期間で先輩社員と一緒に仕事をする」「一見受注が取れたら、一人で営業活動を行う」など、あらかじめ期間を決めて教育・指導のサポートをしましょう。期間が決まっていることで、新卒社員もより一生懸命教育に向き合ってくれるはずです。

欲しい人材を明確にする

新卒の離職率が高い会社によくある問題として、欲しい人材が明確になっていないケースがあります。「印象が良かったから」や「何となく」で採用を決めてしまった場合、採用企業側と新卒社員のミスマッチが起こります。何となくで決めるのではなく、欲しい人材を明確にしておくことが大切です。

ただし新卒社員は中途社員と違って社会人経験がないため、培ってきたスキルが少ないです。あまりスキル面に目を向けてしまうと、採用の枠が非常に狭まってしまいます。新卒を採用する際に最も大切なことは、「自社の社風に合った人物かどうか」です。自社に合った人物を選定することで、新卒の早期離職を防ぐことができます。

既存社員を労る

実は新卒以外の既存社員を労ることも、新卒の離職率を下げる対策になります。新卒社員は企業側が思っている以上に、既存社員の働き方を見ているのです。既存社員に対して思わしくない対応をしていると、新卒社員は企業側に悪いイメージを持ってしまいます。結果的に新卒社員の早期離職に繋がってしまうのです。

おすすめなのは『健康関連の福利厚生サービス』を導入すること。近年では“健康経営”という言葉が生まれるほど、社員の健康を維持・向上させることが重要になっています。『パーソナルジムの法人会員福利厚生』を導入する企業も多いです。既存社員を労り、結果的に新卒社員の早期離職率が下がるように取り組みましょう。

新卒の短期離職率が高い会社は対策を講じてより良い経営を

新卒の早期離職率が高い会社は、早急に今の体制を見直し、離職率を下げるための対策を講じることが大切です。新卒の新規離職率の高まりによる『人手不足』は企業が経営難に陥る大きな要因でもあります。今回の記事でお話しした内容を参考に、より良い企業経営を行っていただけると幸いです。

“従業員の満足度が高い”福利厚生はパーソナルトレーニングのダイエットパートナーにお任せ

社員の慢性的な運動不足によるモチベーション低下などが近年起こっており、そんな運動不足を初心者でも解消できるパーソナルトレーニングが近年流行しています。

また福利厚生として、法人会員でパーソナルトレーニングジムと契約する企業も増えており、“健康経営”に対する意識向上していることが伺えます。

その中でもパーソナルジム「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ様々な方のお身体をチェックしており、法人会員として福利厚生で導入ができます。御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

まずはどういった活用ができるか資料をダウンロードしてみてください。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用