出張オフィスヨガとは?効果の真偽とデメリット・おすすめインストラクター情報も

「出張オフィスヨガって何なの?」
「出張オフィスヨガのメリットとデメリットを知りたい!」
「出張オフィスヨガでおすすめのサービスはどこ?」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「出張オフィスヨガ」と検索しても、会社経営の経験がない人が執筆した信憑性に欠ける記事や企業が作成したPR記事しかなく、これらの情報を鵜呑みにするのはやや危険です。

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、出張オフィスヨガについて分かりやすく簡潔に執筆しました。

出張オフィスヨガについて知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、出張オフィスヨガのメリットとデメリット、おすすめの出張オフィスヨガサービスについて短時間で学べることをお約束します。

▼▼▼ 読み進める前に:社員の健康増進でパフォーマンスアップ!福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか? ▼▼▼
  • 社員のモチベーションを高めて、生産性を上げていきたい…
  • 福利厚生で何を導入すれば満足してもらえるかわからない…
  • 健康経営を実施してメンバーに愛されるホワイト企業を創りたい…

上記でお悩みの方は、福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか?

社員の運動不足解消により、健康増進や気分向上によるモチベーション・生産性アップが期待できる他、会社への満足度が上がり離職率が改善する可能性も高まります。

その中でも「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ、様々な方のお身体をチェックしてまいりました。法人会員として、福利厚生で導入できる他、御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

気になる方は、まず下記より資料請求してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 資料請求する(無料)
※ご相談内容によってはお断りする場合もございます。

出張オフィスヨガとは?

出張オフィスヨガとは、その名の通りオフィスで行う『ヨガ』のことです。プロのヨガインストラクターが企業に出向き、会議室やオープンスペース、食堂などを使ってヨガレッスンを実施するサービスになります。

近年では“健康経営”という言葉が生まれるほど、社員の健康に関するサポートが企業経営においても重要視されている時代です。出張オフィスヨガを複利厚生サービスとして導入することで、ヨガを通して従業員の健康を維持・向上することに繋がります。

実際に多くの企業が出張オフィスヨガの複利厚生サービスを導入しているようです。『NTT』や『東京ヒルトン』などの大手企業から中小企業までが導入しており、従業員の健康維持・向上に取り組んでいます。

出張オフィスヨガのメリット

まずは、出張オフィスヨガを複利厚生サービスとして導入するメリットについて解説していきます。出張オフィスヨガのメリットは以下の5つです。

  • 従業員のヘルスケアができる
  • 仕事の生産性が高まる
  • 企業のイメージアップに繋がる
  • 社内コミュニケーションのきっかけになる
  • 従業員の健康に関するリテラシーが高まる

それでは順に深堀して解説していきます。

従業員のヘルスケアができる

出張オフィスヨガの複利厚生サービスを導入することで、従業員のヘルスケアをすることができます。近年では“健康経営”という言葉が生まれるほど、企業が従業員の健康をサポートすることが重要視されている時代です。

ヨガの歴史は古く、約4500年前から人々の健康をサポートしてきました。現代でもヨガの人気は衰えず、ヨガインストラクターとして活躍している人も多くいます。日本でも非常に人気があるエクササイズであり、『姿勢改善・血圧促進・美容』など様々な効果を得ることが可能です。

出張オフィスヨガを導入することで、自社の従業員にこうしたヨガの効果を得てもらうことができます。従業員のヘルスケアに繋がり、企業の“健康経営”にも大きく貢献できるサービスです。

仕事の生産性が高まる

出張オフィスヨガを複利厚生サービスとして導入することで、仕事の生産性が高まる可能性があります。健康であることは、仕事のパフォーマンスにも大きく影響する要素です。ヨガを通して従業員の健康を維持・向上させることで、仕事の生産性が高まり、売上にも良い影響をもたらします。

またヨガには「集中力を向上させる」という効果もあるようです。ヨガをすることで、マインドフルネスという状態を感じることができます。マインドフルネスとは「今この瞬間に注意を向け、評価をせずただ観る」という精神状態です。ヨガを通してマインドフルネスの習慣が身に付けば、仕事中の集中力を向上させることにも繋がります。集中力が高まることで、仕事の生産性も高まることでしょう。

企業のイメージアップに繋がる

出張オフィスヨガを複利厚生サービスとして導入することは、企業のイメージアップに繋がる可能性もあります。特に就職者からの企業イメージアップに有効です。現在、就職者のリテラシーも高まっており、企業研究をする際には給与や仕事内容はもちろん、複利厚生にも目を目を向ける就職者が多くなっています。

出張オフィスヨガを複利厚生として導入している企業は、就職者から「従業員を大切にしている企業」「従業員の健康まで気を遣っている企業」というプラスのイメージを抱いてもらうことが可能です。企業イメージのアップに繋がり、就職者からも好印象を抱くでしょう。

社内コミュニケーションのきっかけになる

出張オフィスヨガを導入することで、社内コミュニケーションのきっかけにもなります。企業でよくある問題として、「デスクワークばかりでコミュニケーションを取る機会が少ない」ということがあります。オンラインの発達により仕事の効率は向上した一方で、人間関係を築くための機会や場所が減ってしまっているのです。

複数人の従業員が集まる出張オフィスヨガは、従業員同士がコミュニケーションを取るためのコミュニティーとなるでしょう。また『ヨガ』という共通の話題があるため、会話も弾みます。出張オフィスヨガは、社内コミュニケーションのきっかけとなる複利厚生サービスです。

従業員の健康に関するリテラシーが高まる

出張オフィスヨガを複利厚生サービスとして導入することで、従業員の健康に関するリテラシーが高まることが期待できます。『ヨガ』は心身の健康を保つためのエクササイズの一種です。ヨガをすることによって、心の安らぎはもちろん、姿勢改善や血流促進など健康に対してのメリットを得ることができます。

ヨガを通して自身の健康に目を向けることによって、普段から健康を意識した生活を送れるようになるでしょう。従業員の健康のために企業ができることは限られています。パーソナルトレーナーのように普段の食事や運動までを企業が管理することは不可能です。出張オフィスヨガを取り入れることによって、従業員の健康リテラシーが高まり、自らの健康を大切にする社員となっていくでしょう。

出張オフィスヨガのデメリット

出張オフィスヨガを福利厚生サービスとして導入することのデメリットについて解説していきます。どんなに優れた福利厚生サービスでも、必ずデメリットは存在するものです。デメリットも考慮したうえで、出張オフィスヨガの福利厚生を導入するかを検討しましょう。

出張オフィスヨガのデメリットは以下の3つです。

  • コストがかかる
  • 無理して参加する従業員が生まれることも
  • 熱中しすぎると仕事に悪影響を及ぼす

それでは順に深堀して解説していきます。

コストがかかる

出張オフィスヨガの複利厚生サービスを導入することで、必ずコストが発生します。サービスにもよりますが、出張オフィスヨガの料金は1回あたり4万円〜6万円が相場です。画面越しで行うオンラインヨガの場合は、2万円〜6万円となります。毎週出張オフィスヨガを利用するとなると、16万円〜24万円。年間で換算すると192万円〜288万円です。

出張オフィスヨガは、かかるコストが安い複利厚生サービスではありません。得られるメリットも多い分、かかるコストも大きくなります。もし導入を前向きに検討するのであれば、月に1回〜2回のペースで利用してみましょう。まずは低頻度で初めてみて、従業員の参加率や評判をヒアリングした後に、再度利用方法を見直すのがおすすめです。

無理して参加する従業員が生まれることも

必ずしも従業員全員が高い意欲を持って出張オフィスヨガに参加するとは限りません。中には「仲の良い同期や先輩が参加するから…」という理由で、無理して参加する従業員も居るかもしれません。良かれと思って導入した複利厚生サービスが、一部の従業員には負担になる可能性もあるのです。

これを防ぐためには、従業員に対して出張オフィスヨガへの参加を無理強いしないことが必須です。あくまで『希望者』のみ参加する仕組みを作りましょう。そうすることで、出張オフィスヨガのメリットも大きくなり、経営においてもプラスに働きます。もし可能であれば、出張オフィスヨガのサービスを導入する前に、従業員の参加意欲を確認しておくのもおすすめです。

熱中しすぎると仕事に悪影響を及ぼす

ヨガは心身の健康を保つものであり、得られるメリットも多いエクササイズです。一方で従業員があまりにも『ヨガ』に熱中し、のめり込む可能性もあります。熱中度が過ぎると、どんなに良いエクササイズも仕事に悪影響をもたらしかねません。ヨガの情報収集にかける時間やイベントに参加する頻度が高くなり、仕事への集中力が削がれてしまうのです。

もちろん適度に取り組むことであったり、趣味の範囲で熱中するのであれば、全く問題ありません。むしろヨガが日常の趣味になれば健康維持にも役立つので、仕事にもプラスの影響を及ぼすでしょう。従業員が熱中し過ぎることを防ぐために、まずは月1回〜2回の頻度で出張オフィスヨガを利用するのがおすすめ。頻度を調整することで、従業員がのめり込み過ぎるのを防ぐことができます。

おすすめの出張オフィスヨガサービス

おすすめの出張オフィスヨガサービスをご紹介します。現在ヨガブームにより、様々な企業が出張オフィスヨガのサービスを実施しているのが現状です。そこで、ここでは3つのサービスに絞って詳細を解説していきます。

LAVA 法人サービス

料金70,000円〜

※講師の交通費は別料金です

日本最大級のヨガスタジオ『LAVA』の法人サービスです。LAVAは法人を対象として出張オフィスヨガサービスも運営しています。プロのインストラクターが企業に出向き、本格的なヨガレッスンを実施してくれるサービスです。大手企業という安心感があり、講師のレベルが高いのも魅力になります。

また出張ヨガレッスン以外にも『オンラインヨガ・腰痛対策レッスン』なども実施しています。大手企業ということもあり、様々な相談に丁寧に対応してくれるのでおすすめです。

Yogamatch

サービス利用料無料
レッスン料インストラクターによる

※インストラクターより別途レッスン料を請求

Yogamatchは従来の派遣型ヨガサービスとは違い、企業側がインストラクターを指名して出張依頼をするサービスです。サービス利用料は無料で、インストラクターよりレッスン料の見積りが提出されます。Yogamatchには様々な個性溢れるヨガインストラクターが登録されており、求めるレッスンの内容に応じて企業側がインストラクターを指名することが可能です。『ヒルトン東京』などの企業も利用する人気の出張オフィスヨガサービスになります。

YUKIYOGA

プログラム料金80,000円〜100,000円

YUKIYOGAは個人へのヨガレッスンも実施するヨガスタジオです。企業への出張オフィスヨガサービスにも力を入れています。また『Activity Growth method』と呼ばれる“健康経営”のサポートも行なっているのも特徴です。「健康管理・職場環境改善・女性のワークライフバランス」などに特化したコンサルティングも行なってくれます。

出張オフィスヨガでより良い企業経営を

出張オフィスヨガの複利厚生サービスを導入することで、様々なメリットを得ることができます。近年では“健康経営”という言葉が生まれるほど、社員の健康を企業がサポートすることが重要視されている時代です。また出張オフィスヨガ以外にも、『パーソナルジムの法人会員サービス』など様々な健康福利厚生サービスが注目を集めています。自社にあった福利厚生サービスを導入して、ぜひより良い企業経営を目指してください。

“従業員の満足度が高い”福利厚生はパーソナルトレーニングのダイエットパートナーにお任せ

社員の慢性的な運動不足によるモチベーション低下などが近年起こっており、そんな運動不足を初心者でも解消できるパーソナルトレーニングが近年流行しています。

また福利厚生として、法人会員でパーソナルトレーニングジムと契約する企業も増えており、“健康経営”に対する意識向上していることが伺えます。

その中でもパーソナルジム「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ様々な方のお身体をチェックしており、法人会員として福利厚生で導入ができます。御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

まずはどういった活用ができるか資料をダウンロードしてみてください。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。