社員食堂は健康になれる?おすすめメニューと導入事例

「社員食堂は必要なの?」
「社員食堂のメリット・デメリットを知りたい」
「社員食堂でおすすめのサービスは?」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「社員食堂 健康」と検索しても、会社経営の経験がない人が執筆した信憑性に欠ける記事や専門家が執筆した解読が難解な記事しかなく、素人が目にしても理解できない記事が多いです。

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、社員食堂について分かりやすく簡潔に執筆しました。

社員食堂について知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、社員食堂の必要性やメリット・デメリット、社員食堂におすすめのサービスなどについて短時間で学べることをお約束します。

▼▼▼ 読み進める前に:社員の健康増進でパフォーマンスアップ!福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか? ▼▼▼
  • 社員のモチベーションを高めて、生産性を上げていきたい…
  • 福利厚生で何を導入すれば満足してもらえるかわからない…
  • 健康経営を実施してメンバーに愛されるホワイト企業を創りたい…

上記でお悩みの方は、福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか?

社員の運動不足解消により、健康増進や気分向上によるモチベーション・生産性アップが期待できる他、会社への満足度が上がり離職率が改善する可能性も高まります。

その中でも「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ、様々な方のお身体をチェックしてまいりました。法人会員として、福利厚生で導入できる他、御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

気になる方は、まず下記より資料請求してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 資料請求する(無料)
※ご相談内容によってはお断りする場合もございます。

社員食堂は従業員の健康につながる

結論、社員食堂を導入することで、従業員の健康維持・向上をさせることが可能です。社員食堂は実際に様々な企業が導入しており、導入する企業は年々増えてきています。

特に近年では“健康経営”という言葉が生まれるほど、企業が社員の健康をサポートすることが重要視されている時代です。社員食堂は、企業の健康経営に繋がる取り組みであり、社員食堂を導入することで、多くのメリットを得ることができます。

実際に『Yahoo! JAPAN株式会社』や『SONY』など日本の大企業のほとんどが社員食堂を導入しており、健康経営に取り組んでいます。また近年では『置き型宅配食』などの福利厚生サービスも増えてきており、規模が小さい中小企業やベンチャー企業も、社員食堂を導入できるようになりました。社員食堂は従業員の健康に繋がる重要な取り組みです。

社員食堂を設置するメリット

社員食堂を設置するメリットを解説していきます。社員食堂を設置するメリットは以下の5つです。

  • 社員のヘルスケアになる
  • 社員の満足度が高まる
  • 企業のイメージアップになる
  • 社員が効率よく仕事に取り組めるようになる
  • コミュニケーションの場となる

それでは順に解説していきます。

社員のヘルスケアになる

社員食堂を設置することで、社員のヘルスケアをすることができます。社員食堂では、社員の健康を考慮した栄養バランスの整ったメニューが提供されるでしょう。コンビニや飲食店と違って、バランスが整っているので、社員の健康維持・向上につなげることが可能です。

近年ではコンビニや飲食店が増えてきたため、どこに居ても手軽に食事を摂ることができるようになりました。しかし一方で、栄養バランスを意識した食事を摂る機会が減ってきているのも事実です。

社員食堂を設置することで、普段栄養バランスを意識しない社員でも、自然とバランスの良い食事を食べることができます。結果的に社員のヘルスケアができ、企業の健康経営にも繋がるでしょう。

社員の満足度が高まる

社員食堂を会社に設置することで、社員の満足度を高めることができます。会社で働く人にとってランチタイムは、貴重な時間です。社員食堂が完備されていれば、健康的で美味しいご飯を食べることができ、社員の企業に対する満足度も高まるでしょう。

また社員食堂のメニューが豊富であれば、毎日のランチタイムを楽しく過ごすことができます。ランチタイムがより有意義なものになり、次の仕事への意欲も高まる可能性が高いです。

企業のイメージアップになる

社員食堂を設置することで、企業のイメージアップにも繋がります。社員食堂を福利厚生の一部として導入することで、就職者や取引先企業からのイメージも良くなるはずです。

近年では就職者のリテラシーも高まり、給与だけでなく、どんな福利厚生を導入しているのかをチェックする就職者も増えています。社員食堂を設置することで、「社員の健康を大切にしている企業」「余暇の時間を大切にしてくれる企業」というイメージを持ってもらうことができるでしょう。

また取引先企業の人が来社した際には、社員食堂でランチミーティングを行うこともできます。「労働環境が整っている企業」ということで、取引先企業からも好印象を抱いてもらえることでしょう。

社員が効率よく仕事に取り組めるようになる

社員食堂を設置することで、社員の仕事効率もアップする可能性が高いです。コンビニエンスストアや飲食店に行く手間が省けれるので、大幅な時間節約になります。

特に休憩時間は限られており、コンビニや飲食店に行くだけで数十分の時間ロスが発生するのが事実です。これらの時間を節約することができるので、社員の休憩時間もより充実したものになるでしょう。

コミュニケーションの場となる

社員食堂を設置することで、コミュニケーションの場とすることができます。社員食堂で社員が集まって食事をすれば、必然的にコミュニケーションが活発になるはずです。

普段気を使って話せない上司や先輩とも、食事を通してコミュニケーションを取る場となるでしょう。飲み会などをわざわざ設けなくても、コミュニケーションの場を作ることができるので、飲み会のコストを減らすことにも繋がります。

実際に大手企業の多くが社員食堂を設置しており、普段話せない部署の人と話す場となっているようです。従業員数や部署の多い企業ほど、社員食堂の設置が推奨できます。

社員食堂を設置するデメリット

社員食堂を設置するデメリットについて解説していきます。社員食堂を設置するデメリットは以下の3つです。

  • コストがかかる
  • 食堂のスペースが必要
  • ニーズの把握が難しい

それでは順に深掘りして解説していきます。

コストがかかる

社員食堂を設置するには、当然コストがかかります。導入するサービスにもよりますが、本格的な社員食堂を設置すれば、年間で数百万円のコストが発生することも珍しくありません。「1円も割ける予算がない」という企業が社員食堂を設置するのは難しいでしょう。

ただし近年では『食』に関する様々な福利厚生サービスが生まれており、中には年間の手数料や利用料がほぼ0円で導入できるサービスもあります。

全くコストをかけずに社員食堂を設置するのは不可能ですが、企業の規模や予算に合わせてプランを選択できる福利厚生サービスも多いので、前向きに検討すべきです。

食堂のスペースが必要

社員食堂を設置するには、食堂を設置するためのスペースが必要になります。特に本格的な食堂を設置したいのならば、かなりのスペースを要するでしょう。そのため社員食堂に割けるスペースがほとんど無い企業の設置は難しいです。

しかし最近では『自販機型』の社食を提供する福利厚生サービスも増えてきました。低コストかつ省スペースでの設置が可能なので、オフィスの規模が小さい企業からも注目を集めています。興味がある場合は、ぜひチェックしてみてください。

ニーズの把握が難しい

社員食堂を設置するには、社員の食のニーズをある程度把握しておくことが大切です。社員のニーズに合っていない食事ばかりを提供する社員食堂では、利用者も減り、コストだけが無駄になってしまいます。

例えば男性社員が多い企業に、ヘルシー思考の社員食堂を設置しても、利用者は少ないでしょう。反対に女性が多く、かつ健康意識も高い社員が多いのに、惣菜やガッツリ系のメニューが多い食堂は不評を集めます。

大切なことは「自社の社員の食ニーズを把握しておくこと」です。自社の社員に合った社員食堂を設置するように努めましょう。

社員食堂の導入事例

社員食堂の導入事例を紹介します。今回紹介するのは以下の3つの企業が行っている社員食堂の導入事例です。

  • Yahoo! JAPAN株式会社
  • ソニー株式会社
  • 株式会社スクウェア・エニックス

それでは順に深掘りして紹介していきます。

Yahoo! JAPAN株式会社

誰もが知る日本屈指の大手企業『Yahoo! JAPAN株式会社』でも社員食堂を導入しています。広い社員食堂には、箱で仕切られた個人用スペースである通称『ぼっち席』、調理ができる通称『ロッジキッチン』、さらには無料開放のコワーキングスペース(3Dプリンター、レーザーカッター、電源設備あり)など、食事をする以外の様々な目的に応じた設備が用意されているのが特徴です。

メニューも本格フレンチから、併設カフェには焼き立てパンも並んでいます。さらに1グラムあたり2円で好きなものを食べられる「グラムビュッフェ」では、実に多種類のメニューが並ぶなど、とにかく飽きさせない工夫が満載の社員食堂です。

様々な工夫を凝らし、会社の中とは思えないほどの社員食堂がヤフージャパンの魅力。なかなか真似ができない規模の社員食堂ですが、予算が十分にあるのであれば、似たような形式の食堂を設置することは十分可能です。

ソニー株式会社

ソニー株式会社の社員食堂は、実に1300席という大規模なものです。サッカーコート1面分に匹敵する広さがあり、まさに『世界のソニー』に相応しい社員食堂となっています。

また『ビュッフェコーナー』や『カフェテリア』なども設置されており、まるでフードコートのような出立ちです。大勢の社員を抱えているソニーだからこそ、社員を満足させるための社員食堂にも相当な力を入れています。

株式会社スクウェア・エニックス

『ドラゴンクエスト』や『ファイナルファンタジー』など数々の名作ゲームソフトを開発しているスクウェア・エニックス。ゲームソフトの開発だけでなく、社員食堂にもかなり力を入れています。

全230席を完備しており、ゲームコーナーやマンガコーナーが併設されていて食後にくつろげる工夫がされています。社員食堂を食事をするための場所とするのではなく、「社員がくつろげる環境」としているのが特徴です。

またスクウェア・エニックスの社員食堂は、8:45〜20:30までオープンしています。家で朝食をとれない社員や残業中の社員のことを考えて長時間の設定とされているそうです。

おすすめの社員食堂サービス

おすすめの社員食堂に関連するサービスを紹介します。今回紹介するサービスは、以下の3つです。

  • LEOC
  • メフォス
  • オフィスおかん

それでは順に深掘りして解説していきます。

LEOC(レオック)【株式会社LEOC】

レオっクは、1983年から食事提供のサービスをスタートし、現在は全国2,200ヶ所以上の施設で食事を提供しています。実際に大手企業から中小企業まで多くの企業が導入しているサービスです。

料理の提供に対して特にこだわっており、セントラルキッチンではなく、現地での調理を基本とし、手作りかつできたての料理を提供しています。有名ホテルや外食店出身の料理人も在籍しており、それぞれの専門分野の料理を開発したり調理会で料理を教え合うなど、お客様に満足してもらうための工夫を凝らしているのがレオックの魅力です。

社員に美味しくてこだわりのある食事を提供したい企業におすすめのサービスになります。

メフォス【株式会社メフォス】

メフォスは創業50年以上の実績を誇る給食受託会社です。社員食堂以外にも学校給食や病院食に力を入れています。

献立による栄養管理だけでなく、予防医学と臨床栄養に基づいたノウハウのもと企業の“健康経営”をサポートしているのが特徴です。メニューも旬の新鮮な食材の提供だけでなく、食の安全への配慮、コストカットなども見据えて、企業に合った食堂の運営を心がけています。

健康に配慮した食事提供を心がけているため、食事を通して社員の健康促進を進めたい企業におすすめのサービスです。

オフィスおかん【株式会社OKAN】

管理栄養士が監修した惣菜を一律100円で提供してくれる福利厚生サービスです。従業員の健康管理にも役立つサービスで、食の福利厚生サービスの中ではトップクラスの人気を誇ります。

冷蔵庫を使用した設置型サービスとなっており、従業員の好きなタイミングで健康的な食事を摂ることが可能です。コンビニ飯やカップ麺などと違って栄養バランスが整っている惣菜を食せるので、従業員の健康維持にも役立つでしょう。

省スペースで利用することができるため、オフィスの規模が小さい企業や社員食堂に割くスペースを確保できない企業にも、おすすめのサービスです。

社員食堂を設置してより良い企業経営を

社員食堂を設置することで、食を通じて社員の健康をサポートすることができます。近年では“健康経営”という言葉が生まれるほど、社員の健康を企業がサポートすることが重要視されている時代です。ぜひ社員食堂を設置して、より良い企業経営を目指してください。

“従業員の満足度が高い”福利厚生はパーソナルトレーニングのダイエットパートナーにお任せ

社員の慢性的な運動不足によるモチベーション低下などが近年起こっており、そんな運動不足を初心者でも解消できるパーソナルトレーニングが近年流行しています。

また福利厚生として、法人会員でパーソナルトレーニングジムと契約する企業も増えており、“健康経営”に対する意識向上していることが伺えます。

その中でもパーソナルジム「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ様々な方のお身体をチェックしており、法人会員として福利厚生で導入ができます。御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

まずはどういった活用ができるか資料をダウンロードしてみてください。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。