福利厚生でマッサージはおすすめ?導入のメリットと全手順を徹底解説

「福利厚生でマッサージを導入するのはどうなの?」
「福利厚生でマッサージを導入するメリットとデメリットを知りたい」
「福利厚生でマッサージを導入する方法を知りたい」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「福利厚生 マッサージ」と検索しても、福利厚生サービスの導入経験がない人が執筆した信憑性に欠ける記事や専門家が執筆した解読が難解な記事しかなく、素人が目にしても理解できない記事が多いです。

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、福利厚生のマッサージに関して分かりやすく簡潔に執筆しました。

福利厚生のマッサージについて知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、福利厚生マッサージを導入するメリット・デメリット、さらには導入手順までを短時間で学べることをお約束します。

▼▼▼ 読み進める前に:社員の健康増進でパフォーマンスアップ!福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか? ▼▼▼
  • 社員のモチベーションを高めて、生産性を上げていきたい…
  • 福利厚生で何を導入すれば満足してもらえるかわからない…
  • 健康経営を実施してメンバーに愛されるホワイト企業を創りたい…

上記でお悩みの方は、福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか?

社員の運動不足解消により、健康増進や気分向上によるモチベーション・生産性アップが期待できる他、会社への満足度が上がり離職率が改善する可能性も高まります。

その中でも「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ、様々な方のお身体をチェックしてまいりました。法人会員として、福利厚生で導入できる他、御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

気になる方は、まず下記より資料請求してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 資料請求する(無料)
※ご相談内容によってはお断りする場合もございます。

福利厚生マッサージの方法と特徴

福利厚生マッサージの特徴と方法について解説していきます。福利厚生マッサージと一言に表してもその方法は様々です。それぞれの方法によって特徴があります。福利厚生のマッサージは主に下記の3種類です。

  • 来院型マッサージ
  • 出張型マッサージ
  • 社内在中型マッサージ

それぞれの特徴について解説していきます。

来院型マッサージの特徴

来店型マッサージとは、その名の通り、従業員がマッサージ店に出向いてマッサージ師から施術を受けることです。企業がマッサージ店と法人契約を結ぶことで、従業員が法人価格で割安に施術を受けることができます。

来店型マッサージのメリットは、出張型に比べて割安に施術を受けることができることです。中には法人契約料金さえ支払えば、従業員は実質無料で施術を受けられるマッサージ店もあります。

反対に従業員がお店まで出向かなければいけないことが来店型のデメリットです。そのため職場の近くに福利厚生として法人契約ができる企業は、従業員の通院もスムーズですので、来院型マッサージがおすすめになります。

出張型マッサージの特徴

出張型マッサージは、マッサージ師が企業に直接出向いて施術を行う方法です。従業員が直接マッサージ店に出向く必要がないため、時間や労力の節約にもなり、より従業員の利用度や満足度も高まるでしょう。

出張型マッサージの初期費用は無料〜50,000円ほどかかります。また1回毎の料金も発生するので、ややコスト面での負担は大きいです。1回あたりの料金はサービス内容にもよりますが、10,000円〜30,000円が相場となっています。

あらかじめ出張型の福利厚生マッサージにかける予算を明確にしてから、出張マッサージを導入するのがおすすめです。

社内在中型マッサージ

社内在中型マッサージとは、社内にマッサージ師を在中させ、従業員に企業内で施術を受けてもらう方法です。マッサージ師が社内に在中しているため、従業員はいつでも施術を受けることができるので自然と利用率も高まるでしょう。

ただしコストも多額にかかり、施術に必要なスペースやベッドを確保する必要があります。簡単に導入できるサービスではありませんが、本格的に福利厚生マッサージを導入したい企業にはおすすめです。

福利厚生マッサージのメリット

福利厚生マッサージのメリットについて解説していきます。福利厚生マッサージのメリットは以下の5つです。

  • 従業員のヘルスケアになる
  • 生産性が向上する
  • 欠勤率や離職率が改善される可能性がある
  • 企業イメージがアップする
  • 従業員の満足度が高まる

順に深掘りして解説していきます。

従業員のヘルスケアになる

福利厚生マッサージを導入することで、従業員のヘルスケアをすることができます。近年では“健康経営”という言葉が生まれるほど、企業が従業員の健康をサポートすることが重要視されている時代です。

福利厚生マッサージを導入することで、従業員一人ひとりの体と心の緊張が和らぎ、仕事のストレスも軽減されるでしょう。体だけでなく心もほぐしてくれるのが、マッサージのメリットです。

特に近年はオンラインシステムの発展により、デスクワーク中心の職場が増えてきています。デスクワーク中心の仕事は『肩こり』や『腰痛』を引き起こすリスクが高いです。福利厚生マッサージを導入することにより、仕事で固まった体もほぐされ、従業員のヘルスケアに繋がるでしょう。

生産性が向上する

福利厚生マッサージを導入することで、仕事の生産性が向上する可能性が高いです。マッサージはストレス解消効果が大きく、仕事のストレスも緩和・解消してくれます。

ストレスが緩和・解消されれば、自然と仕事に集中できるようになるでしょう。仕事への集中力が高まれば、生産性が向上するはずです。

どんなに仕事ができる人も体と心が常に緊張状態にあると、パフォーマンスも必然的に低下していってしまいます。福利厚生マッサージを導入することで、従業員の緊張をときほぐし、社員一人ひとりの仕事への生産性を高めてくれるでしょう。

欠勤率や離職率が改善される可能性がある

福利厚生マッサージを導入することで、欠勤率や離職率が改善される可能性も高いです。従業員の欠勤率や離職率が高まる要因は、結局のところ『仕事へのストレス』が原因であることがほとんど。過度なストレスがかかり続けることで、仕事への意欲も低下していってしまい、最終的には欠勤や離職を招きます。

マッサージを受けることで、心身のストレスを解消することが可能です。仕事にストレスは付き物ですが、マッサージを受けることで仕事へのストレスも緩和されるでしょう。

ストレスが解消もしくは緩和されることで、従業員の仕事へのモチベーションも回復していきます。結果的に欠勤率や離職率も改善してくるはずです。

企業イメージがアップする

福利厚生マッサージを導入することで、企業イメージの向上にも直結します。マッサージのような健康関連の福利厚生を導入することは、従業員の満足度を高めるだけでなく、就職希望者や取引先企業にとっても良いイメージを与えることは間違いないです。

特に近年は就職者のリテラシーも高まり、給料面だけでなく、福利厚生に目を向ける就職者が非常に増えています。健康に関連する福利厚生を導入していれば、就職者からも「従業員を大切にしている企業」「働く環境が整っている企業」という良い企業イメージを抱いてもらえることでしょう。

従業員の満足度が高まる

福利厚生マッサージを導入することで、従業員の企業への満足度も高まる可能性があります。仕事を提供し給与を支払うことは企業の義務ですが、同時に従業員の健康を守ることも企業の務めです。

福利厚生マッサージは、正に従業員の健康を守るための取り組みです。給料を支払うだけでなく、同時に健康も守ってくれる企業は、従業員からも高い信頼を得ることができるでしょう。福利厚生マッサージを導入することで、従業員の満足度も高まり、企業経営においてもプラスに働きます。

福利厚生マッサージのデメリット

福利厚生マッサージのデメリットについて詳しく解説していきます。福利厚生マッサージのデメリットは以下の2つです。

  • コストがかかる
  • 従業員によって利用率が異なる

順に深掘りして解説していきます。

コストがかかる

福利厚生マッサージを導入するには、コストがかかります。料金はサービスによって様々ですが、年間に数百万円のコストがかかることも珍しくありません。

特に『出張型マッサージ』と『在中型マッサージ』はかなりのコストが発生する方法です。できるだけコストを抑えたい企業は『来院型マッサージ』を導入するのがおすすめになります。

必ずかかるコストをあらかじめ算出してから、福利厚生マッサージを導入するようにしましょう。かかるコストを算出しておくことで、無理なく福利厚生マッサージを導入・実施することができるでしょう。

従業員によって利用率が異なる

従業員によって利用率が異なることが、福利厚生マッサージのデメリットです。マッサージが好きな人にとっては嬉しい福利厚生でしょうが、反対にマッサージが苦手な人にとってはあまり縁のない福利厚生サービスになります。

意外かもしれませんが、マッサージが苦手な人も実は多いです。特に女性は異性のマッサージ師から施術を受けることに抵抗を抱く人も多いでしょう。

大切なことは「自社の従業員の利用率をあらかじめ算出しておくこと」です。アンケートを実施するのがおすすめですが、無理なら出来るだけ多くの従業員の意欲を確認しておきましょう。

福利厚生マッサージの実施手順

マッサージを自社で導入するには、ある程度の知識と経験が必須です。また導入後も適切な運用を続けていかなければ十分に福利厚生マッサージの効果を得ることはできません。そのため社で運用することが困難な場合に有効なのが、福利厚生マッサージの代行サービスの利用です。

福利厚生マッサージ代行サービスを提供している企業の中には全国マッサージ店舗数1位の『てもみん』や『Re・Ra・Ku(リラク)』、その他にも整体院などのマッサージサービスがあります。中には来院型のマッサージだけでなく、出張型や在中型のマッサージサービスを提供している企業も多いです。

自社に合う福利厚生マッサージサービスを提供している企業が見つかったら、実際に該当企業へ問い合わせを行いましょう。あとはサービス代行業者と商談を行い契約締結をすることで、福利厚生マッサージを導入することができます。

福利厚生マッサージを導入してより良い企業経営を

福利厚生マッサージを導入することで、従業員の心身にかかるストレスを緩和・解消し、仕事への意欲や企業への満足度も高めることが可能です。特に近年では“健康経営”という言葉が生まれるほど、従業員に対する健康サポートが重要視されるようになってきました。福利厚生マッサージを導入して、ぜひより良い企業経営を目指してください。

“従業員の満足度が高い”福利厚生はパーソナルトレーニングのダイエットパートナーにお任せ

社員の慢性的な運動不足によるモチベーション低下などが近年起こっており、そんな運動不足を初心者でも解消できるパーソナルトレーニングが近年流行しています。

また福利厚生として、法人会員でパーソナルトレーニングジムと契約する企業も増えており、“健康経営”に対する意識向上していることが伺えます。

その中でもパーソナルジム「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ様々な方のお身体をチェックしており、法人会員として福利厚生で導入ができます。御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

まずはどういった活用ができるか資料をダウンロードしてみてください。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。