ユニークな福利厚生おすすめサービス人気ランキング

「福利厚生を外部に依頼したいけどどんなサービスがいいの?」
「ユニークな福利厚生サービスを導入したい」
「自社に合った福利厚生サービスを知りたい」

上記でお悩みではありませんか?

実際に現状「福利厚生サービス ユニーク おすすめ」と検索しても、福利厚生サービスの導入経験がない人が執筆した信憑性に欠ける記事や専門家が執筆した解読が難解な記事しかなく、素人が目にしても理解できない記事が多いです。

パーソナルジムの実店舗ダイエットパートナー」の運営も行い、数々の健康改善のお手伝いをしている株式会社FiiTが、ユニークな福利厚生サービスに関して分かりやすく簡潔に執筆しました。

福利厚生サービスについて知りたい人は、この記事を全て読み込むことで、自社に合ったユニークな福利厚生サービスを見つけられることをお約束します。

▼▼▼ 読み進める前に:社員の健康増進でパフォーマンスアップ!福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか? ▼▼▼
  • 社員のモチベーションを高めて、生産性を上げていきたい…
  • 福利厚生で何を導入すれば満足してもらえるかわからない…
  • 健康経営を実施してメンバーに愛されるホワイト企業を創りたい…

上記でお悩みの方は、福利厚生でパーソナルトレーニングを導入しませんか?

社員の運動不足解消により、健康増進や気分向上によるモチベーション・生産性アップが期待できる他、会社への満足度が上がり離職率が改善する可能性も高まります。

その中でも「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ、様々な方のお身体をチェックしてまいりました。法人会員として、福利厚生で導入できる他、御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

気になる方は、まず下記より資料請求してみてはいかがでしょうか。

▶︎ 資料請求する(無料)
※ご相談内容によってはお断りする場合もございます。

福利厚生とは?目的と対象者について

ユニークな福利厚生を紹介する前に、福利厚生の目的と対象者について詳しく解説していきます。しっかりと基礎的な知識を身につけたうえで、どんな福利厚生サービスを導入するかを選択することが大切です。

まず『福利厚生』とは給料や賞与といった賃金の支払いに加えて、会社側が従業員とその家族に提供する報酬を指しています。近年では福利厚生の重要性が高まっており、給与と同じく就職希望者が志望する際に会社側を評価する指標の一つです。

従業員向けの一般的な福利厚生として『雇用保険』や『労災保険』がありますが、最近ではこの他にもPC貸出やフィットネスクラブへの法人会員権など、様々な福利厚生が増えてきています。会社によって福利厚生の導入事例は様々で、ユニークな福利厚生を導入している企業も多いです。

福利厚生の目的について

福利厚生の目的は様々ですが、近年会社側が福利厚生を導入する最大の目的は「福利厚生を導入することで、従業員の満足度を高め、安心して働いてもらう環境を作る」ことです。

高度経済成長機とそれに続くバブル経済期の日本では、どの会社員も新卒で入社した会社に定年まで勤続する『終身雇用』が一般的でした。

しかし近年の日本経済の長期低迷により、終身雇用の概念は崩れつつあるのが現状です。新卒で入社した会社に定年まで勤め続ける人はごく一部になり、転職は最早珍しいことではなくなりました。また会社の経営が傾き、やむなく退職に追い込まれる人も多いです。さらに近年では『働き方改革』の考えも浸透し、会社員の在り方自体が一昔前から大きく変わりつつあります。

こうした影響により、会社員は『安定して働ける企業』そして『働きやすい会社』を求める傾向が強まっているのです。そこで近年、各企業は福利厚生を充実させることで、「既存社員の満足度を高める」と共に「優秀な中途社員を獲得する」ための手段として、より充実した福利厚生を導入しているのです。

福利厚生の対象者について

企業の福利厚生の対象者は一般的に『その企業で働く人』です。正社員はもちろん、パートタイマー・有期雇用の労働者・派遣社員も該当します。

これは2020年4月1日に施工となった『パートタイム・有期雇用労働法』と『労働者派遣法』により義務付けられているのです。企業側は正社員と非正規雇用の社員が「同一労働」ならば同じ賃金と福利厚生で応える必要があります。

また福利厚生の中には、『勤務者の家族』を対象にしているものも多いです。家族手当や子供手当がこれに該当し、企業側が労働者家族の生活をサポートすることを約束しています。

家族手当や子供手当の福利厚生を導入していない企業も多いですが、労働者の価値が高まる近年ではさらに勤務者の家族に対する福利厚生を実施する企業が増えることが予測できます。むしろ導入していない企業は年々減少していくでしょう。

ユーモアのある福利厚生サービスを選ぶ際のポイント

福利厚生サービスを選択する際のポイントについて詳しく解説していきます。ほぼ全ての福利厚生サービスは、無料で導入することが不可能です。コストをかけて導入する福利厚生は慎重に選びましょう。福利厚生を選ぶ際に大切な3つのポイントについて解説していきます。

会社規模に合っているか

福利厚生を選ぶ際のポイントは、「自社の会社規模に合ったサービスであるか」です。どんなに優れたユーモアのあるサービスであっても、大多数を想定した福利厚生サービスの場合、従業員数が少ない中小企業では本来のメリットを発揮できません。反対に想定規模の小さい福利厚生サービスを大企業が選んでしまうと、全従業員にサービスのメリットが還元されない可能性が高いです。

また大手企業ほどユーモアの溢れる福利厚生サービスを導入しています。しかし中小企業やベンチャー企業のような資金力の小さい企業が、こういった福利厚生をそっくりそのまま真似することは難しいでしょう。「かかるコストが大きすぎる」または「対象となる従業員が少ない」ためユーモアがあっても福利厚生の効力を十分に発揮できない可能性があるので注意が必要です。

コストをかけすぎていないか

福利厚生サービスを選択する際には、「サービスに対してコストをかけ過ぎていないか」が大切です。大企業で福利厚生にかける予算が多くあるのなら別ですが、予算も限られている中小企業が、コストの高い福利厚生サービスを選択することはおすすめしません。

あらかじめ福利厚生サービスにかける予算を明確に決めておきましょう。最近では福利厚生サービスを提供するアウトソーシング会社も様々な料金プランを提案しています。自社で使える予算が明確になっていれば、福利厚生サービス提供会社との商談もスムーズに進むはずです。

従業員の志向と乖離していないか

福利厚生サービスを導入する際は、従業員の望む福利厚生であるかを判断することが大切です。よく「福利厚生を導入したのに従業員から不満の声が上がっている」というケースがあります。これは福利厚生に対する会社側と従業員側との考えがミスマッチしていた結果です。

どんな福利厚生を導入するにしても、そのサービスを利用するのは大部分が従業員です。「このサービスを導入することで従業員の満足度は高まるか」「どのくらいの従業員が利用してくれるか」をしっかり検討したうえで、福利厚生サービスを導入しましょう。

またユーモアのある福利厚生を導入したいからといって、従業員の意向を無視したサービスを導入するのも危険です。経営陣の自己満足のためだけに福利厚生を導入しても、従業員の満足度が高まることはありません。ユーモアがあり、かつ従業員の志向に合う福利厚生サービスを導入しましょう。

ユーモアのある福利厚生サービス10選

ユーモアのある福利厚生を10サービス紹介します。今回紹介する福利厚生は以下の10サービスです。

  • ベネフィット・ステーション
  • オフィスおかん
  • オフィスグリコ
  • メフォス
  • バリューHR
  • セラヴィリゾート泉郷
  • ゴールドジム法人サービス
  • エニタイムフィットネス法人サービス
  • ダイエットパートナー法人サービス
  • Yogamatch

それでは順に深掘りして紹介していきます。

ベネフィット・ステーション【ベネフィット・ワン】

全国13,000以上の企業が導入する福利厚生サービスです。『パッケージタイプ』の福利厚生サービスとなっており、旅行・グルメ・ショッピングなど様々なサービスを割安で利用することができます。

パッケージタイプなので、従業員が好きな属性のサービスを自在に選んで使えるので、大人数が働く大手企業におすすめです。従業員の属性に応じて利用するサービスを選ぶことができ、企業によってはレジャーサービスを活用して、頻繁に社員旅行を実施する会社もあります。

多くの企業が利用しており、福利厚生サービスの中では定番中の定番ですが、利用者によって使い方が多種多様になる福利厚生サービスです。

入会金月会費(1社あたり)月料金(1名あたり)
2万円〜6,000円〜600円〜

ベネフィットステーション

オフィスおかん【株式会社OKAN】

管理栄養士が監修した惣菜を一律100円で提供してくれる福利厚生サービスです。従業員の健康管理にも役立つサービスで、食の福利厚生サービスの中ではトップクラスの人気を誇ります。

冷蔵庫を使用した設置型サービスとなっており、従業員の好きなタイミングで健康的な食事を摂ることが可能です。コンビニ飯やカップ麺などと違って栄養バランスが整っている惣菜を食せるので、従業員の健康維持にも役立つでしょう。

『オフィスおかん』のような置き型の社食サービスは近年注目を集めています。従業員数の少ない中小企業やベンチャー企業も気軽に導入でき、毎回のランチタイムが少し楽しくなるユーモアのある福利厚生サービスです。

初期費用利用料(1社あたり)1食あたりの料金
要問い合わせ54,600円100円

オフィスおかん

オフィスグリコ

大手食品メーカーである『江崎グリコ』が運営する福利厚生サービスです。オフィス内にグリコのお菓子・アイス・ドリンクなどを設置できます。初期費用・手数料・月額利用料など全て無料で設置できることから、福利厚生サービスにお金をかけたくない中小企業にもおすすめです。

前述した『オフィスおかん』と同じ置き型の社食サービスで、オフィス内でグリコの美味しいお菓子を楽しむことができます。社員の好みに合わせて、お菓子の種類を選択するのもおすすめです。初期費用がかからないので、新しい福利厚生サービスの導入を検討している企業にも推奨できます。

初期費用月額利用料
0円0円

オフィスグリコ

メフォス【株式会社メフォス】

メフォスは創業50年以上の実績を誇る給食受託会社で、社員食堂を社内に設置する福利厚生サービスを運営しています。

献立による栄養管理だけでなく、予防医学と臨床栄養に基づいたノウハウのもと企業の“健康経営”をサポートしているのが特徴です。メニューも旬の新鮮な食材の提供だけでなく、食の安全への配慮、コストカットなども見据えて、企業に合った食堂の運営を心がけています。

健康に配慮した食事提供を心がけているため、食事を通して社員の健康促進を進めたい企業におすすめのサービスです。

メフォス

バリューHR【株式会社バリューHR】

バリューHRは健康予約から結果診断までワンストップで対応している健康管理システム・福利厚生サービスです。自社で健康診断や健康調査をせずとも、バリューHRを利用することで、従業員の健康を守ることができます。

またバリューHRでは、材派遣サービスも提供。大多数が働く大手企業では、健康診断の管理は労力がかかる業務です。バリューHRを導入することによって、健康に関する事項は全てワンストップで行ってくれるため業務労力が大幅に削減されます。

VCバリューパックVCバリューパック-Lite-
導入費用220,000円110,000円
月額費用(1名あたり)330円165円

バリューHR

セラヴィリゾート泉鄕【株式会社セラヴィリゾート泉鄕】

セラヴィリゾート泉郷は全国に宿泊施設を保有する福利厚生サービスです。社員により有意義に出張や旅行を楽しんでもらうことができるでしょう。

全国にある提携宿泊施設を利用できるサービスで、予算に応じて40万円〜140万円のプランを選択することができます。出張での宿泊施設利用はもちろん、社員旅行や従業員の個人旅行の際にも利用できるサービスです。

新たに福利厚生サービスを導入予定の企業はもちろん、福利厚生サービスの見直しを検討している企業にもおすすめできます。

基本契約基本契約ハーフ基本契約クオーター
募集価格140万円70万円40万円

セラヴィリゾート泉郷

ゴールドジム法人サービス【株式会社THINKフィットネス】

ゴールドジムは世界30ヶ国に700店以上、利用者は300万人を超える世界最大級規模のフィットネスクラブで、国内のゴールドジムを法人価格で利用することが可能。筋トレ好きの従業員なら必ず喜ぶ福利厚生サービスです。

プランも、登録店舗のみを利用する『レギュラー』とゴールドジム全店を利用できる『マスター』の2種類のプランがあります。ゴールドジム最大の魅力は、トレーニング設備が圧倒的に充実していること。トレーニング好きにはたまらない環境です。

ゴールドジムの利用を通して、社員の健康維持・向上を促すことができるでしょう。“健康経営”に力を入れたい企業には、特におすすめです。

ゴールドジム

エニタイムフィットネス法人サービス【株式会社Fast Fitness Japan】

24時間ジムとして日本最多の店舗数を誇るスポーツジム。全国に900店舗以上を展開しているエニタイムフィットネスを法人価格で利用できる福利厚生サービスです。

24時間ジムのニーズは年々高まっており、老若男女問わず多くの人が利用しています。既に社員が24時間ジムを利用しているなら、かなり喜ばれること間違いなしでしょう。

エニタイムフィットネス

ダイエットパートナー【株式会社FiiT】

弊社、株式会社FiiTが運営している業界最安値の料金で利用できるパーソナルトレーニングです。福利厚生の一部として導入することで、法人会員として利用することができます。

近年では法人会員でパーソナルトレーニングジムと契約する企業も増えており、“健康経営”に対する意識向上していることが伺えます。従業員の健康管理を行いたい企業様におすすめです。

ダイエットパートナー

Yogamatch

Yogamatchは、『出張ヨガサービス』という一風変わった福利厚生サービスになります。従来の派遣型ヨガサービスとは違い、企業側がインストラクターを指名して出張依頼をするサービスです。

サービス利用料は無料で、インストラクターよりレッスン料の見積りが提出されます。Yogamatchには様々な個性溢れるヨガインストラクターが登録されており、求めるレッスンの内容に応じて企業側がインストラクターを指名することが可能です。

『ヒルトン東京』などの企業も利用する人気の出張オフィスヨガサービスになります。

Yogamatch

ユーモアのある福利厚生を導入してより良い経営を

福利厚生を導入することは、より良い経営を実行し、社会と社員に貢献することができます。特に他企業とは違うユーモアのある福利厚生サービスを導入することで、差別化にも繋がり、従業員の満足度も高まることでしょう。ぜひユーモアのある福利厚生を導入して、より良い企業経営を目指してください。

“従業員の満足度が高い”福利厚生はパーソナルトレーニングのダイエットパートナーにお任せ

社員の慢性的な運動不足によるモチベーション低下などが近年起こっており、そんな運動不足を初心者でも解消できるパーソナルトレーニングが近年流行しています。

また福利厚生として、法人会員でパーソナルトレーニングジムと契約する企業も増えており、“健康経営”に対する意識向上していることが伺えます。

その中でもパーソナルジム「ダイエットパートナー」は、パーソナルジムとして業界最安値の価格で提供しつつ様々な方のお身体をチェックしており、法人会員として福利厚生で導入ができます。御社の会議室などを活用させていただければトレーナーを出張することも可能です。

まずはどういった活用ができるか資料をダウンロードしてみてください。

あなたのジムは大丈夫?
売れ続ける仕組みを構築できる「ジム集客チェックシート」

集客を増やして売り上げを上げたいと調べているけれど、やることが多く何から始めればいいか迷っていませんか?

本チェックシートは弊社やクライアント様が集客に取り組み、

  • SEO、MEO、リスティング広告等の認知施策
  • タイトル、ファーストビュー改善の興味・検討施策
  • キャンペーン、口コミ、メルマガの購入・継続施策

など、実際に効果の出る施策を計35項目のチェック式でまとめたものになります。

これら全ての行動に対して施策を実行し、それぞれ仕組み化すれば「売れ続ける仕組み」を構築でき、月間売上100万円以上を安定的に売り上げることは全く難しくないでしょう。

ぜひ、貴社の集客にご活用ください。