会社の雰囲気作りをする方法!働き方改善でモチベーションアップ!

「会社の雰囲気を良くするにはどうしたらいいの?」
「社員のモチベーションを高めて会社の雰囲気を良くしたい!」
「会社の雰囲気が良いとどんなメリットがあるの?」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「会社 雰囲気」などで検索しても、会社経営の経験がない人が執筆した信憑性に欠ける記事や専門家が執筆した解読が難解な記事しかなく、素人が目にしても理解できない記事が多いです。

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、会社の雰囲気について分かりやすく簡潔に執筆しました。

会社の雰囲気について知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、会社の雰囲気が良いメリットや会社の雰囲気を良くするための方法について短時間で学べることをお約束します。

▼▼▼ 読み進める前に:社員の健康増進でパフォーマンスアップ!福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか? ▼▼▼
  • 社員のモチベーションを高めて、生産性を上げていきたい…
  • 福利厚生で何を導入すれば満足してもらえるかわからない…
  • 健康経営を実施してメンバーに愛されるホワイト企業を創りたい…

上記でお悩みの方は、福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか?

社員の運動不足解消により、健康増進や気分向上によるモチベーション・生産性アップが期待できる他、会社への満足度が上がり離職率が改善する可能性も高まります。

その中でも「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ、様々な方のお身体をチェックしてまいりました。法人会員として、福利厚生で導入できる他、御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

気になる方は、まず下記より資料請求してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 資料請求する(無料)
※ご相談内容によってはお断りする場合もございます。

会社の雰囲気が良いことのメリット

まずは会社の雰囲気が良いことのメリットについて解説していきます。会社の雰囲気が良くなることのメリットは以下の3つです。

  • 従業員の仕事への意欲が高まる
  • 離職率が低くなる
  • 優秀な人材が入社しやすくなる

順に深掘りして解説していきます。

従業員の仕事への意欲が高まる

会社の雰囲気が良くなることで、従業員の仕事への意欲も高くなります。会社の雰囲気が良いと、自然と職場の人間関係も良くなる可能性が高いです。人間関係でのストレスがなくなり、従業員は仕事に集中することができます。仕事への集中力も高まり、仕事への意欲も高くなっていくでしょう。

また良好な人間関係が構築されているため、報告・連絡・相談もスムーズです。普段から連携を取りながら仕事をすることができるので、業務スピードも早くなります。このように会社の雰囲気が良いことで、仕事にも多くのプラスの影響がもたらされるのです。結果として従業員の仕事への意欲も高まっていきます。

離職率が低くなる

会社の雰囲気が良いことで、企業の離職率も低くなる可能性が高いです。雰囲気の良い会社は良好な人間関係が構築されていると同時に業績も良いことがほとんど。会社の将来性にも期待ができるため、従業員はやりがいを持って仕事に取り組むことができます。人間関係が良好かつ仕事にやりがいを感じるため、離職率も低下するでしょう。

反対に会社の雰囲気が悪いと、人間関係にも悪影響を及ぼします。会社を離職する理由として最も割合が高いのが『人間関係のトラブル』です。雰囲気が悪い会社は、比例して人間関係にも問題があります。こういった会社の離職率は高い傾向にあります。

優秀な人材が入社しやすくなる

雰囲気の良い会社は、業績も右肩上りで離職率も低いため、企業イメージが非常に高いことが多いです。結果として優秀な人材が入社しやすくなるでしょう。近年では就職者のリテラシーも高まっています。企業分析をする際は、給与だけでなく、離職率や社風も判断材料にしている人が多いです。

また面接の際に職場見学をさせる企業も多くあります。その際に会社の雰囲気が良いことが就職者にも伝われば、企業に対して好印象を抱いてくれる可能性が高いです。優秀な人材ほど、給与や仕事内容以外の部分にも目を向けています。そのため会社の雰囲気が良いと、優秀な人材も入社しやすくなるのです。

雰囲気が良い会社の特徴

雰囲気が良い会社の特徴について解説していきます。雰囲気が良い会社には、必ず特徴があります。雰囲気が良い会社の特徴は、以下の4つです。

  • ワークライフバランスが充実している
  • コミュニケーションが活発
  • 社内の上下関係が明確になっている
  • 風通しが良い

順に深掘りして解説していきます。

ワークライフバランスの両立ができている

ワークライフバランスの両立ができている会社は、比例して職場の雰囲気が良いことが多いです。就業時間・年間休日・福利厚生など仕事とプライベートを両立する環境が整っているため、ストレスなく仕事に励むことができます。仕事へのストレスが少ないので、会社全体の雰囲気も良くなっていきます。

特に労働時間が短く、従業員のプライベートが充実している会社は職場の雰囲気が良いことが多いです。プライベートが充実しているため、仕事も充実感を持って働くことができます。結果的に会社の雰囲気も良くなるようです。

コミュニケーションが活発

雰囲気が良い会社は、コミュニケーションが活発に行われています。コミュニケーションの活発化は、職場の人間関係が良好である証です。人間関係が良好なため、仕事へのストレスも少なくなります。仕事にもやりがいを持って働いており、人間関係も良いため、職場全体の雰囲気も良くなる傾向にあるようです。コミュニケーションが活発であることは、職場の雰囲気が良いことの証です。

社内の上下関係が明確になっている

実は上下関係が明確にである会社は、会社の雰囲気も良いと言われています。上司と部下の主従関係が構築されているため、コミュニケーションが取りやすく、仕事もよりスムーズにこなすことが出来るようです。

ただし上下関係が明確になっていることは、決して上司が部下に対し横柄な態度を取ることではありません。あくまで上司と部下の役割がはっきりしていることを指します。反対に上司と部下の関係性が曖昧だと、人間関係のトラブルに発展しやすいようです。

風通しが良い

風通しが良い会社は、職場の雰囲気も良い場合が多いです。風通しが良いとは広義の意味があり、一般的には以下のことを指します。

  • コミュニケーションが活発
  • 上司への相談がしやすい
  • 意見を述べやすい
  • 情報に透明性がある

以上の要素が揃っている企業は、『風通しの良い会社』と呼ばれることが多いです。風通しが良い企業は、仕事へのストレスも少ない傾向にあり、充実して働くことができます。仕事が充実しやすいため、社内の雰囲気も良くなるようです。

会社の雰囲気をよくするための方法

最後に会社の雰囲気を良くするための方法について解説していきます。会社の雰囲気を良くするための具体的な方法は以下の5つです。

  • 従業員のワークライフバランスを見直す
  • 福利厚生を充実させ従業員をサポートする
  • 報酬制度が適切か見直す
  • コミュニケーションが活発になる仕組みを作る
  • 従業員の健康を気遣う 

それでは順に解説していきます。

従業員のワークライフバランスを見直す

従業員のワークライフバランスを見直すことで、会社の雰囲気が良くなる可能性は高いです。前述した通り、ワークライフバランスの充実は、仕事のパフォーマンスにも大きく影響します。ワークライフバランスが整うことで、従業員の仕事への意欲も高まり、自然と職場の雰囲気も良くなるはずです。

まずは『就業時間』を見直しましょう。近年では『働き方改革』の影響もあり、多くの企業が残業や休日出勤の削減に取り組んでいます。就業時間はワークライフバランスに最も大きく影響する要素です。就業時間を見直し、無駄な残業や休日出勤を減らすだけで、ワークライフバランスが整う可能性は高いでしょう。

福利厚生を充実させ従業員をサポートする

福利厚生を充実させることも大切です。福利厚生の役割は様々ですが、会社の雰囲気を良くするためには、従業員に直接メリットのあるサービスを導入・実施する必要があります。その例として、多くの企業が導入している福利厚生サービスは、パッケージタイプの福利厚生です。

具体的には『ベネフィット・ステーション』や『福利厚生倶楽部』がパッケージタイプの代表例になります。大手企業から中小企業まで多くの企業が導入しており、レジャー・グルメ・フィットネスなど様々なサービスを割安で利用することが可能です。自分の趣味・趣向に合わせてサービスを利用できるので、従業員のプライベートも充実し、より良い職場の雰囲気作りに役立つでしょう。

報酬制度が適切かを見直す

従業員の報酬制度を見直すことで、介在的に職場の雰囲気が良くなる場合もあります。給与や昇級といった『報酬』は、従業員のモチベーションに大きく影響する要素です。会社から与えられる報酬が適切でないと、従業員のモチベーションも下がり、職場の雰囲気も悪くなってしまいます。一方で適切な報酬を得られれば、仕事への意欲も高まり、職場全体の雰囲気も良くなるでしょう。

ただし報酬制度を見直す場合は、全従業員に開示ができるようにしましょう。社長や会社幹部だけが閲覧できる報酬テーブルでは、従業員の意欲を高めることはできません。「報酬制度を見直した」と公表しても、見える化されていなければ、従業員にはイメージが湧かず意欲が高まらない可能性もあります。

コミュニケーションが活発になる仕組みを作る

コミュニケーションが活発であることは、良い雰囲気の職場を作るために必須の要素です。職場でのコミュニケーションが活発になることで、人間関係が良好になり、雰囲気の良い環境を作ることが出来るでしょう。仕事においても様々なプラス要素を得ることが可能です。

そこで、コミュニケーションが活発になる仕組みを作りあげましょう。方法は様々ですが、『グループディスカッション』や『社内部活動』などがおすすめです。特に社内部活動は、普段関わらない他部署の従業員同士のコミュニケーションも活発になる可能性があります。良い雰囲気の職場にするためにも、こうしたコミュニケーションが活発になる取り組みを実施しましょう。

従業員の健康をサポート

従業員の健康をサポートすることで、結果的に職場の雰囲気も良くなる可能性があります。健康は仕事・プライベート両方を充実させることにおいて、欠かせない要素です。健康でなければ、良い仕事をすることはできませんし、プライベートも充実させることは難しいでしょう。

そこで従業員の健康を企業がサポートすることが大切です。近年では“健康経営”という言葉が生まれるほど、企業が従業員の健康をサポートすることの重要性が高まっています。具体的な取り組みとして、健康関連の福利厚生を導入することです。例えば『パーソナルトレーニングの法人会員制度』や『出張オフィスヨガ』などが挙げられます。こうしたサービスを活用し、従業員の健康をサポートすることで、結果的に職場の雰囲気も良くなるでしょう。

会社の雰囲気作りを通してより良い企業経営を

会社の雰囲気作りをすることは、企業経営において重要な取り組みです。会社の雰囲気が良くなることで、結果的に企業の売上も伸びていく可能性があります。今回お話しした内容を参考に、ぜひより良い企業経営を目指してください。

“従業員の満足度が高い”福利厚生はパーソナルトレーニングのダイエットパートナーにお任せ

社員の慢性的な運動不足によるモチベーション低下などが近年起こっており、そんな運動不足を初心者でも解消できるパーソナルトレーニングが近年流行しています。

また福利厚生として、法人会員でパーソナルトレーニングジムと契約する企業も増えており、“健康経営”に対する意識向上していることが伺えます。

その中でもパーソナルジム「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ様々な方のお身体をチェックしており、法人会員として福利厚生で導入ができます。御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

まずはどういった活用ができるか資料をダウンロードしてみてください。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。