社員の健康管理は必要?すべきこととおすすめサービスまとめ

「社員の健康管理は必要なの?」
「社員の健康管理をするためにすべきことは?」
「社員の健康管理をするためのおすすめのサービスを知りたい」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「社員 健康管理」と検索しても、会社経営の経験がない人が執筆した信憑性に欠ける記事や専門家が執筆した解読が難解な記事しかなく、素人が目にしても理解できない記事が多いです。

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、社員の健康管理について分かりやすく簡潔に執筆しました。

社員の健康管理について知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、社員の健康管理の必要性や企業がすべきこと、社員の健康管理におすすめのサービスなどについて短時間で学べることをお約束します。

▼▼▼ 読み進める前に:社員の健康増進でパフォーマンスアップ!福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか? ▼▼▼
  • 社員のモチベーションを高めて、生産性を上げていきたい…
  • 福利厚生で何を導入すれば満足してもらえるかわからない…
  • 健康経営を実施してメンバーに愛されるホワイト企業を創りたい…

上記でお悩みの方は、福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか?

社員の運動不足解消により、健康増進や気分向上によるモチベーション・生産性アップが期待できる他、会社への満足度が上がり離職率が改善する可能性も高まります。

その中でも「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ、様々な方のお身体をチェックしてまいりました。法人会員として、福利厚生で導入できる他、御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

気になる方は、まず下記より資料請求してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 資料請求する(無料)
※ご相談内容によってはお断りする場合もございます。

社員の健康管理は企業の義務

結論から言うと、社員の健康管理は企業にとっての義務です。これは2008年に施行された労働契約法で「企業は従業員に対して生命や身体の安全を確保しながら働けるように配慮する義務がある」と明文化されています。

企業が従業員に対して生命、身体の危険から保護するための環境を用意しなくてはいけないことを『安全配慮義務』と言い、企業は安全配慮義務を守ることが必須です。

上記の安全配慮義務を守ることが、2008年の労働契約法で義務付けられました。労働契約法に罰則はありませんが、実際に安全配慮義務を怠った事によるトラブルや訴訟について、企業への損害賠償を命じる判決が多数存在しているのも事実です。

このように企業が社員の健康管理をすることは、国としても義務付けられています。国としても『働き方改革』を行っており、近年では“健康経営”という言葉が生まれるほど、社員の健康を守ることが重要視されている時代です。

企業が社員の健康を守るための4つの義務

前述した通り、労働契約法でも『安全配慮義務』を守ることが、企業には義務付けられています。安全配慮義務は大きく4つの義務に分けられており、それらを厳守することが企業の務めです。4つの義務は以下の通りです。

  • 適正労働条件配置義務
  • 健康管理義務
  • 適正労働義務
  • 看護・治療義務

順に深掘りして解説していきます。

適正労働条件配置義務

過重労働によって、心身の健康を害することがないように、定められている義務です。具体的には、「労働時間、休憩・休日、休憩場所、人員配置などの労働条件を適正に保つ義務」になります。

近年、過重労働による自殺や鬱病の発症などが大きな社会問題となっています。働き方を今一度社会全体が見直し、従業員が適切な環境で働くことが大切です。

また労働時間だけでなく、休憩場所や人員配置なども従業員の健康を守るために大切な事項になります。様々な観点から従業員の健康を守ることが企業の務めです。

健康管理義務

健康管理義務とは、「企業が必要に応じて健康診断やメンタルヘルス対策を行い、従業員の心身の健康状態の把握と健康管理に努める義務」です。

ほとんどの企業が従業員に対して最低でも1年に1回の健康診断を実施しており、従業員の健康を把握するための取り組みを実施しています。労働安全衛生法でも健康診断の実施は義務付けられており企業の務めです。

また健康診断やメンタルチェックの結果に応じて、その後の処置も企業がサポートすることも大切になります。

適正労働義務

適正労働義務とは、「労働者の病歴、持病、体調状態などを考慮した業務配置を行う義務」です。

業務において従業員が心身の不調を訴えた場合や持病があるにも関わらず、企業がそれに対する対処を怠った場合は、『安全配慮義務違反』に該当する場合もあります。いついかなる場合でも、企業は業務における従業員の健康を守ることが義務です。

また万が一の体調不良等に対して対策を事前に行っておくことも必要になります。特に多数の従業員を抱える工場やコールセンターなどでは、これに対する対策の検討は必須です。もちろん少数の従業員のみで運営している企業も、事前準備は必須になります。

看護・治療義務

その名の通り、従業員が病気や怪我をした場合に対処する義務です。業務において従業員が病気を発症したり、怪我をした場合は、企業側が対処することが必須。これを怠ると義務違反になるだけでなく、従業員からの信頼も失墜してしまうでしょう。

また現在病気が発症していない場合でも、企業側が従業員の健康状態を把握しておくことも大切です。発症してから対処するのではなく、常に健康状態を把握し、未然に発症を防ぐことも必要でしょう。

もし従業員が健康状態を崩している兆候があれば、病院の受診を促すなどのサポートをしましょう。

社員の健康管理をするために企業がすべきこと

社員の健康管理をすべきことについて詳しく解説していきます。企業が社員の健康を守るために出来ることは様々です。そこで今回は以下の3つに絞って解説していきます。

  • 労働環境を整える
  • 相談窓口の設置
  • 健康をサポートするための制度を導入する

それでは順に深掘りして解説していきます。

労働環境を整える

まずは労働環境を整えることが先決です。労働環境を整えるためには、『労働時間・休日日数・社員同士の人間関係・福利厚生・休憩場所』など、様々な要素に目を配る必要があります。

中でも労働時間と休日日数は、社員の健康管理に深く関係する要素です。長い労働時間は従業員の心身を疲労させ、健康を損ねる確率を高めます。また休日日数が少なく、度々休日出勤も発生していると、プライベートの時間が減少し、健康にも悪影響を与えるでしょう。

今一度自社の労働環境を整えることで、社員の健康を維持・向上させることに繋がります。労働環境を整え、仕事とプライベートの両方が充実すれば、自然と健康を維持できることでしょう。

相談窓口の設置

最近では『働き方改革』の影響もあり、相談窓口を設置する企業も多いです。企業内で相談窓口を設置することで、上司や先輩に言い出しにくいことも、相談できる場所が生まれます。

特に健康面での不調があり、その原因が職場の人間関係にある場合は、直属の上司や先輩には相談しにくいものです。相談窓口を設置することで、より早く社員の健康不良を企業が把握することができます。

ただし相談窓口のホットラインは、人事部など企業の管理を行う部署に設置しましょう。直接上司と関係する部署に窓口を設置してしまうと、社員が相談しにくくなる可能性があるので注意が必要です。

健康をサポートするための制度を設置する

社員の健康をサポートするための制度を設置することも、社員の健康管理を行うために有効です。具体的には以下のようなものがあります。

  • 健康関連の福利厚生を導入する
  • 部活動の設置
  • 運動レクリエーションの実施
  • 外部講師を招いて健康セミナーを開催

上記のように企業が社員の健康管理を行うためにできる制度には、様々なものがあります。中でも健康関連の福利厚生サービスの導入は、現在多くの企業が実施している取り組みです。

フィットネスクラブやパーソナルジムの法人会員制度など、健康関連の福利厚生サービスには、様々なものがあります。自社にマッチした福利厚生を導入することで、社員の健康管理に繋がるでしょう。

社員の健康管理におすすめのサービス

社員の健康管理に役立つおすすめのサービスを紹介します。社員の健康管理におすすめのサービスは以下の3つです。

  • パッケージ型の福利厚生サービス
  • スポーツジムの法人会員
  • パーソナルジムの法人会員

それでは順に解説していきます。

パッケージ型の福利厚生サービス

社員の健康管理をするためには、パッケージ型の福利厚生サービスを導入することがおすすめです。『パッケージ型』とは、スポーツジム・レジャー・グルメなど様々なサービスをお得に利用できる福利厚生サービスです。

社員の要望に合わせてサービスを利用できるので、健康維持・向上はもちろん、レジャーなどのサービスを活用することで、ストレス解消にもなります。

『ベネフィット・ステーション』や『福利厚生倶楽部』がパッケージ型の福利厚生サービスの代表例です。大手企業・中小企業問わず、既に多くの企業が福利厚生の一部として利用しています。

スポーツジムの法人会員

フィットネスクラブやスポーツジムの法人会員となることも、社員の健康管理をするためにおすすめのサービスです。スポーツジムの法人会員として契約することで、社員が法人価格でお得にジムを利用することができます。ジムの利用を通して社員自らが、健康管理に取り組むことができるでしょう。

またジムの利用だけでなく、出張健康セミナーを法人契約企業に対して開催してくれるスポーツジムも多いです。従業員の健康リテラシーが高まり、健康管理に役立つでしょう。

『コナミスポーツジム』や『エニタイムフィットネス』など多くのスポーツジムが法人会員サービスを実施しています。料金やプランもジムによって様々です。スポーツジムのホームページから詳細を確認することができます。

パーソナルジムの法人会員

パーソナルジムの法人会員サービスも近年注目を集めている、福利厚生サービスです。フィットネスクラブの法人会員とは違い、パーソナルジムでは社員一人ひとりの体質や性格に合わせた指導を行ってくれます。

社員の多くはトレーニングやダイエットの知識に乏しい人も多いはずです。パーソナルジムなら、そういった初心者のユーザーに対してもマンツーマンで指導を行ってくれるので、より効率良くボディメイクと健康管理を行うことができます。

弊社、株式会社FiiTが運営している『ダイエットパートナー』も法人様向けのパーソナルトレーニングを実施しています。興味があれば、ぜひ詳細を確認してみてください。

社員の健康管理をしてより良い企業経営を

社員の健康管理をすることは、労働契約法でも義務付けられており、企業の経営においても非常に重要な要素です。企業が社員の健康管理をサポートすることで、仕事の生産性や売上向上に繋がります。ぜひ社員の健康管理に力を入れ、より良い企業経営を行ってください。

“従業員の満足度が高い”福利厚生はパーソナルトレーニングのダイエットパートナーにお任せ

社員の慢性的な運動不足によるモチベーション低下などが近年起こっており、そんな運動不足を初心者でも解消できるパーソナルトレーニングが近年流行しています。

また福利厚生として、法人会員でパーソナルトレーニングジムと契約する企業も増えており、“健康経営”に対する意識向上していることが伺えます。

その中でもパーソナルジム「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ様々な方のお身体をチェックしており、法人会員として福利厚生で導入ができます。御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

まずはどういった活用ができるか資料をダウンロードしてみてください。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。