企業ブランディングとは?事例と成功させるポイント集

「企業ブランディングってなに?」
「どうしたら企業ブランディングを成功させられるの?」
「企業ブランディングの成功事例を知りたい!」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「企業ブランディング ポイント」などで検索しても、会社経営の経験がない人が執筆した信憑性に欠ける記事や専門家が執筆した解読が難解な記事しかなく、素人が目にしても理解できない記事が多いです。

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、企業ブランディングについて分かりやすく簡潔に執筆しました。

企業ブランディングについて知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、企業ブランディングの目的やメリット、成功させるためのポイントなどについて短時間で学べることをお約束します。

▼▼▼ 読み進める前に:社員の健康増進でパフォーマンスアップ!福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか? ▼▼▼
  • 社員のモチベーションを高めて生産性を上げていきたい…
  • 福利厚生で何を導入すれば満足してもらえるかわからない…
  • 健康経営を実施してメンバーに愛されるホワイト企業を創りたい…

上記でお悩みの方は、福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか?

社員の運動不足解消により、健康増進や気分向上によるモチベーション・生産性アップが期待できる他、会社への満足度が上がり離職率が改善する可能性も高まります。

その中でも「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ、様々な方のお身体をチェックしてまいりました。法人会員として、福利厚生で導入できる他、御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

気になる方は、まず下記より資料請求してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 資料請求する(無料)
※ご相談内容によってはお断りする場合もございます。

企業ブランディングとは?

企業ブランディングとは、企業が共有したい理念を社内外に発信することで、ステークホルダー(企業経営における利害関係者)の共感を得るための活動を指します。同じ業種・業界で似通ったビジネスを運営する企業が乱立する現代では、企業ブランディングを成功させることが、会社成長の鍵です。さらに言えば、企業ブランディングに失敗した会社は、自ずと倒産を迎えることになります。

また類似した言葉で『製品ブランディング』がありますが、これは「企業の製品をブランディングすること」を指しており、企業ブランディングとは違った意味合いです。企業ブランディングが成功すれば、製品の認知度も高まり、必然的に製品ブランディングも成功しやすくなります。

企業ブランディングの目的

企業ブランディングの目的は、他社と自社との違いを明確にし、ステークホルダーに自社の製品やサービスを優先的に利用してもらい、業績を伸ばすことにあります。同じサービスや商品が多数存在する現代では、いかにして自社の商品を優先して利用してもらえるかが、経営成功の鍵です。

例えば「フィットネスクラブに通いたい」という人の場合。フィットネスクラブは全国に多数あり、その数は有に1,000店舗を超えます。そんな状況で自社を選んでもらうようにアピールするのが、企業ブランディングの目的です。他社フィットネスクラブとの違いをユーザーに理解してもらっており、かつユーザーのニーズに応えるサービスを提供できれば、ユーザーは自社のフィットネスクラブを選ぶでしょう。

反対に企業ブランディングに失敗していると、「そもそも自社の存在を認知していない」もしくは「他社との違いを理解されていない」状態にあるので、ユーザーに利用してもらう可能性は低くなります。

自社の存在のアピールと他社との違いを明確にし、ステークホルダーに自社を利用してもらうことが企業ブランディングの目的です。

企業ブランディングの効果とメリット

企業ブランディンの効果とメリットについて解説していきます。企業ブランディングには様々な効果が期待でき、それによって得られるメリットも大きいです。企業ブランディングで得られる効果とメリットは以下の5つです。

  • マーケティング効果が向上する
  • 従業員のモチベーションアップに繋がる
  • 採用活動が促進される
  • 資金調達が有利になる
  • 組織文化が統一される

それでは順に解説していきます。

マーケティング効果が向上する

企業ブランディングで得られる最大のメリットは、自社のマーケティング効果が向上することです。いくら広告宣伝を強めたとしても、ユーザーや関連企業から「どんな会社なのか」を知って貰わなければ、信頼を勝ち取ることができず、宣伝等のマーケティング効果も頭打ちになります。

企業ブランディングに成功することで、より多くのユーザーに自社の存在を認知させ、結果的にマーケティング効果が向上するでしょう。また企業ブランディングが高まれば、最終的にはマーケティングにかける費用を削減できる可能性が高いです。ユーザーの認知度が高まっているため、少ない広告費で商品をアピールすることができます。

従業員のモチベーションアップに繋がる

企業ブランディングには、従業員のモチベーションをアップさせる効果も期待できます。ステークホルダーから企業ブランディングが高く評価されていると、従業員は自社の商品やサービスに誇りと愛着を持つ可能性が高いです。結果的に従業員のモチベーションアップに繋がります。

「自社の商品を好きであること」は従業員のモチベーションを維持・向上させるために必須の要素。商品の営業力も高まり、より高品質で安全な商品をお客様に提供できるようになるでしょう。

採用活動が促進される

企業ブランディングに成功すれば、採用活動が促進されます。企業ブランディングの成功により、企業の認知度が高まるため、評判を聞きつけた就職者から採用応募がくる可能性が高いです。そのため大々的に人材募集をアピールする必要がなくなり、結果的に採用広告費にかけるコストも削減されるでしょう。

また企業ブランディングが成功することで、自社の企業文化や風土も認知させることができます。つまり採用の際にも、自社の文化と風土を理解した人材の応募が多くなるため、より優秀で長く勤めてくれる可能性が高い就職者が応募してくれる可能性が高いです。

資金調達が有利になる

企業ブランディングに成功することで、資金調達も有利になります。ステークホルダーからの評価が高くなるので、資金援助を申し出る人の割合も比例して高くなのです。既にブランディングに成功している大手企業ならいざ知らず、未だ認知度が低いベンチャー企業などがいくら自社の製品をアピールしても、資金援助を受けることは難しいでしょう。理由は、製品ブランディングだけでは、企業としての信頼を勝ち取ることができないからです。

企業ブランディングは企業の文化や今後の成長をステークホルダーに認知させるためのもの。企業ブランディングが成功することで、出資者から企業に対する信頼度が高まり、資金援助を貰える可能性も高くなるでしょう。

組織文化が統一される

企業ブランディングが成功することで、組織文化も統一されるでしょう。どんなに優れた商品やサービスを持っていても、組織文化が統一されていない企業は、一体感が損なわれ、いずれ経営にも悪影響を及ぼします。一方で企業ブランディングが成功すれば、自社の従業員に今後会社が目指す方向性や自社文化を認知させることができます。

方向性や文化が浸透すれば、組織としての一体感が生まれ組織文化も統一されるでしょう。結果的に仕事の生産性も上がり、利益獲得にもプラスに影響してくるはずです。

企業ブランディングを成功させるためのポイント

企業ブランディングを成功させるためのポイントについて解説していきます。企業ブランディングは成功すれば得られるメリットが大きい分、成功させるのはそう簡単ではありません。しっかりとポイントを抑えて実施することが大切です。企業ブランディングを成功させる以下の5つです。

  • 企業の現状分析を行う
  • ブランド定義を決定する
  • 浸透施策を考える
  • 社内・社外へ企業ブランディングを実施する
  • 検証を行う

順に深堀して解説していきます。

企業の現状分析を行う

企業ブランディングを行う際は、まず企業の現状を把握することが大切です。具体的には『商品やサービス・対象顧客・流通経路・競合の動向・企業の全体像』などを確認しましょう。現在自社が置かれている状況を客観的に把握することで、企業ブランディングのための具体的な施策を作成することができます。

またステークホルダーからの評価や市場でのポジションなどを客観的に把握することも重要です。自社の評価やポジションを客観的に把握することで、次に行うブランディング施策にも活かすことができます。

ブランド定義を明確にする

自社の現状把握ができたら、次はブランド定義を決定します。ブランド定義とは『他社にはない自社だけの強み』です。ブランド定義を決定することで、企業の存在価値や社会的意義を伝えるための軸とすることができます。間違っても社長の趣味趣向や流行だけで、ブランド定義を決定することは避けましょう。

また自社の企業規模や経営スタイルによっても、ブランド定義は異なります。老舗企業・ベンチャー企業、大手企業・中小企業、全国展開型・地域密着型など、自社の特徴に応じてブランド定義を決定しましょう。自社だけの強みを活かしたブランド定義が決まれば、企業ブランディングもより良いものになるはずです。

浸透施策を考える

ブランド定義が決定したら、次は自社のブランドをステークホルダーに浸透させるための具体的な施策を考えましょう。ブランドの浸透施策には『ロゴ作成・TVCM・Webサイト』など様々な媒体がありますが、強固なブランドを確立する上で重要となるのは、メッセージに一貫性を持たせることです。

自社の特徴や強みを最大限活かせる浸透施策を検討しましょう。メッセージに一貫性を持たせ、ステークホルダーの印象に残るものを作成することが大切です。

ステークホルダーへ企業ブランディングを実施する

浸透施策を考えたら、実際にステークホルダーへ企業ブランディングを実施しましょう。浸透施策を実行し、企業ブランディングを自社が対象とするステークホルダーへアウトプットさせていきます。

また社内に対して企業ブランディングの施策も実行しましょう。社内で企業ブランディングを行う理由は「組織文化を統一させるため」です。社内での企業ブランディングを成功させることで、ビジネスを進めていくうえでより良いメリットを得ることができます。

効果検証を行う

企業ブランディングを実施したら、効果検証を必ず行うことが大切です。効果検証を行うための理由は「企業ブランディングが成功したのか」を判断するため。企業ブランディングの効果は大きいですが、成功していなければ直ぐに修正をかけていくことが必要です。

検証方法にはアンケート調査などがあります。調査によって、「あまり認知されていない」「コンセプトを思い通り受け取ってもらえていない」などの課題が見つかれば、プロモーション媒体を変更したり、そもそものブランドコンセプトを見直したりする必要があります

企業ブランディングの成功事例

最後に企業ブランディングの成功事例を紹介していきます。今回紹介する企業ブランディングは下記3社です。

  • Apple
  • トヨタ自動車
  • エニタイムフィットネス

それでは順にお話ししていきます。

Apple

Appleは、iphoneで知られる世界屈指の超大手企業です。Appleの企業ブランディングは『シンプルで統一感のあるデザインをコンセプトとした製品の開発』になります。このブランディングを元に製品の開発・販売を行なっているため、Appleの商品には常に統一感があります。

スマートフォンやタブレットは、日本を含む世界各国の企業が開発・販売を行なっている事業です。しかしAppleは上記で紹介した企業ブランディングがあるため、どんな競合にも負けない経営を行えています。「他の企業にはマネのできない独自の企業ブランディング」がAppleの強みです。

トヨタ自動車

言わずと知れた日本を代表する自動車メーカー『トヨタ』です。トヨタと聞くと「高品質で安心・安全」というイメージを抱きがちかもしれません。確かにトヨタの自動車は、安全・安心で、ユーザーからも高い信頼を得ていることは間違いないでしょう。

しかしトヨタ自動車の自動車生産方式である「リーン生産方式」「JIT(ジャスト・イン・タイム)方式」は世界中で研究されてい流、『最短時間の効率的な製造を目的とした生産管理システム』です。このように『高い技術力と開発力』を武器にしているのが、トヨタの企業ブランディングです。『世界のトヨタ』と呼ばれる所以は、安全・安心であることだけでなく、高い技術力と開発力を持ち、そのブランディングに成功しているからなのです。

エニタイムフィットネス

エニタイムフィットネスは「ヘルシアプレイスをすべての人々へ」という理念のもと、フィットネスジムに対するイメージの刷新を行っています。従来の日本のフィットネスクラブは『営業時間が決まっている・会費が1万円前後かかる・敷居が高い』というのが現状でした。このイメージを払拭したのが、エニタイムフィットネスです。

エニタイムフィットネスは、『24時間営業・低価格・敷居の低さ』など今までのスポーツジムのイメージを覆しました。この革新的な運営ができたのも、理念を元にした企業ブランディングに成功したからこそでしょう。

企業ブランディングを成功させることが経営成功の鍵

企業ブランディングを成功させることは、事業の成功に欠かせない要素。ステークホルダーから高い信頼を得るためには、企業ブランディングが不可欠です。変化の激しい現代ビジネスでは、いかに自社の存在をアピールし、ステークホルダーからの信頼を勝ち取るかが重要になります。ぜひ今回の内容を参考に企業ブランディングを成功させ、より良い企業経営を行なってください。

“従業員の満足度が高い”福利厚生はパーソナルトレーニングのダイエットパートナーにお任せ

社員の慢性的な運動不足によるモチベーション低下などが近年起こっており、そんな運動不足を初心者でも解消できるパーソナルトレーニングが近年流行しています。

また福利厚生として、法人会員でパーソナルトレーニングジムと契約する企業も増えており、“健康経営”に対する意識向上していることが伺えます。

その中でもパーソナルジム「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ様々な方のお身体をチェックしており、法人会員として福利厚生で導入ができます。御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

まずはどういった活用ができるか資料をダウンロードしてみてください。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用