グンゼスポーツジムの法人会員になるには?料金や詳細情報を徹底解説

「グンゼスポーツジムの法人会員になるにはどうしたらいいの?」
「グンゼスポーツジムの法人会員になるメリットとデメリットを知りたい」
「グンゼスポーツジム法人会員の詳細を知りたい」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「グンゼスポーツジム 法人会員」と検索しても、福利厚生サービスの導入経験がない人が執筆した信憑性に欠ける記事や専門家が執筆した解読が難解な記事しかなく、素人が目にしても理解できない記事が多いです。

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、グンゼスポーツジムの法人会員に関して分かりやすく簡潔に執筆しました。

グンゼスポーツジムの法人会員について知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、グンゼスポーツジムの法人会員になるための方法とメリット・デメリットを短時間で学べることをお約束します。

▼▼▼ 読み進める前に:社員の健康増進でパフォーマンスアップ!福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか? ▼▼▼
  • 社員のモチベーションを高めて生産性を上げていきたい…
  • 福利厚生で何を導入すれば満足してもらえるかわからない…
  • 健康経営を実施してメンバーに愛されるホワイト企業を創りたい…

上記でお悩みの方は、福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか?

社員の運動不足解消により、健康増進や気分向上によるモチベーション・生産性アップが期待できる他、会社への満足度が上がり離職率が改善する可能性も高まります。

その中でも「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ、様々な方のお身体をチェックしてまいりました。法人会員として、福利厚生で導入できる他、御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

気になる方は、まず下記より資料請求してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 資料請求する(無料)
※ご相談内容によってはお断りする場合もございます。

グンゼスポーツジムの法人会員とは?

グンゼスポーツジムは『グンゼ株式会社(東証一部)』のグループ企業が運営する大型スポーツジムになります。近畿、中四国、中部、関東・北陸の4つのエリアで事業展開をしているスポーツジムです。

グンゼスポーツジムの法人会員とは、企業がグンゼスポーツジムに法人登録を行い、自社の従業員が法人会員価格で施設利用できる福利厚生サービスです。

近年では“健康経営”という言葉が生まれるほど、社員の健康に関するサポートが企業経営においても重要視されています。「グンゼスポーツジムと直契約をする」もしくは「対象の福利厚生代行会社と契約する」ことで、通常の会費よりもお得にグンゼスポーツジムを利用してもらうことで、社員が自ら健康の維持・向上に取り組む文化を作ることが可能です。

規模自体はコナミスポーツやティップネスと比べると小さいですが、法人会員として特別価格で利用できることや、様々な健康支援の法人サービスを行っていることもあり、複数の企業がグンゼスポーツジムとの法人契約を結んでいるようです。

グンゼスポーツジムの法人会員になるメリット

グンゼスポーツジムの法人会員になるメリットを解説していきます。グンゼスポーツジムの法人会員になる主なメリットは以下の5つです。

  • 従業員のヘルスケアができる
  • 目的に合わせたプログラムができる
  • 2つのプランから選べる
  • 出張サービスを利用できる
  • パーソナルトレーニングを受講できる

順に深掘りして解説していきます。

従業員のヘルスケアができる

グンゼスポーツジムの法人会員となることで、従業員のヘルスケアをすることができます。近年では“健康経営”という言葉が生まれるほど、企業が従業員の健康をサポートすることが重要視されている時代です。

グンゼスポーツジムの法人会員になることで、充実した施設でフィットネスを楽しむことが可能です。特にデスクワークが多くなりがちな職場だと、運動の頻度・機会は必然的に減ってしまいます。

グンゼスポーツジムの利用を通して運動不足を解消し、健康維持・向上が可能です。健康が維持できれば、仕事の生産性もアップし、企業の売上貢献にも繋がるでしょう。

目的に合わせたスタジオプログラムが豊富

グンゼスポーツジムはスタジオレッスンが豊富であることが最大の特徴です。『エアロビクス・アクサエクササイズ・ホットヨガ・ピラティス』など、様々なプログラムがあり、目的に合わせて受講することができます。

特に男性よりも女性からの評判が高いです。ホットヨガではデトックス効果が期待できますし、格闘技エクササイズでは楽しく効率良く脂肪燃焼を促すことができます。運動が苦手な女性でも参加できるプログラムが豊富に用意されているので、楽しくジム通いができるでしょう。

グンゼスポーツジムの法人会員制度を福利厚生として導入することで、女性従業員の健康に対する意識を変えられる可能性も高いです。

2つのプログラムから選択できる

グンゼスポーツジムでは、法人プランが以下の2つから選ぶことが可能です。

  • 法人会員記名方式
  • 法人会員証方式

『法人会員記名方式』とは社員用の会員証を作成し利用できるプラン。『法人会員証方式』は、従業員であることを証明できるもの(社員証など)を提示することで利用できるプランです。

法人会員証方式は年間利用制限がない一方で、法人会員証方式では年間利用制限があります。ただし法人会員証方式は、貰える会員証が最大3枚となっています。一度に複数人の従業員がグンゼスポーツジムを利用したい企業には不向きです。

プランの詳細については後ほど詳しく解説しますが、従業員数が多く、ジム通いへの意欲も高い場合は、法人会員記名方式がおすすめです。

企業への健康支援サービスが充実している

グンゼスポーツジムは法人契約している企業に対して、健康支援サービスが充実しているのも大きなメリットです。グンゼスポーツジムが契約企業に行なっている健康支援サービスは以下の3つです。

  • カウンセリング
  • 体成分測定(インボディ)
  • フィットネス教室 健康セミナー

体成分測定では従業員の健康状態やストレス度を専用の測定器を使ってチェックすることができます。フィットネス教室健康セミナーでは『腰痛・肩凝り改善体操・いくつになってもアンチエイジング・代謝アップ・コアトレ・筋肉疲労のメカニズムと解消方法・脳トレ体操』など企業の要望に応じて幅広いセミナーを開催してくれます。

様々な方向から従業員の健康を支援してくれるサービスを行っているのが、グンゼスポーツジムの魅力です。“健康経営”に繋がるサービスを提供してくれます。

パーソナルトレーニングを受講できる

グンゼスポーツジムではマシンなど設備の利用だけでなく、パーソナルトレーニングも受けることが可能です。本格的にボディメイクに取り組みたい人はもちろん、トレーニングの経験がない人も効率良くボディメイクができます。

それぞれの目的に合わせたトレーニングメニューやマンツーマンでのレッスンを用意してくれるので、個人に合わせた効果的なトレーニングを受けられます。

トレーニングの知識がない人がいきなり24時間ジムに通っても、ボディメイクを成功させるのは難しいです。グンゼスポーツジムの法人会員ならプロのトレーナーのマンツーマンレッスンを受けられるので、従業員が筋トレ初心者であっても安心です。

グンゼスポーツジムの法人会員になるデメリット

グンゼスポーツジムの法人会員になるデメリットを解説していきます。グンゼスポーツジムの法人会員のデメリットは以下の3つです。

  • 利用可能な店舗が限られる
  • 混雑する時間帯がある
  • 24時間営業ではない店舗も

順に深掘りして解説していきます。

店舗数が少ない

グンゼスポーツジムの店舗数は現在約20店舗ほど。これから増えていく可能性は十分にありますが、コナミスポーツクラブやエニタイムフィットネスに比べると、店舗数は少ないです。そのため通える店舗も限られており、同エリア内で別店舗に通うのは難しいでしょう。

エニタイムフィットネスのように全国展開はしていないので、職場の近くや出張先にグンゼスポーツジムがない場合も多いです。

登録店舗のみに通う形になる企業が多くなるため、出張先でもスポーツジムを利用したい場合にはやや不向きかもしれません。

混雑する時間帯がある

時間帯によっては、かなり混雑する場合もあります。特に平日の18時〜20時、土日の14時〜18時はフィットネスクラブの『ピークタイム』と言われ、かなり混雑する時間帯です。コロナ禍による密集エリアへの立入を禁止している企業は注意が必要になります。

ただし『ベネフィット・ステーション』や『福利厚生倶楽部』などに既に加入している場合は、コナミスポーツクラブやティップネスなどが運営している24時間ジムを法人価格で利用することができます。

24時間営業ではない

グンゼスポーツジムの店舗の中には、24時間営業ではない施設も。そのため早朝や深夜に通いたくても、登録店舗によっては営業をしていない可能性があります。仕事の関係上、早朝や深夜にしかジムに行けない人は、通うのが難しいでしょう。一般的な企業ならば問題ありませんが、夜勤などで働く企業の従業員にはあまり適していません。

ただしグンゼスポーツジムには24時間営業の店舗も多くあります。どうしても24時間ジムを利用したい企業は、登録店舗や契約範囲で通える店舗が24時間営業なのかをチェックしておきましょう。

グンゼスポーツジムの法人利用料金

グンゼスポーツジムの法人会員プランの料金体系は、店舗・地区ごとに若干異なります。下記は『会員証方式』と『法人会員記名方式』での料金例です。

コース会員証方式法人会員記名方式
入会金110,000円110,000円
年会費264,000円①264,000円
②528,000円
③792,000円
会員証あり(3枚まで)なし(フロントで記名)
年会利用制限無制限①〜650名/年
②〜1,350名/年
③〜2,000名/年
利用料310円/回550円/回

どちらも入会金は110,000円必要ですが、年会費や利用料に違いがあります。 法人会員証方式は年会費264,000円で利用制限はなし。一方で、法人会員記名方式は利用制限に違いがあり、人数が多くなるほど年会費が高くなります。

また、どちらも1回利用するごとに社員の個人負担が必要です。 法人会員証方式は1回310円ですが、法人会員記名方式は1回550円とやや割高になります。

グンゼスポーツジムの法人会員になる方法

グンゼスポーツジムの法人会員になるための手順は以下の通りです。

  1. グンゼスポーツジムへ問い合わせ
  2. 見積もり確認後、申し込み
  3. 企業審査
  4. 契約締結
  5. 利用開始

まずはグンゼスポーツジムへ問い合わせをしましょう。その後、申し込みを行った後に企業審査が行われます。企業審査が通れば契約締結をし、グンゼスポーツジムまたは提携ジムを利用することが可能です。

またグンゼスポーツジムは地域や店舗によって、料金・契約内容は異なります。法人担当者と契約内容をよく相談して利用を開始しましょう。

グンゼスポーツジムの法人会員サービスを利用してより良い企業経営を

グンゼスポーツジムの法人会員サービスを利用することで、社員のヘルスケアをサポートしましょう。近年では“健康経営”という言葉が生まれるほど、社員の健康を企業がサポートすることが重要視されている時代です。社員の健康を維持・向上させることで、仕事の生産性もアップし、企業経営においてもプラスに働くでしょう。またグンゼスポーツジムの法人会員サービス以外にも『パーソナルジム法人会員制度』などの福利厚生サービスも実施されており、多くの企業が利用しています。ぜひ今回の記事を参考に、福利厚生サービスを実施し、より良い経営に繋げていただけると幸いです。

“従業員の満足度が高い”福利厚生はパーソナルトレーニングのダイエットパートナーにお任せ

社員の慢性的な運動不足によるモチベーション低下などが近年起こっており、そんな運動不足を初心者でも解消できるパーソナルトレーニングが近年流行しています。

また福利厚生として、法人会員でパーソナルトレーニングジムと契約する企業も増えており、“健康経営”に対する意識向上していることが伺えます。

その中でもパーソナルジム「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ様々な方のお身体をチェックしており、法人会員として福利厚生で導入ができます。御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

まずはどういった活用ができるか資料をダウンロードしてみてください。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用