ホリデイスポーツクラブの法人会員になるには?料金や詳細情報を徹底解説

「ホリデイスポーツクラブの法人会員になるにはどうしたらいいの?」
「ホリデイスポーツクラブの法人会員になるメリットとデメリットを知りたい」
「ホリデイスポーツクラブ法人会員の詳細を知りたい」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「ホリデイスポーツクラブ 法人会員」と検索しても、福利厚生サービスの導入経験がない人が執筆した信憑性に欠ける記事や専門家が執筆した解読が難解な記事しかなく、素人が目にしても理解できない記事が多いです。

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、ホリデイスポーツクラブの法人会員に関して分かりやすく簡潔に執筆しました。

ホリデイスポーツクラブの法人会員について知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、ホリデイスポーツクラブの法人会員になるための方法とメリット・デメリットを短時間で学べることをお約束します。

▼▼▼ 読み進める前に:社員の健康増進でパフォーマンスアップ!福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか? ▼▼▼
  • 社員のモチベーションを高めて、生産性を上げていきたい…
  • 福利厚生で何を導入すれば満足してもらえるかわからない…
  • 健康経営を実施してメンバーに愛されるホワイト企業を創りたい…

上記でお悩みの方は、福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか?

社員の運動不足解消により、健康増進や気分向上によるモチベーション・生産性アップが期待できる他、会社への満足度が上がり離職率が改善する可能性も高まります。

その中でも「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ、様々な方のお身体をチェックしてまいりました。法人会員として、福利厚生で導入できる他、御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

気になる方は、まず下記より資料請求してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 資料請求する(無料)
※ご相談内容によってはお断りする場合もございます。

ホリデイスポーツクラブの法人会員とは?

ホリデイスポーツクラブは『株式会社東祥』が運営するフィットネスクラブです。関東・関西を中心に全国100店舗以上を展開している大型フィットネスクラブになります。

ホリデイスポーツクラブの法人会員とは、企業がホリデイスポーツクラブに法人登録を行い、自社の従業員が法人会員価格で施設利用できる福利厚生サービスです。

近年では“健康経営”という言葉が生まれるほど、社員の健康に関するサポートが企業経営においても重要視されています。「ホリデイスポーツクラブと直契約をする」もしくは「対象の福利厚生代行会社と契約する」ことで、通常の会費よりもお得にホリデイスポーツクラブを利用してもらうことで、社員が自ら健康の維持・向上に取り組む文化を作ることが可能です。

規模自体はコナミスポーツやティップネスと比べると小さいですが、法人会員として特別価格で利用できることや、出張サービスを行っていることもあり、複数の企業がホリデイスポーツクラブとの法人契約を結んでいるようです。

ホリデイスポーツクラブの法人会員になるメリット

ホリデイスポーツクラブの法人会員になるメリットを解説していきます。ホリデイスポーツクラブの法人会員になる主なメリットは以下の5つです。

  • 従業員のヘルスケアができる
  • 2つのプランから選べる
  • パーソナルトレーニングが受けられる
  • プログラムが豊富
  • 施設設備が充実している

順に深掘りして解説していきます。

従業員のヘルスケアができる

ホリデイスポーツクラブの法人会員となることで、従業員のヘルスケアをすることができます。近年では“健康経営”という言葉が生まれるほど、企業が従業員の健康をサポートすることが重要視されている時代です。

ホリデイスポーツクラブの法人会員になることで、24時間充実した施設でいつでもフィットネスを楽しむことが可能です。特にデスクワークが多くなりがちな職場だと、運動の頻度・機会は必然的に減ってしまいます。

ホリデイスポーツクラブの利用を通して運動不足を解消し、健康維持・向上が可能です。健康が維持できれば、仕事の生産性もアップし、企業の売上貢献にも繋がるでしょう。

2つのプランから選べる

ホリデイスポーツクラブでは『チケット制』と『会員証制』という2つのプランのうち、一方を選択することが可能です。

チケット方式とは、その名の通り法人契約をした企業が、ホリデイスポーツクラブの利用チケットを購入してジムを都度利用するプランです。1度に10枚の購入が可能で、企業が従業員に対してチケットを配布してホリデイスポーツクラブを利用します。従業員数が多い企業におすすめです。

会員証制は、企業に会員証を1枚発行し、ホリデイスポーツクラブを利用するプランです。チケット方式と違って、チケットを配布する手間がありません。ただし発行できる会員証は1枚のみなので、従業員数が少ない企業におすすめのプランになります。

自社の規模や要望に合わせてプランを選択できるが、ホリデイスポーツクラブの法人会員のメリットです。

パーソナルトレーニングが受けられる

ホリデイスポーツクラブでは、パーソナルトレーニングを受講することも可能です。ホリデイスポーツクラブは『ジム初心者』を対象としたフィットネスクラブで、全くのジム未経験者にも正しいフィットネスを提供しています。

一からプロのトレーナーがボディメイクに関して専門的で分かりやすい指導をしてくれます。トレーニング未経験の人でも効率良くボディメイクを成功させることができるでしょう。

またパーソナルトレーニングは『水泳・ヨガ・整体』など様々なカテゴリーから選択することが可能です。要望に合わせてパーソナルトレーニングを受けられます。

プログラムが豊富

ホリデイスポーツクラブは、豊富なプログラムが魅力です。ホリデイスポーツクラブのプログラムは、以下の通りです。

  • ヨガ
  • 体操
  •  エアロビクス
  • キックボクシング
  • 骨盤ケア
  • プールエクササイズ

このほかにも様々なプログラムがあり、好みに合わせてレッスンを受講することができます。スタジオレッスンの定番であるエアロビクスから、ダイエットに効果的なキックボクシングまで受講可能です。

マシンでのトレーニングが苦手な人でも、プログラムを受講して楽しくボディメイクをすることができるでしょう。

施設設備が充実している

ホリデイスポーツクラブは、施設設備が充実していることも大きな魅力です。ホリデイスポーツクラブの設備には、以下のようなものがあります。

  • プール
  • 温泉
  • パウダールーム
  • サウナ

24時間ジムにはない設備が完備されており、トレーニング後はゆっくりと過ごすことができます。仕事とトレーニングで疲労した体をゆっくりと休めることができるでしょう。

またホリデイスポーツクラブの中には、露天風呂を完備している店舗もあります。契約を検討している店舗の設備は、前もって確認しておきましょう。

ホリデイスポーツクラブの法人会員になるデメリット

ホリデイスポーツクラブの法人会員になるデメリットを解説していきます。ホリデイスポーツクラブの法人会員のデメリットは以下の3つです。

  • 店舗数がやや少ない
  • 混雑する時間帯がある
  • 24時間営業ではない

順に深掘りして解説していきます。

店舗数がやや少ない

やや店舗数が少ないことがデメリットです。ホリデイスポーツクラブは、全国に100店舗以上を展開していますが、コナミスポーツクラブやエニタイムフィットネスと比べると、やや店舗数が少なめ。登録店舗以外の施設を利用するのは難しいかもしれません。店舗数が少ないため出張先での利用なども難しいです。

ただしホリデイスポーツクラブは、駅前に店舗を構えています。そのため職場の近くにホリデイスポーツクラブがある企業は、従業員も便利に通えるでしょう。

混雑する時間帯がある

時間帯によっては、かなり混雑する場合もあります。特に平日の18時〜20時、土日の14時〜18時はフィットネスクラブの『ピークタイム』と言われ、かなり混雑する時間帯です。コロナ禍による密集エリアへの立入を禁止している企業は注意が必要になります。

ただし『ベネフィット・ステーション』や『福利厚生倶楽部』などに既に加入している場合は、コナミスポーツクラブやティップネスなどが運営している24時間ジムを法人価格で利用することができます。

24時間営業ではない

ホリデイスポーツクラブは24時間営業ではありません。そのため早朝や深夜に通いたくても、施設を利用することは不可能です。仕事の関係上、早朝や深夜にしかジムに行けない人は、通うのが難しいでしょう。一般的な企業ならば問題ありませんが、夜勤などで働く企業の従業員にはあまり適していません。

ただし平日は23時まで営業している店舗がほとんどです。職場の近くにホリデイスポーツクラブがある企業なら、十分に通うことができます。自社の従業員が通う店舗の営業時間を調べて利用可能なら、法人契約をしても問題ないでしょう。

ホリデイスポーツクラブの法人利用料金

会員種別入会金月会費
法人会員10,500円(一口あたり)10,500円

※料金は税込表記

ホリデイスポーツクラブは、1口ごとに契約をすることが可能です。利用する従業員の数に応じて料金が変わるので、会社の規模に合わせてコストを調整できます。

また『会員証制』または『チケット制』のいずれかを選択可能です。会員証は企業に1枚発行され、使い回す形になります。従業員数が少ない企業におすすめです。またチケット制はチケットが10枚発行され、1回利用ごとに1枚消費します。従業員数が多い大企業などにおすすめのプランです。

ホリデイスポーツクラブの法人会員になる方法

ホリデイスポーツクラブの法人会員になるための手順は以下の通りです。

  1. ホリデイスポーツクラブへ問い合わせ
  2. 見積もり確認後、申し込み
  3. 企業審査
  4. 契約締結
  5. 利用開始

まずはホリデイスポーツクラブへ問い合わせをしましょう。その後、申し込みを行った後に企業審査が行われます。企業審査が通れば契約締結をし、ホリデイスポーツクラブを利用することが可能です。

またホリデイスポーツクラブはプランによって、料金・契約内容は異なります。法人担当者と契約内容をよく相談して利用を開始しましょう。

ホリデイスポーツクラブの法人会員サービスを利用してより良い企業経営を

ホリデイスポーツクラブの法人会員サービスを利用することで、社員のヘルスケアをサポートしましょう。近年では“健康経営”という言葉が生まれるほど、社員の健康を企業がサポートすることが重要視されている時代です。社員の健康を維持・向上させることで、仕事の生産性もアップし、企業経営においてもプラスに働くでしょう。またホリデイスポーツクラブの法人会員サービス以外にも『パーソナルジム法人会員制度』などの福利厚生サービスも実施されており、多くの企業が利用しています。ぜひ今回の記事を参考に、福利厚生サービスを実施し、より良い経営に繋げていただけると幸いです。

“従業員の満足度が高い”福利厚生はパーソナルトレーニングのダイエットパートナーにお任せ

社員の慢性的な運動不足によるモチベーション低下などが近年起こっており、そんな運動不足を初心者でも解消できるパーソナルトレーニングが近年流行しています。

また福利厚生として、法人会員でパーソナルトレーニングジムと契約する企業も増えており、“健康経営”に対する意識向上していることが伺えます。

その中でもパーソナルジム「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ様々な方のお身体をチェックしており、法人会員として福利厚生で導入ができます。御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

まずはどういった活用ができるか資料をダウンロードしてみてください。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。