会社フットサルは実施すべき?効果の真偽と実施の全手順

「会社フットサルは実施すべきなの?」
「会社フットサルの効果を知りたい」
「会社フットサルはどうやって実施するの?」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「会社 フットサル」と検索しても、会社経営の経験がない人が執筆した信憑性に欠ける記事や専門家が執筆した解読が難解な記事しかなく、素人が目にしても理解できない記事が多いです。

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、会社フットサルに関する事項を分かりやすく簡潔に執筆しました。

会社フットサルについて知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、会社フットサルのメリット・デメリットから実施方法まで短時間で学べることをお約束します。

▼▼▼ 読み進める前に:社員の健康増進でパフォーマンスアップ!福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか? ▼▼▼
  • 社員のモチベーションを高めて生産性を上げていきたい…
  • 福利厚生で何を導入すれば満足してもらえるかわからない…
  • 健康経営を実施してメンバーに愛されるホワイト企業を創りたい…

上記でお悩みの方は、福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか?

社員の運動不足解消により、健康増進や気分向上によるモチベーション・生産性アップが期待できる他、会社への満足度が上がり離職率が改善する可能性も高まります。

その中でも「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ、様々な方のお身体をチェックしてまいりました。法人会員として、福利厚生で導入できる他、御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

気になる方は、まず下記より資料請求してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 資料請求する(無料)
※ご相談内容によってはお断りする場合もございます。

会社フットサルは実施すべき?

結論から言うと、会社フットサルを実施すべきかどうかは企業の特性によります。一概に実施すべきか否かを判断することは難しく、社風や従業員の性格に応じて判断することが大切です。

ただし最近では、会社フットサルを実施する企業が増えてきています。その背景には、企業が“健康経営”という観点から、社員にフットサルを通して『健康の維持と向上』に努めてもらう狙いがあるようです。

5vs5で行うフットサルは男女共に参加可能なスポーツで、他のスポーツに比べて実施しやすいという特徴があります。デスクワーク中心の仕事で運動不足に陥りやすい社員でも、フットサルを行うことで、楽しみながら活発に運動を行うことが可能です。

ただし「コストがかかる」「怪我のリスクがある」など、フットサルにはデメリットも存在します。そのため、一概に“全企業が会社フットサルを実施すれば良い”という訳ではないので、注意しましょう。

会社フットサルを実施するメリット

まずは会社フットサルを実施するメリットについて解説していきます。会社フットサルを実施するメリットは以下の5つです。

  • 従業員のヘルスケアになる
  • 社内交流が活発になる
  • リフレッシュできる
  • 女性も参加できる
  • 取引先との交流になる

順に深掘りして解説していきます。

従業員のヘルスケアになる

会社フットサルを実施することで、従業員のヘルスケアをすることができます。近年では“健康経営”という言葉が生まれるほど、企業が従業員の健康をサポートすることが重要視されている時代です。

フットサルを社内で行うことで、競技を通し楽しみながら体を動かすことが可能です。特にデスクワークが多くなりがちな職場だと、運動の頻度・機会は必然的に減ってしまいます。

会社フットサルを通して運動不足を解消し、健康維持・向上が可能です。健康が維持できれば、仕事の生産性もアップし、企業の売上貢献にも繋がるでしょう。

社内交流が活発になる

社内フットサルを実施する最大のメリットは「社内交流を活発化させることができる」ことです。普段関わりのない部署の人とコミュニケーションを取ったり、面接でしか話したことのない会社幹部や社長と接する機会にもなります。

普段関わりのない人とフットサルを通じて交流しコミュニケーションを取ることで、会社の課題解決や部署連携に繋がる可能性が高いです。そのため大手企業で、従業員数が多く部署が細かく別れている企業は、積極的に社内フットサルを福利厚生の一部として取り入れている傾向にあります。

リフレッシュになる

社内フットサルを会社のイベントや部活動として導入することで、従業員のリフレッシュになる可能性も高いです。スポーツを通して運動をすることは、ストレス解消になります。また普段は上司と話す機会が少ない人でも、フットサルを通して会話ができる機会にもなるでしょう。

普段言えなかった悩みを吐露してくれる機会になるかもしれません。またフットサルはチームスポーツです。チームで協力し合うことで、社員同士の一体感も生まれるでしょう。どんな職場にも人間関係の悩みは付き物ですが、会社フットサルを通して解消されるケースもあります。

女性も参加できる

会社フットサルのメリットは、女性も参加できること。5vs5で行うフットサルは、男女両方が参加可能な競技です。もちろん男女で競技力の差はありますが、『男性3・女性2』でチームを編成すれば、競技力の差はカバーできます。

また中には、『女性フットサル部』を設置する企業も多いです。女性社員同士の親睦を深めることで、社内コミュニケーションも活発になり、仕事にもプラスの影響を与えるでしょう。

男性だけでなく、女性も参加できることが会社フットサルのメリットです。女性社員が多い企業でも問題なく会社フットサルを実施することができます。

取引先との交流になる

会社フットサルを実施することで、取引先との交流の機会になることもあります。取引先の企業が、会社フットサル部を設置していた場合、自社のフットサル部と交流試合や合同練習を行うことも可能です。

近年企業の多くが、フットサルを実施しています。取引先もフットサルを実施していれば、よいコミュニケーションの材料となり、仕事の面においてもプラスに働くでしょう。

会社フットサルを実施するデメリット

会社フットサルを実施するデメリットについて解説していきます。会社フットサルを実施するデメリットは以下の3つです。

  • コストがかかる
  • 怪我のリスクがある
  • 運動が苦手な人には不向き

順に深掘りしていきます。

コストがかかる

会社フットサルを実施するためには、必ずコストがかかります。どのくらいのコストがかかるのかは実施方法によりますが、無料で行うのは不可能です。

特に従業員が多い会社や参加人数が多くなることが予想される場合は、あらかじめ費用の算出を行っておくことが必須です。社員を喜ばせたいあまり多額のコストをかけてしまうと、経営自体に悪影響を及ぼす可能性もあります。

経営に悪影響が出ない範囲で予算を組み、あらかじめ開催にかかるコストを計算してから実施しましょう。

怪我のリスクがある

会社フットサルでは、怪我人が出る可能性もあります。普段からスポーツを行っている体育会系企業ならばリスクは低いでしょうが、デスクワークなどで体が鈍っている従業員に対し、いきなりフットサルを実施させると思わぬ怪我を招く可能性が高いです。

怪我を防ぐためには、少なくとも数名のフットサル経験者もしくはスポーツ経験者がフットサルに参加するようにしましょう。経験者が引率し、正しく準備運動を行ったうえで怪我をしない範囲でフットサル競技に臨むことが大切です。

運動が苦手な人には不向き

会社フットサルは、運動が苦手な人には不向きです。運動が苦手な人がいきなり会社フットサルに参加してしまうと、上手く競技が出来ないばかりか、最悪の場合には怪我をしてしまうリスクもあります。

フットサルはサッカーに比べるとコートも狭く、比較的初心者でも取り組める競技です。しかしドリブルやシュートは未経験者にはハードルが高く、上手くできない人もいるでしょう。

経験者を必ずフットサルに参加させ、運動が苦手な人や未経験者には、指導が十分にできる体制を作っておくことが大切です。

会社フットサルを実施する際のポイント

会社フットサルを実施する際のポイントについて詳しく解説していきます。会社フットサルを実施し、かつ成功させるためのポイントは以下の3つです。

  • 会社が出せる予算を明確にしておく
  • 万が一の怪我に備える
  • 自由参加形式にする

それでは順に解説していきます。

会社が出せる予算を明確にしておく

まずは会社側がフットサルに出せる予算を明確にしておくことが大切です。予算の設定は、フットサルの実施方法や規模によって変わります。あらかじめ会社側が出せる予算を明確にしておくことで、よりスムーズに会社フットサルを実施できるでしょう。

またどうしても出せる予算が少なく、会社予算だけではコストが賄えない場合は、従業員にコストの一部を負担してもらう必要があります。

万が一の怪我に備えておく

万が一の怪我に備えておくことも、会社フットサルを実施する場合に大切なポイントです。会社フットサルを行う以上、必ず怪我のリスクがついて回ります。

また会社フットサルは就業後や休日に行うことになるので、怪我をした場合には労災として認定されないので注意が必要です。万が一怪我をしても、治療費は従業員が全額負担することになります。

フットサルに参加する従業員には、怪我をした場合の治療費についての負担もしっかり周知しておきましょう。

自由参加形式にしておく

会社フットサルを実施する場合は、必ず『自由参加形式』にしておくことが大切です。自由参加形式とは、その名の通り、社員が自ら参加する形式のこと。強制参加ではなく、あくまで社員自らが率先して、参加することを意味します。

自由参加形式にすることで、参加意欲の低い社員が参加することがなくなります。また運動やコミュニケーションが苦手な人は参加しなくて良いので、余計なストレスもなくなるでしょう。

あくまで『フットサルをしたい人のみが参加する体制』を作ることが大切です。

会社フットサルを導入する手順

会社フットサルを導入する手順について解説していきます。会社でフットサルを導入する方法は『部活動として実施する』もしくは『イベントとして実施する』の2つです。それぞれの導入手順についてお話しします。

部活動として実施する場合

部活動として会社フットサルを導入する手順は以下の通りです。

  1. 代表・副代表を選出
  2. 各種規定の作成
  3. 活動頻度を設定
  4. 部費の支給額を決定
  5. 保険加入の意味

特に『各種規定の作成』と『保険加入の有無』は、部活動として会社フットサルを行いたい場合は必須要項ですので、忘れず行いましょう。

また下記の記事では会社内に部活動を設置する導入手順について詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

会社に部活を設置するメリット効果と導入の全手順

イベントとして実施する場合

イベントとして会社フットサルを導入する手順は以下の通りです。

  • 社員の参加意欲と参加人数の確認
  • 競技の選定とイベント内容
  • 開催日の決定
  • 会場の確保と設営
  • 当日の進行方法

自社のイベントで会社フットサルを開催する場合、従業員の労力を要します。実行委員などを設置し、予定通りにイベントを開催するための段取りを確実に進めましょう。

また下記の記事では会社内でスポーツイベントを実施する導入手順について詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

社内スポーツイベントはいらない?メリットデメリットと導入の全手順

会社フットサルを通してより良い企業経営を

会社フットサルを実施することで、様々なメリットを得ることができます。会社フットサルは従業員の運動不足を解消し健康維持・向上にも繋げることが可能です。企業の“健康経営”にも繋がるでしょう。しかしデメリットも存在し、会社フットサルを実施すべきかは従業員の性格や企業規模を考慮することが大切です。会社フットサルの実施を検討して、ぜひより良い企業経営を目指してください。

“従業員の満足度が高い”福利厚生はパーソナルトレーニングのダイエットパートナーにお任せ

社員の慢性的な運動不足によるモチベーション低下などが近年起こっており、そんな運動不足を初心者でも解消できるパーソナルトレーニングが近年流行しています。

また福利厚生として、法人会員でパーソナルトレーニングジムと契約する企業も増えており、“健康経営”に対する意識向上していることが伺えます。

その中でもパーソナルジム「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ様々な方のお身体をチェックしており、法人会員として福利厚生で導入ができます。御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

まずはどういった活用ができるか資料をダウンロードしてみてください。

ジム運営者必見!おすすめ提携サービス一覧

株式会社FiiTは、業界最大級のジム検索サイト「FitMap」による集客支援はもちろん、WEBマーケティングのコンサルティングからパーソナルジム開業・マシン販売など多岐にわたりご支援しております。

弊社が提携しているパートナー企業様を一覧にしました。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただいた後、資料の送付及び担当よりご連絡させていただきます。

InBody

「InBody」はパーソナルジムでの導入率が非常に高く、細かい数値まで見れるためとても人気な体組成計。フィットネス業界ではInBodyの数値が標準として計測されるケースもあるほどジムやパーソナルジムで重要な機材です。

当サイトを運営する株式会社FiiTはInBody公式代理店のため、通常価格よりお安く卸すことが可能です。見るだけなら無料ですので、詳しくは下記のカタログ資料請求(無料)にてご確認ください。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

STORES予約

STORES予約は、顧客管理はもちろん、Googleカレンダーと相互連携して予約管理を実施・効率化できるパーソナルジム顧客管理システムです。

予約以外にも、決済の難しい月謝を簡単に設定できる決済機能や、来店率・申込率向上が期待できるカレンダー予約や予約リマインドなどのマーケティング機能なども搭載。

他のシステムと比較しても月額料金が安く使いやすい上、最初は無料お試しで始めることができるため、パーソナルジムに非常に人気の高い顧客管理システムです。

料金や詳細の機能は資料に記載しています。見るだけなら無料で損することはないため、下記よりお気軽に資料ダウンロードしてみてください。無料で始めるためのリンクもご案内しております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム業務効率化システム「トレマワン」

「トレマワン」はユーザーへの食事管理とトレーナー業務をデジタル化した業務効率化アプリです。
WEB管理システムとトレーナー用/ユーザー用の2つのアプリを用いて、パーソナルジム運営に関わる多くの複雑な業務をデジタル化するだけでなく、トレーナーの顧客対応を専用アプリのみでも実施できるようにします。
また、アプリを用いた食事アドバイスのみの有料サービス化なども可能としており、ジムの売上向上にも繋がります。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルトレーナー特化の求人サイト「FITNESS SALON」

「FITNESS SALON」はパーソナルトレーナーやジムインストラクターの求人に特化した求人サイトです。未経験歓迎の求人やNSCAやJATI、 NESTAなど 資格保有者を優遇している求人まで積極採用企業が多数掲載しています。
他社求人サイト掲載に加え、約8000人ほどのトレーナーにアプローチを可能としています。
また初回掲載企業様限定でトライアルプランを適応させて頂いております。

詳細の資料請求・料金確認はこちら

パーソナルジム特化の不動産・物件探し「パーソナルジム不動産」

「パーソナルジム不動産」は東京都内のパーソナルジム特化の不動産紹介・物件探しサービスです。
ご希望のエリアや予算内の物件探しはもちろん、集客を加味した立地調査など合わせて提供いたします。

物件探し依頼はこちら!

年収1000万円も夢じゃない!?
稼ぎたいトレーナーのための「パーソナルトレーナーの年収UPガイド」

トレーナーとして稼ぎたいとは思っているけれど、何をすればいいか迷っていませんか?

本年収UPガイドはパーソナルジムを16店舗運営する株式会社FiiTが「トレーナーが年収1000万円を達成する方法」をまとめたものになります。年収を上げたいトレーナー様は、是非ご活用ください。

株式会社FiiTの求人一覧

法人営業

営業インターン募集・求人【同期と差をつける】

■勤務地:東京都
■採用形態:長期インターン

法人営業

セールスマネージャー求人(ヘルスケア業界)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CFO

CFO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

CTO

CTO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

COO

COO・幹部候補求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

店舗開発・施設管理

パーソナルジムマネージャー・店舗開発求人

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

新卒採用・新人研修

台東区の人事求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:中途正社員採用

将来の設計
マーケティング

新卒マーケティング求人(ヘルスケア)

■勤務地:東京都
■採用形態:新卒正社員採用